ミッションコンポーネントの評価およびレスポンス構成

著者らは特許

G06Q10/06 - 資源,ワークフロー,人員またはプロジェクト管理,例.組織化,計画,スケジューリング,時間的,人的または物的資源の割り当て;事業計画;組織モデル

の所有者の特許 JP2016528581:

レイセオン カンパニー

 

この明細書は、他のこともある中で、コンテキストアウェア・ミッション・マネージメントの装置と方法を論じる。一例では、システムは、プロセッシングセンターと複数のモバイルデバイスを含み得る。プロセッシングセンターは、1つまたは複数のミッションステージのための1つまたは複数のミッション目標を受けることと、複数のソースから情報を受けることを行うように構成され得、プロセッシングセンターは、情報を1つまたは複数のミッション目標と比較し、1つまたは複数のミッション目標を達成するために役割ベースのタスク情報を提供するよう構成されるデータ・ブローカー・リーズナー(DBR)を含む。複数のモバイルデバイスは、プロセッシングセンターとワイヤレスで通信し、ログイン情報を受け、ログイン情報を用いてプロセッシングセンターに登録し、ログイン情報に関連付けられた役割ベースのタスク情報の一部を表示するように構成され得る。

 

 

関連出願
本願は、2013年7月16日に出願され、その内容が全体において参照によってこの中に組み込まれる、米国特許出願第13/943,065の利益を請求する。
軍事および民事のミッション等のミッションは、ミッションの前およびミッション中に、ハードウェアやソフトウェアといったミッションコンポーネントの精査を必要とする。これらのコンポーネントのいずれかに問題が検出された場合、レスポンスデシジョンが必要とされる。レスポンスデシジョンについてのタイムフレームは変化し得、ミッションに対するコンポーネントの臨界に依存し得る。現在のミッション計画および管理システムは、ステータス情報の変化するレベルを提供するが、頑強な自動化されたレスポンスデシジョンメーキング能力、並びに、システムユーザの間の簡潔で効率の良い方法でミッション情報をやり取りし、および、ミッションフェーズ間の効率の良いミッション情報の遷移する能力に欠ける。
本明細書は、他のこともある中で、コンテキストアウェア・ミッション・マネージメントのための装置と方法とを論じる。一例では、システムは、プロセッシングセンターと複数のモバイルデバイスを含み得る。プロセッシングセンターは、1つまたは複数のミッションステージについて1つまたは複数のミッション目標を受けることと、複数のソースから情報を受けることとを行うように構成され得、プロセッシングセンターは、前記情報を1つまたは複数のミッション目標と比較し、1つまたは複数のミッション目標を達成するための役割ベースのタスク情報を提供するよう構成されるデータ・ブローカー・リーズナー(data broker reasoner:DBR)を含む。複数のモバイルデバイスは、プロセッシングセンターとワイヤレスで交信し、ログイン情報を受け、ログイン情報を用いて、プロセッシングセンターに登録し、ログイン情報に関連付けられた役割ベースのタスク情報の一部を表示するよう構成され得る。
この大要は、本特許出願の主題の概括的な概観を提供することを意図される。発明の排他的または余すところのない説明を提供することを意図されない。詳細な説明が、本特許出願についての更なる情報を提供するために含まれる。
必ずしも縮尺に描かれていない図面において、同様な番号が、異なる図における同様なコンポーネントを記述し得る。異なる文字サフィックスを有する同様な番号は、類似のコンポーネントの異なる例を表し得る。図面は、例としてであって、限定ではなく、本明細書において論じられる種々の実施形態を概略的に示す。
図1は、例示のミッション評価およびレスポンス構成を概略的に示す。 図2は、例示のミッション評価およびレスポンス構成の電子情報のやり取りを概略的に示す。
詳細な説明
図1は、プロセッシングセンター101といくつかのモバイルデバイス102a−102gを含む、例示のミッション評価およびレスポンス構成100を概略的に示す。ある例では、プロセッシングセンター101は、1つまたは複数の予め規定されたミッションのためのミッション情報にアクセスすることができる。ミッションデータは、プロセッシングセンター101に登録され、ミッションデータを与える権限を与えられた1つまたは複数のソースからプロセッシングセンター101に入れられ得る。一例では、ミッション情報は、ミッションデータベース103に入れられ、ミッションデータベース103から引き出される。プロセッシングセンター101は、モバイルデバイス102a−102gに表示情報を提供するために、ミッションデータを用い得る。ある例では、表示情報は、モバイルデバイス102a−102gのユーザに、ミッションを完了することまたは達成することに関係されるミッションまたはタスクを実行することを指示することを意図されたタスク情報を含み得る。ある例において、要員や機器等のアセット(assets)は、1つまたは複数のミッションに割り当てられ得る。ある例では、各ミッションは、複数のステージを含み得、例えば、ステージは、プラニングステージ(planning stage)、プレミッションステージ(pre-mission stage)、ローンチおよびリカバリステージ(launch and recovery stage)、オンミッションステージ(on-mission stage)、ポストミッションステージ(post-mission stage)、メインテナンスステージ(maintenance stage)、アナリシスステージ(analysis stage)等を含み得る。
プロセッシングセンター101が情報を受ける情報ソースは、限定ではないが、専用のデータプロデューサ、コマンドアセット、コマンド要員に関連付けられたモバイルデバイス、および、コマンドデータベースを含み得る。専用のデータプロデューサの例は、限定ではないが、測候所(weather station)105、天気予報センター(weather forecast centers)106、グローバル測位システム(global positioning system)、レーダシステム、通信傍受データベース(communication intercept database)、センサー、カメラ、等を含み得る。コマンドアセットの例は、有人および無人の飛行機(UAV1、UAV2)、地上または陸地ベースの車両107、海上ベースの乗り物、衛星、武器、要員、等を含み得る。コマンドデータベースの例は、対象体を特定するデータベース、コマンドアセットに関連付けられたメインテナンスデータベース、コマンド要員に関連付けられたトレーニングおよびステータスデータベース、ワイヤレスカバレージデータベース、等を含み得る。
ある例において、モバイルデバイス102a−102gの各々は、プロセッシングセンターに登録するよう構成され得る。タブレットコンピュータ等のモバイルデバイス102a−102gは、モバイルデバイス102a−102gをプロセッシングセンターに登録することでユーザを支援する。ある例において、モバイルデバイス102a−102gをプロセッシングセンターに登録する処理は、ユーザに関連付けられたログイン情報を生成し得る。例えば、モバイルデバイスは、ユーザにログイン情報を求め、モバイルデバイスに関連付けられたキーボード、タッチスクリーン、カードリーダ、または、他のセンサーを介してログイン情報を受けることができる。ログイン情報は、限定はされないが、ユーザ名、パスワード、役割、および、ミッションパスコード(mission passcode)を含み得る。いくつかの例では、ログイン情報は、モバイルデバイス102a−102g、または、ユーザによって提供されるユーザ位置情報(geo-location information)で向上され得る。ある例では、ログイン情報は、モバイルデバイスを、ミッションの中の1つまたは複数の役割に関連付けることができる。いくつかの例では、ログイン情報は、ミッション、ミッション目標、または、役割ベースのタスクと関連付けられる利用可能なアセットの表示(indication)をDBRに与えることができる。
ある例において、各モバイルデバイス102a−102gは、1つまたは複数のミッションに関連付けられた1つまたは複数の役割(roles)と関連付けられ得る。役割は、限定はされないが、メカニック、無人航空機(UAV)のパイロット、UAV等の空挺指揮機(UAV)に関連付けられた地上要員、ミッションコマンダー、トラックドライバー、空軍少佐、軍需品主任、等を含む。
