物理学

自動車両の電源バッテリの断線検出方法 // JP2016528870
本発明は、直流電圧/直流電圧(DC/DC)コンバータ(4)によって相互接続された2つの電気回路網が装備されたシステムにおける電気バッテリ(10)の断線の検出方法を提案する。バッテリ(10)は2つの回路網(2)のいずれか一方に属しており、コンバータ(4)はバッテリ(10)に充電するように構成されている。バッテリ(10)を備える回路網(2)にコンバータ(4)によって付与される直流電圧成分(U)に所定の電圧信号(Uvar)を付加し、またバッテリ(10)を通過する電流(I)を測定して、付加された電圧信号(Uvar)に対応する電流強度信号(Ialternatif)を探索することで、バッテリ(10)が回路網(2)に確かに接続されているか調べる。
【選択図】図2
電気エネルギー生成装置 // JP2016528866
本開示は電気エネルギーを生成するための装置を提供する。この装置は、可視光に対して少なくとも部分的に透過性のパネルを含む。このパネルは、入射光を受け取るための受光面を有し、入射光の一部がパネルの縁または側部にある領域に向けて向け直されるように構成されている。この装置は、パネルの縁もしくは側部においてまたは近接して配置されている複数の光起電力素子を更に含む。複数の光起電力素子の各々が、複数の光起電力素子のうちの別の1つに電気的に並列に接続されており、かつ、装置が、向け直された入射光の少なくとも一部から電気を生成するように構成されている。
通孔部及びノイズ除去機能を備えた個人用音響機器 // JP2016528855
本発明は、通孔部及びノイズ除去機能を備えた個人用音響機器に関し、耳孔を一部開放することができる通孔部を備えるために、変形された形態のサウンド再生部と、スピーカーカバー部と、通孔部と、ノイズ除去部と、音波感知センサーと、で構成されている。音響機器の中央部を貫通する通孔部が形成されているため、水分の排出が可能であり、未使用時には、外部音を容易に感知することができ、電話通話する際には、自動的にノイズ除去機能を実行させ、外部音を効果的に遮断することができ、ユーザーに注意を呼びかける警報音や警笛音のような音波を感知し、必要に応じてノイズ除去機能を遮断することができる、通孔部及びノイズ除去機能を備えた個人用音響機器を提供しようとする。
【選択図】図3
色域マッピングのシステムおよび方法 // JP2016528851
第1の色空間の画像パラメータを第2の色空間のパラメータに変換する画像処理および色域マッピングを行う新規な方法およびシステムを開示する。1つの例においては、前記色域マッピングシステムは、パラメータ化された空間において、実質的に矩形であるスペクトル関数を用いて画像パラメータを処理する。別の例においては、前記色域マッピングシステムは、パラメータ化された空間において、平滑スペクトル関数を用いて画像パラメータを処理する。平滑スペクトル関数は、少なくとも余弦二乗関数を含む複数の関数の一次結合を含み得る。画像パラメータは、強度パラメータ、中心波長パラメータおよび彩度パラメータを含み得る。
【選択図】図5
タグデバイスの構成データを検索するための一意の識別子の使用 // JP2016528847
【課題】 一意の識別子を用いて、タグデバイスのための構成データを検索するための方法およびシステムを提供することである。
【解決手段】 例示的な方法は、タグデバイスに関連付けられた一意の識別子を取得することを含むことができる。タグデバイスは、アンテナと、アンテナを介してリーダデバイスに無線で送信することができるセンサ読み値を取得するように構成されるセンサとを備えることができる。本方法は、一意の識別子に基づいてタグデバイスに関連付けられた構成パラメータを求めることも含むことができる。本方法は、少なくとも1つのメモリにおいて、一意の識別子に関連付けて構成パラメータの少なくとも一部分を記憶することを更に含むことができる。
【選択図】 図3A
危殆化されている秘密鍵を識別するためのシステム及び方法 // JP2016528841
危殆化されている秘密鍵を識別するためのコンピュータ実装方法は、(1)署名者がアプリケーションにデジタル署名することを可能にする秘密鍵を識別するステップと、(2)秘密鍵に関する情報を少なくとも1つの公開ソースから収集するステップと、(3)公開ソースから収集した情報に基づいて、秘密鍵が危殆化されており権限がない署名者がアクセス可能であることを判定するステップと、(4)秘密鍵が危殆化されており権限がない署名者がアクセス可能であることの判定に応答して、セキュリティアクションを行うステップとを含んでもよい。様々な他の方法、システム、及びコンピュータ読み取り可能な媒体も開示される。
特にラムダセンサの動作のための汎用制御及び評価ユニット // JP2016528834
