Led表示装置

 

LED表示装置を提供する。LEDパネル(1)と、LEDパネル(1)の一側に設けられるマスクと、を含み、前記マスクが複数の透光カバーユニット(10)を含み、各透光カバーユニット(10)がそれぞれLEDパネル(1)に接着されると共に、LEDパネル(1)との間に透光カバーユニット(10)のLEDパネル(1)上の接着位置を限定するための位置決め構造を有する。本発明のLED表示装置によると、接合の隙間が小さく、表示効果が優れている。

 

 

本発明は、LED表示技術分野に関し、具体的に、LED表示装置に関するものである。
既存技術において、LEDディスプレイは一つ一つのLEDランプから構成される。LEDディスプレイで表示する際、粒状感が現れると共に、撮像する時、粒状現象によってモアレが発生する。既存技術において、LEDディスプレイの外部に半透明のガラス又は半透明のプラスチックプレートを追加することで上記問題を解決しているが、当該方法によると、以下の問題が存在する。
1.運送等の原因で、ガラス又はプラスチックプレートのサイズが制限され、ディスプレイを無限に拡大することができなく、ある程度のサイズに限られている。一定のサイズを超えると、接合するしかなく、ガラス又はプラスチックプレートを接合した後、枠を用いて固定しなければならなく、即ち、各ガラス又はプラスチックプレートの周辺に枠が設けられることになる。これにより、接合による隙間が発生し、ビデオウォールの接合隙間のような明確な隙間が発生し、表示効果に影響を与える。
2.ガラス又はプラスチックプレートの固定が困難で、LEDランプ面との距離のばらつきによって、表示効果が一定にならず、表示効果に影響を与える。
本発明は、接合の隙間が小さいLED表示装置を提供することをその目的とする。
上記目的を実現するため、本発明によると、LEDパネルと、LEDパネルの一側に設けられるマスクと、を含み、マスクが複数の透光カバーユニットを含み、各透光カバーユニットがそれぞれLEDパネルに接着されると共に、LEDパネルとの間に透光カバーユニットのLEDパネル上の接着位置を限定するための位置決め構造を有するLED表示装置を提供する。
さらに、LEDパネルは複数であり、各LEDパネルのいずれにも複数の透光カバーユニットが接着される。
さらに、各透光カバーユニットは、LEDパネルに向かう第1側と、LEDパネルから離れる第2側とを含み、第2側は、平面状であり、第1側から第2側への方向に沿って透光させる単一方向透光膜が設けられる。
さらに、単一方向透光膜の単一方向透光率は60%を超える。
さらに、透光カバーユニットの材質はガラス又はプラスチックである。
さらに、透光カバーユニットのLEDパネルの各LEDランプに対応する位置に、LEDランプの形状に適応する収納止まり穴が設けられる。
さらに、透光カバーユニットのLEDパネルの各LEDランプに対応する位置に、収納止まり穴を形成するように中心止まり穴を有する突出部が設けられ、隣り合う二つの突出部間には第1の溝が形成される。
さらに、第1の溝の深さが収納止まり穴の深さ未満である。
さらに、位置決め構造は、LEDパネルに設けられる少なくとも二つの位置決め孔と、透光カバーユニットに設けられ、各位置決め孔と逐一配合される位置決めコラムと、を含む。
さらに、LEDパネルは、ランププレートと、ランププレートに設けられるLEDランプとを含み、透光カバーユニットはランププレート又はLEDランプに接着される。
本発明によると、マスクが複数の透光カバーユニットを含み、各透光カバーユニットがいずれもLEDパネルに接着されることによって、透光カバーユニットを枠を用いて固定する必要がなく、これにより、接合の隙間を有効に縮小できる。また、透光カバーユニットとLEDパネルとの間に位置決め構造を有することで各透光カバーユニットのLEDパネルにおける接着位置を制限している。位置決め構造によって位置決めすることによって、透光カバーユニットがLEDパネルに接続される位置が一層正確であって、接合の隙間の縮小に有利である。本願の技術案によると、接合の隙間を有効に縮小できる。
本発明の一部を構成する図面は本発明を理解させるためのもので、本発明における実施例及びその説明は本発明を解釈し、本発明を不当に限定するものではない。
