統合された歯科インプラント構成要素および歯科インプラント構成要素を配置するためのツール

著者らは特許

A61C8/00 - 自然歯を補強するために,または歯科補綴を固定するために顎骨に固定される手段;歯科インプラント;インプラント工具(口中で釘状歯の固定A61C13/30)
A61C9/00 - 補綴術のために特に適合した印象方法;そのための印象盆

の所有者の特許 JP2016517718:

デンツプライ インターナショナル インコーポレーテッド

 

統合された歯科用構成要素、キャリアおよび取り付けツールは、臨床医に歯科用構成要素を保持する大きい物体を提供し、取り付けツールの統合によって、片手での方向付け、配置および締結を可能にする。

 

 

本発明は、口腔の中に構成要素を配置することを対象とする。より詳細には、本発明は、統合された構成要素およびキャリアに関する。
歯科処置、とりわけ歯科インプラントなどを必要とする歯科処置の間、臨床医はしばしば、歯科用構成要素をつかみ、運び、方向付け、次いで患者の口の中の正確な位置に配置しなければならない。臨床医は、軟組織が構成要素を押し出さないように歯科用構成要素を保持しながら、自身の他方の手を用いてスクリュードライバを回転させ、部材を適所に固定することがしばしばである。歯科用構成要素のサイズが小さく、たかだか15mmの長さしかないこともしばしばであるため、とりわけ隣接する歯の近傍では、部材を扱い、把持することが困難である。これは、手袋を着用しているときに臨床医の器用さが損なわれることによって、さらに悪化する。
そうした構成要素の把持、操作、配置および方向付けを容易にする、ツールおよび構成要素が求められている。本明細書で用いられる「構成要素」とは、例えばインプラント、インプラントアバットメント(implant abutment)、歯科用器具など、歯科処置において有用な任意のデバイスまたは構造物を意味することが意図される。本発明は、本明細書において、歯科インプラントの治療処置の間に用いることができるスキャンフラグ(scan flag)に関して例示される。
本発明による統合された歯科用構成要素およびツールドライバは、1つのデバイスに統合された2つの機能を含む。ドライバの下側部分は、非対称な円錐テーパを特色とする。円錐テーパは、構成要素を方向転換および回転させる能力を維持しながら、下側のドライバ構成要素とスキャンフラグなどの歯科用構成要素との間の摩擦嵌め係合(friction fit engagement)を提供する。ドライバの上側部分は、スクリュードライバ、または臨床医が歯科用構成要素の内部でスクリューを締結すること、あるいはその取り付け機構を操作することを可能にする他のデバイスである。
本発明の概念による統合された歯科用構成要素およびツールの分解した図である。 口腔内で操作されている状態を示す、分解していない図1の統合されたツールの斜視図である。 図1の統合されたツールの部分的に分解した斜視図である。 図1の統合されたツールの部分的に分解した斜視図である。 図1の統合されたツールの分解していない図である。 図1の統合されたツールの一部の斜視図である。 図5の統合されたツールの断面側面立面図である。
図面の図は、臨床医が、他の点では従来型のスクリューで保持される歯科用スキャンフラグ11などの歯科用構成要素を扱い、配置し、方向付け、歯科インプラント12(図7)などの口腔に固定するのを助ける、本発明による統合されたデバイス10を示す。配置される歯科用構成要素は、例えば患者の口の内部のインプラントの位置をデジタル方式で記録する、図に示す歯科用スキャンフラグ11とすることができる。しかしながら、ドライバ組立体10は、例えば、印象の転写(impression transfer)およびピックアップ、アバットメント、ヒーリングキャップ、ヒーリングアバットメントなど(図示せず)を含む様々な歯科用構成要素と共に用いるように構成することもできる。
好ましいドライバは、1つのデバイスに統合された2つの機能を有する。ドライバ10の下側部分13は、非対称な円錐テーパ20を有する。歯科用構成要素11は、好ましくは形状がテーパ20に相補的な開口部21を有する。テーパ20は、図7に示すように、開口部21の中に受け入れられ、間に摩擦嵌め係合を提供する。ドライバの上側部分30は、スクリュードライバ31、または以下に記載するように歯科用構成要素11と共に役立つ他のツールである。
図2および図5に示すように、デバイス10は、構成要素11がテーパ20を受けるように構成可能である。したがって、図2に示すように、臨床医40は、デバイス10を把持し、それを患者の口腔41内に位置決めし、必要に応じて構成要素11の向きを操作すること、および他の方法で必要とされるように構成要素11を配置し、取り付けることができる。
提案されるキャリア−ドライバの概念は、臨床医に歯科用構成要素11を保持するより大きい物体を提供し、またスクリュードライバ31などのツールの統合によって、片手での方向付け、配置および締結を可能にする。臨床医は、従来技術の場合に要求されるように、構成要素を一方の手で適所に保持しながら、他方の手を用いてスクリュードライバを締結する必要がない。(やはり、図ではスキャンフラグとして例示される)構成要素11がドライバ組立体の下側部分13および上側部分30に取り付けられると(好ましくは、口の外で行われる)、臨床医は、スキャンフラグ11とドライバ31の両方を別個に扱うのではなく、1つの統合されたドライバ構成要素10を扱うだけでよい。適所に置かれると、ドライバ組立体(13、30)は、前述のように歯科用構成要素11とテーパ20の間の摩擦嵌めによって、ツールを使用せずに簡単に取り外すことができる。ドライバ/キャリア(13、30)を用いることにより、臨床医が片手で操作することが可能になるだけではなく、患者の口の中により大きい自由な空間が許容され、歯科用構成要素の位置を定め配置するとき、より適切な視野がもたらされる。
図3、図4および図5は、組み立てられ、前述の摩擦嵌めによって物理的に連結される上側および下側部分30、13を示す一連の図である。図3は、スキャンフラグ11から離れた上側/下側30/13の組立体を示している。図4は、相補的な開口部21に部分的に挿入されたテーパ20を示し、一方図5は、開口部21に完全に受け入れられ、摩擦によって固定されたテーパ20を示しており、それによって、統合されたツール10が形成される。図5に示す組み立てたれたバージョンでは、臨床医40が、スキャンフラグ11を容易に把持し、操作し、口腔41内に配置することが可能であることが理解されるであろう。摩擦嵌めが好ましいが、下側部分13をスキャンフラグ11に固定する任意の手段が本発明の範囲内である(または、どんな構成要素でも使用される)ことが理解されるであろう。さらに、上側部分30を全く使用しないこと、または上側部分30および下側部分13を1つの一体構造部分にすることも本発明の範囲内であり、それらのすべてが本発明の範囲内である。
本発明の一実施形態では、スクリュードライバ31は、上側部分30の穴42の中に保持され、下側部分13の第2の穴43を通して突出することも可能である。コイル50などの付勢手段を穴42の中に配置し、スクリュードライバ31を所望の方向に付勢することができる。クリップ51(図7)など、上側部分30を下側部分13に取り付ける手段が存在することも好ましい。



