効率的共同電力線および可視光通信のための方法および装置

 

ハイブリッド通信システムが、異なる通信技術を実装して、本システムの異なる部分で特定の通信方向のデータおよび情報を通信する。電力線通信(PLC)信号伝達が、ゲートウェイデバイスから光アクセスポイントにデータおよび情報を配信するために使用される。可視光通信(VLC)信号伝達が、光アクセスポイントからユーザ機器(UE)デバイスにデータおよび情報を通信するために使用される。ワイヤレス無線信号伝達、ワイヤレス赤外線(IR)信号伝達、または、ワイヤレスIR信号伝達とPLC信号伝達の組合せが、UEデバイスからゲートウェイデバイスにデータ/情報を通信するために使用される。光アクセスポイントとUEデバイスの間のVLC通信チャネルを効率的に制御するために、UEデバイスがVLCチャネルを測定する、たとえば、VLCトーンごとのSNRを計算し、光アクセスポイントに転送されるゲートウェイデバイスへのVLCチャネル品質フィードバック情報を通信する。

 

 

相互参照
[0001]本特許出願は、本明細書の出願人に譲渡された、2014年2月14日に出願された、Jovicicらによる、米国仮特許出願第13/767,681号、表題「Methods and Apparatus for Efficient Joint Power Line and Visible Light Communication」の優先権を主張するものである。
[0002]様々な実施形態は、データおよび情報の通信に関し、より詳細には、可視光通信と組み合わせて電力線通信を使用し、データおよび情報を効率的に通信することに関する。
[0003]白色光を生成する能力を有する発光ダイオード(LED)は、将来の商業および家庭部門で照明の有力なソースになることが予想される。最近の研究は、そのようなLEDが、高帯域で強度変調され得ることを証明した。通常の屋内の照明条件で高い光パワー強度(数十ワット)と組み合わせられるとき、高い変調速度は、数百メガビット/秒での広帯域ワイヤレスデータ通信の可能性をもたらす。
[0004]可視光通信(VLC)を可能にするための様々な課題が存在する:(i)固有逆方向リンクがないこと、および、(ii)LEDライトにデータを配信するためのバックホール。フィードバック情報を通信するのに適した適切なリザーブリンクなしには、VLC通信を含む順方向リンクを効率的に使用することは難しい。
[0005]前述の論考に基づいて、LEDデバイスにデータを効率的に配信するための新しい方法および装置が必要とされている。新しい方法および装置がLEDデバイスからユーザ機器(UE)デバイスへの効率的VLC通信をサポートするために開発されれば、それもまた有利になろう。
[0006]ハイブリッド通信システムは、異なる通信技術を実装して、システムの異なる部分で特定の通信方向で情報を通信する。電力線通信(PLC)信号伝達が、ゲートウェイデバイスから光アクセスポイントにデータおよび情報を配信するために使用される。可視光通信(VLC)信号伝達が、光アクセスポイントからユーザ機器(UE)デバイスにデータおよび情報を通信するために使用される。ワイヤレス無線信号伝達、ワイヤレス赤外線(IR)信号伝達、または、ワイヤレスIR信号伝達とPLC信号伝達の組合せが、UEデバイスからゲートウェイデバイスにデータ/情報を通信するために使用される。
[0007]光アクセスポイントとUEデバイスの間のVLC通信チャネルを効率的に制御するために、UEデバイスは、たとえば、VLCトーンごとのSNRを計算し、光アクセスポイントに転送されるゲートウェイデバイスへのVLCチャネル品質フィードバック情報を通信し、VLCチャネルを測定する。いくつかの実施形態で、ゲートウェイデバイスと光アクセスポイントの間のPLC通信チャネルを効率的に制御するために、光アクセスポイントは、たとえば、PLCトーンごとにSNRを計算して、そして、ゲートウェイデバイスに転送されるUEデバイスへのPLCチャネル品質フィードバック情報を通信して、PLCチャネルを測定する。
[0008]いくつかの実施形態による、ユーザ機器(UE)デバイスを動作させる例示的方法は、UEに情報を通信するアクセスポイントから光信号を受信することと、前記信号は、少なくともいくらかのデータであり、電力線通信リンクを介してアクセスポイントに供給された、ゲートウェイデバイスからのデータを含む、ワイヤレスアップリンクを含む通信チャネルを介して前記UEデバイスからゲートウェイデバイスにフィードバック情報を通信することと、前記フィードバック情報は可視光通信(VLC)チャネル品質情報を通信する、を含む。いくつかの実施形態による、例示的ユーザ機器(UE)デバイスは、次のことを行うように構成された少なくとも1つのプロセッサを含む:UEに情報を通信するアクセスポイントから光情報を受信することと、前記信号は、少なくともいくらかのデータであり、電力線通信リンクを介してアクセスポイントに供給された、ゲートウェイデバイスからのデータを含む、ワイヤレスアップリンクを含む通信チャネルを介して前記UEデバイスからゲートウェイデバイスにフィードバック情報を通信すること、前記フィードバック情報は可視光通信(VLC)チャネル品質情報を通信する。例示的UEデバイスはさらに、前記少なくとも1つのプロセッサに結合されたメモリを含む。
[0009]いくつかの実施形態による、光アクセスポイントを動作させる例示的方法は、次のことを含む:受信された符号化された情報を復号して、ユーザ機器デバイスに通信されることになる情報を回復することと、回復された情報を光チャネル品質情報の関数として符号化して、再符号化された情報を生成することと、その再符号化された情報を可視光通信(VLC)チャネルを介してユーザ機器デバイスに送信すること。いくつかの実施形態による、例示的光アクセスポイントは、次のことを行うように構成された少なくとも1つのプロセッサを含む:受信された符号化された情報を復号して、ユーザ機器デバイスに通信されることになる情報を回復することと、回復された情報を光チャネル品質情報の関数として符号化して、再符号化された情報を生成することと、その再符号化された情報を可視光通信(VLC)チャネルを介してユーザ機器デバイスに送信すること。例示的光アクセスポイントはさらに、前記少なくとも1つのプロセッサに結合されたメモリを含む。
[0010]いくつかの実施形態による、ワイヤレスインターフェースを含む電力線通信(PLC)ゲートウェイデバイスを動作させる例示的方法は、次のことを含む:前記ワイヤレスインターフェースを介して、VLCチャネル品質情報を含むチャネル品質フィードバック情報をユーザ機器デバイスから受信することと、前記UEデバイスと光通信する光アクセスポイントに前記VLCチャネル品質情報を電力線を介して送信すること、前記VLCチャネル品質情報は光アクセスポイントからそのUEデバイスへの前のVLC送信に基づく。いくつかの実施形態による、ワイヤレスインターフェースを含む例示的電力線通信(PLC)ゲートウェイデバイスは、次のことを行うように構成された少なくとも1つのプロセッサを含む:前記ワイヤレスインターフェースを介してユーザ機器デバイスからVLCチャネル品質情報を含むチャネル品質フィードバック情報を受信することと、前記VLCチャネル品質情報を、電力線を介して、前記UEデバイスと光通信する光アクセスポイントに送信すること、前記VLCチャネル品質情報は、その光アクセスポイントからそのUEデバイスへの前のVLC送信に基づく。例示的PLCゲートウェイデバイスはさらに、前記少なくとも1つのプロセッサに結合されたメモリを含む。
[0011]様々な実施形態が、前述の発明の概要で論じられたが、すべての実施形態が同じ特徴を含むとは限らず、前述の特徴のうちのいくつかは、必須ではないが、いくつかの実施形態で好ましくなり得ることを、理解されたい。様々な実施形態の多数の追加の特徴、実施形態および利益が、次の詳細な説明で論じられる。
[0012]図1は、例示的な実施形態による例示的な通信システムの図。 [0013]図2は、様々な例示的実施形態によるユーザ機器(UE)デバイスを動作させる例示的方法の流れ図。 [0014]図3は、様々な例示的実施形態による例示的ユーザ機器(UE)デバイスの図。 [0015]図4は、図3の例示的UEデバイスに含まれ得るモジュールのアセンブリの図。 [0016]図5は、様々な例示的実施形態による光アクセスポイントを動作させる例示的方法の流れ図。 [0017]図6は、様々な例示的実施形態による例示的光アクセスポイントの図。 [0018]図7は、図6の例示的光アクセスポイントに含まれ得るモジュールのアセンブリの図。 [0019]図8は、様々な例示的実施形態によるワイヤレスインターフェースを含む電力線通信(PLC)ゲートウェイデバイスを動作させる例示的方法の流れ図。 [0020]図9は、様々な例示的実施形態によるワイヤレスインターフェースを含む例示的PLCゲートウェイデバイスの図。 [0021]図10は、図9のワイヤレスインターフェースを含む例示的PLCゲートウェイデバイスに含まれ得るモジュールのアセンブリの図。 [0022]図11は、例示的な実施形態による例示的な通信システムの図。
[0023]図1は、様々な実施形態による例示的通信システム100の図である。例示的通信システム100は、ゲートウェイデバイス102、複数の光アクセスポイント(光アクセスポイント(AP)1 104、…、光AP N 106、光AP l’ 108、…、光AP N’ 110)を含む。ゲートウェイデバイス102は、光AP(104、…、106、108、…、110)に電力線112を介して結合される。ゲートウェイデバイス102は、電力線112に結合された電力線通信(PLC)送信モジュール122を含む。いくつかの実施形態で、ゲートウェイデバイス102はさらに、電力線112に結合されたPLC受信機モジュール123を含む。各々の光AP(104、…、106、108、…、110)は、それぞれ、電力線112に結合された電力線通信受信モジュール(128、…、132、136、…、140)を含む。ゲートウェイデバイス102のPLC TXモジュール122は、PLC信号(164、166、168、170)を光アクセスポイント(104、106、108、110)にそれぞれ送信する。送信された信号(164、166、168、170)に対応する信号が、PLC受信機モジュール(128、132、136、140)によってそれぞれ受信される。光AP(104、106、108、110)は、それぞれ、それの被覆領域内のUEデバイスにVLC信号を送信するためのVLC送信モジュール(130、134、138、142)を含む。
[0024]例示的システム100はさらに、システム100全体を移動することができる、複数のユーザ機器(UE)デバイス(UEデバイス1 114、…、UEデバイスM 116、UEデバイスl’ 118、…、UEデバイスM’ 120)、たとえばモバイルワイヤレス端末、を含む。そのUEデバイス(114、…、116、118、…、120)は、可視光通信(VLC)信号を受信するためのおよびワイヤレス無線信号またはワイヤレスIR信号のうちの少なくとも1つを送信するための能力を含む。いくつかの実施形態で、少なくともいくつかのUEデバイスは、ワイヤレス無線信号とワイヤレスIR信号の両方を送信する能力を含む。UEデバイス(114、116、118、120)は、それぞれ、光アクセスポイントから送信されたVLC光信号を受信するためのVLC受信機モジュール(144、150、156、160)を含む。UEデバイス1 114およびUEデバイスM116は、それぞれ、ゲートウェイ102のワイヤレス無線受信機モジュール124にワイヤレスアップリンク無線信号を送信するためのワイヤレス無線送信機モジュール(146、152)を含む。UEデバイスl’ 118およびUEデバイスM’ 120は、それぞれ、ゲートウェイデバイス102のIR受信機モジュール126にワイヤレスアップリンクIR信号を送信するためのIR送信機モジュール(158、162)を含む。
[0025]光アクセスポイント(104、106、108、110)のVLC TXモジュール送信VLC(130、134、138、142)は、VLC信号(172、174、176、178)を送信し、UEデバイス(114、116、118、120)は、送信された信号(172、174、176、178)に対応するVLC信号をそれぞれ受信する。UEデバイス(114、116)のワイヤレス無線送信機モジュール(146、152)は、それぞれ、アンテナ(148、154)を介してアップリンクワイヤレス無線信号(180、182)を送信する。ワイヤレス無線信号(180、182)に対応する信号が、アンテナ125を介してゲートウェイデバイス102のワイヤレス無線受信機モジュール124によって受信される。UEデバイス(118、120)のIR送信機モジュール(158、162)が、アップリンクIR信号(184、186)を送信する。ワイヤレスIR信号(184、186)に対応する信号が、ゲートウェイデバイス102のIR受信機モジュール126によって受信される。
[0026]ゲートウェイデバイス102と光AP 1 104の間にPLC通信チャネルが存在する。ゲートウェイデバイス102と光AP N 106の間にもまたPLC通信チャネルが存在する。同様に、ゲートウェイデバイス102と光AP l’ 108の間にPLC通信チャネルが存在する。加えて、ゲートウェイデバイス102と光アクセスポイントN’ 110の間にPLC通信チャネルが存在する。
[0027]光AP 1 104とUEデバイス1 114の間にVLC通信チャネルが存在し、光AP N 106とUEデバイスM116の間にVLC通信チャネルが存在し、光AP l’ 108とUEデバイスl’ 118の間にVLC通信チャネルが存在し、光AP N’ 110とUEデバイスM’ 120の間にVLC通信チャネルが存在する。
[0028]ワイヤレス無線通信チャネルが、UEデバイス1 114とゲートウェイデバイス102の間に存在し、ワイヤレス無線通信チャネルが、UEデバイスM 116とゲートウェイデバイス102の間に存在する。ワイヤレスIR通信チャネルが、UEデバイスl’ 118とゲートウェイデバイス102の間に存在し、ワイヤレスIR通信チャネルが、UEデバイスM’ 120とゲートウェイデバイス102の間に存在する。
[0029]例示的システム100で、ゲートウェイデバイス102とUEデバイスの間の順方向通信リンクは、PLC通信リンクおよびVLC通信リンクを含む。例示的システム100で、ゲートウェイデバイス102とUEデバイスの間の逆方向通信リンクは、ワイヤレス無線通信リンクまたはワイヤレスIR通信リンクを含む。
[0030]信号180は、光AP 1 104とUEデバイス1 114の間のVLC通信チャネルに対応するチャネル品質フィードバック情報を通信する。信号182は、光AP N 106とUEデバイスM 116の間のVLC通信チャネルに対応するチャネル品質フィードバック情報を通信する。信号184は、光AP l’ 108とUEデバイスl’ 118の間のVLC通信チャネルに対応するチャネル品質フィードバック情報を通信する。信号186は、光AP N’ 110とUEデバイスM’ 120の間のVLC通信チャネルに対応するチャネル品質フィードバック情報を通信する。
[0031]信号(172、174、176、178)は、たとえば、トラフィックデータ信号およびパイロット信号を含む。いくつかの実施形態で、信号(172、174、176、178)はさらに、それぞれ、PLC通信チャネル(ゲートウェイデバイス102と光AP 1 104の間のPLC通信チャネル、ゲートウェイデバイス102と光AP N 106の間のPLC通信チャネル、ゲートウェイデバイス102と光AP l’ 108の間のPLC通信チャネル、ゲートウェイデバイス102と光AP N’ 110の間のPLC通信チャネル)に対応するチャネル品質フィードバック情報を含む。いくつかのそのような実施形態で、順方向リンク信号(172、174、176、178)で受信されたPLC通信チャネル情報は、それぞれ、逆方向リンク信号(180、182、184、186)に含まれる。
[0032]PLC信号(164、166、168、170)は、たとえば、PLCパイロット信号、トラフィックデータ信号、および、VLC通信チャネルに対応するチャネル品質フィードバック情報を通信する。