本発明に係るLED表示装置の実施例1の一部の構造を示す図である。 図1に示すLED表示装置のマスクの透光カバーユニットの第1側を示す図である。 図2に示す透光カバーユニットのA部分を拡大した図である。 図2に示す透光カバーユニットの第2側を示す図である。 本発明に係るLED表示装置の実施例3の透光カバーユニットの底面図である。 図5に示す透光カバーユニットのB部分を拡大した図である。
なお、矛盾しない限り、本願の実施例及び実施例中の特徴を互いに組み合わせることができる。以下、図面を参照しつつ実施例と共に本発明を詳しく説明する。
図1に示すように、実施例1のLED表示装置は、LEDパネル1と、マスクとを備える。マスクは、LEDパネル1の一側に設けられていて、マスクは複数の透光カバーユニット10を含み、各透光カバーユニット10はいずれも、LEDパネル1に接着され、また、透光カバーユニット10とLEDパネル1との間に、各透光カバーユニット10のLEDパネル1における接着位置を限定するための位置決め構造が設けられる。位置決め構造を介して位置決めすることによって、透光カバーユニットがLEDパネルに接続される位置が一層正確になり、接合の隙間の縮小に有利である。
LEDパネル1は、ランププレートと、ランププレートに設けられるLEDランプとを含み、透光カバーユニット10はランププレート又はLEDランプに接着される。図1に示すように、実施例1において、マスクの複数の透光カバーユニット10の構造は同じであって、LEDパネル1にアレイ状に配置される。また、マスクの複数の透光カバーユニット10の構造が同じでないことも可能であることは言うまでもない。
実施例1において、LEDパネル1は複数であり、各LEDパネル1にいずれも、複数の透光カバーユニット10が接着されることが好ましい。これにより、既存技術の複数のLEDパネルが一つのガラス又はプラスチックプレートに対応する技術案に比べ、透光カバーユニット10のサイズを大幅に縮小できる。従って、透光カバーユニット10を枠を用いて固定する必要がなく、接合の隙間を有効に縮小できる。一方、透光カバーユニット10のサイズを縮小したので、加工性問題を有効に解決し、透光カバーユニット10の加工精度を向上させる。透光カバーユニット10のサイズが小さいほど、外形の精度は高く、一致性も優れる。従って、接合した後の差異も小さく、隙間も小さく、且つ、表示効果に影響を与えない範囲に制御することができるので、表示のニーズを満たすことができる。ここで、図1に実施例1のLED表示装置の一つのLEDパネル及びそれに接続される複数の透光カバーユニット10のみを示している。
図2〜図4に示すように、各透光カバーユニット10は、LEDパネル1に向かう第1側11と、LEDパネル1から離れる第2側12とを含み、第2側12は平面状であって、第2側12に単一方向透光膜が設けられ、単一方向透光膜は第1側11から第2側12への方向に沿って透光させる。従って、LEDランプが点灯されない場合、視聴者は第2側からLEDパネルを見ることができなく、LEDランプが点灯された場合のみ、視聴者が第2側からLEDパネルに表示された内容を見ることができる。これにより、粒状感を有効に除去し、視聴者の視覚体験を有効に向上させる。
上記単一方向透光膜は、透光カバーユニットの第2側の表面にめっきすることで形成されることができ、良好な表示効果を実現するため、単一方向透光率が60%を超える単一方向透光膜を用いることが好ましい。透光カバーユニットの材質は透明なプラスチックでなければならなく、ガラス又はプラスチックであることが好ましい。表示効果を向上させ、LEDランプの光が側面から漏れることを防止するため、図3に示すように、実施例1において、透光カバーユニット10の、LEDパネル1の各LEDランプに対応する位置にLEDランプ形状に適応する収納止まり穴13が設けられて発光型光コップを形成する。同時に、当該収納止まり穴13も透光カバーユニット10がLEDパネル1に接着される際に良好な位置決め役割を果たし、正確に位置決めし、接合の隙間を一層縮小する。