本発明は、少なくとも1つのセンサ(105)の動作及び評価のための制御及び評価ユニット、特に内燃機関の少なくとも1つのラムダセンサの動作及び評価のための制御及び評価ユニットに関する。当該ユニットは、少なくとも1つのセンサ(105)のアナログ測定信号の受信のための信号入力端(202)が配設されており、受信したアナログ測定信号が、アナログ/デジタル変換器(215)を用いてデジタル化され、信号伝送ユニット(239)が配設されており、信号伝送ユニット(239)を用いて、デジタル化された信号が計算ユニット(110,233)に伝送され、さらに信号入力端(202)が、マルチプレクサ(200)を用いてスイッチング可能である。
モバイル電子デバイスのための熱的緩和の適応 // JP2016528831
様々な実施形態は、追加の外装ケーシングが取り付けられたとき、モバイル電子デバイスの熱的緩和システムを調整するための方法およびシステムを提供する。モバイル電子デバイスは、追加の外装ケースがモバイル電子デバイスに取り付けられているか否かを判断し、それに応じて、モバイル電子デバイス上で実施される熱的緩和プロセスの熱的緩和パラメータを変更する。判断は、センサまたはユーザ入力を介し得る。変更された熱的緩和パラメータは、メモリに記憶され得、または、ユーザによって、もしくは追加のケースからの通信において入力され得る。変更された熱的緩和パラメータは、追加のケースの特定の形式、モデル、もしくは特性に基づいて決定され得、および/または、デバイスに記憶されたもしくはネットワークを介してアクセスされるデータベースから取得され得る。ケースの除去は、検出され得、熱的緩和パラメータは、初期値に戻され得る。
受電装置、及び前記受電装置を有する配電システム // JP2016528827
本発明は、受電装置2であって、優先的にはPoEシステムであり、前記受電装置に電力を供給するための給電装置1を有する配電システム100内で用いられるための照明器具のような受電装置2に関する。前記受電装置は、LEDのような電気負荷と、供給電力から電気負荷電力を生成すると共に、前記電気負荷電力を前記電気負荷に供給するための電気負荷電力供給ユニットとを有し、前記電気負荷電力供給ユニットは、前記受電装置によって前記給電装置から引き込まれる入力電流が、所定の入力電流上限しきい値未満で最大化されるような電力レベルで、前記電気負荷電力を生成するよう適応される。これは、PoE規格IEEE 802.3atに従う受電装置の電力消費量と比較して前記受電装置の電力消費量を増大させることを可能にする。
シーン不変化されたメタデータを生成するためのシステムおよび方法 // JP2016528826
【解決手段】映像データストリームに対してシーン不変的なメタデータを生成および適用するための、方法およびシステムを本願において開示する。映像データストリームをシーンに分割または区分けし、映像データのある1つのシーンについてメタデータの第1のセットが生成され得る。メタデータの第1のセットは、メタデータの第1のセットは、映像コンテンツの所望の関数としての、任意の公知のメタデータ(例えば輝度など)であり得る。メタデータの第1のセットは、フレーム単位で生成され得る。一例において、そのシーンについてのメタデータの第1のセットとは異なる、シーン不変的なメタデータを生成してもよい。シーン不変的なメタデータは、シーン中における所望の特徴部を監視することによって生成され、その所望の特徴部を許容可能な範囲の値に保つために用いられ得る。これにより、映像データのレンダリングに際して、目立ちかつ場合によっては邪魔になる視覚的アーチファクトを回避することを助け得る。
【選択図】図4
多相クロック生成方法 // JP2016528813
多相シグナリングのためのシステムおよび方法について本明細書で説明する。一実施形態では、データを受信するための方法が、複数の導体からシンボルのシーケンスを受信することと、シンボルの受信されたシーケンス中の遷移を検出することによってクロック信号を生成することとを備える。本方法はまた、シンボルの受信されたシーケンスを遅延させることと、クロック信号を使用してシンボルの遅延させられたシーケンス中の1つまたは複数のシンボルをキャプチャすることとを備え、ここにおいて、シンボルの遅延させられたシーケンス中の前のシンボルが、シンボルの受信されたシーケンス中の現在シンボルへの検出された遷移に基づいて生成されたクロック信号中のクロックパルスを使用してキャプチャされる。
マルチチャネル・オーディオ・デコーダ、マルチチャネル・オーディオ・エンコーダ、レンダリングされたオーディオ信号を使用する方法、コンピュータ・プログラムおよび符号化オーディオ表現 // JP2016528811
符号化表現に基づいて少なくとも2つの出力オーディオ信号を供給するためのマルチチャネル・オーディオ・デコーダは、複数のレンダリングされたオーディオ信号を得るために、1つ以上のレンダリング・パラメータに基づいて、符号化表現に基づいて得られた複数の復号化オーディオ信号をレンダリングするように構成される。マルチチャネル・オーディオ・デコーダは、前記レンダリングされたオーディオ信号から1つ以上の非相関化オーディオ信号を導出するように構成され、出力オーディオ信号を得るために、レンダリングされたオーディオ信号またはそのスケール化バージョンと1つ以上の非相関化オーディオ信号とを結合するように構成される。マルチチャネル・オーディオ・エンコーダは、オーディオ・デコーダを制御するための非相関化方法パラメータを供給する。
