生物学的流体分離デバイスならびに生物学的流体分離および検査システム

著者らは特許

A61B5/00 - 診断のための検出,測定または記録(放射線診断A61B6/00;超音波,音波または亜音波による診断のための測定A61B8/00);個体の識別
A61B5/15 - 血液試料を採取するための装置(皮下注射器A61M5/178)
A61B5/151 - 毛細管血のサンプル採取に特に適しているもの,例.ランセットによるもの
A61B5/157 - 血液特性を測定するための手段と結合されたことに特徴があるもの
A61M1/34 - 膜を通過させることによる血液からの物質の濾過,すなわち血液濾過,透析濾過
B01L - 一般的に使用される化学または物理研究装置(医学および薬学用装置A61;工業用装置,または工業用装置に類似する構造および性能を有する研究装置は,工業用装置の関連するサブクラス,特にB01およびC12を参照;分離または蒸留装置B01D;混合または攪拌装置B01F;アトマイザーB05B;ふるいB07B;栓B65D;一般的な液体の取扱いB67;真空ポンプF04;サイホンF04F10/00;タップ,止めコックF16K;管,管継手F16L;材料の調査または分析に特に適した装置G01,特にG01N;電気的または光学的装置はGおよびHセクションにおける関連したクラスを参照)
B01L3/00 - 実験用容器または実験用皿,例.実験用ガラス器具(ビンB65D;酵素学または微生物学のための装置C12M1/00);点滴器(容積測定用容器G01F)
B04B7/08 - 回転容器
G01N1/28 - 調査用標本の調製(顕微鏡のスライドへの標本の取付けG02B21/34;電子顕微鏡で分析すべき対象または試料の保持手段H01J37/20)
G01N1/34 - 精製;清浄
G01N1/40 - 試料の濃縮
G01N33/49 - 血液

の所有者の特許 JP2016517734:

ベクトン・ディキンソン・アンド・カンパニーBecton, Dickinson And Company

 

多成分血液サンプルを受け入れるように構成された血液分離デバイスが開示される。血液サンプルを採取した後、血液分離デバイスは、血漿部分を細胞部分から分離することができる。分離した後、血液分離デバイスは、血液サンプルの血漿部分をポイントオブケア検査デバイスに移送することができる。血液分離デバイスはまた、血液サンプルの露出を減少させかつ血液サンプルとサンプル安定剤との高速の混合を提供する、閉鎖されたサンプリングおよび移送システムを提供する。血液分離デバイスは、血液分離デバイスから血液検査デバイスへの血漿部分の一部分の閉鎖された移送のために、血液検査デバイスと係合可能である。血液検査デバイスは、血漿部分を受け入れて血液サンプルを分析し検査結果を得るように構成されている。

 

 