プロセッシングセンターは、データ・ブローカー・リーズナー(data broker reasoner: DBR)104と、ミッションデータベース103と、プロセッサと、情報を受けるため、プロセッサとミッションデータベース103を用いて受け取られた情報を処理するため、および、各モバイルデバイス102a−102gにDBRによって生成された役割ベースのタスク情報を送るためのコードを記憶するよう構成されるメモリとを含み得る。ある例では、ミッションデータベース103は、1つまたは複数のミッションのための情報を含み得る。いくつかの例では、ミッションは、いくつかのミッション目標を含み得る。
タイムラインは、各ミッション目標に関連付けられ得る。いくつかの例では、ミッションデータベースは、各ミッションまたはミッション目標に関連付けられたアセットの予め定められたリストを含むことができる。いくつかのミッション目標は、連続的に実行されるようにプログラムされ得る。いくつかのミッション目標は、並列に実行されるようにプログラムされ得る。いくつかのミッション目標のタスクは、他のミッション目標のタスクと絡み合うことができ、ミッション目標は、並列に実行されるよう意図されるいくつかのフェーズ、並びに、他のフェーズ目標のあるタスクの終了時に連続的に実行されることを意図される他のフェーズを有する。
ある例において、DBR104は、ミッション目標またはミッションタイムラインを、コマンド要員によって受け取られた情報、コマンドアセットから受け取られた情報、天候情報、対象体のステータスや位置についての情報、コマンド要員を含むコマンドアセットのステータスや位置の情報、等、1つまたは複数のソースから受け取られた情報と比較する。DBRは、コマンド要員によって受け取られた情報、コマンドアセットから受け取られた情報、天候情報、対象体のステータスや位置についての情報、コマンド要員を含むコマンドアセットステータスと位置の情報、等、1つまたは複数のソースから受け取られた情報に基づいてミッション目標またはミッションタイムラインを調整するために、当該比較を用いることができる。いくつかの例において、DBR104は、役割ベースのタスク情報を生成し、役割ベースのタスク情報の役割に対応するプロセッシングセンターに登録されたモバイルデバイス102a−102gのみに、役割ベースのタスク情報を送り得る。ある例では、DBRは、特定のミッションに関連付けられた役割ベースの情報を含み、特定のモバイルデバイスの役割または位置に関連付けられた役割ベースの情報を通信するために、役割ベースの情報をフィルタすることができ、プロセッシングセンターとモバイルデバイスとの間の通信トラフィックを減らすために、特定のミッションに関連付けられるが、特定のモバイルデバイスの役割または位置と関連付けられない役割ベースの情報を除くことができる。加えて、ユーザの役割に関連のある情報のみを送ることは、ユーザとミッション評価およびレスポンス構成100との間での混乱を減らし、信頼性を上げることに役立ち得る。追加の情報がユーザによって要求される場合、DBR104は、デバイス毎のベースで、モバイルデバイス102a−102gのユーザにとって助けとなり得る追加の情報を提供する。
ミッション目標を調整しまたは管理するDBRの例として、ミッションは、個人、ターゲットアセット、特定のデータ、特定の信号、または、これらの組み合わせ、等の対象体を位置付けし、捕捉し、または、破壊するために、タスキングコマンドアセット(tasking command asset)を含み得る。ミッションが進行するにつれ、コマンドアセットは動作不可になり得る。DBR104は、動作不能なコマンドアセットについての情報を電子的に受けて、動作不能なコマンドアセットを救うかまたは交換するために、他のコマンドアセット(例えば、機器および要員)に仕事を割り当て得る。上述のシナリオは、軍事用設定において、並びに、民事用設定において起こり得る。軍事用設定は、対象体を位置付けることにおいて地上のチームを支援するUAVを必要とする。UAVを含む、ミッションに関連付けられた地上チームのメンバーまたは機器が動作不能になった場合、DBR104は、オペレータの介在を待つことなく、動作不能のアセットを救出または交換するために、他のコマンドアセットに仕事を割り当てる。
民事用設定において、ミッションは、森林火災に対抗し、火事の経路近くに人を位置付けることを含み得る。地上または航空機上の消防士等のコマンドアセットが動作不能になった、または、天候が変化した場合、DBR104は、タスクを調整し得、動作不能になった消防士を回復し、動作不能になった航空機の機能を交換し、および、天候の変化に対応するためにコマンドアセットを位置決めするまたは動かすために、他のコマンドアセットの調整されたタスクをやり取りすることができる。ある例では、ミッションに関連付けられたメカニックは、限定はされないが、無人航空機(UAV2)を含む航空機等の故障あるアセットを診断するため、アセットにモバイルデバイスを通信可能に接続するために、モバイルデバイス102gを用いることができ、修理するために必要なパーツや要員を位置決めし、タイムリーに航空機のミッションを価値のあるものにするために、DBR104を用い得る。例えば、ある例において、メカニックは、動作不能な航空機(UAV2)の写真をとる、または、航空機(UAV2)のコンポーネントを診断するように接続するために、モバイルデバイス102gを用いることができる。そして、DBR104は、パーツを位置付け、動作不能の航空機(UAV2)の修理のためにパーツを手に入れるプロセスを始めるように、ミッションに関連付けられたパーツハブ要員のモバイルデバイス102fにタスク情報を提供するため、写真または診断情報を用い得る。
対象体は、有形体および無形体の両方を含み得ることが理解される。有形の対象体の例は、限定ではないが、人、動物、車両、移動ターゲット、通常の動作フローにおける変化、薬、ビル、道路、橋、機器、または、これらの組み合わせを含み得る。無形の対象体の例は、限定ではないが、グループ、仲間、会社、政府、電子データ、通信信号、データベースにおける1つまたは複数のエントリー、金融上の取引、傍受された通信の内容、または、個人、グループ、会社、または、政府の行動解析、または、それらの組み合わせを含む。
ある例において、DBRは、ステータス情報の様々な断片を受けることができ、ミッション目標への様々な変更、並びに、複数の代替の役割ベースタスクを評価し得る。DBRは、各評価の成功のレベルを関連付け得る。ある例において、より高い成功レベルをもった代替のミッション目標または役割ベースのタスクは、ミッション目標を調整するため、および、調整された役割ベースのタスクを与えるための根拠を与える。ある例では、天候、アセット位置、他のミッション目標のためのアセット再配置、タイムラインインパクト、または、それらの組み合わせ等の要因は、代替のミッション目標またはタスクの成功レベルに影響を与え得る。
ある例では、モバイルデバイス102a−102g上のタスクデータは、必要とされるとき、DBR104のタスクデータから複製され得る。ある例では、DBR104または各モバイルデバイス102a−102gは、モバイルデバイス102a−102gがその上を通信可能であるワイヤレス通信の形式と関連付けられたワイヤレスカバレージマップに対するモバイルデバイス102a−102gの位置を監視し得る。ある例では、ワイヤレスカバレージマップは、マップエリアの中の位置のための送信信号強度の表示を提供し得る。DBR104またはモバイルデバイス102a−102gが、モバイルデバイス102a−102gは低減された通信能力をもったエリアに入りつつあると決定した場合、モバイルデバイス102a−102g上のデータは、ワイヤレスス通信帯域幅の利用可能性と一致したインターバルまたはレートで複製され得る。ある例において、モバイルデバイス102a−102gのための帯域幅利用可能性は動的であり得、限定ではないが、実際のワイヤレスサービスカバレージ、ミッションのステータス、モバイルデバイス102a−102gのログイン情報に関連付けられた役割、ミッションに関連付けられた中途のタスクの優先度、等を含むいくつかのパラメータに基づいて変化し得る。ある例では、DBR104またはモバイルデバイス102a−102gが、例えば、モバイルデバイスの位置または動きがカバレージマップの「不感帯(dead zone)」に一致すると決定することによって等、モバイルデバイスは完全にワイヤレス通信を失ったと決定した場合、モバイルデバイス102a−102gのためのデータは、モバイルデバイス102a−102gに関連付けられたミッションコンテキストに基づいて、DBR104のより完全なデータセットから複製され得る。例えば、UAV等のコマンドアセットが、多分、減少された通信サービスのエリアに入るであろうことが決定された場合、イメージ情報等のより完全なデータセットが、UAVに、または、UAVパイロットまたは地上クルーのモバイルデバイスに複製され得、結果、UAVは、プロセッシングセンターとの通信能力を持つことなく、タイムリーに、1つまたは複数のミッションタスクを達成することができる。ある例では、DBRは、モバイルデバイスまたはアセットの位置と通信カバレージマップ上の位置の中の予想される通信能力との比較に基づいて、モバイルデバイスへの通信を変調できる。