図3に示すように、実施例1において、透光カバーユニット10上の、LEDパネル1の各LEDランプに対応する位置に突出部14が設けられていて、突出部14は上記収納止まり穴13を形成するための中心止まり穴を有する。上記収納止まり穴13が各LEDランプと逐一対応し、マスクの平坦性及び一致に有利である。透光カバーユニットの強度を補強するため、隣り合う二つ突出部14間に第1の溝15が設けられる。第1の溝15の深さが収納止まり穴13の深さ未満であることが好ましい。
透光カバーユニット10とLEDパネル1との位置決めに用いられる位置決め構造をさまざまな形態で実現することができ、図3に示すように、実施例1において、位置決め構造は相互に配合する位置決め孔と位置決めコラム16を含み、位置決め孔は少なくとも二つでLEDパネル1に設けられ、位置決めコラム16は位置決め孔と同じ数量で透光カバーユニット10上に形成されることが好ましい。
既存技術において、ディスプレイ市場の発展に伴って、ミラー型ディスプレイは広告展示等の分野に汎用されている。既存技術において、ミラー型ディスプレイは、通常、ミラー型液晶プラズマディスプレイを用いていて、ディスプレイの外部に膜付きガラス又はプラスチックプレートを設けることでミラー効果を実現する。しかし、上記構造には背景技術部分に記載の問題が存在し、その他、上記構造に更に以下の問題が存在する:
1、強度が要求されるので、ガラス又はプラスチックプレートのサイズが大きいほど、厚みが厚く、重量が増加される。
2、サイズが大きいので、平坦性を保証しにくく、凹み又は突出しやすく、魔法の鏡の効果を形成してしまう。
本発明の実施例2のLED表示装置(図示されない)によると、上記の問題を有効に解決でき、実施例2のLED表示装置は、第2側の構造で上記実施例と異なっている。実施例2において、各透光カバーユニットは、LEDパネルに向かう第1側と、LEDパネルから離れる第2側をと有し、第2側は平面状であって、ミラー型半透過膜が第2側に設けられている。接着して接続されるので、マスク全体の平坦及び一致性を保証しやすい。LEDランプが点灯されていない場合、視聴者は第2側からLEDパネルを見ることができなく、マスクの表面がミラー効果を形成し、LEDランプが点灯された場合、視聴者は第2側からLEDパネルに表示された内容を見ることができる。従って、粒状感を有効に除去し、視聴者の視覚体験を有効に向上させる。実施例2の技術案によると、LED表示装置の接合の隙間が小さく、且つ、平坦性に優れ、凹み又は突出することがない。
既存技術において、ディスプレイ市場の発展に伴って、裸眼3D表示装置が広告展示等の分野に汎用されている。既存技術において、ディスプレイの外部にガラス又はプラスチックプレートを追加し、ガラスとプラスチックプレートに格子膜を接着することで形成される。しかし、上記構造には背景技術部分に記載の問題が存在し、その他、上記構造には以下の問題も存在している。
強度が要求されるので、ガラス又はプラスチックプレートのサイズが大きいほど、厚みが厚く、重量が増加される。
本願の実施例3のLED表示装置によると、上記問題を有効に解決でき、実施例3のLED表示装置は、第2側の構造で上記実施例と異なっている。各透光カバーユニット10は、LEDパネル1に向かう第1側11と、LEDパネル1から離れる第2側12とを有し、図5と図6に示すように、第2側12に格子構造が設けられていて、これにより、裸眼3D効果を実現できる。そして、接着して接続されるので、マスク全体の平坦性及び一致性を保証しやすい。実施例3の技術案によると、LED表示装置の接合の隙間が小さく、且つ、平坦性が優れている。
図5と図6に示すように、第2側12に複数の平行する第2の溝17が設けられて格子構造を形成している。図6に示すように、表示効果を向上させるため、第2の溝17の横断面がV形であることが好ましい。
以上は、本発明の好適な実施例に過ぎず、本発明を限定するものではない。当業者であれば本発明に様々な修正や変形が可能である。本発明の精神や原則内での如何なる修正、置換、改良などは本発明の保護範囲内に含まれる。
1 LEDパネル
10 透光カバーユニット
11 第1側
12 第2側
13 収納止まり穴
14 突出部
15 第1の溝
16 位置決めコラム
17 第2の溝