【選択図】図1
Hdrメタデータ転送 // JP2016528800
映像分配システムは、選択された組み合わせでレンダリングされるオーディオビジュアルコンテンツ及び選択可能な基本ストリームを示すストリーム情報を表す基本ストリームを持つフォーマットされた映像信号20を転送する。フォーマットされた映像信号は、輝度及び/又は色の拡張範囲(HDR)を持つ拡張映像を表す。映像装置21は、標準映像と拡張映像との間の変換を表す映像処理メタデータを供給するために入力映像を処理する。フォーマットされた映像信号は、標準映像又は拡張映像を表す一次映像基本ストリーム、オーディオビジュアルコンテンツを有さないが標準映像と拡張映像との間(又はその逆)の変換を表す映像処理メタデータを有する映像処理基本ストリーム、及び、映像処理基本ストリームを示すエントリを有する拡張ストリーム情報を有する。好適には、映像再生器22、例えば、BD再生器は、拡張ストリーム情報及び映像処理基本ストリームに基づいて、拡張映像と標準映像との両方をレンダリング可能である。
モニタリングのための拡張現実方法およびシステム // JP2016528775
ディスプレイ(14)とカメラ(24)とを備えたシステムを用いて、デバイス(20)の監視のために画像を表示するための方法である。この方法は、次のステップ、すなわち、
a0)デバイスの状態パラメータが取得されるステップと、
a1)アクティブカメラが選択されるステップと、
a2)取得画像パラメータと合成画像パラメータとが決定されるステップと、
b2)取得画像パラメータに従ってカメラ画像が取得されるステップと、
c)合成画像パラメータに従ってデバイスの合成画像が計算されるステップと、
d)表示される監視画像を形成するために、取得画像と合成画像とが現実的に組み合わされるステップと
を含む。
デバイスの状態パラメータに応じて、ステップa2)において画像パラメータが決定される、および/または、ステップc)において合成画像が計算される、および/または、ステップd)において監視画像が形成される。
この方法を実行する監視システムである。
信号処理 // JP2016528774
本発明は、暗号化されていない部分と暗号化された部分とを備える信号データを処理する方法に関し、受信機で、信号データを受信するステップと、信号データの暗号化された部分に関するデータと、信号データの暗号化されていない部分に関するデータとを備える処理された信号サンプルを提供するために、信号データのサンプルを処理するステップと、(i)信号がソースから送信された時間と、(ii)ソースの識別子とのうちの少なくとも1つを備える情報を決定するために、暗号化されていない信号データと、少なくとも1つの基準信号とを比較するステップと、決定された情報に基づいて、また受信機から離れたソースに、暗号化された基準信号サンプルのセットを要求するステップと、任意の一致する信号サンプルを識別するために、受信機から離れた処理デバイス上で、暗号化された基準信号サンプルのセットと、受信された暗号化された信号データとを比較するステップとを備える。
Nfc−fベースのリモートnfcデバイスの再アクティブ化を改善するための方法および装置 // JP2016528762
NFC−Fベースのリモート・ニアフィールド通信(NFC)デバイスの再アクティブ化を改善するための技法について説明する。ポーリングNFCデバイスは、NFC−FベースのリモートNFCデバイスが前に非アクティブ化されたと決定することと、デバイスアクティブ化プロシージャの一部としてリモートNFCデバイスが属性要求メッセージを受信することを可能にするための検知要求メッセージを送信することとを行うように構成され得る。ポーリングNFCデバイスは、選択解除されたNFC−FベースのリモートNFCデバイスがスリープサブステートにあることを示すためにスリープフラグをセットするように構成され得る。ポーリングNFCデバイスは、デバイスアクティブ化プロシージャの一部としてリモートNFCデバイスがタイプ3タグとしてアクティブ化されるべきであると決定することと、その決定に基づいて、リモートNFCデバイスがもはやスリープサブステートにないことを示すためにスリープフラグをリセットすることとを行うように構成され得る。
ヘッドマウントディスプレイによって与えられる表示の光学表現をユーザの光学的処方に基づいてカスタマイズするシステム及び方法 // JP2016528761
【解決手段】ヘッドマウントディスプレイの画面を動作させるシステム及び方法は、プログラムを実行するステップを含む。プログラムの実行によってHMDの画面上に画像のレンダリングがもたらされる。画面は第1の光学設定を用いて画像をレンダリングする。第1の画像が画面に表示される。第1の画像は第1のサイズを有し、ある距離において表示される。第1の画像についての明瞭度レベルを識別するための入力が受信される。第2の画像が画面に表示される。第2の画像は第2のサイズ及び当該距離を有する。第2の画像についての明瞭度レベルを識別するための入力が受信される。第1及び第2の画像について受信された明瞭度レベルに基づいて、画面に対する第1の光学設定が第2の光学設定に変更される。