ある例では、DBRは、マップの中の位置に関連付けられたワイヤレス送信強度を提供するワイヤレスカバレージマップを受けることができる。DBRは、1つまたは複数のモバイルデバイスの計画される位置の近くのワイヤレス通信トラフィックを監視することができ、モバイルデバイスの計画された位置をワイヤレスカバレージマップと比較することができる。DBRは、予測されるかまたは感知されるワイヤレス通信トラフィックと前述の比較とに基づいて、プロセッシングセンターとモバイルデバイスとの間の通信プロトコルを変調することができる。ワイヤレス通信トラフィックがトラフィック閾値より上である場合、または、モバイルデバイスの計画される位置がワイヤレスカバレージの不感帯と一致する場合、DBRは、計画されるタスク情報をモバイルデバイスにアップロードし得る。ある例において、計画されるタスク情報は、モバイルデバイスのログイン情報に関連付けられた役割に対応する役割ベースのタスク情報を含む。
図2は、例示のミッション評価およびレスポンス構成200の電子情報のやり取りを概略的に示す。
ある例では、電子情報は、1つまたは複数のミッションデータベース203a−203e、データ・ブローカー・リーズナー(DBR)、1つまたは複数の情報ソース210、211、時にインテリジェントミッションコンソール(intelligent mission console:IMC)と呼ばれるモバイルデバイス202との間でやり取りされ得る。図示の例は、フライトベースのミッションのための情報の流れを示す。ミッションの人手を軽減し、コンテキストアウェアデシジョンと、複数のミッションフェーズへの、および、複数のミッション要員へのデシジョン支援とを提供するために、他のミッションタイプが、図示のミッション評価およびレスポンス構成200を用いることができることが理解される。図示の例において、唯1つのモバイルデバイス202が示されている。ある例では、ミッションは、複数のIMC並びにミッション機器と統合されたユーザインターフェースを含む、複数のモバイルデバイスを含み得る。DBR204は、各ユーザインターフェースとIMCのために、当該デバイスのユーザに関連付けられたログイン情報に基づいて、表示情報212a−212eをフィルタすることができる。ある例では、DBR204は、ミッション203a−203eのステージ、モバイルデバイス202の位置、インターフェースまたは他のディスプレイデバイス、および、ディスプレイデバイスのユーザに関連付けられた役割によって表示情報212a−212eをフィルタすることができる。フィルタがかけられた情報は、モバイルデバイスのユーザが、気を散らしたり混乱したりし得る情報を受け取ることなく、手元で特定のタスクにフォーカスすることを可能にする。ある例では、フィルタがかけられた情報は、特定のユーザが、ミッション評価およびレスポンス構成200にアクセスすることなく、追加の要員を要求したであろうタスクを実行することを可能にする。
図2に示された特定のフライトベースのミッションについて、DBR204は、1つまたは複数のミッションデータベース203a−203eから情報を受け取り得る。ある例では、1つまたは複数のミッションデータベース203a−203eからの情報は、モバイルデバイス202のミッション計画タスクおよびミッション計画表示情報を通して等、プレミッションステージ203aを介して予め定められ得る。ある例では、DBR204は、プレミッションステージ203aのミッション目標を評価し得、ミッションのための準備のためにタスク情報を提供し得る。タスク情報に関連付けられたタスクは、限定はされないが、ミッションのための要員をスケジュールすること、プライマリ機器、武器、パーツ、支援機器等のコマンドアセットを確保すること、トレーニングをスケジュールすること、ターゲットやセンサーオブザベーションのためのターゲットの位置を特定すること、等を含み得る。ある例では、DBR204は、ミッションステージタイミングにおけるコンフリクトを示すこと、経歴データに基づいて成功評価を与えること、代替のミッションタスク上での推奨を与えることによって、計画支援を提供し得る。
ミッションが、プレミッションステージ203aからローンチおよびリカバリ(launch and recovery)203bとオンミッションステージ(on-mission stage)203cに移ると、DBR204は、タスクベースおよびフィルタがかけられた情報を、ミッションに割り当てられた、または、ミッションに対応する1つまたは複数のモバイルデバイス202に提供し得る。ポジティブとネガティブないイベントの両方のイベントが進展すると、DBR204は、ミッション目標を修正し得、ミッション目標を達成するためにコマンド要員に再度タスクを割り当て得る。ある例では、上述のように、上記修正は、代替のミッション目標またはタスクが現在のミッション目標またはタスクより高い成功の可能性を有していることを、天候211または知識(intelligence)212情報が示しているときになされ得る。いくつかの例において、代替のミッション目標またはタスクが、現在のミッション目標またはタスクよりも時間や努力においてより大きな効率性をもって達成され得るとき、DBRは、ミッション目標またはタスクを修正し得る。
ある例において、IMC202は、ユーザからDBR204にフィードバック情報を与え得る。当該情報は、限定はされないが、IMCユーザに割り当てられたタスクのステータス、IMC202の位置情報、IMC202またはIMC202に関連付けられたデバイスのカメラからのイメージ情報等のセンサー情報を含み得る。ミッションの進捗を評価するために、および/または、ローンチおよびリカバリ(launch and recovery)203bとオンミッションステージ(on-mission stage)203cを通じてミッションが進む場合の代替ミッションを評価するために、フィードバック情報がDBR204によって用いられ得る。
DBRがモバイルデバイスに送ることができるフィルタがかけられた情報の例は、限定はされないが、ローンチおよびリカバリ(launch and recovery)ステージ203bに関連付けられたプリフライトチェックリスト202bとオンミッションステージ(on-mission stage)203cに関連付けられたフライト制御情報を含み得る。ある例において、メインテナンスミッションステージ(maintenance mission stage)203dは、他のミッションステージと並列に実行され得る。メインテナンスステージ203dに関連付けられた目標は、限定されないが、全てのミッション機器のための修理およびステータス情報をタイムリーに与えることと、ミッション機器のトラブルシューティングにおいて、および、ミッションステージの1つまたは複数の間に動作の困難性を経験する機器のための代替の動作手順を与えることにおいて支援することとを含み得る。ある例において、メインテナンス要員は、IMC等のモバイルデバイス202にログインすることができ、1つまたは複数のミッション目標をサポートするためにメインテナンス表示情報を受け取り得る。
一例では、メインテナンス表示情報は、図2に示されたフライトベースミッションに関連付けられた航空機等のミッションアセットに関連付けられたシステム故障情報212dを含み得る。
ミッション、ミッションステージ、または、ミッション目標の完了で、DBRは、ポストミッション(post-mission)203eレビューを行うことができ、または、ミッションサマリー(mission summary)を提供するためにミッションデータを評価することにおいて支援することができる。一例では、フライトベースミッション等のミッションにおいてとらえられたイメージデータは、イメージデータの精細にアクセスするために、または、イメージがとらえられたときの時点間に起こった変化を決定するために他のイメージと比較するために、電子的に解析され得る(212e)。DBRは、ミッションに関連付けられた機器と要員のサマリーを提供し得、ミッション機器の保管、更新、修理、回復、または、処分のためのミッション要員に役割ベースのタスク情報を提供し得る。

