閉回路eコマースを操作するための信号の組み合わせを伝搬するための方法および装置

 

閉回路eコマース内のサーバと間、及び建物のメインルータ及びインターフェースを介したサーバ及びショッピング端末間のeショッピング信号及び情報を通信し、ショッピング端末に保存されたコンテンツ及び前記eコマースのプログラムを更新するための高速湖心信号を含むASK及びFSK変調データ並びにコマンドを含む少なくとも1つのツイストペアを介して情報及びeショッピング信号を伝搬するための方法及び装置である。配送サーバは、誤りなしでピックアップ及び配送を確実にするために、配送デバイス及び貯蔵デバイスを用いて、建物内又は建物外に位置付けられた、注文された商品をピックアップ及び配送する。

 

 

本発明は、eショッピング回路およびプログラムを含む、専用ショッピング端末、ビデオインターフォンモニタ、セットトップボックス、およびケーブルテレビなどの電気器具にDC電力を伝送する単一のツイストペアを介する、アナログおよびデジタル信号の組み合わせの伝搬に関する。
現行または普及しているeコマースは、購入者が、既知の検索エンジンを通して供給者を検索し、サービスであれ、または商品であれ、意図されたショッピングに対応するプレゼンテーションであると思われる既知または未知のウェブサイトを選択することを可能にする、与えられたパターンおよびプロセスで操作される。
潜在的な購入者は、eショップのウェブを識別し、関心のある品目を見つけると、自分自身の身元、自分のアドレス、および自分のクレジットカードを明らかにする次のプロセスに移らなければならず、その後、購入を実現することができる。
このプロセスは、例えば、食料雑貨製品などの迅速な配送のために、毎日または毎週繰り返されるショッピングにはふさわしくない、煩わしいプロセスである。
迅速な配送を必要とする人々にとって、上で説明された一般的なプロセスは、朝、彼らが朝食のためのミルクを必要としているのに、そのような注文が処理され、配送されるのに時間が長くかかりすぎる場合、eショップはe購入者の住居の近所に所在するコンビニエンスストアであり、地域配送を提供しているとしても、解決方法を提供することができない。
プロセスの改善に資するように、配送を提供するそのような近くのショップは、近所のリピータ購入者の詳細を保存することができ、購入者は、ショップのウェブサイトを迅速に呼び出すために、自分のPCのデスクトップ上にショップのURLアイコンを導入する。次に、ショップは、ショップサーバ内に記録された購入者およびそのクレジットカードを識別する、アクセスパスワードを購入者に提供する。そのような構成は、注文プロセスをより速やかに、より簡単にする。
顧客データの同様の記録および保存は、リピータ購入者に対してeショッピングのプロセスを改善するために、大規模ショップ、スーパーマーケット、および百貨店によっても提供される。そのような対処は、eショッピングプロセスを改善するが、例えば、食品雑貨のショッピングおよび配送を効率的なプロセスに変えるのに必要とされる基盤を提供しない。
eショッピングの第1のハードルは、すべての上で説明されたeショッピングプロセスおよび構成の中でも、購入者が、ショップのサーバを通して選択品を選択するために、ショップサーバからインターネットまたは他のIPネットワークを介して供給され、PC、スマートフォン、またはiPadスクリーン上に表示されたページを通して、製品またはサービスを選択することによって、ショップのウェブサイトを閲覧していかなければならないことである。
そのようなショップサーバは各々、e購入者が覚えて、従わなければならない、独自のアーキテクチャ、カラー、スタイル、オペレーティングシステム、プログラミング、および処理方法を有する。したがって、e購入者の詳細データがeショップサーバ内に保存されているとしても、個々のeショップ毎の独自仕様のプログラミングおよび異なるショッピングプロセスは、与えられたeショップサーバを介してショッピングを行うのに費やされる時間を引き延ばす。