  1. LEDパネル(1)と、
    前記LEDパネル(1)の一側に設けられるマスクと、を含み、
    前記マスクが複数の透光カバーユニット(10)を含み、各透光カバーユニット(10)がそれぞれ前記LEDパネル(1)に接着されると共に、前記LEDパネル(1)との間に前記透光カバーユニット(10)の前記LEDパネル(1)上の接着位置を限定するための位置決め構造を有することを特徴とするLED表示装置。

  2. 前記LEDパネル(1)が複数であり、各LEDパネル(1)のいずれにも、複数の前記透光カバーユニット(10)が接着されることを特徴とする請求項1に記載のLED表示装置。

  3. 各透光カバーユニット(10)が、前記LEDパネル(1)に向かう第1側(11)と、前記LEDパネル(1)から離れる第2側(12)と、を有し、前記第2側(12)が平面状に形成され、前記第1側(11)から前記第2側(12)への方向に沿って透光させる単一方向透光膜が前記第2側(12)に設けられることを特徴とする、請求項1に記載のLED表示装置。

  4. 前記単一方向透光膜の単一方向透光率が60%を超えることを特徴とする、請求項3に記載のLED表示装置。

  5. 各透光カバーユニット(10)が、前記LEDパネル(1)に向かう第1側(11)と、前記LEDパネル(1)から離れる第2側(12)と、を有し、前記第2側(12)が平面状に形成され、ミラー型半透過膜が前記第2側(12)に設けられることを特徴とする、請求項1に記載のLED表示装置。

  6. 各透光カバーユニット(10)が、前記LEDパネル(1)に向かう第1側(11)と、前記LEDパネル(1)から離れる第2側(12)と、を有し、前記第2側(12)に格子構造が設けられることを特徴とする、請求項1に記載のLED表示装置。

  7. 前記透光カバーユニット(10)の材質がガラス又はプラスチックであることを特徴とする、請求項3又は5又は6に記載のLED表示装置。

  8. 前記透光カバーユニット(10)上の、前記LEDパネル(1)の各LEDランプに対応する位置に前記LEDランプの形状に適応する収納止まり穴(13)が設けられることを特徴とする、請求項1に記載のLED表示装置。

  9. 前記透光カバーユニット(10)上の、前記LEDパネル(1)の各前記LEDランプに対応する位置に、前記収納止まり穴(13)を形成するための中心止まり穴を有する突出部(14)が設けられ、隣り合う二つの前記突出部(14)の間に第1の溝(15)が形成されることを特徴とする、請求項8に記載のLED表示装置。

  10. 前記第1の溝(15)の深さが前記収納止まり穴(13)の深さ未満であることを特徴とする、請求項9に記載のLED表示装置。

  11. 前記位置決め構造が、
    前記LEDパネル(1)上に設けられる少なくとも二つの位置決め孔と、
    前記透光カバーユニット(10)上に設けられて、各位置決め孔と逐一配合する位置決めコラム(16)と、
    を含むことを特徴とする、請求項1から10のいずれか一項に記載のLED表示装置。

  12. 前記LEDパネル(1)が、ランププレートと、前記ランププレートに設けられるLEDランプと、を含み、前記透光カバーユニット(10)が前記ランププレート又は前記LEDランプに接着されることを特徴とする、請求項1に記載のLED表示装置。

  13. 前記格子構造を形成するように、前記第2側(12)に複数の平行する第2の溝(17)が設けられることを特徴とする、請求項6に記載のLED表示装置。

  14. 前記第2の溝(17)の横断面がV形であることを特徴とする、請求項13に記載のLED表示装置。

 

 