(追加の注記)
例1において、システムは、プロセッシングセンターと複数のモバイルデバイスを含み得る。プロセッシングセンターは、1つまたは複数のミッションステージのための1つまたは複数の目標を受けることと、複数のソースから情報を受けることとのために構成され得、プロセッシングセンターは、当該情報を1つまたは複数のミッション目標と比較し、1つまたは複数のミッション目標を達成するための役割ベースのタスク情報を提供するよう構成されるデータ・ブローカー・リーズナー(data broker reasoner)を含む。複数のモバイルデバイスは、プロセッシングセンターとワイヤレスに通信し、ログイン情報を受け取り、ログイン情報を用いてプロセッシングセンターに登録し、ログイン情報に関連付けられた役割ベースのタスク情報の一部を表示するように構成され得る。
例2において、例1の1つまたは複数のミッションステージは、オプションとして、1つまたは複数のミッション目標を達成するためにアセットの所定のリストを含み、例1のDBRは、オプションとして、複数のソースの1つまたは複数からアセット情報を電子的に受け、アセット情報、アセットの所定のリスト、および、ミッション目標を比較し、アセット情報、アセットの所定のリスト、および、1つまたは複数のミッションのミッション目標の比較を用いて、1つまたは複数のミッションの1つまたは複数のミッション目標に関連付けられた1つまたは複数のタスクを調整するように構成される。
例3において、例1−2の内の任意の1つまたは複数のDBRは、オプションとして、1つまたは複数のモバイルデバイスの内のモバイルデバイスに、1つまたは複数のタスクの役割ベースのタスクをワイヤレスに通信するよう構成される。ある例では、役割ベースのタスクに関連付けられた役割情報は、ログイン情報に関連付けられた役割情報と合致し得る。
例4において、例1−3の内の任意の1つまたは複数の役割ベースのタスクは、オプションとして、第1の役割に関連付けられた第1のタスク情報と第2の役割に関連付けられた第2のタスク情報を含み、例1−3の内の1つまたは複数のDBRは、オプションとして、モバイルデバイスを第1の役割に関連付けるログイン情報に関連付けられた役割情報を用いてプロセッシングセンターに登録された複数のモバイルデバイスの第1のモバイルデバイスに、第1のタスク情報をワイヤレス通信するよう構成される。
例5において、例1−4の内の任意の1つまたは複数のDBRは、オプションとして、複数のソースの1つまたは複数から対象体情報を電子的に受け取るよう構成される。
例6において、例1−5の内の任意の1つまたは複数のDBRは、オプションとして、複数のソースの1つまたは複数からコマンドアセット情報を電子的に受け取るよう構成される。
例7において、例1−6の内の任意の1つまたは複数のコマンドアセット情報は、オプションとして、無人航空機のステータス情報を含む。
例8において、例1−7の内の1つまたは複数の複数のモバイルデバイスは、DBRから受け取られた第1のメインテナンスタスク情報を表示するために、複数のミッションの内の1つのミッションに割り当てられたメインテナンスの役割においてプロセッシングセンターに登録され、コマンドアセットから診断情報を受けるために、やり取りできるようにコマンドアセットに接続され、第1のモバイルデバイスのディスプレイを用いて、診断情報をDBRに与えるよう構成された第1のモバイルデバイスを含み、例1−7の内の任意の1つまたは複数のDBRは、オプションとして、診断情報を前記1つのミッションのミッション目標と比較し、当該比較を用いてミッションのタスクを調整し、第2のメインテナンスタスク情報を与えるために、ミッションの調整されたタスクに従って第1のメインテナンスタスク情報を修正し、第1のモバイルデバイスが、前記1つのミッションに割り当てられたメインテナンスの役割においてプロセッシングセンターに登録されている場合に、第1のモバイルデバイスに第2のメインテナンスタスクのための表示情報を与えるよう構成される。
例9において、例1−8の内の任意の1つまたは複数の1つまたは複数のミッションステージは、オプションとして、1つまたは複数のミッション目標を達成するための所定のタイムラインを含む。例1−8の任意の1つまたは複数のプロセッシングセンターは、複数のソースの第2の1つまたは複数のソースから天候情報を電子的に受け取るよう構成される。例1−8の内の任意の1つまたは複数のDBRは、オプションとして、天候情報、アセットの所定のリスト、アセット情報、いよび、所定のタイムラインを比較し、天候情報、アセットの所定のリスト、アセット情報、および、所定のタイムラインの比較と1つまたは複数のミッションのミッション目標とを用いて、1つまたは複数のミッションの1つまたは複数のミッション目標に関連付けられた1つまたは複数のタスクを調整するよう構成される。
例10において、例1−9の内の任意の1つまたは複数のDBRは、オプションとして、マップの中の位置に関連付けられたワイヤレス送信強度を与えるワイヤレスカバレージマップを受け、複数のモバイルデバイスの中のモバイルデバイスの1つのモバイルデバイスの計画された位置の近くのワイヤレス通信トラフィックを監視し、モバイルデバイスの計画された位置とワイヤレスカバレージマップとを比較し、ワイヤレス通信トラフィックと当該比較とを用いて、プロセッシングセンターとモバイルデバイスとの間の通信プロトコルを変調するよう構成される。
例11において、ワイヤレス通信トラフィックがトラフィック閾値より上の場合、または、計画された位置がワイヤレスカバレージの不感帯に対応する場合、例1−10の内の任意の1つまたは複数のDBRは、オプションとして、モバイルデバイスに計画されたタスク情報をアップロードするよう構成され、ここで、計画された役割ベースのタスク情報は、モバイルデバイスのログイン情報に関連付けられる。
例12において、例1−11の内の任意の1つまたは複数のログイン情報は、オプションとして、複数のモバイルデバイスの内のモバイルデバイスの位置を特定する位置情報と複数のミッションの内の特定のミッションに関連付けられたミッション情報とを含み、例1−11の内の任意の1つまたは複数のDBRは、オプションとして、特定のミッションに関連付けられた役割ベース情報を含むために、および、モバイルデバイスの位置に関連付けられた役割ベース情報を含むために役割ベース情報をフィルタし、プロセッシングセンターとモバイルデバイスとの間の通信トラフィックを減らすために、特定のミッションに関連付けられ、モバイルデバイスの位置には関連付けられない役割ベースの情報を除くように構成される。
例13において、例1−12の内の任意の1つまたは複数のDBRは、オプションとして、モバイルデバイスから受け散られた役割情報に基づいて、および、役割ベースのタスク情報に関連付けられたタスクの優先レベルに基づいて、複数のモバイルデバイスの内のモバイルデバイスに役割ベースのタスク情報の部分を与えるよう構成される。
例14において、例1−13の内の任意の1つまたは複数のDBRは、オプションとして、情報の1つまたは複数の目標との比較に基づいてタスクの優先レベルを変更するよう構成される。
例15において、方法は、プロセッシングセンターにおいて1つまたは複数のミッションの1つまたは複数のミッション目標を受け取ることと、プロセッシングセンターにおいて複数のソースからの情報を受け取ることと、プロセッシングセンターのデータ・ブローカー・リーズナーを用いて、1つまたは複数のミッション目標を前記情報と比較することと、1つまたは複数のミッション目標の前記情報との比較を用いて、ミッション目標を達成するための役割ベースのタスク情報を与えることと、プロセッシングセンターにやり取り可能に接続されるよう構成されたモバイルデバイスにおいてログイン情報を受け取ることと、ログイン情報を用いてプロセッシングセンターにモバイルデバイスを登録することと、ログイン情報に関連付けられた役割を特定することと、モバイルデバイスにおいて役割ベースのタスク情報の一部を表示することと、を含み得、ここにおいて、前記一部は、ログイン情報に関連付けられた役割に関連付けられる。
例16において、例1−15の内の任意の1つまたは複数の方法は、オプションとして、前記情報を用いてミッション目標の優先レベルを調整することを含み、例1−15の内の任意の1つまたは複数の役割ベースのタスク情報を与えることは、オプションとして、ミッション目標の優先レベルを用いて、ミッション目標を達成するための役割ベースのタスク情報を与えることを含む。
例17において、例1−16の内の任意の1つまたは複数のプロセッシングセンターにおける複数のソースから情報を受けることは、天候衛星、地上ベースの測候所、または、海上ベースの測候所の1つまたは複数から天候ステータス情報を受けることと、天気予報システムから天気予報情報を受けることと、グローバル測位システムまたはコマンドアセットに関連付けられたセンサーの1つまたは複数からコマンドアセットステータス情報を受けることと、航空機のイメージ情報または通信情報の1つまたは複数から対象体のステータス情報を受けることと、を含む。
例18において、例1−17の内の任意の1つまたは複数のデータ・ブローカー・リーズナー(data broker reasoner:DBR)を用いて1つまたは複数のミッション目標を情報と比較することは、DBRを用いて、オプションとして、天気予報情報、対象体のステータス情報、コマンドアセットのステータス情報、および、1つまたは複数の利用可能なアセットの動作限度を比較することと、天気予報情報、対象体のステータス情報、コマンドアセットのステータス情報、および、1つまたは複数のアセットの動作限度が、データ・ブローカー・リーズナーを用いて、ミッション目標のための所定の閾値より低い第1の予想される成功レベルを示している場合、1つまたは複数のミッション目標の内のミッション目標を調整することと、第2の役割ベースのタスク情報に関連付けられた役割情報に合致するログイン役割情報で登録された1つまたは複数のモバイルデバイスに、ミッション目標に関連付けられた第2の役割ベースのタスク情報を送ることと、を含む。
例19において、例1−18の内の1つまたは複数のミッション目標を調整することは、オプションとして、天気予報情報、対象体のステータス情報、コマンドアセットステータス情報、および、1つまたは複数の利用可能なアセットの動作限度の比較が、ミッション目標のための所定の閾値より高い第2の予想される成功レベルを示している場合、調整されたタイムラインを与えるために、1つまたは複数のミッション目標の内のミッション目標のタイムラインを調整することを含み、例1−18の内の任意の1つまたは複数の第2の役割ベースのタスク情報に関連付けられた役割情報に合致するログイン役割情報で登録された1つまたは複数のモバイルデバイスに、ミッション目標に関連付けられた第2の役割ベースのタスク情報を送ることは、オプションとして、第2の役割ベースのタスク情報に関連付けられた役割情報に合致するログイン役割情報で登録された1つまたは複数のモバイルデバイスに、調整されたタイムラインに関連付けられた役割ベースのタイムラインを送ることを含む。
例20において、例1−19の内の任意の1つまたは複数のモバイルデバイスを登録することは、オプションとして、モバイルデバイスを、ログイン情報に基づいて、特定のミッションステージと特定のミッション目標に関連付けることを含む。
例21は、例1ないし20の機能の任意の1つまたは複数を実行するための手段を含み得る主題、または、機器によって実行されるとき、機器に例1ないし20の機能の任意の1つまたは複数を実行させる命令を含む機器読み出し可能な媒体を含むか、または、含むために、オプションとして、例1ないし20の内の任意の1つまたは複数の任意の部分と組み合される、または、組み合わせであり得る。
上述の記載は、詳細の説明の一部を形成する添付の図面への参照を含む。図面は、例示として、発明が実施され得る特定の実施形態を示す。これらの実施形態は、また、「例」として本明細書の中で参照される。この明細書の中で参照される全ての文献、特許、特許文献は、参照によって個々に組み込まれるように、参照によって本明細書の中にその全体が組み込まれる。本明細書と参照によってそのように組み込まれた文献との間で不一致な用法があった場合、組み込まれた文献における用法はこの明細書の用法の補足とみなされるべきであり、両立し得ない不一致については、本明細書における用法が支配する。
本明細書における、「a」または「an」の用語は、特許文献において共通であるように、任意の他の事例または「at least one(少なくとも1つ)」または「one or more(1つまたは複数)」とは独立に、1または1より大きいことを含むように用いられる。この明細書において、他に示されない限り、「or(または)」の用語は、「A or(または) B」が「AであるがBではない」、「BであるがAではない」、「AおよびB」のように非排他的orのことを言うように用いられる。添付の特許請求の範囲において、「including(含む)と「in which(その中において)」は、それぞれ「comprising(備える)」および「wherein(ここにおいて)」の用語の平易な英語の均等なものとして用いられる。また、以下の特許請求の範囲において、「including(含む)」と「comprising(備える)」は制限のないもの、即ち、請求項におけるそのような用語の後に並べられた要素に加えた要素を含むシステム、物品、または、プロセスは、依然、当該請求項の範囲に入るとみなされる。更に、以下の特許請求の範囲において、「first(第1の)」、「second(第2の」、および、「third(第3の)」等は、単にラベルとして用いられ、それらの対象に数的な要件を課すことを意図されない。
上述の記載は、例示であって、制限を加えることを意図されない。例えば、上述の例(または、その1つまたは複数の態様)は、お互いに組み合わせて用いられ得る。他の実施形態は、上述の記載をレビューして、当技術において通常の知識を有する者によって、用いられ得る。また、上記「詳細な説明」において、様々な特徴が、開示を合理化するために共にグループ化され得る。これは、請求項に記載されない開示された特徴は、任意の請求項に不可欠であることを意図するとして解釈されるべきではない。むしろ、発明の主題は、特定の開示された実施形態の全ての特徴より少なく置かれ得る。従って、以下の特許請求の範囲は、この明細書によって、「詳細な説明」に組み込まれ、各請求項は個別の実施形態としてそれ自身の上にある。発明の範囲は、当該特許請求の範囲が資格を与えられた均等の十分な範囲とともに、添付の特許請求の範囲を参照して決定されるべきである。