さらに、すべてのショッピングが単一のショップによって供給されることができず、2以上の別々のeショップまたはeサービス提供者に分割されなければならない場合、そのようなeショッピングは、非常に気を遣う、時間のかかるeショッピングプロセスを必要とする。したがって、上で与えられたミルクの例を拡張したような、ミルクとシリアルを2つの別々のeショップから買い求めるための、食品雑貨についての組み合わされたショッピングは、複雑な操作になる。朝、朝食のために2つの異なるコンビニエンスストアに2つの品目を注文することは、購入者が迅速な配送を望み、期待しているのに、注文および配送に長い時間がかかりすぎる。
登録された閉回路内で動作する閉回路ショッピングシステムに併合される、サービスおよび商品についてのeショッピングのための他の方法および装置は、米国特許(例えば、特許文献1、2、3、4を参照)、ならびに他の国々で発行されたおよび係属中の多くの対応する特許において開示されている。簡略化されたeショッピングコード化のための方法および構造は、米国出願(例えば、特許文献5を参照)において開示されている。
開示された閉回路eショッピングは、ビデオインターフォンシステムのビデオインターフォンモニタなどのショッピング端末を介して、ならびにケーブルTVシステム、アンテナTVシステム、および専用eショッピング端末システムのショッピング回路を介して提供される。言及された出願(例えば、特許文献5を参照)は、上で言及されたショッピング回路によって処理されるeショッピング信号についてのコード化を包含する。
2つのeコマース方法、すなわち、普及しているeショッピングと、上で言及された米国特許において開示されている閉回路eショッピングシステムとの間の基本的または根本的な相違は、以下の通りである。
i.普及しているeショッピングは、ショップのサーバを通して、オンラインで処理され、完遂される。
ii.閉回路eショッピングは、ショッピング端末それ自体を通して、オフラインで処理され、完遂される。
これは、登録されたeショップのグループから選択された、事前設計および事前構成されたショッピングプログラムおよびコンテンツをインストールすることによって、ならびにそのようなプログラムおよびコンテンツをeショッピング端末のeショッピング回路のメモリ内にロードし、保存することによって可能にされる。保存されたコンテンツは、専用eショッピング端末のうちの1つのメモリからの、または上で言及されたTVのうちの1つのメモリからの、またはビデオインターフォンモニタのメモリからの呼び出しのために、住人によって選択された、事前構成または事前選択された製品を包含する。
それによって、閉回路ショッピングは、テンプレートを通して標準的なショッピング選択表示にパターン化される、保存されたデータの瞬時呼び出しを提供することによって、根本的に普及しているショッピングとは異なる。これは、製品およびサービスの選択のための習慣的に認識されているパターンを通した瞬時の習慣的ショッピングを可能にする。
各戸別に編成され、個々の住居各々のショッピング回路のメモリ内にインストールされる、カテゴリ、グループ、およびショップの表示はすべて、各住人によって選択されたショップ、カテゴリ、およびグループに基づいて、同一のテンプレートを介してパターン化される。住人は、製品および/またはサービスのカテゴリまたはグループを、ならびにどのショップから購入するかを決定し、選択する。選択されたショップ、カテゴリ、およびグループは、個々のショッピング端末のメモリにロードされ、そこに保存される。他のすべては、除外されるが、住人の気が変わった場合は、後日、メモリ内にインストールされることができる。
本発明の閉回路ショッピング装置は、ビデオインターフォンモニタ、専用ショッピング端末、TV、ケーブルTV、および/またはセットトップボックス、ショッピングボックス、アダプタボックス、ケーブルTVボックス、アンテナボックス、コンバータボックスなどの、TVおよびケーブルTVの付属品、ならびに/あるいはローカルネットワークを介して、および/または内部通信線、TVケーブル線、もしくはTVアンテナ線を介して、建物全体もしくは近所全体にサービスするサーバを含む群から選択される。