[0033]いくつかの実施形態で、PLCフィードバック情報は、PLCキャリアごと、たとえばPLCトーンごと、である。いくつかの実施形態で、VLCフィードバック情報は、VLCキャリアごと、たとえばVLCトーンごと、である。様々な実施形態で、光アクセスポイント(104、106、108、110)は、たとえば、複雑さおよび/またはコストを低減するために、PLC送信能力を含まない。
[0034]いくつかの実施形態で、通信システム100はさらに、ワイヤレスIR受信機モジュール192およびPLC送信機モジュール194を含む媒介デバイス190を含む。ゲートウェイデバイス102に直接にIR信号(184、186)を送信するUEデバイス(118、120)の代替として、UEデバイス(118、120)は、媒介デバイス190のワイヤレスIR受信機モジュール192にIR信号(184’、186’)を送信する。媒介デバイス190が、IR信号(184’、186’)で受信されたデータ/情報、たとえばVLCおよびPLCフィードバック情報、をPLC信号(184”、186”)に変換し、そして、PLC送信機モジュール194が、ゲートウェイデバイス102のPLC受信機モジュール123によって受信および処理されるPLC信号(184”、186”)を電力線112へ送信する。
[0035]図2は、様々な例示的実施形態によるユーザ機器(UE)デバイスを動作させる例示的方法の流れ図200である。そのUEデバイスは、たとえば、図1のシステム100のUEデバイス(114、…、116、118、…、120)のうちの1つ、または図11のUEデバイス1106である。例示的方法の動作は、UEデバイスが電源を投入され、初期化される、ステップ202で開始する。動作は、ステップ202からステップ204に進み、そこで、UEデバイスが、UEに情報を通信するアクセスポイントから光信号を受信し、前記信号は、少なくともいくらかのデータであり、電力線通信リンクを介してそのアクセスポイントに供給された、ゲートウェイデバイスからのデータを含む。
[0036]いくつかの実施形態で、アクセスポイントは、電力線通信受信機を含むが、電力線通信送信機を含まない。様々な実施形態で、受信される光信号は、ゲートウェイデバイスから前記アクセスポイントに伸びる電力線チャネルに関する電力線通信チャネル情報を含む。いくつかのそのような実施形態で、電力線通信チャネル情報は、電力線通信チャネルのSNRチャネル推定値を含む。
[0037]いくつかの実施形態で、動作はステップ204からステップ208に進み、他の実施形態で、動作はステップ204からステップ206に進む。
[0038]ステップ206で、UEデバイスが、前記光信号に含まれる受信されたパイロット信号に基づいて、可視光通信(VLC)変調キャリアの信号対雑音比(SNR)推定を実行する。動作は、ステップ206からステップ208に進む。
[0039]ステップ208で、UEデバイスが、ワイヤレスアップリンクを含む通信チャネルを介してそのUEデバイスからゲートウェイデバイスにフィードバック情報を通信し、前記フィードバック情報は可視光通信(VLC)チャネル品質情報を通信する。いくつかの実施形態で、VLCチャネル品質情報は、前記光信号をアクセスポイントからUEデバイスに通信するために使用される光チャネルの品質の情報を提供する。いくつかの実施形態で、そのフィードバック情報は、前記推定された信号対雑音比に基づく。様々な実施形態で、そのフィードバック情報は、前記光信号を通信するために使用される複数の光チャネル変調キャリアの各々について光チャネル変調キャリアごとのSNR情報を含む。いくつかの実施形態で、そのフィードバック情報は、推奨される変調キャリアサイズ、たとえば、4、16もしくは64シンボルコンステレーション、または、将来のVLC送信中にそのアクセスポイントによって使用されることになる推奨されるコーディングレートを含む。いくつかの実施形態で、そのフィードバック情報は、推奨される変調キャリアサイズと推奨されるコーディング速度の両方を含む。いくつかの実施形態で、ワイヤレスアップリンクは、無線通信アップリンクおよび赤外線(IR)通信アップリンクのうちの1つである。
[0040]いくつかの実施形態で、ステップ208は、ステップ210、212、214、および216のうちの1つまたは複数、あるいはすべてを含む。ステップ210で、UEデバイスが、ワイヤレス信号で前記ゲートウェイデバイスに少なくともいくらかの受信された電力線通信チャネル情報を送信し、前記電力線通信チャネル情報は、前記アクセスポイントによって生成されたチャネル品質情報を含む。様々な実施形態で、受信される光信号は、アクセスポイントでの電力線信号強度を示す情報を含む。ステップ212で、UEデバイスが、前記光信号に含まれる少なくともいくらかの電力線信号強度情報を無線通信リンクを介して前記ゲートウェイデバイスに送信する。いくつかの実施形態で、その無線通信リンクは、WiFi(登録商標)通信リンクである。ステップ214で、UEデバイスが、前記光信号に含まれる少なくともいくらかの電力線信号強度情報をIR通信リンクを介して前記ゲートウェイデバイスに送信する。ステップ216で、UEデバイスが、前記VLCチャネル品質情報と前記電力線通信チャネル品質情報の両方を単一のメッセージで前記ゲートウェイデバイスに送信する。いくつかのそのような実施形態で、VLCチャネル品質情報および電力線チャネル品質情報は、単一のメッセージ内で共同でコーディングされる。
[0041]いくつかの実施形態で、UEデバイスからゲートウェイに通信されるフィードバック情報は、VLCチャネル品質情報と電力線チャネル品質情報の両方を含み、VLCチャネル品質情報は、電力線チャネル品質情報が通信される速度とは異なる速度、たとえば第1のおよび第2の所定の速度、で通信される。いくつかの実施形態で、チャネル品質フィードバック情報が通信される速度は、チャネル品質フィードバック情報の検出された変化の速度の関数である。
[0042]動作は、ステップ208から204に進み、そこで、UEデバイスがアクセスポイントから別の光信号を受信する。
[0043]図3は、例示的実施形態による例示的ユーザ機器(UE)デバイス300、たとえばモバイルワイヤレス通信デバイス、の図である。UEデバイス300は、たとえば、図1のシステム100のUEデバイス(114、…、116、118、…、120)または図11のシステム1100のUEデバイス1106のうちの1つである。いくつかの実施形態で、UEデバイス300は、図2の流れ図200による方法を実装する。
[0044]UEデバイス300は、それを介して様々な要素(302、304)がデータおよび情報を交換することができるバス309を介してともに結合されたプロセッサ302およびメモリ304を含む。メモリ304は、ルーチン311およびデータ/情報313を含む。UEデバイス300はさらに、可視光通信(VLC)受信機モジュール306、ワイヤレス無線モジュール308、および赤外線(IR)モジュール310を含む。VLC受信機モジュール306、ワイヤレス無線モジュール308、およびIRモジュール310は、バス324を介してプロセッサ302に結合される。
[0045]VLC受信機モジュール306は、フォトダイオード314、増幅器315、アナログ/デジタル変換器(ADC)317、およびデジタルモジュール319を含む。フォトダイオード314によって検出された可視光信号が、増幅器315によって増幅され、増幅されたアナログ信号は、ADC317によって処理され、デジタルモジュール319によって受信および処理される情報を通信するデジタル信号をもたらす。
[0046]ワイヤレス無線モジュール308は、それを介してUEデバイス300がダウンリンク無線信号を受信する、受信アンテナ320に結合された、ワイヤレス受信機モジュール316、たとえばWiFi受信機、を含む。ワイヤレス無線モジュール308はさらに、それを介してUEデバイス300がアップリンク無線信号を送信する送信アンテナ322に結合された、ワイヤレス送信機モジュール318、たとえばWiFi送信機、を含む。いくつかの実施形態で、同じアンテナが、ダウンリンクおよびアップリンクのために使用される。いくつかの実施形態で、ワイヤレス送信機モジュール318が、ゲートウェイデバイスに、光アクセスポイントとUEデバイス300の間のVLC通信に対応する、VLCチャネル品質フィードバック情報を含むフィードバック情報を通信するワイヤレス無線信号を送信する。いくつかの実施形態で、そのフィードバック情報はさらに、ゲートウェイデバイスと光アクセスポイントの間のPLC通信に対応するPLCチャネル品質情報を含む。
[0047]IRモジュール310は、IR送信機モジュール322を含む。いくつかの実施形態で、IR送信機モジュール322は、ゲートウェイデバイスに、光アクセスポイントとUEデバイス300の間のVLC通信に対応する、VLCチャネル品質フィードバック情報を含むフィードバック情報を通信するIR信号を送信する。いくつかの実施形態で、フィードバック情報はさらに、ゲートウェイデバイスと光アクセスポイントの間のPLC通信に対応するPLCチャネル品質情報を含む。
[0048]いくつかの実施形態で、プロセッサ302は、次のことを行うように構成される:UEに情報を通信するアクセスポイントから光情報を受信することと、前記信号は、少なくともいくらかのデータであり、電力線通信リンクを介してアクセスポイントに供給された、ゲートウェイデバイスからのデータを含む、ワイヤレスアップリンクを含む通信チャネルを介して前記UEデバイスからゲートウェイデバイスにフィードバック情報を通信すること、前記フィードバック情報は可視光通信(VLC)チャネル品質情報を通信する。様々な実施形態で、VLCチャネル品質情報は、前記光信号をアクセスポイントからUEデバイスに通信するために使用される光チャネルの品質の情報を提供する。
[0049]いくつかのそのような実施形態で、プロセッサ302はさらに、前記光信号に含まれる受信されたパイロット信号に基づいてVLC変調キャリアの信号対雑音比推定を実行するように構成される。
[0050]様々な実施形態で、前記フィードバック情報は、前記推定された信号対雑音比に基づく。いくつかの実施形態で、フィードバック情報は、前記光信号を通信するために使用される複数の光チャネル変調キャリアの各々について光チャネル変調キャリアごとのSNR情報を含む。いくつかの実施形態で、フィードバック情報は、将来のVLC送信中にアクセスポイントによって使用されることになる、推奨される変調コンステレーションサイズ、たとえば、4、16もしくは64シンボルコンステレーション、または、推奨されるコーディング速度、たとえば、複数の所定のコーディング速度のうちの1つから、を含む。いくつかの実施形態で、フィードバック情報は、推奨される変調コンステレーションサイズ、たとえば、4、16もしくは64シンボルコンステレーション、と、推奨されるコーディング速度の両方を含む。
[0051]いくつかの実施形態で、前記アクセスポイントは、電力線通信受信機を含むが、電力線通信送信機を含まない。様々な実施形態で、受信される光信号は、ゲートウェイデバイスから前記アクセスポイントに伸びる電力線チャネルに関する情報を提供する電力線通信チャネル情報を含む。いくつかのそのような実施形態で、前記電力線通信チャネル情報は、電力線通信チャネルのSNRチャネル推定値を含む。
[0052]いくつかの実施形態で、プロセッサ302は、次のことを行うように構成される:少なくともいくらかの受信された電力線通信チャネル情報をワイヤレス信号で前記ゲートウェイデバイスに送信すること、前記電力線通信チャネル情報は、前記UEからゲートウェイデバイスにフィードバック情報を通信するように構成されることの部分として、前記アクセスポイントによって生成されたチャネル品質情報を含む。いくつかの実施形態で、前記受信された光信号は、アクセスポイントでの電力線信号強度を示す情報を含む。様々な実施形態で、プロセッサ302は、次のことを行うように構成される:ワイヤレスアップリンクを含む通信チャネルを介して前記UEからゲートウェイデバイスに情報を通信するように構成されることの部分として、前記光信号に含まれる少なくともいくらかの電力線信号強度情報を無線、たとえばWiFi、通信リンクを介して前記ゲートウェイデバイスに送信すること。いくつかの実施形態で、プロセッサ302は、次のことを行うように構成される:ワイヤレスアップリンクを含む通信チャネルを介して前記UEからゲートウェイデバイスに情報を通信するように構成されることの部分として、前記光信号に含まれる少なくともいくらかの電力線信号強度情報をIR通信リンクを介して前記ゲートウェイデバイスに送信すること。
[0053]いくつかの実施形態で、プロセッサ302は、次のことを行うように構成される:前記UEからゲートウェイデバイスにフィードバック情報を通信するように構成されることの部分として、前記VLCチャネル品質情報と前記電力線通信チャネル品質情報の両方を単一のメッセージで前記ゲートウェイデバイスに送信すること。いくつかのそのような実施形態で、VLCチャネル品質情報および電力線通信チャネル品質情報は、単一のメッセージ内で共同でコーディングされる。
[0054]様々な実施形態で、プロセッサ302は、所定のスケジュールに従ってVLCチャネル品質情報を送信するように構成される。いくつかの実施形態で、プロセッサ302は、所定のスケジュールに従って電力線通信チャネル品質情報を送信するように構成される。いくつかの実施形態で、プロセッサ302は電力線通信チャネル品質情報を送信するために使用される速度とは異なる速度でVLCチャネル品質情報を送信するように構成される。様々な実施形態で、プロセッサ302は、VLCチャネル品質情報の変化の速度の関数である速度でVLCチャネル品質情報を送信するように構成される。様々な実施形態で、プロセッサ302は、電力線通信チャネル品質情報の変化の速度の関数である速度で電力線通信チャネル品質情報を送信するように構成される。
[0055]図4を参照すると、モジュール400のアセンブリは、UEデバイスに情報を通信するアクセスポイントから光信号を受信するように構成されたモジュール404を含み、前記信号は、少なくともいくらかのデータであり、電力線通信リンクを介してそのアクセスポイントに供給された、ゲートウェイデバイスからのデータを含む。いくつかの実施形態で、アクセスポイントは、電力線通信受信機を含むが、電力線通信送信機を含まない。様々な実施形態で、受信される光信号は、ゲートウェイデバイスから前記アクセスポイントへの電力線チャネルに関する電力線通信チャネル情報を含む。いくつかのそのような実施形態で、電力線通信チャネル情報は、SNRチャネル推定値を含む。
[0056]モジュール400のアセンブリはさらに、前記光信号に含まれる受信されたパイロット信号に基づいてVLC変調キャリアの信号対雑音比推定を実行するように構成されたモジュール406と、ワイヤレスアップリンクを含む通信チャネルを介してUEデバイスからゲートウェイデバイスにフィードバック情報を通信するように構成されたモジュール408とを含み、前記フィードバック情報はVLCチャネル品質情報を通信する。いくつかの実施形態で、VLCチャネル品質情報が、前記光信号をアクセスポイントからUEデバイスに通信するために使用される光チャネルの品質の情報を提供する。
[0057]いくつかの実施形態で、フィードバック情報は、前記推定された信号対雑音比に基づく。様々な実施形態で、フィードバック情報は、複数の光変調キャリアの各々の光チャネル変調キャリアごとのSNR情報を含む。いくつかの実施形態で、フィードバック情報は、推奨される変調キャリアサイズ、たとえば、4、16もしくは64シンボルコンステレーション、または、将来のVLC送信中にそのアクセスポイントによって使用されることになる推奨されるコーディングレートを含む。いくつかの実施形態で、フィードバック情報は、推奨される変調キャリアサイズと推奨されるコーディング速度の両方を含む。いくつかの実施形態で、ワイヤレスアップリンクは、無線通信アップリンクおよび赤外線(IR)通信アップリンクのうちの1つである。
[0058]いくつかの実施形態で、前記受信される光信号は、アクセスポイントでの電力線信号強度を示す情報を含む。モジュール408は、少なくともいくらかの受信された電力線通信チャネル情報をワイヤレス信号で前記ゲートウェイデバイスに送信するように構成されたモジュール410と、前記電力線通信チャネル情報は、前記アクセスポイントによって生成されたチャネル品質情報を含む、前記光信号に含まれる少なくともいくらかの電力線信号強度情報を無線通信リンク、たとえばWiFi通信リンク、を介して前記ゲートウェイデバイスに送信するように構成されたモジュール412と、前記光信号に含まれる少なくともいくらかの電力線信号強度情報をIR通信リンクを介して前記ゲートウェイデバイスに送信するように構成されたモジュール414と、前記VLCチャネル品質情報と前記電力線通信チャネル品質情報の両方を単一のメッセージで前記ゲートウェイデバイスに送信するように構成されたモジュール416とを含む。いくつかのそのような実施形態で、VLCチャネル品質情報および電力線チャネル品質情報は、単一のメッセージ内に共同でコーディングされる。