本開示は一般に、血管アクセスデバイスとともに使用するために構成されたデバイス、組立体、およびシステムに関する。より詳細には、本開示は、ポイントオブケア検査(point-of-care testing)で使用するための生物学的サンプルを採取するために構成されたデバイス、組立体、およびシステムに関する。
血液サンプリングは、患者から少なくとも血液の滴を引き抜くことを伴う一般的な医療処置である。血液サンプルは一般に、フィンガースティック(finger stick)、ヒールスティック(heel stick)、または静脈穿刺により、入院患者、在宅患者、および救急外来患者から採取される。血液サンプルはまた、静脈ラインまたは動脈ラインにより患者から採取され得る。採取されると、血液サンプルは、例えば化学組成、血液学、または凝固を含む医学的に有用な情報を得るために分析され得る。
血液検査は、病気、ミネラル含有量、薬物有効性、および臓器機能などの、患者の生理学的状態および生化学的状態を判定する。血液検査は、臨床検査室内で、または患者の近くでのポイントオブケアにおいて行われ得る。ポイントオブケア血液検査の1つの例は、患者の血糖値の定期検査であり、フィンガースティックを介した血液の抽出、および診断カートリッジ内への機械的な血液の採取を伴う。その後で、診断カートリッジは、血液サンプルを分析し、患者の血糖値の読取り値を臨床医に提供する。血液ガス電解質値、リチウム値、およびイオン化カルシウム値を分析する他のデバイスが利用可能である。いくつかの他のポイントオブケアデバイスは、急性冠症候群(ACS)および深部静脈血栓症/肺塞栓症(DVT/PE)のためのマーカを識別する。
ポイントオブケア検査および診断の急速な発展をよそに、血液サンプリング技法は、依然として比較的変化していない。血液サンプルは、針もしくはカテーテル組立体の近位端に取り付けられた皮下注射針または真空管を使用して引き抜かれることが多い。場合によっては、臨床医は、挿入されたカテーテルを通して患者から血液を引き抜くためにカテーテルに挿入される針および注射器を使用するカテーテル組立体から血液を採取する。これらの処置は、採取された血液サンプルが通常は検査に先立ってそれから引き抜かれる中間デバイスとして、針および真空管を利用する。したがって、これらのプロセスは、血液サンプルの獲得、調製、および検査のプロセスにおいて複数のデバイスを利用する、デバイス集約的なものである。各追加的なデバイスは、検査プロセスの時間およびコストを増大させる。
ポイントオブケア検査デバイスは、血液サンプルを分析のための研究室に送ることを必要とすることなしに、血液サンプルが検査されることを可能にする。したがって、容易で、安全で、再現可能で、かつ正確なプロセスをポイントオブケア検査システムに提供するデバイスを作り出すことが望ましい。
本開示は、細胞部分および血漿部分を有する血液サンプルを受け入れるように構成された、血液分離デバイスなどの生物学的流体分離デバイスを提供する。血液サンプルを採取した後、血液分離デバイスは、血漿部分を細胞部分から分離することができる。分離した後、血液分離デバイスは、血液サンプルの血漿部分をポイントオブケア検査デバイスに移送することができる。本開示の血液分離デバイスはまた、血液サンプルの露出を減少させかつ血液サンプルとサンプル安定剤との高速の混合を提供する、閉鎖されたサンプリングおよび移送システムを提供する。サンプル安定剤は、抗凝固剤、または、例えばRNA、タンパク質検体、もしくは他の要素などの血液内の特定の要素を保護するように設計された物質であり得る。血液分離デバイスは、血液分離デバイスから血液検査デバイスへの血漿部分の一部分の閉鎖された移送のために、血液検査デバイスと係合可能である。血液検査デバイスは、血漿部分を受け入れて血液サンプルを分析し検査結果を得るように構成される。
本開示の血液分離デバイスは、有利には以下のことを可能にする:a)ポイントオブケア検査デバイスへの移送のために全血液をきれいな血漿サンプルに迅速に分離する安全で閉鎖されたシステム、b)フィルタを通して全血液を繰り返し循環させることによって効率的に生成される血漿、c)隔壁を使用可能とされた出口ポートを介してポイントオブケア検査デバイスに安全に移送される分離された血漿、d)全血液を1つの方向において繰り返しフィルタを通過させ、それにより細胞のサンプルからの血漿生成の効率を向上させることにおける使用の容易さを保証するためのポンプおよび逆止め弁の手動操作、e)内蔵血液入口ポートを通して複数の異なる血液採取法から全血液を容易に受け取ることができるシステム、ならびにf)場合により、流体の経路内の赤血球を流れの中央に向けてまたフィルタから離れる方向に集中させてフィルタにおける血漿分離の効率をさらに高めるために使用される音響集中化要素。
従来のシステムに優る本開示の血液分離デバイスならびに生物学的流体分離および検査システムの他の利点のうちのいくつかは、それが血液サンプル露出を減少させる閉鎖されたシステムであること、それが血液サンプルとサンプル安定剤との受動的で高速の混合を提供すること、それが血液サンプルを分離デバイスに移送することなしに血液サンプルの分離を促進すること、および、それが純粋な血漿をポイントオブケア検査デバイスに移送できることである。本開示の血液分離デバイスは、遠心分離を含まない閉鎖されたシステムでの統合された血液採取および血漿作成を可能にする。臨床医は、血液サンプルを採取および分離し、次いで、さらなる操作なしに、ただちに血漿部分をポイントオブケア検査デバイスに移送することができる。これは、血液への露出なしに、ポイントオブケア検査デバイスへの血漿の採取および移送を可能にする。さらに、本開示の血液分離デバイスは、外部の機器類を含まずに血液分離デバイス内で血液を処理することにより、処理時間を最小限に抑える。さらに、少量の血液のみを必要とする検査の場合、それは、真空管を用いた血液採取および血漿分離に関連した廃棄物をなくす。
本発明の実施形態によれば、多成分血液サンプルを受け入れるように構成された生物学的流体分離デバイスが、入口ポート、流れチャネル、および出口ポートを有するハウジングを含み、入口ポートおよび出口ポートは、流れチャネルを介して流体連通している。デバイスはまた、入口ポートと出口ポートとの間で流れチャネル内に配置されたフィルタと、入口ポートとフィルタとの間で流れチャネル内に画定された第1の貯槽と、フィルタと出口ポートとの間で流れチャネル内に画定された第2の貯槽とを含む。フィルタは、第1の貯槽内の多成分血液サンプルの第1の部分を捕捉するように、また、多成分血液サンプルの第2の部分がフィルタを通って第2の貯槽内に進むことを可能にするように構成される。
特定の構成では、多成分血液サンプルの第1の部分は、細胞部分であり、多成分血液サンプルの第2の部分は、血漿部分である。他の構成では、入口ポートは、血液採取デバイスへの接続を介して血液サンプルを受け入れるように構成される。さらに他の構成では、フィルタは、接線流フィルタを含む。接線流フィルタは、交差流濾過を利用して第1の部分を第2の部分から分離し得る。デバイスはまた、ハウジング内に配置された音響集中要素を含み得る。
場合により、出口ポートは、出口ポートを介した第2の貯槽からポイントオブケア検査デバイスへの第2の部分の少なくとも一部分の閉鎖された移送のために、ポイントオブケア検査デバイスに接続するように構成される。デバイスはまた、流れチャネル内に配置された一方向弁を含み得る。他の構成では、デバイスはまた、流れチャネル内に受け入れられた多成分血液サンプルを一方向弁を通して前進させるために、流れチャネルと流体連通しているポンプを含む。さらに他の構成では、出口ポートは、閉鎖された位置と開いた位置との間で移行可能な隔壁を含む。