閉回路ショッピングのショッピング端末は、検索エンジンを介したおよび様々なショップサーバを介した閲覧および検索によって時間を浪費することなく、住人によって選択されたように保存されたプログラムを通して選択および注文を行うことを可能にするために、事前定義されたショッピングプログラムおよびコンテンツを用いて事前インストールされたハードウェアおよびプログラムを含む。そのような事前プログラムされた閉回路ショッピングは、プログラムされた通りに迅速な配送を開始するためのインフラストラクチャを提供する。
迅速な配送は、参照出願(例えば、特許文献5を参照)において開示されている、建物内部または近所内にある、配送ステーションまたは配送ターミナルを介して提供される。
eサービスおよびe商品についての検索は、ショッピングを処理するために、ビデオインターフォンモニタ、専用ショッピング端末、TV、またはケーブルTVのディスプレイを使用する、インストールされたプログラムページによって生成された表示を通して伝えられる。
完全なショッピングプログラムおよびコンテンツのショッピング端末への導入は、ショッピング端末を、各住居、オフィス、もしくは会社内の自己編成された私有のeショッピングモールに変貌させ、またはそれは、近隣住民によってそのように望まれる場合は、建物全体および/もしくは近所全体の仮想近隣ショッピングモールになることができる。
製品および/またはサービスについてのそのような閉回路eショッピングは、システムのすべてのショッピング端末が、ありとあらゆる製品およびサービス細目について、常に最新に保たれていなければならないことを命じる。
現在普及しているショッピングサーバのページ、選択アイコン、提供される品目、それらの価格、状態、ならびにサービスまたは製品の入手可能性を含む、ショッピングプロセスおよび条件についての他の任意の細目は、ウェブサイトページの構造化について知識のあるウェブサイト設計の専門家によって、一般には設計され、プログラムされる。
例えば、生野菜または乳製品などの生鮮品を提供するスーパーマーケットは、季節、ロケーション、および輸送などの留意事項のせいで変化する価格および入手可能性に合わせて、ページを毎日または毎週変更する。ショップサーバの与えられたページに対する変更、またはより大規模なスーパーマーケットもしくはショップチェーンによって使用されるサーバのグループに対する変更は、継続的に行われる。
与えられたショップまたはチェーンによって内部的に準備され、そのような専門家によって修正されるページは、異なるロケーションおよび場所にある多数の住居または会社に広く拡散されたショッピング端末のeショッピングページを追加、修正、または置換する必要がある場合には適していない。
与えられた消費者に、または1もしくは複数の住居用建物であれ、もしくは潜在的な買物客の他のグループであれ、消費者のグループに固有のページを設計することは、法外なコストがかかる。ページを構成し、設計するには、長い時間がかかり、すべての住居の個々のショッピング端末にページをダウンロードすること、および/またはそれを最新に保つことは、非常に煩雑である。多くの個人またはグループの好みに合わせて手直しされた、膨大な個々のプログラムおよびページを、定期的であれ、不規則であれ、ダウンロードすること、および/またはアップグレードすることは、莫大な作業量のタスクである。
言及された米国出願(例えば、特許文献5を参照)は、設計、追加、修正、もしくは置換が簡単なページもしくはページ内に含まれる単一の製品の価格などのページの一部、または売り切れた場合のページからの製品の削除について教示している。更新プロセスは、覚え、構成し、操作し、インストールするのが容易であるというコンセプトで、低コストで提供されなければならない。
大規模な住居用建物またはオフィスビルの多数のテナントによる閉回路eショッピングについての別の既存の問題は、取引のセキュリティ、およびサイバー窃盗、特に閉回路自体の環境内部からのそれの防止である。
また別の問題は、イーサネット(登録商標)などのIPローカルLANネットワークを介する、建物の階全体にわたってカスケード接続されたルータおよびスイッチに基づいた、建物内のショッピングネットワークの信頼性である。大規模建物の階段および玄関ホールの通信もしくは電気キャビネット内に設置された、またはポールなどの上の通信ボックス内に取り付けられた、大規模システムのルータは、サイバー窃盗から攻撃されやすい。