[0059]モジュール400のアセンブリはさらに、スケジュール、たとえば所定のスケジュール、に従ってVLCフィードバック情報の通信を制御するように構成されたモジュール418と、スケジュール、たとえば所定のスケジュール、に従って電力線通信フィードバック情報の通信を制御するように構成されたモジュール420と、VLCチャネル品質情報の変更を検出するように構成されたモジュール422と、VLCチャネル品質情報の変化の検出された速度に基づく速度で通信されることになるVLCフィードバック情報を制御するように構成されたモジュール424と、電力線通信チャネル品質情報の変化を検出するように構成されたモジュール426と、電力線通信チャネル品質情報の変化の検出された速度に基づく速度で通信されることになる電力線通信チャネルフィードバック情報を制御するように構成されたモジュール428とを含む。
[0060]図5は、様々な例示的実施形態による光アクセスポイントを動作させる例示的方法の流れ図500である。その光アクセスポイントは、たとえば、1つまたは図1のシステム100の光アクセスポイント(104、…、106、108、…、110)、または、図11のシステム1100の光アクセスポイント1104である。動作は、ステップ502で開始し、そこで光アクセスポイントが電源を投入され、初期化される。動作は、ステップ502からステップ504に進む。ステップ504で、光アクセスポイントが、電力線通信(PLC)チャネルを介して、符号化された情報および光チャネル品質情報を受信する。いくつかの実施形態で、光チャネル品質情報は、VLC変調キャリアごとのSNR情報を含む。いくつかの実施形態で、光チャネル品質情報は、光アクセスポイントによってUEデバイスに前に送信された光信号に関する品質情報であり、そのUEデバイスが、光チャネル品質情報を生成する。いくつかの実施形態で、動作は、ステップ504からステップ510に進む。いくつかの他の実施形態で、動作は、ステップ504からステップ506に進む。
[0061]ステップ506で、光アクセスポイントが、PLC(電力線通信)チャネル品質測定を実行してPLCチャネル品質情報を生成する。いくつかのそのような実施形態で、ステップ506は、その中で光アクセスポイントがSNR測定を行うステップ508を含む。いくつかの実施形態で、PLCチャネル品質情報は、SNR値またはSNR値の関数である情報を含む。動作は、ステップ508からステップ510に進む。
[0062]ステップ510で、光アクセスポイントが、受信された符号化された情報を復号して、ユーザ機器(UE)デバイスに通信されることになる情報を回復する。いくつかの実施形態で、UEデバイスに通信されることになる情報は、そのUEデバイスによって要求されたデータを含み、そのデータは、そのUEデバイスのユーザによって消費され得る。たとえば、UEデバイスに通信されることになる情報は、電子メールメッセージ、写真、音楽などでもよい。動作は、ステップ510からステップ512に進む。
[0063]ステップ512で、光アクセスポイントが、回復された情報を光チャネル品質情報の関数として符号化して、再符号化された情報を生成する。その回復された情報は、UEがVLCチャネルを介してその情報を確実に受信することができるように、VLCチャネルのために再符号化される。PLCおよびVLCチャネルは異なる特性を有するので、それらは、データがチャネルを介して確実に配信されることを確保するために、異なるタイプの符号化を使用することができる。いくつかの実施形態で、ステップ512は、ステップ514を含み、その中で、光アクセスポイントが、受信された変調キャリアSNR情報に基づいて変調キャリアごとにコーディング速度またはコンステレーションサイズを選択する。受信された変調キャリアSNR情報は、ステップ504で電力線チャネルを介して受信された。いくつかの実施形態で、ステップ514で、光アクセスポイントが、受信された変調キャリアSNR情報に基づいて変調キャリアごとにコーディング速度とコンステレーションサイズの両方を選択する。
[0064]動作は、ステップ512から、任意選択のステップ516および518のうちの1つまたは複数が含まれるかどうかに応じて、ステップ516、518および520のうちの1つに進む。
[0065]ステップ516で、光アクセスポイントが、PLCチャネル品質情報を符号化する。動作は、ステップ516からステップ518に進む。ステップ518で、光アクセスポイントが、前記光チャネル品質情報に基づいて少なくともいくつかのVLC変調キャリアの送信電力を選択する。送信電力を選択するために使用される光チャネル品質情報、たとえば、VLC変調キャリアごとのVLCチャネル品質フィードバック情報、は、ステップ504で前に受信された。いくつかの実施形態で、1つまたは複数のルックアップテーブルが、受信されたキャリアごとのフィードバック情報に基づいてVLCキャリアごとのコーディング、変調、およびキャリア電力を決定するために使用される。動作は、ステップ518からステップ520に進む。
[0066]ステップ520で、光アクセスポイントが、再符号化された情報を可視光通信(VLC)チャネルを介してUEデバイスに送信する。いくつかの実施形態で、動作はステップ520からステップ504に進み、他の実施形態で、動作はステップ520からステップ522に進む。ステップ522で、光アクセスポイントが、符号化されたPLCチャネル品質情報を可視光通信(VLC)チャネルを介してUEデバイスに送信する。動作は、ステップ522からステップ504に進む。
[0067]図6は、様々な例示的実施形態による例示的光アクセスポイント600の図である。光アクセスポイント600は、たとえば、図1のシステム100の光アクセスポイント(104、…、106、108、…、110)または図11のシステム1100の光アクセスポイント1104のうちの1つである。光アクセスポイント600は、図5の流れ図500による方法を実装することができ、ときに実装する。光アクセスポイント600は、それを介して様々な要素(602、604)がデータおよび情報を交換することができるバス609を介してともに結合されたプロセッサ602およびメモリ604を含む。メモリ604は、ルーチン611およびデータ/情報613を含む。光アクセスポイント600はさらに、可視光通信(VLC)送信機モジュール606、および電力線通信(PLC)モジュール608を含む。VLCモジュール606およびPLCモジュール608は、バス624を介してプロセッサ602に結合される。
[0068]VLCモジュール606は、VLC信号、たとえばUEデバイスに向けられたVLC信号、を送信するためのLEDアレイ610を含む。
[0069]PLCモジュール608は、PLC信号、たとえば、PLCゲートウェイデバイスから光アクセスポイント600に向けられたPLC信号、を受信するためのPLC受信機モジュール612を含む。PLCモジュール606は、電力線に接続される。受信されるPLC信号は、VLCチャネルフィードバック情報を含む。
[0070]いくつかの実施形態で、プロセッサ602は、次のことを行うように構成される:受信された符号化された情報を復号して、ユーザ機器デバイスに通信されることになる情報を回復することと、回復された情報を光チャネル品質情報の関数として符号化して、再符号化された情報を生成することと、その再符号化された情報を可視光通信(VLC)チャネルを介してユーザ機器デバイスに送信すること。
[0071]様々な実施形態で、プロセッサ602はさらに、電力線通信(PLC)チャネルを介して、前記符号化された情報および前記光チャネル品質情報を受信するように構成される。いくつかの実施形態で、前記光チャネル品質情報は、VLC変調キャリアごとのSNR情報を含み、プロセッサ602はさらに、回復された情報を符号化するように構成されることの部分として、受信された変調キャリアSNR情報(これはビットローディングである)に基づいて変調キャリアごとのコーディング速度および/またはコンステレーションサイズを選択するように構成される。
[0072]いくつかの実施形態で、プロセッサ602はさらに、次のことを行うように構成される:前記光チャネル品質情報に基づいて前記VLC変調キャリアのうちの少なくともいくつかのVLC変調キャリアの送信電力を選択すること。様々な実施形態で、異なる電力が、異なるVLCキャリアのために使用することができ、ときに使用される。いくつかの実施形態で、1つまたは複数のルックアップテーブルが、受信されたキャリアごとのフィードバック情報に基づいてVLCキャリアごとのコーディング変調および/またはキャリア電力を決定するために使用される。
[0073]いくつかの実施形態で、プロセッサ602は、次のことを行うように構成される:PLCチャネル品質測定を実行してPLCチャネル品質情報を生成することと、前記PLCチャネル品質情報を符号化することと、符号化されたPLCチャネル品質情報を前記VLCチャネルを介してユーザデバイスに送信すること。いくつかのそのような実施形態で、プロセッサ602はさらに、PLCチャネル品質測定を実行するように構成されることの部分として、SNR測定を行うように構成される。いくつかの実施形態で、前記PLCチャネル品質情報は、SNR値またはSNR値の関数である情報を含む。
[0074]他の実施形態で、PLC受信機モジュール612は、物理シンボルプロセッサ650、たとえばASIC、を含み、VLC送信機モジュール606は、OFDM信号と時に呼ばれる、離散マルチトーン(DMT)信号を生成するベースバンドプロセッサ660を含む。いくつかのそのような実施形態で、物理シンボルプロセッサ650は、PLCチャネル品質測定モジュール652およびPLCチャネル品質情報生成モジュール654を含み、そして、プロセッサ602は、VLCパケット生成モジュール656およびVLCパケット符号器モジュール658を含む。PLCチャネル品質測定モジュール652は、PLCチャネル品質測定を実行し、PLCチャネル品質情報生成モジュール654は、モジュール652の測定に基づいてPLCチャネル品質情報を生成する。いくつかの実施形態で、PLCチャネル品質測定モジュール652は、たとえば周波数ごとに、1つまたは複数のSNR決定が行われることを可能にするPLCパイロットおよびチャネル雑音を測定する。そのPLCチャネル品質情報、たとえば、パイロット強度および/またはSNR測定などのPLCチャネル品質測定値の報告、は、PLCチャネル品質情報をVLCパケットに符号化するプロセッサ602のVLCパケット生成モジュール656にモジュール654によって通信される。VLCパケット符号器モジュール658は、PLCパケットで受信されたVLCチャネル品質情報に基づいて選択された送信パラメータに従って、モジュール656からのVLCパケット出力を符号化する。選択されたVLCパラメータは、チャネル条件を反映し、VLC変調周波数の使用を制御することができる、たとえば、一部のVLC変調周波数は、より高いコーディング速度およびより少ない冗長性で使用され、そして、他のVLC変調周波数は、より少ないデータ、たとえば、より多量の冗長性を有するデータ、たとえば、エラー訂正ビットおよび/またはより回復力のあるより低いビット速度のコーディングを使用する通信データ、を通信する。いくつかの実施形態で、選択されるVLCパラメータは、複数のコーディングレベルのうちのどれが特定の周波数のために使用されるべきかを指定する。いくつかのそのような実施形態で、少なくともいくつかの異なるコーディングレベルが、異なる変調シンボルコンステレーションに対応する。VLCパケット符号器モジュール658からの出力は、ベースバンドプロセッサ660への入力である。ベースバンドプロセッサ660は、DMT変調を使用するが、たとえば、個々の周波数のために使用されるコーディングおよび/または冗長性の量に対応する異なるビットローディングパターンを有する異なる周波数を介する。したがって、異なる量のデータが、異なるVLCチャネルの報告された品質に基づいて異なるVLCキャリアを介して通信され得る、そして、時に通信される。データ/情報613は、PLC受信機モジュール612によって復号されたバッファリングされたデータを含む。バッファリングされたデータ662は、VLCチャネル品質フィードバック情報を含む。
[0075]いくつかの実施形態で、VLCチャネルは、30MHz幅である。いくつかの実施形態で、VLCキャリアの数は、個々の実施形態に応じて、32キャリアから512キャリアの間、たとえば、32、64、128、256、または512キャリア、である。いくつかの実施形態で、PLCチャネルは、30MHzである。いくつかのそのような実施形態で、PLCチャネルは、ノッチを含む。ノッチは、意図的に未使用のままにされた、または、電力線を介してデータを通信するために使用されるPLC周波数帯の他の部分よりも少ない程度に、たとえば、より低い送信電力レベルで、使用される、PLC周波数帯の部分に対応する。ノッチは、意図的であり、個々の周波数での干渉を回避または限定することが意図されている。いくつかの実施形態で、ノッチは、PLC通信のために使用される周波数帯を有する所定の周波数で生じる。
[0076]図7は、様々な例示的実施形態によるモジュール700のアセンブリの図である。モジュール700のアセンブリは、符号化された情報および光チャネル品質情報を電力線通信(PLC)チャネルを介して受信するように構成されたモジュール704を含む。いくつかの実施形態で、光チャネル品質情報は、VLC変調キャリアごとのSNR情報を含む。
[0077]モジュール700のアセンブリはさらに、PLCチャネル品質測定を実行してPLCチャネル品質情報を生成するように構成されたモジュール706を含む。モジュール706は、SNR測定を行うように構成されたモジュール708を含む。いくつかの実施形態で、PLCチャネル品質情報は、SNR値またはSNR値の関数である情報を含む。
[0078]モジュール700のアセンブリはさらに、前記受信された符号化された情報を復号して、ユーザ機器(UE)デバイスに通信されることになる情報を回復するように構成された、モジュール710と、ユーザ機器(UE)デバイスに通信されることになる光チャネル品質情報の関数としてその回復された情報を符号化するように構成されたモジュール712と、受信された変調キャリアSNR情報に基づいて変調キャリアごとの光チャネルのコーディング速度またはコンステレーションサイズを選択するように構成されたモジュール714とを含む。いくつかの実施形態で、モジュール714は、コーディング速度および変調キャリアごとのコンステレーションサイズの両方を受信された変調キャリアSNR情報に基づいて選択する。
[0079]モジュール700のアセンブリはさらに、記PLCチャネル品質情報を符号化するように構成されたモジュール716と、前記光チャネル品質情報に基づいて少なくともいくつかのVLC変調キャリアの送信電力を選択するように構成されたモジュール718とを含む。いくつかの実施形態で、異なる電力が、異なるVLCキャリアのために使用することができ、時に使用されるいくつかの実施形態で、1つまたは複数のルックアップテーブルが、受信されたキャリアごとのフィードバック情報に基づいてVLCキャリアごとにコーディング、変調、およびキャリア電力を決定するために使用される。
[0080]モジュール700のアセンブリはさらに、再符号化された情報を可視光通信(VLC)チャネルを介してUEデバイスに送信するように構成されたモジュール720と、符号化されたPLCチャネル品質情報を可視光通信(VLC)チャネルを介してUEデバイスに送信するように構成されたモジュール722とを含む。