本発明の別の実施形態によれば、多成分血液サンプルを分離するための生物学的流体分離システムが、血液サンプルを受け入れるように構成された血液分離デバイスを含む。血液分離デバイスは、入口ポート、流れチャネル、および出口ポートを有するハウジングを含み、入口ポートおよび出口ポートは、流れチャネルを介して流体連通している。血液分離デバイスはまた、入口ポートと出口ポートとの間で流れチャネル内に配置されたフィルタと、入口ポートとフィルタとの間で流れチャネル内に画定された第1の貯槽と、フィルタと出口ポートとの間で流れチャネル内に画定された第2の貯槽とを含む。フィルタは、第1の貯槽内の多成分血液サンプルの第1の部分を捕捉しかつ多成分血液サンプルの第2の部分がフィルタを通って第2の貯槽内に進むことを可能にするように構成される。システムはまた、出口ポートを介した第2の貯槽から血液検査デバイスへの第2の部分の少なくとも一部分の閉鎖された移送のために、血液分離デバイスの出口ポートと係合可能な受入ポートを有する血液検査デバイスを含む。
特定の構成では、多成分血液サンプルの第1の部分は、細胞部分であり、多成分血液サンプルの第2の部分は、血漿部分である。場合により、血液検査デバイスは、ポイントオブケア検査デバイスを含む。特定の構成では、フィルタは、接線流フィルタを含む。接線流フィルタは、交差流濾過を利用して血漿部分を細胞部分から分離し得る。
なおもさらなる構成では、システムは、ハウジング内に配置された音響集中要素を含む。入口ポートは、血液採取デバイスへの接続を介して血液サンプルを受け入れるように構成され得る。分離システムはまた、流れチャネル内に配置された一方向弁を含み得る。なおもさらなる構成では、システムは、流れチャネル内に受け入れられた血液サンプルを一方向弁を通して前進させるために、流れチャネルと流体連通しているポンプを含む。出口ポートは、閉鎖された位置と開いた位置との間で移行可能な隔壁を含み得る。
添付の図面と併せ以下の本開示の実施形態の説明を参照することにより、本開示の上述された特徴および利点ならびに他の特徴および利点、ならびにそれらを実現する態様がより明らかになるであろうし、本開示自体もよりよく理解されるであろう。
本発明の実施形態による生物学的流体分離デバイスの斜視図である。 本発明の実施形態による生物学的流体分離デバイスの第2の斜視図である。 本発明の実施形態による生物学的流体分離デバイスの上面図である。 生物学的流体採取デバイスが生物学的流体分離デバイスに取り付けられた、本発明の実施形態による生物学的流体分離デバイスの斜視図である。 本発明の実施形態による生物学的流体分離デバイスおよびポイントオブケア検査デバイスの斜視図である。 フィルタが血液サンプルの血漿部分を血液サンプルの細胞部分から分離している、本発明の実施形態による生物学的流体分離デバイスのフィルタの断面図である。 隔壁が閉鎖された位置にある、本発明の実施形態による生物学的流体分離デバイスの隔壁の断面図である。 隔壁が開いた位置にある、本発明の実施形態による生物学的流体分離デバイスの隔壁の断面図である。
いくつかの図を通して、対応する参照文字は、対応する部品を示す。本明細書に提示された例示は、本開示の例示的な実施形態を示すものであり、そのような例示は、いかなる態様によっても本開示の範囲を限定するものと解釈されるべきではない。
以下の説明は、本発明を実施するために企図された説明される実施形態を当業者が作製および使用することを可能とするために提供される。しかし、種々の修正、均等物、変形、および代替は、当業者には依然として容易に明らかであろう。あらゆるそのような修正、変形、均等物、および代替は、本発明の趣旨および範囲に入るように意図されている。
以下の説明において、「上方」、「下方」、「右」、「左」、「垂直方向」、「水平方向」、「上部」、「底部」、「横方向」、「長手方向」という用語、およびそれらの派生語は、それが図面において配向されたときに本発明に関するものとする。しかし、本発明は、そうでないと明白に指定されている場合を除いて代替的な変形およびステップ順序をとり得ることが、理解されるべきである。添付された図面に示されまた以下の明細書で説明される特定のデバイスおよびプロセスは単に本発明の例示的な実施形態であることも、理解されるべきである。したがって、本明細書において開示される実施形態に関連する特定の寸法および他の物理的な特性は、限定的なものとして見なされるべきではない。
種々のポイントオブケア検査デバイスが、当技術分野で知られている。そのようなポイントオブケア検査デバイスは、検査および分析のための検査紙、スライドガラス、診断カートリッジ、または他の検査デバイスを含む。検査紙、スライドガラス、および診断カートリッジは、血液サンプルを受け入れてその血液で1または複数の生理学的状態および生化学的状態を検査するポイントオブケア検査デバイスである。分析のための検査室にサンプルを送る必要なしに臨床で非常に少量の血液を分析するためのカートリッジに基づいたアーキテクチャを使用する多くのポイントオブケアデバイスが存在する。これは、結果を得るにあたって長期的には時間を節約するが、非常に決まり切った検査室環境に対して他の難題を作り出す。そのような検査カートリッジの例は、Abbot group of companiesからのi−STAT(登録商標)検査カートリッジを含む。i−STAT(登録商標)カートリッジなどの検査カートリッジは、化学薬品および電解質の存在、血液学、血液ガス濃度、凝固、または心臓マーカを含む、様々な状態の検査に使用され得る。そのようなカートリッジを使用した検査の結果は、迅速に臨床医に提供される。
しかし、そのようなポイントオブケア検査カートリッジに提供されるサンプルは、現在のところ開いたシステムを用いて手動で採取されて、サンプル採取および検査プロセスの繰り返しにつながる一貫性のない結果またはカートリッジの不具合をもたらすことが多い手動での態様でポイントオブケア検査カートリッジに移送され、したがって、ポイントオブケア検査デバイスの利点を打ち消す。したがって、より安全で、再現可能で、より正確な結果を提供するポイントオブケア検査デバイスにサンプルを採取および移送するためのシステムの必要性が存在する。したがって、本開示のポイントオブケア採取および移送システムが以下に説明される。本開示のシステムは、1)より閉鎖されたタイプのサンプリングおよび移送システムを組み込むこと、2)サンプルの開放露出を最小限に抑えること、3)サンプル品質を向上させること、4)全体的な使用の容易さを向上させること、および5)採取の位置でサンプルを分離することにより、ポイントオブケア検査デバイスの信頼性を高める。
図1〜4および6は、本開示の例示的な実施形態を示す。図1〜4を参照すると、本開示の生物学的流体分離および移送デバイスまたは血液分離デバイス10が、細胞部分14および血漿部分16を有する血液サンプル12を受け入れるように構成されている。血液サンプル12を採取した後、血液分離デバイス10は、血漿部分16を細胞部分14から分離することができる。分離した後、血液分離デバイス10は、血液サンプル12の血漿部分16をポイントオブケア検査デバイスに移送することができる。本開示の血液分離デバイス10はまた、血液サンプルの露出を減少させかつ血液サンプルとサンプル安定剤との高速の混合を提供する、閉鎖されたサンプリングおよび移送システムを提供する。
図5は、本開示の例示的な実施形態を示す。図5を参照すると、血液分離および検査システムなどの本開示の生物学的流体分離および検査システム20が、血液分離デバイス10と、血液分離デバイス10から血液検査デバイス22への血漿部分16(図6)の一部分の閉鎖された移送のために血液分離デバイス10と係合可能な血液検査デバイスまたはポイントオブケア検査デバイス22とを含む。血液検査デバイス22は、血漿部分16を受け入れて血液サンプルを分析し検査結果を得るように構成されている。