さらに、そのようなルータまたはスイッチの1つの故障は、終日終夜、建物のある区画全体をLANから、または建物サーバから切断し、多くのショッピング端末をショッピングプロセスから、または更新プロセスから切断する。
セキュリティおよび信頼性の潜在的なリスクを克服するために、そのような大規模集合建築物を、保護された環境内に安全に設置された中央分配器またはシステムのマトリックスに直接的に、スター型トポロジでネットワーク接続することが好ましい。
そのようなスター型接続に伴う問題は、ケーブリング、ならびに距離および速度についてのそれらの制限である。光ファイバケーブルは、1つの解決方法になることができるが、光ファイバケーブリング、コネクタ、および端子は、高価であり、専門知識を必要とする。CAT5として知られるようなケーブルによるツイストペアは、低コストの解決方法を提供し、電気技師によってうまく取り扱われ、設置されるが、長さおよび速度について制限される。
1または複数のツイストペアを使用して、ショッピング端末を中央分配器もしくはマトリックスまたは特定の設計されたルータもしくはスイッチにスター型で接続するための解決方法が必要とされる。そのような解決方法の1つが、米国特許(例えば、特許文献6を参照)において、ならびに上で言及された他の米国特許および米国出願(例えば、特許文献5を参照)において開示されている。
重要な問題は、もちろん、速度であり、それは、最大で200m(660ft)以上の遠方にまで伝搬させられて、多くのショッピング端末をランダムに、定期的に更新するのに十分な速さでなければならない。これは、普通に設置されたCAT5ケーブルを使用する、標準的なイーサネットIP有線ネットワークを介しては達成可能ではない。
CAT5および類似のネットワークケーブルを介する高速通信が様々なデジタル信号を含むアナログオーディオおよびビデオなどの信号の組み合わせを伝搬させるために拡張される必要がある、他の多くの例が存在するが、ケーブル長制限が共通のワイヤの使用を妨げ、そのどれもが構成し、設置するのが技術的に複雑であり、その上、高価であり、設置するのに高熟練の専門家を必要とする、異なるインターフェース、アダプタ、およびコネクタを必要とする、同軸ケーブル、シールドワイヤ、および/または光ファイバケーブルなどのケーブルの組み合わせを命じる。
オーディオ信号、ビデオ信号、データ信号、制御信号、コード信号、警報信号、および緊急信号を含む二方向情報信号をスター型構成で伝搬させるための解決方法であって、製品およびサービスの細目を含むeショッピングプログラムをアップグレードおよび更新するために、CAT5ケーブルの100mの限界を超える遠方に、または単一のツイストペアケーブル、もしくはCAT5などのマルチツイストペアケーブルの単一のツイストペアを介して、高速でデータをローディングすることを含み、また同じ単一のペアまたは別個の単一のペアを介して、DC電力を供給することも含む解決方法が必要とされている。
米国特許第6603842号明細書 米国特許第6940957号明細書 米国特許第7461012号明細書 米国特許第8117076号明細書 米国特許出願第13/599275号明細書 米国特許第5923363号明細書 米国特許第7639907号明細書 米国特許第7649727号明細書 米国特許第7864500号明細書 米国特許第7937647号明細書 米国特許第8041221号明細書 米国特許第8148921号明細書 米国特許第8170722号明細書 米国特許第8175463号明細書 米国特許第8269376号明細書 米国特許第8331794号明細書 米国特許第8331795号明細書 米国特許第8340527号明細書 米国特許第8344668号明細書 米国特許第8384249号明細書 米国特許第8441824号明細書 米国特許第8442792号明細書 米国特許出願第13/349939号明細書 米国特許出願第13/599275号明細書