  1. 1つまたは複数のミッションステージのための1つまたは複数のミッション目標を受け、複数のソースから情報を受けるように構成されるプロセッシングセンターと、前記プロセッシングセンターは、前記情報を前記1つまたは複数のミッション目標と比較し、前記1つまたは複数のミッション目標を達成するための役割ベースのタスク情報を提供するように構成されるデータ・ブローカー・リーズナー(DBR)を含む、
    前記プロセッシングセンターとワイヤレスで通信し、ログイン情報を受け、前記ログイン情報を用いて前記プロセッシングセンターに登録し、前記ログイン情報に関連付けられた前記役割ベースのタスク情報の一部を表示するように構成される複数のモバイルデバイスと、
    を備えるシステム。

  2. 前記1つまたは複数のミッションステージは、前記1つまたは複数のミッション目標を達成するためのアセットの所定のリストを含み、
    前記DBRは、
    前記複数のソースの1つまたは複数からアセット情報を電子的に受け、
    前記アセット情報、アセットの前記所定のリスト、および、前記ミッション目標を比較し、
    前記アセット情報、アセットの前記所定のリスト、および、前記1つまたは複数のミッションの前記ミッション目標の前記比較を用いて、前記1つまたは複数のミッションの前記1つまたは複数のミッション目標に関連付けられた1つまたは複数のタスクを調整する
    ように構成される、
    請求項1に記載のシステム。