  1. 非対称な円錐テーパを有する下側部分を含む、統合された歯科用構成要素およびツールドライバであって、前記円錐テーパは、前記ツールドライバを回転させることによって歯科用構成要素の回転を行うように、前記下側部分と歯科用構成要素の間に摩擦嵌め係合を提供する、前記統合された歯科用構成要素およびツールドライバ。

  2. 歯科用構成要素はスキャンフラグである、請求項1に記載の統合された歯科用構成要素およびツールドライバ。

  3. 上側部分は、前記下側部分の穴の中に着脱可能に受け入れられる、請求項1に記載の統合された歯科用構成要素およびツールドライバ。

  4. 前記穴の中に位置し、ツールドライバを所望の方向に付勢する付勢部材をさらに含む、請求項3に記載の統合された歯科用構成要素およびツールドライバ。

  5. 前記付勢部材はコイルばねである、請求項4に記載の統合された歯科用構成要素およびツールドライバ。

  6. 歯科用構成要素は、前記下側部分の少なくとも一部を着脱可能な方法で受ける開口部を有する、請求項3に記載の統合された歯科用構成要素およびツールドライバ。

  7. 歯科用構成要素を配置する方法であって、統合された歯科用構成要素およびツールドライバを提供する工程を含み、ツールドライバは、歯科用構成要素の中に着脱可能に受け入れられる非対称な円錐テーパを有する下側部分を有する、前記方法。

  8. 内部の穴の中にツールドライバの少なくとも一部を着脱可能に受け入れる上側部分をさらに含み、ここで、前記上側部分は、歯科用構成要素の開口部の中に着脱可能に受け入れられる、請求項7に記載の方法。

  9. 使用者が、統合された歯科用構成要素およびツールドライバを所望の位置に配置し、ツールドライバを歯科用構成要素から取り外す、請求項7に記載の方法。

  10. 次いで、ツールドライバを用いて歯科用構成要素の位置決めを物理的に操作する、請求項9に記載の方法。

 

 