本発明の目的は、メインルータまたはメインユニットまたはマトリックスユニットと呼ばれる中央信号処理または分配またはルーティングユニットの間で、オーディオ信号、ビデオ信号、データ信号、制御信号、警報信号、および緊急信号を含む情報信号の二方向組み合わせを伝搬させるための装置および方法である。
テナント、住人、ユーザ、または買物客という用語は、これ以降において、ショッピング端末を介してサービスもしくは商品を検索および/もしくは注文し、ならびに/または自分の便宜および望みに合わせて、ショッピング端末にロードされるサービスおよび商品を定め、選択し、および制限する、e買物客またはe購入者を指す。
住宅、住居、およびアパートという用語は、居住用であれ、オフィス用であれ、事業用であれ、住居用および/または商用建物の任意の単一のユニットを指す。
ショッピング端末という用語は、これ以降および特許請求の範囲において、ビデオインターフォンモニタ、専用ショッピング端末、ケーブルTV、インタラクティブTV、TVセット、セットトップボックス、ショッピングボックス、アンテナアダプタボックス、衛星アダプタボックス、ケーブルTVボックス、および少なくとも1つのTV番組プロバイダをテレビセットまたはケーブルテレビセットに接続している他の任意の類似のボックス、ならびにそれらの組み合わせを指す。
ショッピング端末は、操作用表示スクリーンと、ショッピングプログラム、コンテンツ、ならびに他のショッピングサービスおよび商品細目を保存するためのメモリと、操作および選択eショッピングがサービスもしくは商品または両方を含むことを可能にするためのCPUとを備える。ショッピング端末は、ビルトインされた操作用表示スクリーンおよびタッチアイコンを介して、関連する表示スクリーンによって、音声によって、遠隔制御デバイスによって、または手もしくは住人の眼球などの他の部位の動きによって、操作されることができる。
メインルータ、メインユニット、マトリックスユニット、ルータ、マトリックス、およびスイッチという用語は、これ以降および特許請求の範囲において、少なくとも1つの建物のサーバとサーバの内部通信線の間で、情報信号を処理すること、選択すること、分配すること、ルーティングすること、スイッチングすること、一時的に保存すること、およびバッファリングすることのうちの少なくとも1つを行うための交差ユニットを指す。
情報信号という用語は、これ以降および特許請求の範囲において、一方向に、双方向に、およびそれらの組み合わせで伝搬される、オーディオ信号、ビデオ信号、データ信号、コード信号、制御信号、警報信号、緊急信号、およびそれらの組み合わせを含む群から選択される、任意の個々の信号を指す。
eショッピング信号という用語は、これ以降および特許請求の範囲において、eショッピングプログラムおよびコンテンツに関する信号をロード、アップグレード、更新、追加、変更および/もしくは削除、またはダウンロードするための、ASK(振幅偏移変調)、FSK(周波数偏移変調)などの変調信号、または他の任意の変調信号を含む、処理されるおよび/または完遂された注文の一方向信号、双方向信号、および一方向信号と双方向信号の組み合わせである、情報信号のうちの信号のいずれかを、個別にまたはそれらの組み合わせのいずれかで含み得る。
メインユニット、メインルータ、またはマトリックスユニットは、ステーションのいずれかおよび/またはショッピング端末のいずれかとマトリックスを介して情報信号を選択的に通信するために、マトリックスに直接的に接続され、または結び付けられることによって明確に特徴付けられる、1または複数のショッピング端末、建物の1または複数のエントリパネル、オフィスビルのローカルステーションおよび類似のローカルサービス施設を含む、ローカルな建物および/または近所全体の1または複数のローカル管理人ステーション、ローカル守衛ステーション、ローカルセキュリティステーションを接続し、および/または結び付ける。
以下の説明および特許請求の範囲におけるサーバという用語は、1または複数のメモリ内に保存された情報を提供するための、およびインターネットなどのネットワークを介して受信されたeコマース注文を処理するための、よく知られたコンピューティングサーバを指す。