  3. 前記DBRは、前記1つまたは複数のタスクの役割ベースのタスクを前記1つまたは複数のモバイルデバイスの内のモバイルデバイスにワイヤレスに送信するよう構成され、
    前記役割ベースのタスクに関連付けられた役割情報は、前記ログイン情報に関連付けられた役割情報と合致する、
    請求項2に記載のシステム。

  4. 前記役割ベースのタスクは、第1の役割に関連付けられた第1のタスク情報と第2の役割に関連付けられた第2のタスク情報とを含み、
    前記DBRは、前記モバイルデバイスを前記第1の役割に関連付ける前記ログイン情報に関連付けられた前記役割情報を用いて前記プロセッシングセンターに登録される前記複数のモバイルデバイスの第1のモバイルデバイスに、前記第1のタスク情報をワイヤレス通信するよう構成される、
    請求項3に記載のシステム。

  5. 前記DBRは、前記複数のソースの前記1つまたは複数から、対象体を電子的に受け取るよう構成される、請求項3に記載のシステム。

  6. 前記DBRは、前記複数のソースの前記1つまたは複数からコマンドアセット情報を電子的に受けるよう構成される、請求項3に記載のシステム。

  7. コマンドアセット情報は、無人航空機のステータス情報を含む、請求項6に記載のシステム。

  8. 前記複数のモバイルデバイスは、第1のモバイルデバイスを含み、
    前記第1のモバイルデバイスは、
    前記DBRから受け取られた第1のメインテナンスタスクの情報を表示するために、前記複数のミッションの1つのミッションに割り当てられたメインテナンスの役割において前記プロセッシングセンターに登録され、
    コマンドアセットから診断情報を受けるために、前記コマンドアセットにやり取り可能に接続され、
    前記第1のモバイルデバイスの表示を用いて、前記DBRに前記診断情報を与える
    ように構成され、
    前記DBRは、
    前記診断情報を、前記1つのミッションのミッション目標と比較し、
    前記比較を用いて、前記ミッションのタスクを調整し、
    第2のメインテナンスタスクの情報を与えるために、前記ミッションの前記調整されたタスクに従って前記第1のメインテナンスタスクの情報を修正し、
    前記第1のモバイルデバイスが、前記1つのミッションに割り当てられた前記メインテナンスの役割において前記プロセッシングセンターに登録される場合、前記第2のメインテナンスタスクのための表示情報を前記第1のモバイルデバイスに与える、
    よう構成される、
    請求項2に記載のシステム。