【選択図】図3A
ファイングレイン位置データ収集 // JP2016528760
ファイングレイン位置データ収集を実行するための方法、モバイルデバイス、コンピュータプログラム製品、および装置について説明する。一実施形態では、サーバが、第1の測位構成をもつモバイルデバイスによって収集された位置データを受信することができる。一実施形態では、サーバは、サーバにおいて受信された位置データから、モバイルデバイス位置を決定し、少なくともモバイルデバイス位置に従って第2の測位構成を作成することができる。一実施形態では、サーバは第2の測位構成をモバイルデバイスに送ることができる。一実施形態では、モバイルデバイスは、第1の測位構成に従って位置データを収集し、位置データをサーバに送ることができる。一実施形態では、モバイルデバイスは、サーバから、少なくともモバイルデバイス位置に従って作成された第2の測位構成を受信することができる。
【選択図】 図4
温度補償rfピーク検出器 // JP2016528755
温度補償RFピーク検出器が開示される。1つの例示的な実施形態において、装置は、基準信号を生成するように構成された第1のRFピーク検出器と、基準信号に基づいて温度補償検出スレショルドを生成するように構成された温度補償スレショルド生成器と、温度補償検出スレショルドに基づいてピーク検出出力を生成するように構成された比較器と、を含む。
ワイヤレスドッキング環境の利用および構成 // JP2016528753
一例では、方法は、ワイヤレスドッキー(WD)によって、ワイヤレスドッキングセンター(WDC)と関連付けられる1つまたは複数のワイヤレスドッキング環境(WDN)を決定することを含み、1つまたは複数のWDNの各WDNは、WDCと各々関連付けられる1つまたは複数の周辺機能(PF)の少なくとも1つのPFに対応する。この例では、方法はまた、WDによって、WDCと関連付けられる1つまたは複数のWDNの特定のWDNに対応するそれぞれの少なくとも1つのPFにワイヤレスにアクセスすることを含む。
【選択図】図3
イメージング検出器 // JP2016528749
シリコンイメージング検出器タイル216は、複数の検出器ピクセル304を含むシリコンフォトセンサ層302を含み、各々は、複数のフォトトランジスタの各々のための電流・周波数コンバータ及びバイアス制御器404を含む、シリコンフォトセンサ層に結合される、シリコン電子層314及びフォトトランジスタ406を備える。方法は、X線放射がない場合、イメージング検出器のシリコンフォトセンサ層の検出器ピクセルのフォトトランジスタにより、暗電流を検出するステップと、バイアス制御部により、シリコンフォトセンサ層に結合されるシリコン電子層の電流・周波数コンバータに送られる暗電流の量を調整するステップと、電流・周波数コンバータにより、電流・周波数コンバータに送られる暗電流の量を変換するステップとを含む。
一体化された熱伝達フィンを伴う運動熱シンク // JP2016528743
運動熱シンクが、その間に熱を伝導させるために第1の熱伝導表面と、第2の熱伝導表面とを伴う、固定部を有する。熱を生成するデバイスを冷却するために、固定部は、熱生成構成要素に搭載可能であり、そこから延在する第1の複数のフィンを有する。運動熱シンクはまた、固定部と回転可能に結合される回転構造も有する。回転構造は、第2の熱伝導表面から受容される熱を、回転構造と熱連通する熱リザーバに伝達するように構成される。回転構造は、第1の複数のフィンに向かって延在する第2の複数のフィンを伴う、移動可能な熱抽出表面を有する。第1の複数のフィンの少なくとも一部は、好ましくは、第2の複数のフィンの少なくとも一部と交互嵌合する。
ナノメータスケール精度を有するユーザ定義プロファイルのプログラム可能な薄膜蒸着 // JP2016528741
ユーザ定義プロファイルのプログラム可能な薄膜のインクジェットに基づく蒸着方法を提供する。前駆体液状有機材料の液滴は、マルチジェットによって、基板上の各種位置に分散される。前記液滴への最初の接触がスーパーストレートの前側によって生じるように背面横圧によって曲げられた前記スーパーストレートを降下させることにより、外向きに広がって前記液滴と結合する液界面が、前記基板と前記スーパーストレートとの間に捕捉される連続膜を形成し始める。前記スーパーストレート、前記連続膜、及び前記基板の非平衡過渡状態は一の期間後に発生する。次に、前記連続膜が硬化架橋されてポリマーになる。次に、前記スーパーストレートを前記ポリマーから分離され、ポリマー膜が前記基板上に残る。このような方法では、安価で材料をあまり浪費せずに、不均一膜を形成できる。
【選択図】図1
光学ソース // JP2016528733
光学ソースは、レーザーと、当該レーザーと光通信する光フィルタとを備えて提供される。レーザーは、光学利得部と光学フェーズ制御部とを備える。フィルタは、レーザーからの光出力を受信して当該受信光をフィルタするように構成されている。ソースは、フィルタされた光をレーザーに入力し戻すように構成されている。