スタンドアロンサーバという用語は、閉回路の他のサーバとともに閉回路eコマースを操作するためのプログラム全体を、サービス、製品、情報、またはサーバが閉回路eコマース内で実行すべき他のタスクに関するデータとともに格納した、ビルトインされた少なくとも1つのメモリを有する、サーバを指す。
「サーバおよびクラウドコンピューティング」という用語は、AmazonまたはMicrosoftまたはIBMによって提供されるクラウドコンピューティングサービスおよびメモリなどの、よく知られたクラウドコンピューティングによって提供されるサーバサービスを指す。
「ローカル」または「ローカルに接続された」という用語は、ローカルという用語に対して、与えられたロケーションおよびステーションの物理的位置、場所を用いた具体的な列挙もしくは識別がなされない限り、または1または複数の距離が、他のステーション、マトリックス、およびショッピング端末のいずれかに関して、具体的に列挙されない限り、ローカル管理人ステーションまたはe管理人ステーションおよび他の列挙されたステーションの物理的ロケーションではなく、接続詳細を定める。
ネットワークを介して建物サーバに接続される、「ローカル」配送ステーションまたは「ローカル」配送端末またはeショップは、それが物理的に建物または集合建築物の内部にある場合であっても、「ローカルに」接続されるとは見なされない。
「遠方」という用語は、物理的に建物または集合建築物の外部に配置された任意の配送ステーションまたはショップを指す。遠方という用語は、メートル、Km、またはマイルを単位とする測定値についての言及ではなく、配送ステーションがネットワークにどのように接続されるかに関係しない。
言及された米国特許および多くの国々で発行された対応する特許において開示されている、本発明のショッピング端末は、eショッピングおよびeサービスに関する、製品、価格、インボイスおよび支払い、配送詳細、ならびに他の材料およびプロセスデータを含む、ショッピングプログラムを含む。各ショッピング端末内に保存されるプログラムは、各住人によって個人的になされる選択に制限される。
そのような個人的に選択されるデータは、与えられた指定時刻に規則的にであれ、ランダムにであれ、定期的にであれ、各ショッピング端末に対して規則的に更新されなければならない。これは、マトリックスおよびマトリックスに個別に接続されたショッピング端末の各々による更新データの処理を可能にするのに必要とされる電力の提供を命じる。
言及された米国特許(例えば、特許文献6を参照)は、ビデオインターフォンモニタと関連付けられた再充電可能バッテリに調節された電流を供給することによって、モニタと中央ユニットの間に延ばされた通信線を介して、各ビデオインターフォンモニタに電力を供給するための方法を開示している。
マトリックスをショッピング端末と接続する通信線を介して調節された電流を供給することの利点は明らかであり、制御されたDC電流は同じ単一のツイストペアを介して情報信号とともに供給されることができ、それはコストおよび簡素性など実質的な利点を提供する。
したがって、本発明の別の目的は、制御されたDC電流もショッピング端末に供給する単一のツイストペアを介して、ショッピングデータ細目、コンテンツ、およびプログラムを更新し、ロードするための高速伝搬を含む二方向情報信号を伝搬させるための方法および装置を提供することである。
伝送線またはツイストペアを介して供給される電力は、本発明のまた別の目的を提供し、それは、更新およびローディングプロセスに関与させられるマトリックスおよびショッピング端末のすべての回路が、電力切断および他の電力供給異常に関わらず、常に電力を供給されていることを保証することである。
ショッピング端末のショッピング回路のメモリへのショッピング信号の更新およびローディングは、製品およびサービスの多くの写真およびイラストを高速に更新およびロードすることを含む。CAT5ケーブルの単一のペアなどの1つのツイストペアを介する情報信号の伝搬は、100mまたは330ftに制限され、イーサネット10Base−Tなどのネットワークまたはより高速なネットワークの場合、ケーブル長を60mまたは200ftに制限することが推奨される。