従来のシステムに優る本開示の血液分離デバイスならびに血液分離および検査システムの利点のうちのいくつかは、それが血液サンプル露出を減少させる閉鎖されたシステムであること、それが血液サンプルとサンプル安定剤との受動的で高速の混合を提供すること、それが血液サンプルを分離デバイスに移送することなしに血液サンプルの分離を促進すること、および、それが純粋な血漿をポイントオブケア検査デバイスに移送できることである。本開示の血液分離デバイスは、遠心分離を含まない閉鎖されたシステムでの統合された血液採取および血漿作成を可能にする。臨床医は、血液サンプルを採取および分離し、次いでさらなる操作なしに、ただちに血漿部分をポイントオブケア検査デバイスに移送することができる。これは、血液への露出なしに、ポイントオブケア検査デバイスへの血漿の採取および移送を可能にする。さらに、本開示の血液分離デバイスは、外部の機器類を含まずに血液分離デバイス内で血液を処理することにより、処理時間を最小限に抑える。さらに、少量の血液のみを必要とする検査の場合、それは、真空管を用いた血液採取および血漿分離に関連した廃棄物をなくす。
図1〜4および6を参照すると、血液分離デバイス10が、上方部分32および下方部分34を有するハウジングまたはカートリッジ30を一般に含む。上方部分32および下方部分34は、上方部分32と下方部分34との間の著しい相対運動が防止されるように一緒に固定される。1つの実施形態では、上方部分32および下方部分34は、超音波によって互いに溶接される。他の実施形態では、同様の接続機構が使用され得る。上方部分32および下方部分34は、それらの間に流れチャネル36を画定する。血液分離デバイス10のハウジング30は、その中に血液サンプル12を受け入れるように構成される。血液サンプル12は、細胞部分14および血漿部分16を含み得る。
血液分離デバイス10のハウジング30は、入口ポート40、流れチャネル36を介して入口ポート40と流体連通している出口ポート42、入口ポート40と出口ポート42との間で流れチャネル36内に配置されたフィルタ44、入口ポート40とフィルタ44との間でハウジング30内に配置されかつ流れチャネル36と流体連通している球状血液貯槽45、入口ポート40とフィルタ44との間でハウジング30内に配置されかつ流れチャネル36と流体連通している第1の貯槽46、ならびにフィルタ44と出口ポート42との間でハウジング30内に配置されかつ流れチャネル36と流体連通している第2の貯槽または出口貯槽48を含む。
図4を参照すると、入口ポート40は、血液分離デバイス10内への血液サンプル12の採取を可能とするために血液採取セットまたは血液採取デバイス100に接続されるように構成されている。入口ポート40は、針組立体またはIV接続組立体などの別体のデバイスと係合するためのサイズおよび構成となされることができ、したがって、従来知られているそのような係合のための機構を含むことができる。例えば、1つの実施形態では、入口ポート40は、それと一緒に付着するために、そのような別体のデバイスの任意の別体のルアー嵌合構成要素と係合するためのルアーロックまたはルアーチップを含み得る。例えば、図4を参照すると、血液採取セット100は、血液分離デバイス10の入口ポート40と係合するためのルアー構成要素102を含み得る。このようにして、入口ポート40は、血液分離デバイス10内への血液サンプルの採取のための血液採取セット100に接続可能となる。加えて、入口ポート40と血液採取セット100との間の係合をロックするための機構も提供され得る。そのようなルアー接続機構およびルアーロッキング機構は、当技術分野でよく知られている。血液採取セット100は、針組立体、IV接続組立体、PICCライン、動脈内留置ライン、または同様の血液採取手段を含み得る。
図1〜4を参照すると、入口ポート40は、流れチャネル36を介して第1の貯槽46と流体連通している。入口ポート40はまた、閉鎖された位置と開いた位置との間で移行可能な再封可能な隔壁を含み得る。隔壁が開いた位置にある場合、血液サンプル12が入口ポート40を通って第1の貯槽46へ流れることができる。
図6を参照すると、第1の貯槽46は、血液サンプル12の細胞部分14が第1の貯槽46内に収容され、また、血液サンプル12の血漿部分16が以下で論じられるようにフィルタ44を通って第2の貯槽または出口貯槽48へ進むことにより第1の貯槽46から出ることができるように、密封される。血液サンプル12の血漿部分16のみが、フィルタ44を通過することができる。
血液分離デバイス10のハウジング30はまた、音響集中要素50、ポンプ52、逆止め弁または一方向弁54、および出口ポート42における弁または隔壁86(図7および8)を含み得る。出口ポート42は、以下でより詳細に説明されるように、出口ポート42を介した血液分離デバイス10からポイントオブケア検査デバイス22への血漿部分16の一部分の閉鎖された移送のために、ポイントオブケア検査デバイス22に接続するように構成されている。図6を参照すると、出口ポート42は、第2の貯槽または出口貯槽48と流体連通している。出口ポート42における弁または隔壁86は、閉鎖された位置と開いた位置との間で移行可能である。弁または隔壁86が開いた位置(図8)にある場合、血液サンプル12の血漿部分16は、出口ポート42を通って血液検査デバイスまたはポイントオブケア検査デバイス22(図5)へ流れることができる。
1つの実施形態では、音響集中要素50は、ハウジング30内に配置され、かつ、音響波によって作り出される静圧極小および静圧極大により血液細胞を膜から離れる方向に集中させて、向上された分離効率をもたらす。音響集中要素50は、フィルタ44を通過するに先立って、赤血球を流れチャネル36およびフィルタ44の中央に集中させることができる。1つの実施形態では、ハウジング30は、血液を流れチャネル36内で1つの方向に手動で移動させるために、ポンプ52および一方向弁または逆止め弁54を含み得る。1つの実施形態では、流れチャネル36内に配置された2以上の逆止め弁54が存在し得る。1つの実施形態では、ポンプ52は、流れチャネル36内に受け入れられた血液サンプル12を弁54を通して前進させるために、流れチャネル36と流体連通している。
1つの実施形態では、流れチャネル36の一部分または入口ポート40はまた、サンプル安定剤の層を含み得る。サンプル安定剤は、抗凝固剤、または、例えばRNA、タンパク質検体、もしくは他の要素などの血液内の特定の要素を保護するように設計された物質であり得る。1つの実施形態では、サンプル安定剤の層は、フィルタ44上に配置され得る。他の実施形態では、サンプル安定剤の層は、入口ポート40とフィルタ44との間のどこにでも配置され得る。このようにして、血液サンプル12が入口ポート40を通って第1の貯槽46に流入するにつれて、血液分離デバイス10は、血液サンプル12とサンプル安定剤との受動的で高速の混合を提供する。
血液分離デバイス10のハウジング30は、図6に示されるように、第1の貯槽46と第2の貯槽48との間に配置されたフィルタ44を含む。フィルタ44は、図6に示されるように、第1の貯槽46内の血液サンプル12の細胞部分14を捕捉しかつ血液サンプル12の血漿部分16がフィルタ44を通って第2の貯槽48へ移ることを可能とするように構成される。1つの実施形態では、フィルタ44は、接線流フィルタを含む。接線流フィルタは、交差流濾過を利用して血漿部分16を細胞部分14から分離し得る。