[0081]図8は、例示的実施形態によるワイヤレスインターフェースを含む電力線通信(PLC)ゲートウェイデバイスを動作させる例示的方法の流れ図800である。PLCゲートウェイデバイスは、たとえば、図1のシステム100のゲートウェイデバイス102、または図11のシステム1100のゲートウェイデバイス1102である。動作は、ゲートウェイデバイスが電源を投入され、初期化される、ステップ802で開始する。動作は、ステップ802からステップ804に進む。ステップ804で、ゲートウェイデバイスが、ユーザ機器(UE)デバイスから可視光通信(VLC)チャネル品質情報を含む品質フィードバック情報を前記ワイヤレスインターフェースを介して受信する。いくつかの実施形態で、VLCチャネル品質情報は、VLC変調キャリアごとのSNR情報を含む。いくつかの実施形態で、動作は、ステップ804からステップ812に進む。いくつかの他の実施形態で、動作は、ステップ804からステップ806に進む。
[0082]ステップ806で、ゲートウェイデバイスが、前記UEデバイスから電力線通信(PLC)チャネル品質フィードバック情報をワイヤレスインターフェースを介して受信し、前記PLCチャネル品質フィードバック情報は、そのPLCゲートウェイデバイスからその光アクセスポイントへの前のPLC送信に基づく。いくつかの実施形態で、PLCチャネル品質フィードバック情報は、前記光アクセスポイントからUEデバイスによって受信された。いくつかのそのような実施形態で、PLCチャネル品質フィードバック情報は、SNR値またはSNR値の関数である情報を含む。様々な実施形態で、電力線通信チャネル品質フィードバック情報は、電力変調キャリアSNR情報を含む。動作は、ステップ806からステップ808に進む。ステップ808で、ゲートウェイデバイスが、UEデバイスから受信されたPLCチャネル品質情報に基づいてコーディング速度またはコンステレーションを使用する前記UEデバイスへの配信のために光アクセスポイントに通信されることになる情報を符号化する。いくつかの実施形態で、ステップ808で、ゲートウェイデバイスが、UEデバイスから受信されたPLCチャネル品質情報に基づくコーディング速度とコンステレーションの両方を使用する前記UEデバイスへの配信のために光アクセスポイントに通信されることになる情報を符号化する。動作は、ステップ808からステップ810に進み、そこで、ゲートウェイデバイスが、前記PLCチャネル品質情報に基づいて少なくともいくつかのPLC変調キャリアのPLC送信電力を選択する。いくつかの実施形態で、異なる電力が、異なるPLCキャリアのために使用されてもよく、時に使用される。いくつかの実施形態で、1つまたは複数のルックアップテーブルが、受信されたPLCキャリアごとのフィードバック情報に基づいてPLCキャリアごとにコーディング、変調、およびキャリア電力のうちの1つまたは複数あるいはすべてを決定するために使用される。動作は、ステップ810からステップ812に進む。
[0083]ステップ812で、ゲートウェイデバイスが、前記UEデバイスと通信中の前記光アクセスポイントに前記VLCチャネル品質情報を電力線を介して送信し、前記VLCチャネル品質情報はその光アクセスポイントからそのUEデバイスへの前のVLC送信に基づく。動作は、ステップ812からステップ804に進む。
[0084]図9は、例示的実施形態による例示的電力線通信(PLC)ゲートウェイデバイス900の図である。PLCゲートウェイデバイス900は、たとえば、図1のシステム100のPLCゲートウェイデバイス102または図11のシステム1100のゲートウェイデバイス1102である。PLCゲートウェイデバイス900は、図8の流れ図800による方法を実装することができ、時に実装する。PLCゲートウェイデバイス900は、それを介して様々な要素(902、904)がデータおよび情報を交換することができるバス909を介してともに結合されたプロセッサ902およびメモリ904を含む。メモリ904は、ルーチン911およびデータ/情報913を含む。PLCゲートウェイ900はさらに、電力線通信(PLC)モジュール906、ワイヤレス無線モジュール908、たとえばワイヤレス無線基地局、およびIRモジュール910を含む。PLCモジュール906、ワイヤレス無線モジュール908、およびIRモジュール910は、バス915を介してプロセッサ902に結合される。PLCモジュール906は、PLC信号、たとえば、VLCアクセスポイントに向けられたPLC信号、を送信するためのPLC送信機モジュール907を含む。PLCモジュール906は、電力線に接続される。いくつかの実施形態で、PLCモジュール906はさらに、UEデバイスからIR信号伝達を介して送信されたUEデバイスからのチャネル品質フィードバック情報を中継するPLC信号、たとえば、図1のデバイス190などの媒介デバイスから向けられたPLC信号、を受信するためのPLC受信機モジュール909を含む。
[0085]ワイヤレス無線モジュール908、たとえば基地局、は、それを介してゲートウェイデバイス900がUEデバイスからアップリンク無線信号を受信する、受信アンテナ921に結合されたワイヤレス受信機モジュール920、たとえばWiFi受信機、を含む。いくつかの実施形態で、アップリンク無線信号は、光アクセスポイントとUEデバイスの間のVLC通信に対応するチャネル品質フィードバック情報を含む。いくつかのそのような実施形態で、アップリンク無線信号はさらに、ゲートウェイデバイス900と光アクセスポイントの間のPLC通信に対応するチャネル品質フィードバック情報を含む。ワイヤレス無線モジュール908はさらに、それを介してゲートウェイ900がダウンリンク無線信号をUEデバイスに送信する、送信アンテナ923に結合された、ワイヤレス送信機モジュール922、たとえばWiFi送信機、を含む。いくつかの実施形態で、同アンテナがダウンリンクおよびアップリンクのために使用される。
[0086]IRモジュール910は、IR受信機モジュール924を含む。いくつかの実施形態で、IR受信機モジュール924が、アップリンクIR信号をUEデバイスから受信する。いくつかの実施形態で、アップリンクIR信号は、光アクセスポイントとUEデバイスの間のVLC通信に対応するチャネル品質フィードバック情報を含む。いくつかのそのような実施形態で、アップリンクIR信号はさらに、ゲートウェイデバイス900と光アクセスポイントの間のPLC通信に対応するチャネル品質フィードバック情報を含む。
[0087]様々な実施形態で、プロセッサ902は、次のことを行うように構成される:ワイヤレスインターフェース(たとえば、ワイヤレス無線モジュール908)を介してVLCチャネル品質情報を含むチャネル品質フィードバック情報をユーザ機器デバイスから受信することと、電力線を介して(たとえば、PLCモジュール906を介して)、前記VLCチャネル品質情報を前記UEデバイスと光通信する光アクセスポイントに送信すること、前記VLCチャネル品質情報は光アクセスポイントからそのUEデバイスへの前のVLC送信に基づく。いくつかのそのような実施形態で、前記VLCチャネル品質情報は、VLC変調キャリアごとのSNR情報を含む。
[0088]いくつかの実施形態で、プロセッサ902はさらに、次のことを行うように構成される:前記UEデバイスから電力線通信(PLC)チャネル品質フィードバック情報を前記ワイヤレスインターフェースを介して受信すること、前記PLCチャネル品質フィードバック情報は、そのPLCゲートウェイデバイスからその光アクセスポイントへの前のPLC送信に基づく。いくつかのそのような実施形態で、前記電力線チャネル品質フィードバック情報は、前記光アクセスポイントから前記UEデバイスによって受信された。いくつかのそのような実施形態で、前記電力線チャネル品質フィードバック情報は、SNR値またはSNR値の関数である情報を含む。様々な実施形態で、前記電力線チャネル品質フィードバック情報は、変調キャリアごとのSNR情報を含む。
[0089]いくつかの実施形態で、プロセッサ902はさらに、次のことを行うように構成される:前記ユーザ機器デバイスから受信されたPLCチャネル品質情報に基づいて選択されたコーディング速度および/またはコンステレーションを使用する前記ユーザデバイスへの配信のために前記光アクセスポイントに通信されることになる情報を符号化すること。いくつかのそのような実施形態で、プロセッサ902はさらに、次のことを行うように構成される:前記チャネル品質情報に基づいていくつかのPLC変調キャリアのPLC送信電力を選択すること。様々な実施形態で、異なる電力が、たとえば、受信されたPLCチャネル品質フィードバック情報に基づいて、異なるPLCキャリアのために使用可能であり、時に使用される。いくつかの実施形態で、1つまたは複数のルックアップテーブルが、次のうちの1つまたは複数あるいはすべてを決定するために使用される:受信されたキャリアごとのフィードバック情報に基づくPLCキャリアごとのコーディング、変調およびキャリア電力。
[0090]図10を参照すると、モジュール1000のアセンブリは、ユーザ機器(UE)デバイスから可視光通信(VLC)チャネル品質情報を含むチャネル品質フィードバック情報をワイヤレスインターフェースを介して受信するように構成されたモジュール1004と、前記UEデバイスから電力線通信(PLC)チャネル品質フィードバック情報を前記ワイヤレスインターフェースを介して受信するように構成されたモジュール1006と、前記PLCチャネル品質フィードバック情報は、そのPLCゲートウェイデバイスからその光アクセスポイントへの前のPLC送信に基づく、UEデバイスから受信されたPLCチャネル品質フィードバック情報に基づいて選択されたコーディング速度またはコンステレーションを使用する前記UEデバイスへの配信のために光アクセスポイントに通信されることになる情報を符号化するように構成されたモジュール1008と、前記PLCチャネル品質フィードバック情報に基づいて少なくともいくつかのPLC変調キャリアのPLC送信電力を選択するように構成されたモジュール1010と、前記UEデバイスと通信中に光アクセスポイントに前記VLCチャネル品質情報を電力線を介して送信するように構成されたモジュール1012とを含み、前記VLCチャネル品質情報はその光アクセスポイントからそのUEデバイスへの前のVLC送信に基づく。
[0091]いくつかの、しかし必ずしもすべてとは限らない実施形態の様々な態様および/または特徴が、さらに以下に論じられる。図11は、いくつかの実施形態による例示的通信システム1100を示す。例示的システム1100は、次の構成要素を含む:ゲートウェイデバイス1102、光アクセスポイント1104、およびユーザ機器デバイス1106。ゲートウェイデバイス1102は、PLC送信機インターフェースモジュール1112およびワイヤレス受信機インターフェースモジュール1110を含む。ゲートウェイデバイス1102、たとえば、Hy−Fiゲートウェイ、は、電力線通信(PLC)信号を光アクセスポイント1104に送信し、UEデバイス1106からワイヤレス信号、たとえば、Wi−Fi(登録商標)信号などのワイヤレス無線信号またはワイヤレスIR信号、を受信する。
[0092]光アクセスポイント1104は、ともに結合されたLED駆動モジュール1114、たとえばLED駆動回路、とLED電球1116とを含む。LED電球1116は、2つの機能を実行する。LED電球1116は、データをUE1106に通信し、そして、LED電球1116は、可視光を提供して、従来の電球光が部屋または部屋の一部を照らすのと同様の方法で、部屋のすべてまたは一部を照らす。いくつかの実施形態で、光アクセスポイント1104は、プロセッサおよびメモリを含む。いくつかの実施形態で、LED駆動モジュール1114は、プロセッサおよびメモリを含む。光アクセスポイント1104、たとえば、ルミキャストAP、が、PLC/VLC(可視光通信)信号変換を実装し、VLC信号をUEデバイス1106に送信する。光アクセスポイント1104はさらに、たとえば、PLC周波数ごとに、たとえば、PLCトーンごとに、SNR測定を含むPLCチャネル品質測定を実行する。
[0093]光駆動モジュール1114は、PLCデータ復号器モジュール1118、PLCチャネル品質測定/SNR測定モジュール1119、VLCデータ符号器モジュール1120、整流器モジュール1122およびアナログ加算器モジュール1123を含む。電力線1108を介して受信される入力信号1128は、符号化されたPLC通信信号を含む。PLCデータ復号器モジュール1118が、受信されたPLC通信信号を復号し、VLCデータ符号器モジュール1120に転送される情報1130を回復する。回復された情報1130は、たとえば、UEデバイス1106にVLCダウンリンクを介して通信されることになるトラフィックデータと、VLC符号器モジュールによって制御情報として使用されてVLC符号器モジュール1120を制御してVLC通信を介して通信されることになるデータを符号化する、たとえばVLC周波数ごとの、たとえばVLCトーンごとの、VLCフィードバックチャネル品質情報とを含む。いくつかの実施形態で、VLCデータ符号器モジュール1120は、次のうちの1つまたは複数あるいはすべてを選択する:使用されることになるVLC周波数、たとえばVLCトーン、送信電力レベル、データコーディング速度、および、信号1130でモジュール1120に通信される受信されたVLCフィードバック情報に基づく、たとえばVLC周波数ごとの、たとえばVLCトーンごとの、変調コンステレーション。VLCフィードバック情報は、LED1116とUE1106の間に伸びる光チャネルを介して光アクセスポイント1104とUE1106の間の前の通信のUE1106によって行われた測定結果に基づき得る。
[0094]PLCチャネル品質/SNR測定モジュール1119は、ゲートウェイデバイス1102から受信されたPLC信号を測定し、モニタされる、1つまたは複数のSNR、たとえば、各PLC周波数、たとえばPLCトーン、の個々のSNR、を生成し、PLCチャネル品質フィードバック情報1131、たとえば、個々のPLC周波数、たとえばトーンに対応するSNRレポート、を生成し、制御情報である生成されたPLCチャネル品質フィードバック情報をVLCデータ符号器モジュール1120に転送する。PLCチャネル品質情報は、UEデバイス1106を介してゲートウェイデバイス1102に通信されることと、ゲートウェイデバイス1102によって使用されてLEDアクセスポイント1104へのPLC信号送信に関してそれのPLC送信機モジュール1112を制御することとが意図されている。
[0095]VLC符号器モジュール1120は、PLCチャネル品質情報1131を符号化する。VLCデータ符号器モジュールの出力1132は、たとえば、UEデバイス1106向けのトラフィックデータ信号と、光アクセスポイント1104とUEデバイス1106の間の光チャネルを測定するために使用することが意図されたVLCパイロット信号と、ゲートウェイデバイス1102向けのPLC品質チャネルフィードバック情報とを含む。
[0096]整流器モジュール1122は、電力線1108からAC電力信号を受信し、DC平均値を有する出力信号1134を生み出す信号を整流する。加算モジュール1123は、DC電力信号1134を生成された符号化された信号1132と結合させ、結合されたLED駆動信号1136を出力する。結合された信号1136は、LED電球1116への入力として供給され、LED電球1116を駆動する。LED電球1116は、UEデバイス1106向けのトラフィックデータを運ぶVLC通信信号を含む光信号1138と、ゲートウェイデバイス1102向けのPLCチャネル品質フィードバック情報、たとえばSNRフィードバックレポート、とを生成する。
[0097]UEデバイス1106、たとえばモバイルノード、は、光信号1138に含まれるVLC信号をVLC受信機モジュール1124を介して受信する。光信号1138はまた、光パイロット信号を含む。UEデバイス1106はさらに、たとえば、VLC周波数ごとの、たとえばVLCトーンごとの、SNR測定を実行し、VLCフィードバック情報、たとえば、VLC周波数ごとの、たとえばVLCトーンごとの、SNR情報を含むVLCチャネル品質フィードバックレポート、を生成する、光アクセスポイント1104とUEデバイス1106の間のVLCチャネル品質を測定するVLCチャネル品質/SNR測定モジュール1125を含む。UEデバイス1106は、たとえば、無線ワイヤレス信号伝達、たとえばWi−Fi信号伝達またはワイヤレスIR信号伝達、などの帯域外技術を使用して、ワイヤレス送信モジュール1126を介してワイヤレス信号1140をゲートウェイデバイス1102に送信する。信号1140は、たとえば、PLC周波数ごとの、たとえばPLCトーンごとの、および、VLC周波数ごとの、たとえばVLCトーンごとの、PLCおよびVLCチャネル品質フィードバック情報を含む。