大規模な高層ビルでは、そのような制限は、マトリックスを住居と結び付けるスター型接続では満たされることができず、本発明の他の目的は、150〜200mをはるかに超える遠方への高速な信号伝搬を提供することである。
後で詳述されるように、これは、製品およびサービスの写真データおよびイラストデータを含むショッピングデータ細目を更新およびロードするのに必要とされる、高速データのための4MHz以上の帯域幅を提供するための、10〜20MHz以上のキャリア周波数から選択されるキャリア上に変調されたFM変調データを伝搬させることによって、達成される。
後で説明されるように、例えば、12MHzのキャリア周波数は、FM変調アナログビデオ信号を、単一のツイストペアを介して、200mをはるかに超える先まで伝搬させることを可能にし、同じFM変調器が、FSK変調についても、高速データをショッピング端末に伝搬させるために使用される。
10〜20MHzなどの範囲内の伝搬信号の減衰は、200mをはるかに超える信号の伝搬距離を設計された回路の動作範囲内に十分収まるS/N比で可能にするが、克服されることを必要とする他の制限が存在する。
CAT5ケーブルの制限は、減衰および信号対雑音比(S/N)だけが理由ではないことはよく知られている。他の制限は、伝搬遅延時間および衝突である。
伝搬遅延および衝突を克服するために、本発明の他の目的は、高速データ伝搬を、ショッピング端末のメモリ内に保存されたデータをロード、更新、追加、および変更することを目的とする、連続的な中断されない一方向送信、または中断されない一連のパケット、または他の形態のタイミング構造化送信に制限すること、ならびにより低速では、プロトコルとして知られた、事前プログラムされたコード化信号である、言及された出願(例えば、特許文献5を参照)において開示されている、二方向コマンドを伝搬させるための、ASKなどの別個の変調媒体を提供することである。
この設計は、衝突、タイミング制限、および他の通信障害なしに、ショッピングプログラムおよびコンテンツをいつでもアップグレードおよび更新することを簡単にする一方で、マトリックス、ショッピング端末、および建物サーバを操作するための二方向コマンドを、伝搬制限なしに、同時に伝搬させることを可能にする。建物サーバは、後で説明される。
デジタルデータであれ、またはアナログ信号であれ、ツイストペア上での信号の伝搬は、ノイズを排除し、S/Nおよび定在波比を改善するために、信号が差動または平衡信号であることを命じる。差動信号は、ネットワーク全体で主流であるように、

および

の極性を有するツイストペアを通して供給されなければならない。実際には、設置者および電気技師は、たびたび、ビデオインターフォンなどのシステムデバイスにツイストペアのいくつかを逆の極性で接続してしまい、そのことが、逆の極性で誤って接続された線のせいで通信することができない多くのデバイスを再訪して、接続し直すことを命じる。
本発明は、従来のショッピング端末およびビデオインターフォンと同様に、各ショッピング端末のショッピング回路に、またはショッピング端末ユニット全体の各々に、再充電可能バッテリを介して、電力を供給するように設計される。バッテリは、情報信号を伝送するのと同じツイストペアを介して、連続的に充電される。DC電力の極性は、差動信号の極性と同様に、極性を間違わずに接続されなければならない。
そのような接続上の障害を取り除き、間違いを犯さない接続環境を提供するために、本発明の別の目的は、1または複数のツイストペアに極性のない接続を導入することである。各ペアの端子に極性がない場合、設置者は、接続に先立って、

端子および

端子を識別すること、ならびに/またはペアを端子に接続した後、接続された極性を検証することを求められない。
本発明のまた別の目的は、マトリックスとも呼ばれるメインユニットにスター型構成で接続される複数の個々のツイストペアによって形成される内部通信線のセキュリティを保護することである。ツイストペアを含む各線は、個々の各ショッピング端末とメインユニットまたはマトリックス端子の間に延ばされる。