1つの実施形態では、フィルタ44は、中空繊維膜フィルタか、またはトラックエッジフィルタ(track-edge filter)などの平膜フィルタであり得る。膜フィルタ細孔径および孔隙率は、きれいな(すなわち、赤血球を含まず、白血球を含まず、かつ/または血小板を含まない)血漿の効率的な態様での分離を最適化するように選択され得る。別の実施形態では、フィルタ44は、横方向流れ膜を含む。他の実施形態では、フィルタ44は、第1の貯槽46内の血液サンプル12の細胞部分14を捕捉しかつ血液サンプル12の血漿部分16がフィルタ44を通って第2の貯槽48に移ることを可能にすることができる任意のフィルタを含み得る。
図5を参照すると、血液検査デバイスまたはポイントオブケア検査デバイス22が、血液分離デバイス10の出口ポート42を受け入れるように構成された受入ポート24を含む。血液検査デバイス22は、血液分離デバイス10から血液検査デバイス22への血漿部分16(図6)の一部分の閉鎖された移送のために、血液分離デバイス10の出口ポート42を受け入れるように構成されている。血液検査デバイス22は、血漿部分16を受け入れて血液サンプルを分析し検査結果を得るように構成されている。
上で論じたように、血液分離デバイス10の出口ポート42は、閉鎖された位置と開いた位置との間で移行可能な弁または隔壁86を含み得る。弁または隔壁86が開いた位置(図8)にある場合、血液サンプル12の血漿部分16は、出口ポート42を通って血液検査デバイスまたはポイントオブケア検査デバイス22(図5)へ流れることができる。
1つの実施形態では、図7および8を参照すると、弁86は、移送チャネル90、蛇腹または変形可能な壁部材92、ならびに第1のバリア壁96および第2のバリア壁98を有する隔壁またはバリア94を一般に含み得る。図7を参照すると、弁86は、閉鎖された位置にあって、血液サンプル12の血漿部分16が出口ポート42を通って流れるのを防止する。このようにして、血漿部分16は、血液分離デバイス10内に密封される。図8を参照すると、弁86は開いた位置にあり、したがって、血液サンプル12の血漿部分16は、出口ポート42を通って血液検査デバイスまたはポイントオブケア検査デバイス22(図5)へ流れることができる。
図7を参照すると、血漿部分16が血液分離デバイス10の出口貯槽48内に受け入れられると(図6)、次いで血液分離デバイス10の出口ポート42は、ポイントオブケア検査デバイス22の受入ポート24上に位置決めされる。図8に示されるように、矢印Bの方向に押し下げることが、変形可能な壁部材92を圧迫して、隔壁94の第1のバリア壁96および第2のバリア壁98を開ける。弁86が開いた位置にある場合、血液サンプル12の血漿部分16は、臨床医および患者への露出を減少させる閉鎖された態様で受入ポート24を通ってポイントオブケア検査デバイス22へ流れることが可能とされる。
血液分離デバイス10の弁86は、出口ポート42がポイントオブケア検査デバイス22の受入ポート24に押し付けられたときにのみ開く。これは、分離された血漿部分16をポイントオブケア検査デバイス22の受入ポート24内へ直接放出し、したがって、患者の血液への不要な露出を軽減する。
図1〜6を参照すると、本開示の血液分離デバイスならびに血液分離および検査システムの使用がここで説明される。図4を参照すると、血液分離デバイス10の入口ポート40は、上記で論じられたように血液分離デバイス10内への血液サンプル12の採取を可能とするために、血液採取セット100に接続されるように構成されている。血液採取セット100が患者に接続されて、入口ポート40の再封可能な隔壁が開いた位置にあると、血液は、1つの方向への血液サンプル12の流れを可能にするポンプ52により、血液採取セット100から入口ポート40を通り、流れチャネル36を介して第1の貯槽46へ流れ始める。血液サンプル12が血液分離デバイス10をゆっくりと満たすにつれて、それはサンプル安定剤の層上に採取されかつ安定化される。図6を参照すると、次いで血液サンプル12の血漿部分16は、フィルタ44を通って流れることができ、したがって、血漿部分16は細胞部分14から分離される。血漿部分16は、フィルタ44を通って第2の貯槽または出口貯槽48内に移る。
血液分離デバイス10を血液採取セット100または他の血液採取ラインから取り外した後、血液分離デバイス10は、血液検査デバイス22と係合され得る。図5を参照すると、次いで臨床医は、弁86(図8)を開くために、また、採取された血漿部分16をポイントオブケア検査デバイス22に移送するために、出口ポート42を矢印Aの方向においてポイントオブケア検査デバイス22の受入ポート24に押し付けることができる。血液検査デバイス22は、血液分離デバイス10から血液検査デバイス22への血漿部分16の一部分の閉鎖された移送のために、血液分離デバイス10の出口ポート42を受け入れるように構成されている。血液検査デバイス22は、血漿部分16を受け入れて血液サンプルを分析し検査結果を得るように構成されている。
血液分離デバイス10は、有利には以下のことを可能にする:a)ポイントオブケア検査デバイス22への移送のために細胞部分を含む全血液サンプルをきれいな血漿サンプルに迅速に分離する安全で閉鎖されたシステム、b)フィルタ44を通して細胞部分を繰り返し循環させることによって効率的に生成される血漿、c)隔壁を使用可能とされた出口ポート42を介してポイントオブケア検査デバイス22に安全に移送される分離された血漿、d)細胞部分を含む全血液サンプルを1つの方向において繰り返しフィルタ44を通過させ、それにより全血液サンプルからの血漿作成の効率を向上させることにおける使用の容易さを保証するためのポンプ52および逆止め弁54の手動操作、e)内蔵血液入口ポート40を通して複数の異なる血液採取法から細胞部分を容易に受け取ることができるシステム、ならびにf)場合により、流体の経路内の赤血球を流れの中央に向けてまたフィルタ44から離れる方向に集中させてフィルタ44における血漿分離の効率をさらに高めるために使用される音響集中化要素50。
従来のシステムに優る本開示の血液分離デバイスならびに血液分離および検査システムの他の利点のうちのいくつかは、それが血液サンプル露出を減少させる閉鎖されたシステムであること、それが血液サンプルとサンプル安定剤との受動的で高速の混合を提供すること、それが血液サンプルを分離デバイスに移送することなしに血液サンプルの分離を促進すること、および、それが純粋な血漿をポイントオブケア検査デバイス22に移送できることである。本開示の血液分離デバイスは、遠心分離を含まない閉鎖されたシステムでの統合された血液採取および血漿作成を可能にする。臨床医は、血液サンプルを採取および分離し、次いでさらなる操作なしに、ただちに血漿部分をポイントオブケア検査デバイス22に移送することができる。これは、血液への露出なしに、ポイントオブケア検査デバイス22への血漿の採取および移送を可能にする。加えて、本開示の血液分離デバイスは、外部の機器類を含まずに血液分離デバイス内で血液を処理することにより、処理時間を最小限に抑える。さらに、少量の血液のみを必要とする検査の場合、それは、真空管を用いた血液採取および血漿分離に関連した廃棄物をなくす。
本開示は例示的な設計を有するものとして説明されてきたが、本開示は、本開示の趣旨および範囲内でさらに修正され得る。したがって、本出願は、その一般的原理を使用する本開示のいかなる変形、使用、または翻案をも含むように意図されている。さらに、本出願は、本開示が関係しまた添付された特許請求の範囲の限界に入る、当技術分野において知られた実施または慣例的な実践の範囲内である本開示からのそのような逸脱を含むように意図されている。