  9. 前記1つまたは複数のミッションステージは、前記1つまたは複数のミッション目標を達成するための所定のタイムラインを含み、
    前記プロセッシングセンターは、前記複数のソースの第2の1つまたは複数のソースから天候情報を電子的に受け、
    前記DBRは、
    前記天候情報、アセットの前記所定のリスト、前記アセット情報、前記所定のタイムラインを比較し、
    前記天候情報、アセットの前記所定のリスト、前記アセット情報、および、前記所定のタイムラインの前記比較と前記1つまたは複数のミッションの前記ミッション目標を用いて、前記1つまたは複数のミッションの1つまたは複数のミッション目標に関連付けられた1つまたは複数のタスクを調整する
    ように構成される、請求項2に記載のシステム。

  10. 前記DBRは、
    マップの中の位置に関連付けられたワイヤレス送信強度を与えるワイヤレスカバレージマップを受け、
    前記複数のモバイルデバイスの内のモバイルデバイスの1つのモバイルデバイスの計画された位置の近くのワイヤレス通信トラフィックを監視し、
    前記モバイルデバイスの前記計画された位置を前記ワイヤレスカバレージマップと比較し、
    前記ワイヤレス通信トラフィックと前記比較とを用いて、前記プロセッシングセンターと前記モバイルデバイスとの間の通信プロトコルを変調する
    ように構成される、請求項1に記載のシステム。

  11. 前記ワイヤレス通信トラフィックがトラフィック閾値より上のとき、または、前記計画された位置がワイヤレスカバレージの不感帯と対応するとき、前記DBRは、前記モバイルデバイスに、計画されたタスク情報をアップロードし、
    前記計画された役割ベースのタスク情報は、前記モバイルデバイスの前記ログイン情報と関連付けられる、
    請求項10に記載のシステム。

  12. 前記ログイン情報は、前記複数のモバイルデバイスの内のモバイルデバイスの位置を特定する位置情報と、前記複数のミッションの特定のミッションに関連付けられたミッション情報とを含み、
    前記DBRは、
    前記特定のミッションに関連付けられた役割ベースの情報を含み、前記モバイルデバイスの前記位置に関連付けられた役割ベースの情報を含むために前記役割ベースの情報をフィルタし、
    前記プロセッシングセンターと前記モバイルデバイスとの間の通信トラフィックを減らすために、前記特定のミッションに関連付けられるが、前記モバイルデバイスの位置には関連付けられない役割ベースの情報を除く、
    よう構成される、
    請求項1に記載のシステム。

  13. 前記DBRは、前記モバイルデバイスから受けられた役割情報に基づき、および、前記役割ベースのタスク情報に関連付けられたタスクの優先レベルに基づき、前記複数のモバイルデバイスの内のモバイルデバイスに、前記役割ベースのタスク情報の部分を与えるよう構成される、請求項1に記載のシステム。

  14. 前記DBRは、前記情報の前記1つまたは複数のミッション目標との前記比較に基づき、前記タスクの前記優先レベルを変更するよう構成される、請求項13に記載のシステム。

  15. プロセッシングセンターにおいて、1つまたは複数のミッションステージのための1つまたは複数のミッション目標を受けることと、
    前記プロセッシングセンターにおいて、複数のソースから情報を受けることと、
    前記プロセッシングセンターのデータ・ブローカー・リーズナーを用いて、前記1つまたは複数のミッション目標を前記情報と比較することと、
    前記1つまたは複数のミッション目標の前記情報との比較を用いて、前記ミッション目標を達成するための役割ベースのタスク情報を与えることと、
    前記プロセッシングセンターにやり取り可能に接続されるよう構成されるモバイルデバイスにおいてログイン情報を受けることと、
    前記ログイン情報を用いて、前記プロセッシングセンターに前記モバイルデバイスを登録することと、
    前記ログイン情報に関連付けられた役割を特定することと、
    前記モバイルデバイスにおいて、前記役割ベースのタスク情報の一部を表示することと、ここにおいて、前記一部は、前記ログイン情報に関連付けられた前記役割に関連付けられる、
    を備える方法。

  16. 前記情報を用いて、ミッション目標の優先レベルを調整することを含み、
    役割ベースのタスク情報を与えることは、前記ミッション目標の前記優先レベルを用いて前記ミッション目標を達成するための役割ベースのタスク情報を与えることを含む、
    請求項15に記載の方法。

  17. 前記プロセッシングセンターにおいて複数のソースから情報を受けることは、
    天候衛星、地上ベースの測候所、または、海上ベースの測候所の1つまたは複数から天候ステータス情報を受けることと、
    天気予報システムから天気予報情報を受けることと、
    グローバル測位システムまたはコマンドアセットに関連付けられたセンサーの1つまたは複数からコマンドアセットステータス情報を受けることと、
    航空機のイメージ情報または通信情報の1つまたは複数から対象体のステータス情報受けることと、
    を含む、請求項16に記載の方法。

  18. データ・ブローカー・リーズナー(DBR)を用いて前記1つまたは複数のミッション目標を前記情報と比較することは、
    前記DBRを用いて、前記天気予報情報、前記対象体のステータス情報、前記コマンドアセットステータス情報、および、1つまたは複数の利用可能なアセットの動作限度を比較することと、
    前記天気予報情報、前記対象体のステータス情報、前記コマンドアセットステータス情報、および、1つまたは複数の利用可能なアセットの動作限度の前記比較が、前記データ・ブローカー・リーズナーを用いて前記ミッション目標のための所定の閾値より低い第1の予想される成功レベルを示す場合、前記1つまたは複数のミッション目標の内のミッション目標を調整することと、
    第2の役割ベースのタスク情報に関連付けられた役割情報と合致するログイン役割情報で登録された1つまたは複数のモバイルデバイスに、前記ミッション目標に関連付けられた第2の役割ベースのタスク情報を送ることと、
    を含む、請求項17に記載の方法。

  19. 前記1つまたは複数のミッション目標の内の前記ミッション目標を調整することは、
    前記天気予報情報、前記対象体のステータス情報、前記コマンドアセットステータス情報、および、1つまたは複数の利用可能なアセットの動作限度の前記比較が、前記ミッション目標のための前記所定の閾値より高い第2の予想される成功レベルを示す場合、調整されたタイムラインを与えるために、前記1つまたは複数のミッション目標の内の前記ミッション目標のタイムラインを調整すること
    を含み、
    前記第2の役割ベースのタスク情報に関連付けられた役割情報と合致するログイン役割情報で登録された1つまたは複数のモバイルデバイスに、前記ミッション目標に関連付けられた前記第2の役割ベースのタスク情報を送ることは、
    前記第2の役割ベースのタスク情報に関連付けられた役割情報に合致するログイン役割情報で登録される前記1つまたは複数のデバイスに、前記調整されたタイムラインに関連付けられた役割ベースのタイムラインを送ること
    含む、
    請求項18に記載の方法。