ビットセルおよび論理区画を有するモノリシック3次元(3d)ランダムアクセスメモリ(ram)アレイアーキテクチャ // JP2016528727
ビットセルおよび論理区画を有するモノリシック3次元(3D)メモリセルアレイアーキテクチャが開示される。3D集積回路(IC)(3DIC)内で異なるティアへメモリセルのエレメントをフォールドする、さもなければスタックする3DICが提案される。3DICの各ティアはメモリセル、ならびにグローバルブロック制御論理を含むアクセス論理を有する。メモリセルを有する各ティア内にグローバルブロック制御論理とアクセス論理を配置することによって、各メモリ呼についてのビットおよびワード線の長さが短くされ、低減された供給電圧を可能にし、ならびに一般にメモリデバイスの全体のフットプリントを低減させる。
マルチダイアセンブリにおける電力管理 // JP2016528719
異種デバイスのような装置は、少なくとも第1ダイ及び第2ダイを含む。装置は、第1誘導素子、第2誘導素子、及び切り替え制御回路をさらに含む。切り替え制御回路は、第1ダイに配置される。切り替え制御回路は、第1誘導素子を通じて電流を制御して第1電圧を生成する。第1電圧は第1ダイに電力を供給する。第2誘導素子は、第1誘導素子に連結される。第2誘導素子は、第2電圧を生成して第2ダイに電力を供給する。第1ダイ及び第2ダイは、第1ダイ及び第2ダイがそれにおいて複数の異なる最大電圧に耐える複数の異なる技術に従って製造され得る。第1電圧の絶対値は、第2電圧の絶対値より大きくてよい。
センサー部、電子モジュール、およびそれぞれの電子モジュールの腐食暴露のレベルを計算するための手順 // JP2016528714
本発明は、少なくとも一つの露出部(5,5a,5b)を備えた、電子モジュール用の小型且つ軽量のセンサー部(10,10’)に関し、前記露出部は、その表面に化学元素および/または化合物を含み、前記表面は、腐食物質があった場合に、可視光で観察可能な色変化を呈し、前記露出部は、好ましくは、元素銅を含んでいる。本発明は、さらに、それぞれの電子モジュール(1)およびそのような電子モジュール(1)の腐食暴露のレベルを計算する手順に関する。
自己組織化のためのテンプレート及び自己組織化パターンを製造する方法 // JP2016528713
ブロックコポリマーフィルム中にパターンを誘導するためのテンプレート、及びこのパターンの形成方法が開示、特許請求される。
能動的及び受動的過渡性のための材料、電子システム、及びモード // JP2016528712
本発明は、少なくとも1つの内部及び/又は外部刺激の印加により電気的及び/又は物理的に変態する能動及び受動デバイス等の過渡デバイスを提供する。また、過渡エレクトロニクスの材料、モデリングツール、製造手法、デバイス設計、及びシステムレベルの実施形態を提供する。
【選択図】 図53B
照明装置用フィラメント // JP2016528711
本発明は、光透過性管状部材(110)、管状部材(110)内に配設される発光アセンブリ(106)、及び管状部材(110)の表面に配設され、第1の波長範囲の光を第2の波長範囲の光に変換するよう構成される波長コンバータ(112)を有するフィラメント(100)に関する。発光アセンブリ(106)は、複数の固体光源(102)及び相互接続要素(104)を有し、固体光源(102)及び相互接続要素(104)は、接続された固体光源(102)及び相互接続要素(104)のストリング(106)を形成するよう交互に配設される。相互接続要素は、リードフレーム(104)の一部であり、複数の固体光源(102)のうちの少なくとも一部が、リードフレーム(104)のそれぞれの側に交互に配設される。本発明のフィラメント(100)は、シンプル、容易且つ安価に製造され、斯くして、白熱ワイヤのよい代替品及び類似品をなす。
二次電池移送装置及び二次電池の装着不良検出方法 // JP2016528710
本発明は、二次電池の生産工程で二次電池を移送させるための二次電池移送装置、及び二次電池を収納するキャリアに二次電池の装着不良が発生したか否かを検出する方法に関する。
本発明に係る二次電池移送装置は、二次電池を収納できる収納空間が形成されたキャリアと、キャリアを移送させる移送部と、キャリアに挿入される二次電池が一定の高さに到達するときに前記二次電池を感知できる装着検出センサと、装着検出センサの感知結果を受信し、移送部の運転を制御できる制御部とを含む。
このような本発明に係る二次電池移送装置及び二次電池装着不良検出方法は、キャリアとの摩擦による二次電池のケースの破損有無を検出できるので、製品の不良を事前に把握することができる。
【選択図】図1
照明制御装置 // JP2016528701
照明制御装置が提供される。照明制御装置は、非可視光を含み、且つ可視光の少なくとも大部分によって構成される部分範囲を除外する第1のスペクトル範囲内の光を感知するように構成された第1の光センサ構成と、上記の部分範囲の少なくとも一部を含む第2のスペクトル範囲内の光を感知するように構成された第2の光センサ構成とを有する光センサデバイスを備える。更に、照明制御装置は制御ユニットを備え、制御ユニットは、光センサデバイスに接続され、第1の光センサ構成の出力信号と、日光の赤外スペクトルのスペクトルパワー分布と日光の可視スペクトルのスペクトルパワー分布との関係を特徴付ける所定の関数とに基づいて日光の量を決定し、第2の光センサ構成の出力信号及び第1の光センサ構成の出力信号に基づいて人工光の量を決定するように構成される。照明制御装置は、日光と人工光との上記の量に基づいて照明を制御するように構成される。