  1. 多成分血液サンプルを受け入れるように構成された生物学的流体分離デバイスであって、
    入口ポート、流れチャネル、および出口ポートを有し、前記入口ポートおよび前記出口ポートが前記流れチャネルを介して流体連通しているハウジングと、
    前記入口ポートと前記出口ポートとの間で前記流れチャネル内に配置されたフィルタと、
    前記入口ポートと前記フィルタとの間で前記流れチャネル内に画定された第1の貯槽と、
    前記フィルタと前記出口ポートとの間で前記流れチャネル内に画定された第2の貯槽と
    を備え、
    前記フィルタは、前記第1の貯槽内の前記多成分血液サンプルの第1の部分を捕捉するように、また、前記多成分血液サンプルの第2の部分が前記フィルタを通って前記第2の貯槽内に移ることを可能とするように構成されていることを特徴とする生物学的流体分離デバイス。

  2. 前記多成分血液サンプルの前記第1の部分は、細胞部分であり、前記多成分血液サンプルの前記第2の部分は、血漿部分であることを特徴とする請求項1に記載の生物学的流体分離デバイス。

  3. 前記入口ポートは、血液採取デバイスへの接続を介して前記血液サンプルを受け入れるように構成されていることを特徴とする請求項1に記載の生物学的流体分離デバイス。