[0098]様々な実施形態の1つの有利な特徴は、光AP 1104、たとえば、ルミキャストAP、が、ゲートウェイデバイス、たとえばHy−Fiゲートウェイ、と通信するためのPLC送信機を有さないという点である。光アクセスポイント1104内のPLC送信機のこの意図的な省略は、光AP 1104のコストを減らす。逆方向リンクは、ワイヤレス、たとえば、Wi−Fiなどのワイヤレス無線、またはワイヤレスIR、を介して確立される。様々な実施形態で、接続設定およびチャネルフィードバックは、この逆方向リンクを介して生じる。いくつかの実施形態の別の有利な特徴は、光アクセスポイント1104、たとえばルミキャストAP、がVLCチャネル条件に適応する、たとえば最適に適応する、こと、ならびに、光アクセスポイント1104が、ゲートウェイへの直接逆方向リンク(たとえば、光アクセスポイント1104からゲートウェイデバイス1102への直接逆方向リンクPLCチャネル)なしにゲートウェイデバイス、たとえばHy−FiゲートウェイをPLCチャネル条件に適応させる、たとえば最適に適応させる機能を実装することである。いくつかの実施形態で、PLCとVLCチャネルの両方が、周波数選択可能である。いくつかの実施形態で、OFDMは、変調方法である。様々な実施形態で、ときにウォータフィリングと呼ばれる、ビットローディングが、有意なオーバヘッドなしに実行され得るように、そして様々な実施形態で実行されるように、チャネルは、時間内に速く変化しない。
[0099]図11は、帯域外ワイヤレス逆方向リンク、たとえば、無線、たとえば、Wi−Fi逆方向リンク、またはIR逆方向リンク、を使用する、共同PLCおよびVLCシステム1100を示す。UEデバイス1106のワイヤレスTXモジュール1126およびゲートウェイデバイス1102のワイヤレス受信機モジュール1110は、たとえば、ワイヤレス無線WiFiモジュールまたはIRモジュールである。
[0100]光アクセスポイント1104、たとえば、ルミキャストAP、は、受信側で電力線1108に、そして光信号を送信する送信側でLEDランプ1116に、接続される。LEDアクセスポイント1104は、次の動作を実行する。LEDアクセスポイント1104が、たとえばモジュール1118を介して、トラフィックデータおよびPLC線からの制御信号を復調および復号する。そのトラフィックデータは、UEデバイス1106に向けられる。その制御信号は、光AP 1104、たとえばルミキャストAP、とUEデバイス1106の間のVLCリンクのトーンごとのSNR情報を運ぶ。この情報は、UEデバイス1106によって実行されるチャネル推定によって提供され、逆方向リンク、たとえば、Wi−Fi逆方向リンクなどのワイヤレス無線逆方向リンクまたはワイヤレスIR逆方向リンク、を介してフィードバックされる。
[0101]光アクセスポイント1104が、LEDを駆動するアナログVLC信号にPLC復号器によって復号されるトラフィックデータを、たとえばモジュール1120を介して、符号化および変調する。様々な実施形態で、VLCデータ符号器モジュール1120は、コンステレーションのサイズを決定するビットローディングアルゴリズムを実装し、VLC信号の各々のトーンで電力を送信する。いくつかの実施形態で、ビットローディングは、VLCリンクの速度を最適化するために、実行される。ビットローディングアルゴリズムへの入力は、前述のステップでPLC線から復号されたVLCトーンSNR情報に由来する。
[0102]光アクセスポイント1104が、制御情報1131を生成するPLCパイロット信号を使用し、たとえばモジュール1119を介して、PLCチャネル推定およびPLCトーンSNR測定を実行する。PLC通信チャネルに対応するSNR測定は、モジュール1120によって符号化され、VLC信号を介してUEデバイス1106に送信される。このPLCチャネル品質情報は、ワイヤレス逆方向リンク、たとえば、Wi−Fiリンクなどの無線ワイヤレスリンクまたはIRリンク、を介してUEデバイス1106によってフィードバックされ、送信されたPLC信号のビットローディングを実行して、PLCリンクの速度を最適化するために、ゲートウェイ、たとえばHy−Fiゲートウェイ、によって使用されることになる。
[0103]例示的システム1100は、電力線通信(PLC)を使用して、そのデータをゲートウェイデバイス1102から光アクセスポイント1104に配信する。様々な実施形態で、光アクセスポイント1104は、たとえば、PLCデジタル受信機、PLCデータ復号器モジュール1118およびPLCチャネル品質測定モジュール1119を含む、PLCデジタル受信能力と、可視光出力能力、たとえば、VLCデータ符号器モジュール1120を含むVLC送信機モジュール、アナログ加算器モジュール1123、整流器モジュール1122およびLED電球1116、とを含む。UEデバイス1106は、VLC受信機モジュール1124を含む光フロントエンドを含む。
[0104]逆方向リンクでは、これらの3つの例示的オプションを含む様々なワイヤレス通信オプションが存在する。第1の例示的オプションでは、ユーザ機器デバイス1106およびゲートウェイデバイス1102、たとえばハイブリッドゲートウェイ、内の組込みワイヤレス無線能力、たとえばWiFi、が実装され、使用される。そのような一例で、ワイヤレス無線インターフェース(1110、1126)は、IEEE1905.1規格、たとえば、Atheros HyFi、を実装する。第2の例示的オプションで、UEデバイス1106のワイヤレス送信機モジュール1126内の赤外線送信機、および、ゲートウェイデバイス1102のワイヤレス受信機モジュール1110、たとえばフォトダイオードを含む、内のIR受信機が、実装され、使用される。ワイヤレス受信機モジュール1110から受信された出力情報は、ゲートウェイデバイス1102のPLCモジュール1112に通信される。
[0105]第3の例示的オプションで、赤外線送信機が、UEデバイス1106のワイヤレス送信機モジュール1126内に含まれ、IR受信機1152およびPLC送信機1154を含む媒介デバイス1150が、システム1100に含まれ、UEデバイス1106からIR信号を受信し、そのIR信号で通信された情報をPLC信号に変換し、電力線1108を介するモジュール1154からゲートウェイデバイス1102に含まれるPLC受信機1113へのPLC信号送信を介して、その情報を通信するために使用される。
[0106]いくつかの実施形態で、ゲートウェイデバイス、たとえば、例示的実施形態による方法を実装するゲートウェイデバイス、は、ゲートウェイデバイス102のうちの1つもしくは複数またはすべて、ゲートウェイデバイス1102、ゲートウェイデバイス900、およびモジュール1000のアセンブリのいずれかに含まれる要素の組合せを含む。いくつかの実施形態で、光アクセスポイント、たとえば、例示的実施形態による方法を実装する光アクセスポイント、は、光アクセスポイント104、光アクセスポイント108、光アクセスポイント1104、光アクセスポイント600、およびモジュール700のアセンブリのうちの1つもしくは複数またはすべてのいずれかに含まれる要素の組合せを含む。いくつかの実施形態で、UEデバイス、たとえば、例示的実施形態による方法を実装するUEデバイス、は、UEデバイス114、UEデバイス118、UEデバイス1106、UEデバイス300、およびモジュール400のアセンブリのうちの1つもしくは複数またはすべてのうちのいずれかに含まれる要素の組合せを含む。
[0107]様々な実施形態で、いずれかの図のデバイスが、本出願のいずれかの図に関して記載されるおよび/または本出願の詳細な説明に記載される個々のステップおよび/または動作の各々に対応するモジュールを含む。いくつかの実施形態で、モジュールは、ハードウェアで、たとえば回路の形で、実装される。したがって、少なくともいくつかの実施形態で、モジュールは、ハードウェアで実装することができ、時に実装される。他の実施形態で、モジュールは、通信デバイスのプロセッサによって実行されるときに対応するステップまたは動作をそのデバイスに実装させるプロセッサ実行可能命令を含むソフトウェアモジュールとして実装することができ、時に実装される。さらに他の実施形態で、モジュールのうちのいくつかまたはすべては、ハードウェアとソフトウェアの組合せとして実装される。
[0108]いくつかの実施形態で、光変調キャリア、たとえば、VLC光キャリア、は、VLCトーンを参照する。いくつかの実施形態で、PLC変調キャリアまたはPLCキャリアは、PLCトーンを参照する。
[0109]様々な実施形態の技法が、ソフトウェア、ハードウェア、および/または、ソフトウェアとハードウェアの組合せを使用し、実装され得る。様々な実施形態は、装置、たとえば、基地局、たとえばWiFi基地局、を含む、およびPLC送信能力を含む、ゲートウェイ、ワイヤレス無線送信および受信通信能力および/またはIR送信能力、およびVLC受信能力をサポートする固定またはモバイル端末などの固定ノードおよび/またはモバイルノードなどのユーザ機器デバイス、PLC受信能力を含む1つまたは複数のLEDを含むVLCアクセスポイントなどの光アクセスポイント、基地局などのアクセスポイント、PLCインターフェースデバイス、IR・PLC変換デバイス、および/または、通信システム、を対象とする。様々な実施形態はまた、方法、たとえば、UE固定ノード、UEモバイルノード、光アクセスポイント、たとえばPLC受信能力およびVLC送信能力を含むVLCアクセスポイントなど、ゲートウェイ、たとえば、PLC送信能力およびワイヤレス、たとえばワイヤレス無線および/またはワイヤレスIR受信能力、を含むゲートウェイデバイスなど、ネットワークノード、および/または、通信システム、たとえばホスト、を制御するおよび/または動作させる方法、を対象とする。様々な実施形態はまた、機械を制御して方法の1つまたは複数のステップを実装するための機械可読命令を含む、機械、たとえば、コンピュータ、可読媒体、たとえば、ROM、RAM、CD、ハードディスクなど、を対象とする。そのコンピュータ可読媒体は、たとえば、非一時的コンピュータ可読媒体である。
[0110]開示されるプロセス内のステップの特定の順序または階層は、例示的手法の一例であることが、理解されよう。設計嗜好に基づいて、そのプロセス内のステップの特定の順序または階層は、本開示の範囲内にとどまりながら、再配列され得ることが、理解されよう。添付の方法の特許請求は、見本の順序で様々なステップの要素を提示し、提示された特定の順序または階層に限定されることは意図されていない。
[0111]様々な実施形態で、本明細書に記載のノードは、1つまたは複数の方法に対応するステップ、たとえば、信号処理、信号生成および/または送信ステップ、を実行するために1つまたは複数のモジュールを使用し、実装される。したがって、いくつかの実施形態で、様々な特徴が、モジュールを使用し、実装される。そのようなモジュールは、ソフトウェア、ハードウェア、または、ソフトウェアとハードウェアの組合せを使用し、実装され得る。前述の方法または方法ステップの多数は、機械、たとえば、追加のハードウェアを有するまたは有さない汎用コンピュータ、を制御して、たとえば1つまたは複数のノードで、前述の方法のすべてまたは部分を実装するために、メモリデバイス、たとえば、RAM、フロッピー(登録商標)ディスクなど、などの機械可読媒体に含まれる、ソフトウェアなどの機械実行可能命令を使用して、実装され得る。したがって、特に、様々な実施形態が、機械、たとえばプロセッサおよび関連ハードウェア、に前述の方法のステップのうちの1つまたは複数のステップを実行させるための機械実行可能命令を含む機械可読媒体、たとえば非一時的コンピュータ可読媒体、を対象とする。いくつかの実施形態は、本発明の1つまたは複数の方法のステップのうちの1つ、複数またはすべてを実装するように構成されたプロセッサを含むデバイス、たとえば、通信ノード、を対象とする。
[0112]いくつかの実施形態で、1つまたは複数のデバイス、たとえば、ワイヤレス端末、ネットワークノード、および/またはアクセスノードなどの通信ノード、の1つまたは複数のプロセッサ、たとえばCPU、が、通信ノードによって実行されるものとして記載された方法のステップを実行するように構成される。プロセッサの構成は、1つまたは複数のモジュール、たとえばソフトウェアモジュール、を使用してプロセッサ構成を制御することによって、および/または、列挙されたステップを実行するおよび/またはプロセッサ構成を制御するためにプロセッサ内のハードウェア、たとえばハードウェアモジュール、を含むことによって、達成され得る。したがって、すべてではないがいくつかの実施形態は、そのプロセッサが含まれるデバイスによって実行される様々な記載された方法の各々のステップに対応するモジュールを含むプロセッサを有するデバイス、たとえば通信ノード、を対象とする。すべてではないがいくつかの実施形態で、デバイス、たとえば通信ノード、は、そのプロセッサが含まれるデバイスによって実行される様々な記載された方法の各々のステップに対応するモジュールを含む。そのモジュールは、ソフトウェアおよび/またはハードウェアを使用し、実装され得る。
[0113]いくつかの実施形態は、様々な機能、ステップ、行動および/または動作、たとえば前述の1つまたは複数のステップ、を1つのコンピュータまたは複数のコンピュータに実装させるためのコードを備えるコンピュータ可読媒体、たとえば非一時的コンピュータ可読媒体、を備えるコンピュータプログラム製品を対象とする。その実施形態に応じて、コンピュータプログラム製品は、各ステップが実行されるための異なるコードを含むことができ、時に含む。したがって、そのコンピュータプログラム製品は、方法、たとえば、通信デバイスまたはノードを制御する方法、の各個々のステップのためのコードを含むことができ、時に含む。そのコードは、RAM(ランダムアクセスメモリ)、ROM(読取り専用メモリ)または他のタイプの記憶デバイスなど、コンピュータ可読媒体、たとえば非一時的コンピュータ可読媒体、で記憶された、機械、たとえばコンピュータ、実行可能命令の形でもよい。コンピュータプログラム製品を対象とすることに加えて、いくつかの実施形態は、前述の1つまたは複数の方法の様々な機能、ステップ、行動および/または動作のうちの1つまたは複数を実装するように構成されたプロセッサを対象とする。したがって、いくつかの実施形態は、本明細書に記載の方法のステップのいくつかまたはすべてを実装するように構成されたプロセッサ、たとえばCPU、を対象とする。そのプロセッサは、たとえば、通信デバイスまたは本出願に記載された他のデバイスでの、使用向けでもよい。
[0114]様々な実施形態が、PLC通信、VLC通信およびワイヤレス通信をサポートする通信システムによく適する。様々な実施形態が、PLC、VLC、WiFi、および/またはIR信号伝達プロトコルを使用する通信システムによく適する。いくつかの実施形態が、基地局を含むPLCゲートウェイデバイスとの使用によく適する。いくつかの実施形態が、ピアトゥピア信号伝達プロトコルとの使用によく適する。いくつかの実施形態は、直交周波数分割多重(OFDM)ベースのワイヤレス信号伝達プロトコル、たとえば、WiFi信号伝達プロトコルまたは別のOFDMベースのプロトコル、を使用する。いくつかの実施形態は、VLCトーンを使用するVLC信号伝達プロトコルを使用する。様々な実施形態が、屋内環境の通信によく適する。
[0115]OFDMシステムとの関連で説明されるが、様々な実施形態の方法および装置のうちの少なくともいくつかは、多数の非OFDMおよび/または非セルラシステムを含む広範な通信システムに適用可能である。前述の様々な実施形態の方法および装置の多数の追加の変形形態が、前述の説明を考慮して当業者には明らかとなろう。そのような変形形態は、本範囲内にあると考えられるものとする。本方法および装置は、WiFi、LTE、符号分割多重アクセス(CDMA)、OFDM、TDM、および/または、通信デバイス間でワイヤレス通信リンクを提供するために使用することができる様々な他のタイプの通信技法と使用することができ、様々な実施形態で使用される。いくつかの実施形態で、1つまたは複数の通信デバイスが、VLC、WiFi、LTE、OFDMおよび/またはCDMAを使用するモバイルノードと通信リンクを確立するおよび/またはワイヤードもしくはワイヤレス通信リンクを介してインターネットもしくは別のネットワークへの接続性を提供することができる、アクセスポイントとして実装される。いくつかの実施形態で、方法を実装するワイヤレス通信デバイス、たとえばモバイルノード、が、車両に組み込まれる。様々な実施形態で、モバイルノードが、本方法を実装するために、ノートブックコンピュータ、パーソナルデータアシスタント(PDA)、または、受信機/送信機回路およびロジックおよび/またはルーチンを含む他の携帯用デバイスとして実装される。