Patent trol of patentswamp
類似の特許
両面光学フィルムは、1つの主面に形成される伸長プリズム、及び対向する主面に形成される伸長レンズレットを有する。プリズムの一部又は全ては、各複合プリズムの2つの傾斜面がそれぞれ先端部、ベース部、及び先端部とベース部との間に配置される中間部を含む複合プリズムであり、中間部及び先端部が凹形形状を形成し、中間部及びベース部が凸形形状を形成するか、又は逆もまた同様である。フィルムのプリズム面に、例えば光ガイドから等の斜入射光が入射すると、出力ビームは、フィルムのレンズレット面から出射する。出力ビームは、急峻な左ビームエッジ及び急峻な右ビームエッジの強度分布を有し、これらのビームエッジは7度以下、6度以下、5度以下、4度以下、3度以下、又は2度以下の10%〜90%の変移角を有する。
本発明は、ユーザに供給されるビューの品質を最適化するために、レンチキュラーアレイの特定の設計(傾斜角及びピッチ角)を具備するレンチキュラーオートステレオスコピックディスプレイ装置を提供する。特に、本発明は、正方形、又は、略正方形の3Dピクセルを達成するために、ピッチ角及び傾斜角が最適化されることを可能にする。
多視点3d腕時計 // JP2016516176
多視点3D腕時計が開示される。前記腕時計は、時間を定めるクロック回路と、複数の入力平面光ビームを生成する複数の光源とを有する。複数の指向性画素を有する指向性バックプレーンは、前記複数の入力平面光ビームを複数の指向性光ビームへと散乱させ、各指向性光ビームは、前記複数の指向性画素の1つの指向性画素の特性により制御された方向及び角拡散を有する。シャッタ層は、前記クロック回路から時間を受け取り、前記複数の指向性光ビームを変調して、3Dの時間視界を生成する。
本発明は、3D表示制御方法および3D表示制御装置に関する。前記3D表示制御方法は、現在のフレームの画像中におけるディスプレーパネル上の各列のサブピクセルに対応する左眼の画像データ又は右眼の画像データを順次に取得するステップと、前記各列のサブピクセルに対応する左眼の画像データ又は右眼の画像データに基づいて現在のフレームの画像中における各列のサブピクセルが表示する画像を順次に更新する同時に、現在のフレームの画像に対応する格子装置の遮光領域と透光領域とを更新して、裸眼3D画像の表示を実現するステップと、を含む。
指向性バックライト // JP2016514283
指向性ディスプレイは、導波路を含んでもよい。導波路は、光源のアレイからの光を全反射により視野窓のアレイに方向づけるよう配置された光抽出特徴部と、導波路からの光を導波路の抽出特徴部の通過により同じ視野窓のアレイへ方向づけるよう配置された反射器と、を含んでもよい。指向性ディスプレイの輝度を向上させ得る。効率的で明るい自動立体ディスプレイシステムが達成され得る。
本発明はデュアルビュー表示基板(100)と表示装置を提供する。
該デュアルビュー表示基板(100)はベース(5)を備え、前記ベース(5)に交替に配列した第1の表示領域(511)と第2の表示領域(512)が設けられ、第1の表示領域(511)と第2の表示領域(512)にぞれぞれ表示ユニット(6)が設けられ、各第1の表示領域(511)の各表示ユニット(6)のメイン光射出方向が一致して各第1の表示領域(511)しか見えない第1の観察領域(81)に対応し、各第2の表示領域(512)の各表示ユニット(6)のメイン光射出方向が一致して各第2の表示領域(512)しか見えない第2の観察領域(83)に対応する。
【課題】 実環境で現実的に見えるように仮想オブジェクトおよびイメージをモバイルデバイスのディスプレイに表示することである。
【解決手段】 裸眼立体拡張現実ディスプレイの実施形態において、表示デバイスが、環境の透視のための導波路を含むイメージング構造を用いて実装される。また、導波路は、環境において距離を置いて見える近表示オブジェクトとして生成される仮想イメージの光を伝送する。イメージング構造は、導波路に組み込まれ表示領域に構成される切替え可能回折素子を含む。切替え可能回折素子は、環境において距離を置いて見える仮想イメージの正確な立体視ビューを補正するために有効に表示領域を個別にアクティブにするように切替え可能である。
【選択図】 図2
複合現実感表示調整 // JP2016511863
複合現実感調整システムおよび関連する方法が提供される。一例では、ヘッドマウントディスプレイデバイスは、複数のセンサー、およびホログラフィックオブジェクトを提示するためのディスプレイシステムを含む。複合現実感安全性プログラムは、情報源から、ホログラフィックオブジェクトおよび関連付けられたコンテンツプロバイダーIDを受信するように構成される。プログラムは、コンテンツプロバイダーIDに基づいて、信用レベルをオブジェクトに割り当てる。信用レベルが閾値未満である場合、保護的なレベルの表示制限を提供する、第1の組の安全性ルールに従ってオブジェクトが表示される。信用レベルが閾値以上である場合、保護的なレベルの表示制限未満である許容的なレベルの表示制限を提供する、第2の組の安全性ルールに従ってオブジェクトが表示される。
表示スクリーンより幅又は高さが大きい画像を見るための方法が提供され、画像は、表示スクリーンと比較して大きい前記画像の縁の中心を通る直線を用いることによって、2つの部分へと等分に分割される。当該方法は、シャッターグラスの側で、前記2つの部分のうちの第1部分の表示を指し示すメッセージを受信するステップと、シャッターグラスが暗くなり、シャッターグラスの屈折方向を第1の位置に向けるステップと、シャッターグラスが透過になるステップと、前記2つの部分のうちの第2部分の表示を指し示すメッセージを受信するステップと、シャッターグラスが暗くなり、シャッターグラスの屈折方向を第2の位置に向けるステップと、シャッターグラスが透過になるステップとを有する。
本発明は、影をディスプレイ要素として活用して、独特なディスプレイ効果を得ることができる影偏光ディスプレイ装置を提供する。本発明の第一態様による影偏光ディスプレイ装置1000は、偏光した光が放出される偏光光源80を有し、前記偏光光源80から離隔して配置され、前記偏光光源80から放出された偏光した光を受けて透過させるものであって、透過する光を屈折させる装飾またはサイン部材51を有する。前記偏光光源80の後方には、前記の偏光光源80の光による前記装飾またはサイン部材51の影が投影される偏光影投影手段60が設置される。前記偏光影投影手段60に投影された前記装飾またはサイン部材51の影はカラーを帯びるようになる。
To top