  4. 前記フィルタは、接線流フィルタを含むことを特徴とする請求項1に記載の生物学的流体分離デバイス。

  5. 前記接線流フィルタは、交差流濾過を利用して前記第1の部分を前記第2の部分から分離することを特徴とする請求項4に記載の生物学的流体分離デバイス。

  6. 前記ハウジング内に配置された音響集中要素をさらに備えることを特徴とする請求項4に記載の生物学的流体分離デバイス。

  7. 前記出口ポートは、前記出口ポートを介した前記第2の貯槽から前記ポイントオブケア検査デバイスへの前記第2の部分の少なくとも一部分の閉鎖された移送のために、ポイントオブケア検査デバイスに接続するように構成されていることを特徴とする請求項1に記載の生物学的流体分離デバイス。

  8. 前記流れチャネル内に配置された一方向弁をさらに備えることを特徴とする請求項1に記載の生物学的流体分離デバイス。

  9. 前記流れチャネル内に受け入れられた前記多成分血液サンプルを前記一方向弁を通して前進させるために、前記流れチャネルと流体連通しているポンプをさらに備えることを特徴とする請求項8に記載の生物学的流体分離デバイス。

  10. 前記出口ポートは、閉鎖された位置と開いた位置との間で移行可能な隔壁を含むことを特徴とする請求項1に記載の生物学的流体分離デバイス。

  11. 多成分血液サンプルを分離するための生物学的流体分離システムであって、
    血液サンプルを受け入れるように構成された生物学的流体分離デバイスであって、
    入口ポート、流れチャネル、および出口ポートを有し、前記入口ポートおよび前記出口ポートが前記流れチャネルを介して流体連通しているハウジング、
    前記入口ポートと前記出口ポートとの間で前記流れチャネル内に配置されたフィルタ、
    前記入口ポートと前記フィルタとの間で前記流れチャネル内に画定された第1の貯槽、ならびに
    前記フィルタと前記出口ポートとの間で前記流れチャネル内に画定された第2の貯槽
    を備え
    前記フィルタは、前記第1の貯槽内の前記多成分血液サンプルの第1の部分を捕捉しかつ前記多成分血液サンプルの第2の部分が前記フィルタを通って前記第2の貯槽内に移ることを可能とするように構成されている生物学的流体分離デバイスと、
    前記出口ポートを介した前記第2の貯槽から血液検査デバイスへの前記第2の部分の少なくとも一部分の閉鎖された移送のために、前記血液分離デバイスの前記出口ポートと係合可能な受入ポートを有する血液検査デバイスと
    を備えることを特徴とする生物学的流体分離システム。

  12. 前記多成分血液サンプルの前記第1の部分は、細胞部分であり、前記多成分血液サンプルの前記第2の部分は、血漿部分であることを特徴とする請求項11に記載の生物学的流体分離システム。

  13. 前記血液検査デバイスは、ポイントオブケア検査デバイスを含むことを特徴とする請求項11に記載の生物学的流体分離システム。

  14. 前記フィルタは、接線流フィルタを含むことを特徴とする請求項11に記載の生物学的流体分離システム。

  15. 前記接線流フィルタは、交差流濾過を利用して前記第2の部分を前記第1の部分から分離することを特徴とする請求項14に記載の生物学的流体分離システム。

  16. 前記ハウジング内に配置された音響集中要素をさらに備えることを特徴とする請求項11に記載の生物学的流体分離システム。

  17. 前記入口ポートは、生物学的流体採取デバイスへの接続を介して前記血液サンプルを受け入れるように構成されていることを特徴とする請求項11に記載の生物学的流体分離システム。

  18. 前記流れチャネル内に配置された一方向弁をさらに備えることを特徴とする請求項11に記載の生物学的流体分離システム。

  19. 前記流れチャネル内に受け入れられた前記血液サンプルを前記一方向弁を通して前進させるために、前記流れチャネルと流体連通しているポンプをさらに備えることを特徴とする請求項18に記載の生物学的流体分離システム。

  20. 前記出口ポートは、閉鎖された位置と開いた位置との間で移行可能な隔壁を含むことを特徴とする請求項11に記載の生物学的流体分離システム。

 

 