[0115]OFDMシステムとの関連で説明されるが、様々な実施形態の方法および装置のうちの少なくともいくつかは、多数の非OFDMおよび/または非セルラシステムを含む広範な通信システムに適用可能である。前述の様々な実施形態の方法および装置の多数の追加の変形形態が、前述の説明を考慮して当業者には明らかとなろう。そのような変形形態は、本範囲内にあると考えられるものとする。本方法および装置は、WiFi、LTE、符号分割多重アクセス(CDMA)、OFDM、TDM、および/または、通信デバイス間でワイヤレス通信リンクを提供するために使用することができる様々な他のタイプの通信技法と使用することができ、様々な実施形態で使用される。いくつかの実施形態で、1つまたは複数の通信デバイスが、VLC、WiFi、LTE、OFDMおよび/またはCDMAを使用するモバイルノードと通信リンクを確立するおよび/またはワイヤードもしくはワイヤレス通信リンクを介してインターネットもしくは別のネットワークへの接続性を提供することができる、アクセスポイントとして実装される。いくつかの実施形態で、方法を実装するワイヤレス通信デバイス、たとえばモバイルノード、が、車両に組み込まれる。様々な実施形態で、モバイルノードが、本方法を実装するために、ノートブックコンピュータ、パーソナルデータアシスタント(PDA)、または、受信機/送信機回路およびロジックおよび/またはルーチンを含む他の携帯用デバイスとして実装される。
以下に、本願出願の当初の特許請求の範囲に記載された発明を付記する。
[C1] ユーザ機器(UE)に情報を通信するアクセスポイントから光信号を受信することと、前記信号は、少なくともいくらかのデータであり、電力線通信リンクを介して前記アクセスポイントに供給された、ゲートウェイデバイスからのデータを含む、
ワイヤレスアップリンクを含む通信チャネルを介して前記UEデバイスから前記ゲートウェイデバイスにフィードバック情報を通信することと、前記フィードバック情報は可視光通信(VLC)チャネル品質情報を通信する、
を含む、ユーザ機器(UE)デバイスを動作させる方法。
[C2] 前記チャネル品質情報が、前記光信号を前記アクセスポイントから前記UEデバイスに通信するために使用される光チャネルの品質の情報を提供する、C1に記載の方法。
[C3] 前記光信号に含まれる受信されたパイロット信号に基づいてVLC変調キャリアの信号対雑音比(SNR)推定を実行すること
をさらに含む、C1に記載の方法。
[C4] 前記フィードバック情報が、前記光信号を通信するために使用される複数の光チャネル変調キャリアの各々について光チャネル変調キャリアごとのSNR情報を含む、C3に記載の方法。
[C5] 前記フィードバック情報が、推奨される変調コンステレーションサイズまたは将来のVLC送信中に前記アクセスポイントによって使用されることになる推奨されるコーディングレートを含む、C3に記載の方法。
[C6] ユーザ機器(UE)に情報を通信するアクセスポイントから光信号を受信するための手段と、前記信号は、少なくともいくらかのデータであり、電力線通信リンクを介して前記アクセスポイントに供給されたゲートウェイデバイスからのデータを含む、
ワイヤレスアップリンクを含む通信チャネルを介して前記UEデバイスから前記ゲートウェイデバイスにフィードバック情報を通信するための手段と、前記フィードバック情報は可視光通信(VLC)チャネル品質情報を通信する、
を備える、ユーザ機器(UE)デバイス。
[C7] 前記チャネル品質情報が、前記光信号を前記アクセスポイントから前記UEデバイスに通信するために使用される光チャネルの品質の情報を提供する、C6に記載のUEデバイス。
[C8] 前記光信号に含まれる受信されたパイロット信号に基づいてVLC変調キャリアの信号対雑音比推定を実行するための手段
をさらに備える、C6に記載のUEデバイス。
[C9] フィードバック情報が、前記光信号を通信するために使用される複数の光チャネル変調キャリアの各々について光チャネル変調キャリアごとのSNR情報を含む、C8に記載のUEデバイス。
[C10] 前記フィードバック情報が、推奨される変調コンステレーションサイズまたは将来のVLC送信中に前記アクセスポイントによって使用されることになる推奨されるコーディングレートを含む、C8に記載のUEデバイス。
[C11] ユーザ機器(UE)デバイスで使用するためのコンピュータプログラム製品であって、
少なくとも1つのコンピュータに、前記UEに情報を通信するアクセスポイントから光情報を受信させるためのコードと、前記信号は、少なくともいくらかのデータであり、電力線通信リンクを介して前記アクセスポイントに供給された、ゲートウェイデバイスからのデータを含む、
前記少なくとも1つのコンピュータに、ワイヤレスアップリンクを含む通信チャネルを介して前記UEデバイスから前記ゲートウェイデバイスにフィードバック情報を通信させるためのコードと、前記フィードバック情報は可視光通信(VLC)チャネル品質情報を通信する、
を備える非一時的コンピュータ可読媒体
を備える、コンピュータプログラム製品。
[C12] ユーザ機器(UE)に情報を通信するアクセスポイントから光信号を受信することと、前記信号は、少なくともいくらかのデータであり、電力線通信リンクを介して前記アクセスポイントに供給された、ゲートウェイデバイスからのデータを含む、
ワイヤレスアップリンクを含む通信チャネルを介して前記UEデバイスから前記ゲートウェイデバイスにフィードバック情報を通信することと、前記フィードバック情報は可視光通信(VLC)チャネル品質情報を通信する、
を行うように構成された、少なくとも1つのプロセッサ、ならびに、
前記少なくとも1つのプロセッサに結合されたメモリ
を備える、ユーザ機器(UE)デバイス。
[C13] 前記チャネル品質情報が、前記光信号を前記アクセスポイントから前記UEデバイスに通信するために使用される光チャネルの品質の情報を提供する、C12に記載のUEデバイス。
[C14] 前記少なくとも1つのプロセッサがさらに、前記光信号に含まれる受信されたパイロット信号に基づいて、VLC変調キャリアの信号対雑音比推定を実行するように構成された、C12に記載のUEデバイス。
[C15] フィードバック情報が、前記光信号を通信するために使用される複数の光チャネル変調キャリアの各々について光チャネル変調キャリアごとのSNR情報を含む、C14に記載のUEデバイス。
[C16] 受信された符号化された情報を復号して、ユーザ機器デバイスに通信されることになる情報を回復することと、
回復された情報を光チャネル品質情報の関数として符号化して、再符号化された情報を生成することと、
その再符号化された情報を可視光通信(VLC)チャネルを介してユーザ機器デバイスに送信することと
を含む、光アクセスポイントを動作させる方法。
[C17] 電力線通信(PLC)チャネルを介して、前記符号化された情報および前記光チャネル品質情報を受信すること
をさらに含む、C16に記載の方法。
[C18] 前記光チャネル品質情報が、VLC変調キャリアごとのSNR情報を含み、そして、
前記符号化が、前記受信された変調キャリアSNR情報に基づいて変調キャリアごとのコーディング速度またはコンステレーションサイズを選択することを含む、
C17に記載の方法。
[C19] 前記光チャネル品質情報に基づいて前記VLC変調キャリアのうちの少なくともいくつかの送信電力を選択すること
をさらに含む、C18に記載の方法。
[C20] PLCチャネル品質測定を実行してPLCチャネル品質情報を生成することと、
前記PLCチャネル品質情報を符号化することと、
前記符号化されたPLCチャネル品質情報を前記ユーザデバイスに前記VLCチャネルを介して送信することと
をさらに含む、C16に記載の方法。
[C21] 受信された符号化された情報を復号して、ユーザ機器デバイスに通信されることになる情報を回復するための手段と、
前記回復された情報を光チャネル品質情報の関数として符号化して、再符号化された情報を生成するための手段と、
前記再符号化された情報を可視光通信(VLC)チャネルを介して前記ユーザ機器デバイスに送信するための手段と
を備える、光アクセスポイント。
[C22] 電力線通信(PLC)チャネルを介して、前記符号化された情報および前記光チャネル品質情報を受信するための手段
をさらに備える、C21に記載の光アクセスポイント。
[C23] 前記光チャネル品質情報が、VLC変調キャリアごとのSNR情報を含み、
符号化するための前記手段が、前記受信された変調キャリアSNR情報に基づいてコーディング速度または変調キャリアごとのコンステレーションサイズを選択するための手段を含む、
C22に記載の光アクセスポイント。
[C24] 前記光チャネル品質情報に基づいて前記VLC変調キャリアのうちの少なくともいくつかのVLC変調キャリアの送信電力を選択するための手段
をさらに備える、C23に記載の光アクセスポイント。
[C25] PLCチャネル品質測定を実行してPLCチャネル品質情報を生成するための手段と、
前記PLCチャネル品質情報を符号化するための手段と、
前記符号化されたPLCチャネル品質情報を前記ユーザデバイスに前記VLCチャネルを介して送信するための手段と
をさらに備える、C21に記載の光アクセスポイント。
[C26] 少なくとも1つのコンピュータに、受信された符号化された情報を復号して、ユーザ機器デバイスに通信されることになる情報を回復させるためのコードと、
前記少なくとも1つのコンピュータに、光チャネル品質情報の関数として前記回復された情報を符号化して、再符号化された情報を生成させるためのコードと、
前記少なくとも1つのコンピュータに、前記再符号化された情報を可視光通信(VLC)チャネルを介して前記ユーザ機器デバイスに送信させるためのコードと
を備える非一時的コンピュータ可読媒体
を備える、光アクセスポイントで使用するためのコンピュータプログラム製品。
[C27] 受信された符号化された情報を復号して、ユーザ機器デバイスに通信されることになる情報を回復することと、
光チャネル品質情報の関数として前記回復された情報を符号化して、再符号化された情報を生成することと、
前記再符号化された情報を可視光通信(VLC)チャネルを介して前記ユーザ機器デバイスに送信することと
を行うように構成された、少なくとも1つのプロセッサ、ならびに、
前記少なくとも1つのプロセッサに結合されたメモリ
を備える、光アクセスポイント。
[C28] 前記少なくとも1つのプロセッサがさらに、電力線通信(PLC)チャネルを介して、前記符号化された情報および前記光チャネル品質情報を受信するように構成された、C27に記載の光アクセスポイント。
[C29] 前記光チャネル品質情報が、VLC変調キャリアごとのSNR情報を含み、
前記少なくとも1つのプロセッサがさらに、前記回復された情報を符号化するように構成されることの部分として、前記受信された変調キャリアSNR情報に基づいてコーディング速度または変調キャリアごとのコンステレーションサイズを選択するように構成された、
C28に記載の光アクセスポイント。
[C30] 前記少なくとも1つのプロセッサがさらに、
前記光チャネル品質情報に基づいて前記VLC変調キャリアのうちの少なくともいくつかのVLC変調キャリアの送信電力を選択すること
を行うように構成された、C29に記載の光アクセスポイント。
[C31] ワイヤレスインターフェースを含む電力線通信(PLC)ゲートウェイデバイスを動作させる方法であって、
ユーザ機器デバイスから可視光通信(VLC)チャネル品質情報を含むチャネル品質フィードバック情報を前記ワイヤレスインターフェースを介して受信することと、
前記UEデバイスと光通信する光アクセスポイントに前記VLCチャネル品質情報を電力線を介して送信することと、前記VLCチャネル品質情報は、前記光アクセスポイントから前記UEデバイスへの前のVLC送信に基づく、
を含む、方法。
[C32] 前記VLCチャネル品質情報が、VLC変調キャリアごとのSNR情報を含む、C31に記載の方法。
[C33] 電力線通信(PLC)チャネル品質フィードバック情報を前記ワイヤレスインターフェースを介して前記UEデバイスから受信すること、前記PLCチャネル品質フィードバック情報は、前記PLCゲートウェイデバイスから前記光アクセスポイントへの前のPLC送信に基づく、
をさらに含む、C31に記載の方法。
[C34] 前記電力線通信チャネル品質フィードバック情報が、前記光アクセスポイントから前記UEデバイスによって受信された、C33に記載の方法。
[C35] 前記電力線通信チャネル品質フィードバック情報が、SNR値またはSNR値の関数である情報を含む、C34に記載の方法。
[C36] ワイヤレスインターフェースを含む電力線通信(PLC)ゲートウェイデバイスであって、
可視光通信(VLC)チャネル品質情報を含むチャネル品質フィードバック情報を前記ワイヤレスインターフェースを介してユーザ機器デバイスから受信するための手段と、
光アクセスポイントから前記UEデバイスへの前のVLC送信に基づく前記VLCチャネル品質情報を前記UEデバイスと光通信する前記光アクセスポイントに電力線を介して送信するための手段と
を備える、PLCゲートウェイデバイス。
[C37] 前記VLCチャネル品質情報が、VLC変調キャリアごとのSNR情報を含む、C36に記載のPLCゲートウェイデバイス。
[C38] 前記PLCゲートウェイデバイスから前記光アクセスポイントへの前のPLC送信に基づく、電力線通信(PLC)チャネル品質フィードバック情報を、前記ワイヤレスインターフェースを介して前記UEデバイスから受信するための手段
をさらに備える、C36に記載のPLCゲートウェイデバイス。
[C39] 前記電力線通信チャネル品質フィードバック情報が、前記光アクセスポイントから前記UEデバイスによって受信された、C38に記載のPLCゲートウェイデバイス。
[C40] 前記電力線通信チャネル品質フィードバック情報が、SNR値またはSNR値の関数である情報を含む、C39に記載のPLCゲートウェイデバイス。
[C41] ワイヤレスインターフェースを含む電力線通信(PLC)ゲートウェイデバイスで使用するためのコンピュータプログラム製品であって、
少なくとも1つのコンピュータに、前記ワイヤレスインターフェースを介してユーザ機器デバイスからVLCチャネル品質情報を含むチャネル品質フィードバック情報を受信させるためのコードと、
前記少なくとも1つのコンピュータに、前記VLCチャネル品質情報を、電力線を介して、前記UEデバイスと光通信する光アクセスポイントに送信させるためのコードと、前記VLCチャネル品質情報は前記光アクセスポイントから前記UEデバイスへの前のVLC送信に基づく、
を備える非一時的コンピュータ可読媒体
を備える、コンピュータプログラム製品。
[C42] ワイヤレスインターフェースを含む電力線通信(PLC)ゲートウェイデバイスであって、
前記ワイヤレスインターフェースを介して可視光通信(VLC)チャネル品質情報を含むチャネル品質フィードバック情報をユーザ機器デバイスから受信することと、
電力線を介して、前記UEデバイスと光通信する光アクセスポイントに前記VLCチャネル品質情報を送信することと、前記VLCチャネル品質情報は、光アクセスポイントから前記UEデバイスへの前のVLC送信に基づく、
を行うように構成された、少なくとも1つのプロセッサ、ならびに、
前記少なくとも1つのプロセッサに結合されたメモリ
を備える、前記PLCゲートウェイデバイス。
[C43] 前記VLCチャネル品質情報が、VLC変調キャリアごとのSNR情報を含む、C42に記載のPLCゲートウェイデバイス。
[C44] 前記少なくとも1つのプロセッサがさらに、
前記電力線通信(PLC)ゲートウェイデバイスから前記光アクセスポイントへの前のPLC送信に基づくPLCチャネル品質フィードバック情報を前記UEデバイスから前記ワイヤレスインターフェースを介して受信すること
を行うように構成された、C42に記載のPLCゲートウェイデバイス。
[C45] 前記電力線通信チャネル品質フィードバック情報が、前記光アクセスポイントから前記UEデバイスによって受信された、C44に記載のPLCゲートウェイデバイス。