装置及び方法 // JP2016528698
荷電粒子を用いたイメージング又はファブリケーションのための装置であって、前記装置は、イオン又は電子の荷電粒子ビームを生成するように構成された荷電粒子源と、荷電粒子源と関連付けて取り付けられ、イメージング又はファブリケーションに用いられる荷電粒子ビーム内にサンプルを保持するサンプルホルダーと、光ビームを生成するように構成された光源システムと、を備え、光源システムは、光ビームをサンプル上へ方向付けるようにサンプルホルダーと関連付けて取り付けられる、これにより、イメージング又はファブリケーション中にサンプルの電子電荷を変更し、イメージング又はファブリケーションの空間分解能を向上させる。
車両用前照灯 // JP2016528671
【課題】マイクロミラーの位置/運動に関する情報を低コストに取得できる前照灯を提供すること。
【解決手段】少なくとも1つのレーザ光源(2)を備えた車両用前照灯であって、レーザ光源のレーザビーム(3)は少なくとも1軸周りに揺動自在なマイクロミラー(1)によって光変換蛍光体を有する発光面(6)に向かって偏向され、発光面上にスキャニング方式で光像を生成し、光像は光学系(7)を介して道路上に投影可能である。かかる前照灯において、少なくとも1つの光センサ(9)は、光センサがマイクロミラー(1)の所定の揺動位置において発光面から出射する2次レーザビーム(8)を検出するように、光変換蛍光体を有する発光面(6)に対して配置され、該光センサは信号(単数または複数)を送信するのに適合される。
【選択図】図2
バッテリ充電状態集計方法 // JP2016528662
本開示の実施形態は、複数のバッテリセルを有するバッテリの充電状態を管理する方法を含むことができる。この方法は、バッテリセルごとの個々の充電状態を計算するステップと、バッテリセルについての平均充電状態を計算するステップと、平均充電状態の最小閾値および最大閾値を定めるステップと、平均充電状態が最小閾値を下回るとき、全体的な充電状態が、最低の充電状態を有するバッテリセルのサブセットの充電状態に基づいて計算され、平均充電状態が最大閾値を上回るとき、全体的な充電状態が、最高の充電状態を有するバッテリセルのサブセットの充電状態に基づいて計算されるように、バッテリについての全体的な充電状態を計算するステップとを含むことができる。
接触が改善された読取り/書込みヘッド // JP2016528661
読取り/書込みヘッドは本体を備える。本体は、本体長と支持面とを有する。支持面は、データ記憶媒体が支持面にわたって長手方向に搬送されるときにデータ記憶媒体を支持するためのものである。本体の支持面は、軸を中心として、細長い本体の幅方向に湾曲している。本体の支持面が有する長手方向の長さは、中間領域においてのみ本体長よりも短い。少なくとも1つの読取り/書込み装置は、データ記憶媒体が支持面にわたって搬送されるときにデータ記憶媒体からのデータの読取りおよび/またはデータ記憶媒体へのデータの書込みを行うために、本体の支持面の中間領域上に設けられる。テープ駆動システムは、読取り/書込みヘッドと、少なくとも1つの読取り/書込み装置と、データ記憶テープを駆動するためのモータとを備える。
セキュリティが強化されたマスクプログラムド読取り専用メモリ // JP2016528660
マスクプログラムド読取り専用メモリ(MROM)は、各々がビット線と相補ビット線とを有する、複数のカラム線ペアを有する。MROMは、カラム線ペアと複数のワード線との間の複数の交差部に対応する複数のメモリセルを含む。各メモリセルは高Vtトランジスタと低Vtトランジスタとを含む。
メモリタイルアクセスおよび選択パターン // JP2016528659
一実施形態においては、メモリデバイスなどの装置が開示される。装置は、複数のメモリタイルおよび選択回路を含む。各メモリタイルは、複数のデジット線導体および複数のアクセス線導体の交点において記憶コンポーネントのアレイを有する。選択回路は、記憶コンポーネントに対応するデジット線導体および対応するアクセス線導体に基づいて、メモリタイルの記憶コンポーネントを選択するラインドライバを含む。選択回路は、異なるメモリタイルの記憶コンポーネントを選択する前に、連続的にメモリタイルの二つ以上の記憶コンポーネントを選択してもよい。
【選択図】図5
コンテンツ再生装置及び方法 // JP2016528658
【課題】 本発明が解決しようとする課題は、複数のコンテンツをモバイルデバイスの制限的な画面で効率的に表示することができるコンテンツ再生装置を提供することである。