  20. 前記モバイルデバイスを登録することは、前記ログイン情報に基づいて、前記モバイルデバイスを、特定のミッションステージと特定のミッション目標に関連付けることを含む、請求項15に記載の方法。

 

 

Patent trol of patentswamp
類似の特許
オーバーレイネットワーク内の消費者仮想マシンのために制作者仮想マシンをリースするプロセス及びシステムを開示する。消費者仮想マシンの消費者ホストは、一組のリースエージェントと通信して、サービスへのアクセスを消費者仮想マシンに提供可能な複数の制作者仮想マシンの識別情報を取得することができる。消費者仮想マシンが制作者システムとの通信を試みると、消費者ホストは、対象となる制作者仮想マシンをホストする制作者ホストを特定し、当該制作者ホストにサービス要求を転送することができる。
【選択図】図11
複数の処理状態(121、122、123)を有する状態構造化された処理フロー(12)にしたがうオブジェクトの状態遷移ベースの処理のための制御装置(10)および方法が提案される。ここでは、それぞれの処理状態(121、122、123)に対して、1つまたは複数のタスク(131)が、選択されたオブジェクト(71、72、73)の1つの処理状態(121、122、123)から後続の処理状態(121、122、123)への遷移を処理するために、選択される。選択されたオブジェクト(71、72、73)の状態パラメータはキャプチャ手段(151、152、153、154)によりキャプチャされ、オブジェクト(71、72、73)の現在の処理状態(121、122、123)はキャプチャされた状態パラメータに基づいて判定される。処理タスク(131)の割り当てられたタスク・パラメータに応じて特定の処理状態(121、122、123)に対して活性化可能なタスク(131)が制御システム(10)により生成される。動作タグ(132)は処理タスク(131)に拡張可能に割り当てられ、動作タグ(132)は、制御システム(10)により処理タスク(131)の処理に対して動作制約を加える動的に変更可能な動作パラメータを含む。状態構造化された処理フロー(12)は動的に生成され、定められた閾値および/またはトリガ値をトリガすること、および/または、動作タグ(132)の動作パラメータに基づいて処理タスク(131)の処理を誘導すること、により処理される。
方法およびコンピュータシステムは、ビジネス顧客のためにリソース性能を報告し、追跡する。コンピュータシステムは、顧客の事業所で計量されたリソースについての時間あたりの使用量情報を含む、ユーティリティ事業体の顧客に関連付けられたリソースに関する使用量データを受信する。コンピュータシステムは、事業所がいつ客に対して開いているかを記す操業時間情報を含む、事業所に関連する操業データを受信する。コンピュータシステムは、(i)客に対して開いている時間の事業所におけるリソースの使用量、および(ii)客に対して閉じている時間の事業所におけるリソースの使用量に関する情報を含む、受信された使用量データおよび受信された操業データを用いて事業所のリソース性能データを決定する。コンピュータシステムは、リソースの顧客にこの情報の報告を発行する。
プロデューサシステムへのコンシューマシステムアクセスをリースするプロセス及びシステムを開示する。コンシューマシステムは、1組のリースエージェントと通信して、サービスへのアクセスをコンシューマシステムに提供することができるいくつかのプロデューサシステムの識別情報を取得することができる。各リースエージェントは、一定期間にわたってプロデューサシステムへのアクセスをコンシューマシステムに提供し得る。コンシューマシステムが特定のプロデューサシステムへの更なるアクセスを必要とする場合、コンシューマシステムは、リースの更新を、プロデューサシステムの最初のリースをコンシューマシステムに提供したリースエージェントに要求することができる。
【選択図】図2
本発明の主題は、削減相の間に削減された流体消費の推定のためのデバイスを含む。デバイスは、-収集モジュールであって、a)第1群からのn個の流体メータからの流体消費の情報を含む第1の消費データと、b)第2群からのm個の流体メータからの流体消費の情報を含む第2の消費データとを収集するように構成された収集モジュールと、-第1および第2の消費データの関数として、第1群および第2群の流体消費間の差を最小化する重み付け係数βiを算出するように構成されたコンピュータ解析モジュールとを備える。iは、1からmまでの正の整数である。
金属製造リソースパフォーマンスデータ管理方法は、第1の金属製造リソースの金属製造動作中にサンプリングされた第1の複数のパラメーターを表す第1のデータのセットを記憶することと、リストから第2の金属製造リソースを選択することと、第1のデータのセットの一部分の第1の識別子を第2の金属製造リソースと関連付けられた第2の識別子に変更することとを含む。第1の金属製造リソースは、個々のリソースおよびリソースグループのリストからユーザーによって選択可能であり、第1のデータのセットは、第1の金属製造リソースに対応する第1の識別子を含む。第2のデータのセットが、第2の金属製造リソースに対応する第2の識別子を含む。
車両上におけるなんらかの診断試験の実行の前に、修理を必要としている車両の診断を推定するシステム及び方法が提供される。本発明は、車両に対するなんらかの診断試験の実行の前に、修理を必要としている車両に対する修理の費用を更に推定する。システムは、具体的には、車両修理センタ内のポイントオブセールシステムにおいて、或いは、オフサイト顧客のアクセスツールにおいて、有用である。
【選択図】図1
金属製造リソースのパフォーマンス監視方法は、金属製造リソースの金属製造動作中にサンプリングされるパラメーターを表すデータにアクセスすることを含み、このリソースは、個々のリソースまたはリソースグループのリストからユーザーによって選択可能である。少なくとも1つのコンピュータープロセッサを介して、アクセスされたパラメーターは、解析システムパラメーターを確定するように処理され、ユーザー閲覧可能ダッシュボードページが、解析システムパラメーターを表す図形による印を用いて作成され、このユーザー閲覧可能ダッシュボードページがユーザーに送信される。
方法は、1以上の活動および1以上の規則を含むワークフローを規定するユーザ入力を受け付けることと、モバイル装置のプロセッサを少なくとも部分的に用いて、ユーザによるワークフローの実行を容易にするように構成されているユーザインターフェイス(UI)を規定するユーザ入力を受け付けることと、ワークフローおよびUIに基づいて、モバイルソフトウェアアプリケーションを生成することとを含む。別の実施形態において、方法は、モバイル装置上のモバイルアプリケーションをインスタンス化することと、モバイルアプリケーション内のワークフローを起動することとを含む。ワークフローは1以上の活動および1以上の規則を含む。方法は、ワークフローに少なくとも部分的に基づいて、1以上のユーザインターフェイスをレンダリングすることと、モバイル装置のディスプレイ上に少なくとも1つのユーザインターフェイスを表示することと、少なくとも1つのユーザインターフェイスを介して、ユーザ入力を受け付けることと、ユーザ入力に少なくとも部分的に基づいてワークフローを修正することとを含む。システムおよびコンピュータプログラムプロダクトも開示されている。
To top