  1. ユーザ機器(UE)に情報を通信するアクセスポイントから光信号を受信することと、前記信号は、少なくともいくらかのデータであり、電力線通信リンクを介して前記アクセスポイントに供給された、ゲートウェイデバイスからのデータを含む、
    ワイヤレスアップリンクを含む通信チャネルを介して前記UEデバイスから前記ゲートウェイデバイスにフィードバック情報を通信することと、前記フィードバック情報は可視光通信(VLC)チャネル品質情報を通信する、
    を含む、ユーザ機器(UE)デバイスを動作させる方法。

  2. 前記チャネル品質情報が、前記光信号を前記アクセスポイントから前記UEデバイスに通信するために使用される光チャネルの品質の情報を提供する、請求項1に記載の方法。

  3. 前記光信号に含まれる受信されたパイロット信号に基づいてVLC変調キャリアの信号対雑音比(SNR)推定を実行すること
    をさらに含む、請求項1に記載の方法。

  4. 前記フィードバック情報が、前記光信号を通信するために使用される複数の光チャネル変調キャリアの各々について光チャネル変調キャリアごとのSNR情報を含む、請求項3に記載の方法。

  5. 前記フィードバック情報が、推奨される変調コンステレーションサイズまたは将来のVLC送信中に前記アクセスポイントによって使用されることになる推奨されるコーディングレートを含む、請求項3に記載の方法。

  6. ユーザ機器(UE)に情報を通信するアクセスポイントから光信号を受信するための手段と、前記信号は、少なくともいくらかのデータであり、電力線通信リンクを介して前記アクセスポイントに供給されたゲートウェイデバイスからのデータを含む、
    ワイヤレスアップリンクを含む通信チャネルを介して前記UEデバイスから前記ゲートウェイデバイスにフィードバック情報を通信するための手段と、前記フィードバック情報は可視光通信(VLC)チャネル品質情報を通信する、
    を備える、ユーザ機器(UE)デバイス。

  7. 前記チャネル品質情報が、前記光信号を前記アクセスポイントから前記UEデバイスに通信するために使用される光チャネルの品質の情報を提供する、請求項6に記載のUEデバイス。

  8. 前記光信号に含まれる受信されたパイロット信号に基づいてVLC変調キャリアの信号対雑音比推定を実行するための手段
    をさらに備える、請求項6に記載のUEデバイス。

  9. フィードバック情報が、前記光信号を通信するために使用される複数の光チャネル変調キャリアの各々について光チャネル変調キャリアごとのSNR情報を含む、請求項8に記載のUEデバイス。

  10. 前記フィードバック情報が、推奨される変調コンステレーションサイズまたは将来のVLC送信中に前記アクセスポイントによって使用されることになる推奨されるコーディングレートを含む、請求項8に記載のUEデバイス。

  11. ユーザ機器(UE)デバイスで使用するためのコンピュータプログラム製品であって、
    少なくとも1つのコンピュータに、前記UEに情報を通信するアクセスポイントから光情報を受信させるためのコードと、前記信号は、少なくともいくらかのデータであり、電力線通信リンクを介して前記アクセスポイントに供給された、ゲートウェイデバイスからのデータを含む、
    前記少なくとも1つのコンピュータに、ワイヤレスアップリンクを含む通信チャネルを介して前記UEデバイスから前記ゲートウェイデバイスにフィードバック情報を通信させるためのコードと、前記フィードバック情報は可視光通信(VLC)チャネル品質情報を通信する、
    を備える非一時的コンピュータ可読媒体
    を備える、コンピュータプログラム製品。

  12. ユーザ機器(UE)に情報を通信するアクセスポイントから光信号を受信することと、前記信号は、少なくともいくらかのデータであり、電力線通信リンクを介して前記アクセスポイントに供給された、ゲートウェイデバイスからのデータを含む、
    ワイヤレスアップリンクを含む通信チャネルを介して前記UEデバイスから前記ゲートウェイデバイスにフィードバック情報を通信することと、前記フィードバック情報は可視光通信(VLC)チャネル品質情報を通信する、
    を行うように構成された、少なくとも1つのプロセッサ、ならびに、
    前記少なくとも1つのプロセッサに結合されたメモリ
    を備える、ユーザ機器(UE)デバイス。

  13. 前記チャネル品質情報が、前記光信号を前記アクセスポイントから前記UEデバイスに通信するために使用される光チャネルの品質の情報を提供する、請求項12に記載のUEデバイス。

  14. 前記少なくとも1つのプロセッサがさらに、前記光信号に含まれる受信されたパイロット信号に基づいて、VLC変調キャリアの信号対雑音比推定を実行するように構成された、請求項12に記載のUEデバイス。

  15. フィードバック情報が、前記光信号を通信するために使用される複数の光チャネル変調キャリアの各々について光チャネル変調キャリアごとのSNR情報を含む、請求項14に記載のUEデバイス。

  16. 受信された符号化された情報を復号して、ユーザ機器デバイスに通信されることになる情報を回復することと、
    回復された情報を光チャネル品質情報の関数として符号化して、再符号化された情報を生成することと、
    その再符号化された情報を可視光通信(VLC)チャネルを介してユーザ機器デバイスに送信することと
    を含む、光アクセスポイントを動作させる方法。

  17. 電力線通信(PLC)チャネルを介して、前記符号化された情報および前記光チャネル品質情報を受信すること
    をさらに含む、請求項16に記載の方法。

  18. 前記光チャネル品質情報が、VLC変調キャリアごとのSNR情報を含み、そして、
    前記符号化が、前記受信された変調キャリアSNR情報に基づいて変調キャリアごとのコーディング速度またはコンステレーションサイズを選択することを含む、
    請求項17に記載の方法。

  19. 前記光チャネル品質情報に基づいて前記VLC変調キャリアのうちの少なくともいくつかの送信電力を選択すること
    をさらに含む、請求項18に記載の方法。

  20. PLCチャネル品質測定を実行してPLCチャネル品質情報を生成することと、
    前記PLCチャネル品質情報を符号化することと、
    前記符号化されたPLCチャネル品質情報を前記ユーザデバイスに前記VLCチャネルを介して送信することと
    をさらに含む、請求項16に記載の方法。

  21. 受信された符号化された情報を復号して、ユーザ機器デバイスに通信されることになる情報を回復するための手段と、
    前記回復された情報を光チャネル品質情報の関数として符号化して、再符号化された情報を生成するための手段と、
    前記再符号化された情報を可視光通信(VLC)チャネルを介して前記ユーザ機器デバイスに送信するための手段と
    を備える、光アクセスポイント。

  22. 電力線通信(PLC)チャネルを介して、前記符号化された情報および前記光チャネル品質情報を受信するための手段
    をさらに備える、請求項21に記載の光アクセスポイント。

  23. 前記光チャネル品質情報が、VLC変調キャリアごとのSNR情報を含み、
    符号化するための前記手段が、前記受信された変調キャリアSNR情報に基づいてコーディング速度または変調キャリアごとのコンステレーションサイズを選択するための手段を含む、
    請求項22に記載の光アクセスポイント。

  24. 前記光チャネル品質情報に基づいて前記VLC変調キャリアのうちの少なくともいくつかのVLC変調キャリアの送信電力を選択するための手段
    をさらに備える、請求項23に記載の光アクセスポイント。

  25. PLCチャネル品質測定を実行してPLCチャネル品質情報を生成するための手段と、
    前記PLCチャネル品質情報を符号化するための手段と、
    前記符号化されたPLCチャネル品質情報を前記ユーザデバイスに前記VLCチャネルを介して送信するための手段と
    をさらに備える、請求項21に記載の光アクセスポイント。

  26. 少なくとも1つのコンピュータに、受信された符号化された情報を復号して、ユーザ機器デバイスに通信されることになる情報を回復させるためのコードと、
    前記少なくとも1つのコンピュータに、光チャネル品質情報の関数として前記回復された情報を符号化して、再符号化された情報を生成させるためのコードと、
    前記少なくとも1つのコンピュータに、前記再符号化された情報を可視光通信(VLC)チャネルを介して前記ユーザ機器デバイスに送信させるためのコードと
    を備える非一時的コンピュータ可読媒体
    を備える、光アクセスポイントで使用するためのコンピュータプログラム製品。

  27. 受信された符号化された情報を復号して、ユーザ機器デバイスに通信されることになる情報を回復することと、
    光チャネル品質情報の関数として前記回復された情報を符号化して、再符号化された情報を生成することと、
    前記再符号化された情報を可視光通信(VLC)チャネルを介して前記ユーザ機器デバイスに送信することと
    を行うように構成された、少なくとも1つのプロセッサ、ならびに、
    前記少なくとも1つのプロセッサに結合されたメモリ
    を備える、光アクセスポイント。

  28. 前記少なくとも1つのプロセッサがさらに、電力線通信(PLC)チャネルを介して、前記符号化された情報および前記光チャネル品質情報を受信するように構成された、請求項27に記載の光アクセスポイント。

  29. 前記光チャネル品質情報が、VLC変調キャリアごとのSNR情報を含み、
    前記少なくとも1つのプロセッサがさらに、前記回復された情報を符号化するように構成されることの部分として、前記受信された変調キャリアSNR情報に基づいてコーディング速度または変調キャリアごとのコンステレーションサイズを選択するように構成された、
    請求項28に記載の光アクセスポイント。