【解決手段】 コンテンツ再生装置は、一つ以上のコンテンツを表示し、上記コンテンツに対する使用者のタッチ入力を感知するタッチスクリーン;上記コンテンツを再生する命令語を保存するメモリ;及び、上記命令語に従って上記タッチスクリーンに上記コンテンツが表示されるように制御するプロセッサ;を含み、上記命令語は、一つ以上のコンテンツをあらかじめ指定されたサイズで表示する段階;及び、上記タッチ入力に従って上記コンテンツを移動させ上記コンテンツのサイズを拡大して上記タッチスクリーンを通して表示する段階;の遂行のための命令語を含むことを特徴とする。
【選択図】図1
データ報告方法および装置、ならびに端末デバイス // JP2016528657
本出願は、データ報告方法および装置、ならびに端末デバイスを提供し、データ方法は、現在のタッチ操作情報を取得するステップと、現在のタッチ操作情報を使用することによって、タッチスクリーンの現在のインターフェイス上にあり現在のタッチ操作情報が位置決めされる領域を決定し、操作領域として領域を使用する、ステップと、領域と属性情報の間の対応に基づいて操作領域の属性情報を決定するステップであって、操作領域の属性情報が、操作領域の領域報告ポイントのレートタイプ、および操作領域が応答できるタッチ操作情報を含む、ステップと、現在のタッチ操作情報および操作領域の属性情報に従って現在のタッチ操作情報から、アプリケーションプロセッサに報告されるタッチデータを決定し、データを報告する、ステップとを含む。本出願で提供されるデータ報告方法および装置、ならびに端末デバイスによれば、アプリケーションプロセッサについて、割込の量が減らされ、アプリケーションプロセッサの使用が減少され、それによって、アプリケーションプロセッサがタッチスクリーン割込イベントを処理するときに生成される電力消費を減らす。
イベント相関グラフを使用してコンピューティングシステムに対する攻撃を検出するためのシステム及び方法 // JP2016528656
イベント相関グラフを使用してコンピューティングシステムに対する攻撃を検出するための、コンピュータによって実行される方法は、(1)コンピューティングシステム内の第1のアクタに関与する不審イベントを検出することと、(2)第1のアクタを表す第1のノードと、第2のアクタを表す第2のノードと、第1のノードと第2のノードとを相互接続し、第1のアクタ及び第2のアクタに関与する不審イベントを表す、エッジとを含む、イベント相関グラフを構築することと、(3)更なる不審イベントに少なくとも部分的に基づいて、そのイベント相関グラフに関する攻撃スコアを算出することと、(4)この攻撃スコアが既定の閾値を上回ることを判定することと、(5)その攻撃スコアが既定の閾値を上回ることに少なくとも部分的に基づいて、その不審イベントがコンピューティングシステムに対する攻撃の一部であり得ることを判定することとを含み得る。様々な他の方法、システム、及びコンピュータ可読媒体もまた、開示される。
ツールプロセスデータの多変量解析を提供するためのk近傍法に基づく方法及びシステム // JP2016528655
サーバコンピュータシステムは、レシピを実行する第1のツールの基準フィンガープリントを作成する。基準フィンガープリントを作成するために、サーバコンピュータシステムは、パラメータ内で機能する第1のツールに関する基準データを用いる。基準フィンガープリントは、ターゲットベースライン及びターゲットベースラインに基づいた許容可能な範囲を含む。サーバコンピュータシステムは、サンプルデータと基準フィンガープリントとの比較に基づいて、当該レシピを実行している第2のツールに関連するサンプルデータが、パラメータ内で機能しているか否かを決定する。第2のツールは第1のツールであるか、又は第1のツールと同じタイプの他のツールであり得る。サーバコンピュータシステムは、サンプルデータと基準フィンガープリントとの比較に基づき、第2のツールの分類を、システム又はユーザのうちの少なくとも一方に供給する。分類は、第2のツールがパラメータ内で機能しているか否かを示す。
【選択図】図5
通信インターフェースを有するタッチスクリーンスタイラス // JP2016528654
タッチスクリーンスタイラスは、図形情報をタッチスクリーンデバイスに提供する信号で駆動される、電極をその先端に有する。ユーザがスタイラスの先端でタッチスクリーンに触れるとき、本図形情報は、スタイラスがタッチスクリーンに触れる場所と関連付けられる変動静電容量として、容量タッチスクリーンコントローラによって検出される。信号は、圧力がスタイラスの先端に印加されたときにオンにされ得る。スタイラスの先端への変動圧力、スタイラスの傾転角度、および/またはユーザによるスタイラスの回転は、図形線特性情報を伝え得る。スタイラス上の入力ボタンおよび/または入力ホイールが、コマンドを入力するか、またはタッチスクリーン上の図形を修正するために使用され得る。フィードバック情報が、タッチスクリーンコントローラの走査速度を変動させることによって、スタイラスに返送され得る。
力および/または角度感知機能を有するタッチスクリーンスタイラス // JP2016528653