Patent trol of patentswamp
類似の特許
多成分血液サンプルを受け入れるように構成された生物学的流体サンプリング移送デバイスが開示される。血液サンプルを採取した後、生物学的流体サンプリング移送デバイスは、血漿部分を細胞部分から分離することができる。分離した後、生物学的流体サンプリング移送デバイスは、血液サンプルの血漿部分をポイントオブケア検査デバイスに移送することができる。生物学的流体サンプリング移送デバイスはまた、血液サンプルの露出を減少させかつ血液サンプルとサンプル安定剤との高速の混合を提供する、閉鎖されたサンプリングおよび移送システムを提供する。生物学的流体サンプリング移送デバイスは、生物学的流体サンプリング移送デバイスから血液検査デバイスへの血漿部分の一部分の閉鎖された移送のために、血液検査デバイスと係合可能である。血液検査デバイスは、血漿部分を受け入れて血液サンプルを分析し、検査結果を得るように構成される。
多成分血液サンプルを受け入れるように適合した生体液分離装置が開示される。血液サンプルを採取した後、生体液分離装置は細胞成分から血漿成分を分離できる。分離後、生体液分離装置は、血液サンプルの血漿成分をポイントオブケア検査装置へ移送できる。本開示の生体液分離装置は、血液サンプルの曝露を減少させサンプル安定剤と血液サンプルの迅速な混合を提供する、閉鎖分離および移送システムを提供する。生体液分離装置は、生体液分離装置から血液検査装置への血漿成分の一部の閉鎖移送のために血液検査装置と係合可能である。血液検査装置は、血液サンプルを分析して検査結果を取得するために血漿成分を受け入れるように適合している。
硫化水素検出装置 // JP2016514839
所与のサンプル中の硫化水素種の濃度を測定する硫化水素(HS)検出装置が、開示される。硫化水素検出装置は、HS浸透性膜によって、複数のトラップチャンバから分離される、複数の反応チャンバを備えることができ、反応チャンバおよびトラップチャンバはそれぞれ、サンプルからの硫化水素の選択的単体分離およびトラップを可能にするために、流入サンプルを特定のpHおよび化学環境に暴露する、緩衝液成分および/または反応剤を有する。
骨髄濃縮器 // JP2016513583
溶解した赤血球及び溶解剤を含有するBMAなどの複数成分の試料の、所望の成分、例えば、幹細胞を含有する細胞ペレット及び残りの成分への分離のための器具が提供される。本出願は、所望の部分を残りの部分から分離するように構成される分離器と、分離器によって支持され、所望の成分が分離器によって残りの成分から分離された後、複数成分の試料の所望の成分を収集するように構成される収集器と、分離器及び収集器を少なくとも部分的に封入及び支持する筐体と、を含む、デバイスを開示する。
【解決手段】細胞結合性補体活性産物のプロファイリング及びスコアリングは、確定的ループス診断のためのアメリカリウマチ学会(又は同様のもの、例えばSLICC)の基準の少なくとも4つを満たしていない患者を、本明細書がプレループスと称する既にかかっている状態を呈していると分類すべきか否かを判定するための患者に対する診断バイオマーカーとして機能する。
【選択図】図2
複数の試料を受け取り、分析する複数の携帯式読み取り機および使い捨てカートリッジを含む、ポイント・オブ・ケア・センサ・システムが提供される。カートリッジは、1または複数のセンサチャネルで装備され、その各々は、1または複数のセンサを含み得る。試料をカートリッジに提供した後、カートリッジは、読み取り機に挿入され得、読み取り機は、カートリッジと相互作用し、カートリッジ上でのセンシングを実行し、試料中の1または複数の標的の存在および/または数量を示す複数の信号を受信し得る。複数のカートリッジの例としては、心臓パネル、敗血症パネル等が挙げられ得る。いくつかの実施形態において、同一のセンサハードウェアは、異なる時間軸において実行される異なる標的の複数の測定を行うように構成され得る。本明細書において、新規なオン・カートリッジ固体および液体試薬貯蔵、ならびに供給メカニズムも提供される。
本開示は、単一工程において細胞を迅速に染色可能な粒子対比剤組成物を使用する、染色方法に関する。粒子対比剤組成物は、1種以上の粒子対比剤、1種以上の透過剤、及び1種以上の固定剤の組み合わせからなってよい。粒子対比剤組成物は、クリスタルバイオレットと、ニューメチレンブルーと、サポニンと、グルタルアルデヒドと、を含んでよい。上記の様々な自動システムは、サンプルの迅速分析に依存している。染色プロセスの工程数及びその持続時間は、自動粒子分析システムの速度及び効率の律速因子となり得る。
本発明の態様は、血球形態および完全性を維持すると同時に、試料の完全性および光学的透明度を提供して血液試料の光学分析を容易にするために使用することができる、血液学的分析試薬、システム、および方法を含む。いくつかの実施形態において、本試薬は、非リン酸塩有機緩衝剤および球状化界面活性剤を含む。本試薬のpHおよびオスモル濃度を、所望の範囲に調整してもよい。加えて、本試薬は、使用前に脱イオン水で簡単に希釈することができる。
【選択図】図1
本発明は、診断方法の分野に関する。具体的には、本発明は、生物学的サンプルの質を評価する方法であって、サンプル中で表1、1'、2、2'、3、3'、4、5、5'、6、7、及び/又は8からの少なくとも1つのバイオマーカーの量を決定するステップ、及び少なくとも1つのバイオマーカーの前記量を参照と比較するステップであって、それによって前記サンプルの質が評価される、ステップを含む、方法に関する。本発明はまた、前述の方法を実施するためのツール、例えばデバイス及びキットに関する。
【選択図】なし
並列に結合されたバッテリーによって電力供給されるデバイスのための逆バッテリー保護回路は、pチャネル及びnチャネルmosfetを含む。バッテリーで電力供給されるデバイスの各々のプラスバッテリー端子コネクタは、nチャネルmosfetのゲートに、又は、nチャネルmosfetのゲートとpチャネルmosfetのゲートとの両方に、結合される。各々のマイナスバッテリー端子コネクタは、pチャネルmosfetのゲートに接続される。逆バッテリー接続の場合には、保護回路のpチャネル及びnチャネルmosfetが、不正確に取り付けられたバッテリーからデバイスの負荷を隔離し、不正確に取り付けられたバッテリー及び/又は他の並列に結合されたバッテリーが放電するのを防ぐために、非導電状態に切り替わる。負荷は、正しく取り付けられた単一のバッテリーによって電力供給される。逆バッテリー接続から負荷を保護する方法も提供される。
To top