  30. 前記少なくとも1つのプロセッサがさらに、
    前記光チャネル品質情報に基づいて前記VLC変調キャリアのうちの少なくともいくつかのVLC変調キャリアの送信電力を選択すること
    を行うように構成された、請求項29に記載の光アクセスポイント。

  31. ワイヤレスインターフェースを含む電力線通信(PLC)ゲートウェイデバイスを動作させる方法であって、
    ユーザ機器デバイスから可視光通信(VLC)チャネル品質情報を含むチャネル品質フィードバック情報を前記ワイヤレスインターフェースを介して受信することと、
    前記UEデバイスと光通信する光アクセスポイントに前記VLCチャネル品質情報を電力線を介して送信することと、前記VLCチャネル品質情報は、前記光アクセスポイントから前記UEデバイスへの前のVLC送信に基づく、
    を含む、方法。

  32. 前記VLCチャネル品質情報が、VLC変調キャリアごとのSNR情報を含む、請求項31に記載の方法。

  33. 電力線通信(PLC)チャネル品質フィードバック情報を前記ワイヤレスインターフェースを介して前記UEデバイスから受信すること、前記PLCチャネル品質フィードバック情報は、前記PLCゲートウェイデバイスから前記光アクセスポイントへの前のPLC送信に基づく、
    をさらに含む、請求項31に記載の方法。

  34. 前記電力線通信チャネル品質フィードバック情報が、前記光アクセスポイントから前記UEデバイスによって受信された、請求項33に記載の方法。

  35. 前記電力線通信チャネル品質フィードバック情報が、SNR値またはSNR値の関数である情報を含む、請求項34に記載の方法。

  36. ワイヤレスインターフェースを含む電力線通信(PLC)ゲートウェイデバイスであって、
    可視光通信(VLC)チャネル品質情報を含むチャネル品質フィードバック情報を前記ワイヤレスインターフェースを介してユーザ機器デバイスから受信するための手段と、
    光アクセスポイントから前記UEデバイスへの前のVLC送信に基づく前記VLCチャネル品質情報を前記UEデバイスと光通信する前記光アクセスポイントに電力線を介して送信するための手段と
    を備える、PLCゲートウェイデバイス。

  37. 前記VLCチャネル品質情報が、VLC変調キャリアごとのSNR情報を含む、請求項36に記載のPLCゲートウェイデバイス。

  38. 前記PLCゲートウェイデバイスから前記光アクセスポイントへの前のPLC送信に基づく、電力線通信(PLC)チャネル品質フィードバック情報を、前記ワイヤレスインターフェースを介して前記UEデバイスから受信するための手段
    をさらに備える、請求項36に記載のPLCゲートウェイデバイス。

  39. 前記電力線通信チャネル品質フィードバック情報が、前記光アクセスポイントから前記UEデバイスによって受信された、請求項38に記載のPLCゲートウェイデバイス。

  40. 前記電力線通信チャネル品質フィードバック情報が、SNR値またはSNR値の関数である情報を含む、請求項39に記載のPLCゲートウェイデバイス。

  41. ワイヤレスインターフェースを含む電力線通信(PLC)ゲートウェイデバイスで使用するためのコンピュータプログラム製品であって、
    少なくとも1つのコンピュータに、前記ワイヤレスインターフェースを介してユーザ機器デバイスからVLCチャネル品質情報を含むチャネル品質フィードバック情報を受信させるためのコードと、
    前記少なくとも1つのコンピュータに、前記VLCチャネル品質情報を、電力線を介して、前記UEデバイスと光通信する光アクセスポイントに送信させるためのコードと、前記VLCチャネル品質情報は前記光アクセスポイントから前記UEデバイスへの前のVLC送信に基づく、
    を備える非一時的コンピュータ可読媒体
    を備える、コンピュータプログラム製品。

  42. ワイヤレスインターフェースを含む電力線通信(PLC)ゲートウェイデバイスであって、
    前記ワイヤレスインターフェースを介して可視光通信(VLC)チャネル品質情報を含むチャネル品質フィードバック情報をユーザ機器デバイスから受信することと、
    電力線を介して、前記UEデバイスと光通信する光アクセスポイントに前記VLCチャネル品質情報を送信することと、前記VLCチャネル品質情報は、光アクセスポイントから前記UEデバイスへの前のVLC送信に基づく、
    を行うように構成された、少なくとも1つのプロセッサ、ならびに、
    前記少なくとも1つのプロセッサに結合されたメモリ
    を備える、前記PLCゲートウェイデバイス。

  43. 前記VLCチャネル品質情報が、VLC変調キャリアごとのSNR情報を含む、請求項42に記載のPLCゲートウェイデバイス。

  44. 前記少なくとも1つのプロセッサがさらに、
    前記電力線通信(PLC)ゲートウェイデバイスから前記光アクセスポイントへの前のPLC送信に基づくPLCチャネル品質フィードバック情報を前記UEデバイスから前記ワイヤレスインターフェースを介して受信すること
    を行うように構成された、請求項42に記載のPLCゲートウェイデバイス。

  45. 前記電力線通信チャネル品質フィードバック情報が、前記光アクセスポイントから前記UEデバイスによって受信された、請求項44に記載のPLCゲートウェイデバイス。

 

 

Patent trol of patentswamp
類似の特許
ネットワークにおいてデータ・ストリームを配信する方法およびシステムについて記載する。ネットワークは、アダプタを介してこのネットワークに接続されたデバイスを含み、これらのデバイスの内少なくとも一部は、それぞれの優先順位パラメータ・タイプの優先順位パラメータ値を使用して、データ・ストリームの優先順位を示すようにプログラムされる。ネットワークにおける1つのデバイスは、コントローラとして動作し、随伴するコントローラ・アダプタは、ネットワークにおいてデータ・ストリーム内部で使用される全ての優先順位パラメータ・タイプにしたがって、データ・ストリームに対して優先順位指定を実行するように構成される。また、コントローラについても記載し、このコントローラは、ネットワークに入るデータ・ストリームおよびネットワークから出るデータ・ストリームを可能にするように構成されたゲートウェイとなることができる。本方法、システム、およびコントローラは、共有ネットワーク・セグメント、例えば、電力線通信に基づくネットワーク、または同軸ケーブルに基づくネットワークにおいて、特に利用することができる。
【選択図】 図3
本発明は、ホームゲートウェイとスマート端末の統合システムを開示する。当該統合システムは、ホームゲートウェイ本体と付属スマート端末を含み、前記ホームゲートウェイ本体がマルチコアプロセッサアーキテクチャと仮想化技術を採用して、豊かなソフトウェア及びハードウェアリソースを持ち、従来のホームゲートウェイのルーティング機能と転送機能を備える以外、アプリケーションソフトウェアをインストールすることで機能拡張を行うことができ、前記付属スマート端末が前記ソフトウェア及びハードウェアリソースを利用して、ユーザーのホームスマート端末に対する安全な操作を実現できる。本発明は、すべての家族メンバーのためにスマート端末を購入する必要がなく、スマート端末装置の利用率が低く、及び従来のホームゲートウェイの機能が単一であるなどの欠点を解決できる。
【選択図】図1
【課題】個人域ネットワークを構成するための方法及び装置を提供する。
【解決手段】個人域ネットワークゲートウェイで個人域ネットワークエンティティ(PNE)から接続要請メッセージを受信し、個人域ネットワークエンティティが属する個人域ネットワークに対する登録要請メッセージを個人域ネットワークゲートウェイからWANに位置するサーバに伝送し、個人域ネットワークゲートウェイでサーバから個人域ネットワークの識別情報を含む認証要請メッセージを受信する。少なくとも一つの個人域ネットワークエンティティの情報及び個人域ネットワークの識別情報をマッピングしたルーティングテーブルを参照して、個人域ネットワークゲートウェイから個人域ネットワークの識別情報にマッピングされた少なくとも一つの個人域ネットワークエンティティに認証要請メッセージをフォワーディングする。
【選択図】図5
ネットワーク指向のシステム選択のための方法、システム、およびデバイスが、説明される。ワイヤレスデバイスは、ワイヤレスデバイスのためのネットワークデバイスによるシステム選択に関連するトリガを特定し得る。ワイヤレスデバイスは、ワイヤレスデバイスのためのネットワーク指向のシステム選択の判断を実行する際にネットワークデバイスによって使用するためにシステム選択データを特定し得る。システム選択データは、データアクセスがワイヤレスデバイスにとって使用可能であるとワイヤレスデバイスが確認した1つまたは複数のネットワークの指示を含む可能性がある。システム選択データは、ネットワークデバイスによって使用するためにワイヤレスデバイスから第1のネットワークに送信され得る。システム選択データは、特定されたトリガに応じて送信され得る。
本明細書に記載の実施形態によれば、無線インターフェースを介して複数のブロードバンド接続を集約するための最適化コントロールシステムを実装及び使用するための装置、システム及び方法が提供される。例えば、このようなシステムは、システムにより具現化される命令を実行するためのプロセッサ及びメモリと、複数の無線トランシーバと、システムを介して2つ以上の無線通信ノードとのインターフェースへのトラフィックコーディネータであって、無線通信ノードの各々がシステムから独立したWAN(wide Area Network)バックホール接続へのアクセスを有するトラフィックコーディネータと、第1の複数の無線トランシーバを介して確立される第1の無線通信ノードとの第1の無線通信インターフェースであって、第1の無線通信ノードは第1のWANバックホール接続へのアクセスを有する第1の無線通信インターフェースと、第2の複数の無線トランシーバを介して確立される第2の無線通信ノードとの第2の無線通信インターフェースであって、第2の無線通信ノードは第1のWANバックホール接続とは異なる第2のWANバックホール接続へのアクセスを有する第2の無線通信インターフェースと、システム内のトラフィックフロー及びシステムが動作する無線環境に関する情報を受信するコントロールモジュールであって、WAN接続及びWANバックホール接続との第1及び第2の無線通信インターフェースの接続の形成及び持続を制御するコマンドを発行し、WAN接続及びWANバックホール接続に対するスケジューリング及びルーティング命令を更に提供するコントロールモジュールとを含んでもよい。他の関連する実施形態も開示されている。
本発明の実施形態は、コンテンツネットワーク内でのコンテンツ登録をサポートするための方法、デバイス、およびシステムを提供する。この方法は、コンテンツネットワークノードによって、ueから第1の対象パケットを受信するステップであって、第1の対象パケットが第1のコンテンツ識別子を含み、第1のコンテンツ識別子が、第1の対象パケットによって登録をするべきコンテンツを示すのに使われるステップと、pitが、第1のコンテンツ識別子に対応する第1の登録エントリをもたないとき、コンテンツネットワークノードによって、第1の登録エントリを作成するステップであって、そうすることによって、第1のポート番号によって表される第1のポートを通り、第1のコンテンツ識別子に対応する登録要求が第1の有効持続時間内に有効であるステップと、コンテンツネットワークノードによって、第1の対象パケットを別の転送ノードに転送するステップであって、そうすることによって、他の転送ノードが、第1の有効持続時間内に複数のデータパケットをコンテンツネットワークノードに送るステップと、コンテンツネットワークノードによって、複数のデータパケットをueに転送するステップとを含む。本発明の実施形態は、コンテンツネットワーク内の対象パケットの数を削減することができ、そうすることによって、ネットワークシグナリングオーバーヘッドを削減する。
本発明のATCAバックプレーンは、フロントバックプレーンとリアバックプレーンを含み、フロントバックプレーンとリアバックプレーンがコネクタを介して互いに接続され、各前記フロントバックプレーンが少なくとも一つのノードボードのためのスロットを含み、各前記リアバックプレーンが少なくとも一つのノードボードのためのスロットを含む。そして、前記ATCAバックプレーンの少なくとも一つのバックプレーンにハブボードのためのスロットを設置することができる。したがって、本発明のATCAバックプレーンは、それに含まれるフロントバックプレーンとリアバックプレーンがいずれもノードボードに挿入されることを保証し、ノードボードのためのスロット数が増加されるので、スロットリソースを拡張し、システムの処理能力を向上させる。
MPLS(multiprotocol label swapping)のエッジスイッチ(PE)において、802.1aq制御プレーンをEVPN(ethernet virtual private network )のBGP(border gateway protocol)制御プレーンとインターワーキングさせるための方法が実装される。当該方法及びシステムは、ローカルPBBN(provider backbone bridged network)内の所与のB−VID(backbone-virtual local area network identifier)についての指定フォワーダ(DF)を選択し、それにより、どのPEが上記B−VIDについての特定のI−SID(i-component source identifier)及びMAC(media access control)情報をIS−IS(intermediate system-intermediate system)データベースからBGPデータベースへと一意に移動させ、及び上記BGPデータベース内のI−SID及びMAC情報を当該PEの上記IS−ISデータベースへと移動させるか、を決定する。
【選択図】図1
ネットワークエクステンダ(210)と、該ネットワークエクステンダと通信するメディアプレーヤ(220)とを含む、セットトップボックス(200)。ネットワークエクステンダは、有線接続(135、137、212、214)を通じて、ローカルエリアネットワーク(130)の住居用ゲートウェイ(134)に接続可能である。メディアプレーヤは、メディアデバイスによる使用のために、ネットワークエクステンダから受信される信号をフォーマットするように命令を実行する、コンピューティングプロセッサ(225)を含む。セットトップボックスはまた、ネットワークエクステンダと通信する、少なくとも1つの無線送受信器(230、230a)を含む。
【選択図】図1A
ネットワークゲートウェイ(3)は、バッファ(10)、および、ネットワーク媒体を介してソースデバイス(2)からユーザデバイス(1)にデータストリームのパケットを送信するように構成された送信モジュール(12)を備える。データストリームのパケットは、ソースデバイス(2)とゲートウェイ(3)との間のアップリンク接続(4)によってソースデバイス(2)から受信され、バッファ(10)に一時的に記憶され、ユーザデバイス(1)とゲートウェイ(3)との間のダウンリンク接続(5)によってバッファ(10)からユーザデバイス(1)に送信され、ダウンリンク接続(5)はアップリンク接続(4)に依存する。さらに、ネットワークゲートウェイ(3)は、アップリンク接続(4)の保護を提供するように構成された保護モジュール(13)を備え、ネットワーク媒体へのアクセスは、アップリンク接続のデータストリームのパケットのために確保される。最後に、ネットワークゲートウェイ(3)は、バッファ(10)を監視し、バッファオーバーフローが検出された場合、保護モジュール(13)に命令を送って、アップリンク接続(4)の保護を低下させるように構成された制御モジュール(11)を備える。
To top