表示デバイスとともに使用するためのハンドヘルドスタイラスは、ハンドヘルド本体と、本体に移動可能に連結される先端と、本体に対する先端の移動を検出するように構成される、少なくとも1つの容量センサとを備え得る。少なくとも1つの容量センサは、本体に固着されるか、またはそれと一体である、少なくとも1つの第1の伝導性要素と、可動先端に固着されるか、またはそれと一体である、少なくとも1つの第2の伝導性要素とを備え得る。先端は、少なくとも1つの第1の伝導性要素および少なくとも1つの第2の伝導性要素が相互から離間されるように配列され得る。少なくとも1つの容量センサは、本体に対する先端の移動によって引き起こされる、少なくとも1つの第1の伝導性要素と少なくとも1つの第2の伝導性要素との間のそれぞれの距離の変化を検出するように構成され得る。
独立したハプティック電気バイブレーションを接地するためのフィードバック // JP2016528652
触覚フィードバックを与えるための装置が提供される。装置は、タッチ入力を検出するタッチ感知画面と、電極のセットとを含む。装置はまた、電極のセットにハプティック信号を印加し、タッチ入力から電極のセットへの変位電流に基づいてハプティック信号を修正するハプティック電圧信号発生器をも含む。装置はまた、変位電流を求めるハプティックフィードバックコントローラをも含み、変位電流は、ハプティック信号の振幅の効果である。
近距離自然ユーザインタフェースシステム及びその作動の方法 // JP2016528651
表示画面と表示デバイスカメラとを有する表示デバイスと、移動デバイスカメラの光軸が表示デバイスカメラの光軸に対してある角度に位置決めされた移動デバイスカメラを有する移動デバイスとを含み、移動デバイスが、移動デバイスを表示デバイスと対にするための第1のデバイス対形成モジュールを含み、移動デバイスカメラ及び表示デバイスカメラが、ユーザの手を検出し、かつユーザの手の姿勢及び移動を決定するためのものであり、表示デバイスが、ユーザの手の姿勢及び移動を表示画面上のユーザインタフェースの要素を制御するための動作に変換するための動き変換モジュールを含む自然ユーザインタフェースシステム及びその作動の方法。
【選択図】 図1
クラウドベースのターゲットデバッグ // JP2016528650
コードをデバッグするためのさまざまな構成を提示する。ウェブサーバ等のコンピュータシステムは、コードをコンパイルしてコンパイル済みコードにすることができる。このコードは第1のタスクフローを含む1つ以上のサブセクションを含み得る。第1のタスクフローの選択を遠隔の開発者コンピュータシステムからネットワークを介して受けることができる。この第1のタスクフローの選択は第1のタスクフローをデバッグする予定であることを表示し得る。コンパイル済みコードの第1のタスクフローの実行はコンピュータシステムによって行なうことができる。コンピュータシステムがコンパイル済みコードの第1のタスクフローを実行している間に、第1のタスクフローのデバッグ機能を開発者コンピュータシステムに与えることができる。
動的速度制限を用いたナビゲーション // JP2016528649
ナビゲーション案内を車両に提供するための方法、コンピュータプログラム製品、および装置が開示される。いくつかの実装形態において、ナビゲーションデバイスが、道路区分における車両のロケーションに基づいて車両に対する動的速度制限を決定するように構成され得、またナビゲーションデバイスのディスプレイにその動的速度制限を表示する。
電力消費の低減のためのネットワークアプリケーション並行スケジューリング // JP2016528648
電力消費を低減させるようにネットワークリクエストをスケジューリングするための技術は、ネットワークアプリケーションからネットワークリクエストを受信し、ネットワークアプリケーションの実行制約に基づいて、ネットワークリクエストが遅延可能かどうかを判定するよう構成されたモバイルコンピューティングデバイスを含む。実行制約は、必要とされる処理リソース、許容可能な遅延、優先度、アプリケーションクラス、及びその他を含み得る。ネットワークリクエストが遅延可能である場合、モバイルコンピューティングデバイスは、閾数の遅延可能なリクエストが受信されるまで、あるいは、遅延可能でないリクエストが受信されるまで、ネットワークリクエストを遅延させることができる。モバイルコンピューティングデバイスは、遅延されたネットワークリクエストと、後に受信された全てのリクエストと、を並行して実行する。実行制約は、各ネットワークアプリケーションにより提供されてもよいし、観測を通じてモバイルコンピューティングデバイスにより決定されてもよい。他の実施形態も説明され特許請求される。
プロジェクティブコンピューティングシステム // JP2016528647
本開示による1つの例において、プロジェクティブコンピューティングシステムによって行われる方法が提供される。本方法は、プロジェクティブコンピューティングシステムのカメラによって、物体及び背景要素を含む画像を捕捉することを含む。本方法は、プロジェクティブコンピューティングシステムのプロジェクタアセンブリによって、物体の画像を、物体の画像の少なくとも一部分に隣接する人工的な影と共に、物体の上に投影することを更に含む。
【選択図】図1
 
To top