Patent trol of patentswamp
類似の特許
患者の根管治療をプランニングする方法であって、治療されるべき歯(1)に既に窩洞(2)が形成されており、該窩洞(2)の表面を、光学的な3次元の測定法によって測定し、このときに前記窩洞(2)の3次元の測定データ(31)を形成して、患者の根管治療をプランニングする方法において、形成された前記3次元の測定データ(31)に基づき、その寸法の点で、形成された前記窩洞(2)の対応ピースとして形成されるガイドテンプレート(3)の3Dモデル(33)をプランニングし、治療されるべき歯(1)の3次元の体積データ(38)に基づき、少なくとも1つの根管(4,5)の位置および向きを規定し、該根管(4,5)を露出させるための工具(20)のための少なくとも1つのガイド開口(6,7)をプランニングし、該ガイド開口(6,7)は前記ガイドテンプレート(3)の内部に、前記ガイド開口(6,7)が根管(4,5)の進入点(8,10)に合わせて根管(4,5)の進入方向(9,11)へ向けられるように配置されていることを特徴とする、患者の根管治療をプランニングする方法。
【課題】歯科用器具及び歯科システム並びにこれらを作製するための方法、及び、患者の口腔に結合するためのアーチ形器具を作製する方法の提供。
【解決手段】複数の歯の各々をインレー器具のそれぞれの歯受容部に配置する段階と、インレー器具を成型装置の下側部分の凹部に位置付ける段階と、インレー器具を間に挟装するよう下側部分を成型装置の上側部分に結合する段階とを含むことができる。本方法はまた、成型装置の注入孔にベースコンパウンドを注入する段階と、ベースコンパウンドを加工して複数の歯と一体化する段階と、を含む。
【選択図】図1
その治療の間、歯科治療部位の輪郭を判定するためのデバイスは、レーザビームガイダンスシステムおよび撮像システムを含む。レーザビームガイダンスシステムは、レーザビーム、および、随意に、走査光を歯科治療部位に誘導することができ、調節可能焦点画像センサを含むことができる撮像システムは、そこから反射される光線に基づいて、歯科治療部位の画像を取得することができる。本デバイスはまた、算出システムを含み、輪郭を算出する(例えば、撮像システムによって取得される画像に基づく歯科治療部位の表面の2D輪郭、ならびに、随意に、レーザビームガイダンスシステムおよび/あるいは撮像システムと関連付けられる光学構成要素のうちの1つまたはそれを上回る構成要素の幾何学形状の2D輪郭)。
3次元の画像形成方法が提供される。この方法では、手持ち式スキャニング装置で被写体の第1の3次元図が取り込まれる第1の位置での前記スキャニング装置の視域の第1の2次元画像を記憶し、前記スキャニング装置が前記第1の位置から第2の位置に移動する間に、前記第1の画像に対する前記第2の位置での前記スキャニング装置の視域の第2の2次元画像の位置測定値を推定し、前記位置測定値に基づいて、フィードバックをユーザに提供するための命令を生成する。尚、前記フィードバックは、第2の3次元図を取り込むために前記第2の位置が適しているかどうかを示すために提供される。3次元の画像形成システムも同様に提供される。
歯科用の素材 // JP2016514078
本発明は、天然歯材物質の光学的性質を非常によく模倣することができ、その性質ゆえに、非常に良好な機械的性質を有する高度に美的な歯科用修復材を容易に製造するのに特に適する歯科用の素材に関する。ケイ酸リチウムガラスおよびガラスセラミックの互いに結合した少なくとも2層を有し、前記層は色が異なりモノリスである、歯科用の素材が記載される。好ましい実施形態において、素材は、2から10層、特に2から8層のそのような層を含有する。
【課題】製造をより困難にせずに、より良好な取扱いを許容し、方向に関してより高い精度を提供する歯インプラントアナログを実現する。
【解決手段】指示素子22,23を備えた細長い円筒形本体11を有する歯インプラントアナログ10。円筒形本体の遠位端12は支台部のための接続インターフェース20となっており、近位端16は外面にねじ28を有する。指示素子22,23は本体の外面に取付けられ、深さ停止素子18が本体の外面に設けられている。
【選択図】図1
上顎の模型を下顎の模型に自動的に整合させる方法であって、画像に基づいて上顎及び下顎の歯の模型を形成し、歯をかみ合わせた状態の基準咬合フレームを取得し、上顎及び下顎の歯の模型をそれぞれ基準咬合フレームに整合し、作成された模型と基準咬合フレームとの間の変換情報を測定し、上顎の歯の模型を測定した変換情報に基づいて下顎の模型に整合させる、ことを含む、方法。
【選択図】図2
【課題】成形コンパウンドあるいはチェックバイト記録材を受容するためのバイトフォーク(バイトプレートとも呼ばれる)、特には、位置決めシステムにおいて位置決めを行うための位置マーカ要素を伴う前記バイトフォーク、及びチェックバイト形成用キットに関する。さらには、このようなバイトフォークが使用されうる、歯列を表示するための方法及びシステムに関する。
【解決手段】咬合採得用のバイトフォークであって、特に位置決めシステムにおける位置決めのための位置マーカ要素を伴う前記バイトフォークであって、上記バイトフォークは患者の口腔に配置される3D表面スキャナに対して歯の表面を部分的に可視化するための接触面上の空所及びこのセンサによって検出可能なマーカを有する、バイトフォーク。
【選択図】図5
義歯床の製造方法 // JP2016513480
【課題】適切に適合する義歯床の製造の可能性を広げる新規な方法を提供する。
【解決手段】義歯床(1)は人工歯(4)のための義歯床受入穴(3)を有する。義歯床(1)はその形状を反映するデジタルデータセットに基づいて製造される。デジタルデータセットに基づき、人工歯(4)のための仮義歯受入穴(7)を有するワックス製の仮義歯(6)が最初に作製される。そして、仮義歯(6)を用いて義歯床(1)が作製される。
【選択図】 図3
本発明は、酸化ジルコニウムの70〜100体積%が正方晶相中に存在する酸化ジルコニウム材料および当該材料からなる焼結成形体であって、前記正方晶相が、化学的に安定しておりかつ化学的安定剤として希土類の酸化物を含有している、前記酸化ジルコニウム材料および当該材料からなる焼結成形体に関する。
To top