各線は、サイバー窃盗を目的とする侵入を防止するように設計されなければならず、これは、変調/復調ビデオ信号、二方向オーディオ信号、符号化/復号二方向ASK信号、データ信号、警報信号、コード化制御信号、緊急信号、符号化FSKデータ信号、およびそれらの組み合わせを含む群から選択される信号を含む、上で言及された情報信号を処理し、伝搬させる回路を、ありとあらゆる線に導入することによって達成される。
個々の各線への処理回路の導入は、いかなる可能なサイバー窃盗の試みもショッピング端末またはマトリックスと通信することができないようにし、それによって、外部/内部侵入からケーブリングを完全に保護するための、物理的な防御回路である。
さらに、上で言及された個々の信号処理回路の導入は、専用ネットワーク、プライベートネットワーク、公衆ネットワーク、インターネット、仮想プライベートネットワーク(VPN)、およびそれらの組み合わせを含む群から選択されるネットワークを通して、eサービスおよびeショッピングを含むeコマースを1または複数の建物に提供する建物サーバの間で、よく知られたルーティングおよび/またはオン−オフスイッチング回路によって方向付けまたはルーティングされる、ビデオまたはオーディオなどの個々の情報信号、FSK信号、およびASK信号を、ルーティングまたはオン−オフスイッチングすることを可能にする。
建物サーバは、大メモリ容量および/またはメモリバッファを含み得るが、Amazonなどのよく知られたクラウドコンピューティングプロバイダの文字通り限界のない容量のクラウドコンピューティングに統合され得、またはそれを使用し得る。あるいは、国全体のまたはグローバル目的の閉回路eコマースは、与えられたシステムの閉回路eコマースサーバの一部または全部に取って代わるために設計され、設定されるようなクラウドコンピューティング施設を設置し得る。
あるいは、1または少数の配送ステーションを介する、近所または1つの住居用高層ビルのための単一の食品雑貨プロバイダなどのための最小システムの場合、閉回路eショッピングは、少なくとも高層ビルの例と少なくとも1つのプロバイダを結び付ける、2または少数のサーバを有する専用ネットワークを使用し得る。専用ネットワークに接続されるサーバが2つだけの場合、eショップサーバは、クレジット、支払い、および閉回路eショッピングエンティティの動作全体を良好に管理することができる。
システムサイズに関わらず、個々の処理回路は、管理人ステーション、管理オフィス、スイミングプール、ヘルスクラブ、およびそれらの組み合わせなどのインターフェースを介してマトリックスまたはメインユニットに結び付けられる、ローカルに接続された周辺システムのいずれかによる試みを含む、サイバー犯罪からシステムを保護することに留意することが重要である。
ツイストペアの一端をビデオインターフォンまたは本発明の好ましい実施形態のeショッピングシステムインフラストラクチャの内部通信線のメインまたはマトリックスユニットのセレクタまたはルータに接続する回路の電気ブロック図である。 ツイストペアの一端をビデオインターフォンまたは本発明の好ましい実施形態のeショッピングシステムインフラストラクチャの内部通信線のメインまたはマトリックスユニットのセレクタまたはルータに接続する回路の電気ブロック図である。 図1Aのツイストペアの他端をビデオインターフォンモニタまたは本発明の好ましい実施形態のショッピング端末に接続する回路の電気ブロック図である。 図1Bのツイストペアの他端をビデオインターフォンモニタまたは本発明の好ましい実施形態のショッピング端末に接続する回路の電気ブロック図である。 一方向FM変調ビデオおよび一方向FSK変調信号のみを伝搬させる図1Aの変更されたブロック図である。 一方向FM変調ビデオおよび一方向FSK変調信号のみを伝搬させる図1Bの変更されたブロック図である。 一方向FM変調ビデオおよび一方向FSK変調信号のみを伝達する図2Aの変更されたブロック図である。 一方向FM変調ビデオおよび一方向FSK変調信号のみを伝達する図2Bの変更されたブロック図である。 図3Aおよび図3Bの回路を単一のエントリパネルに接続する本発明の基本ビデオインターフォンシステムインフラストラクチャの電気ブロック図である。 図3Aおよび図3Bの回路に選択的に接続されるn個のエントリパネルを含む図5Aの別の好ましい実施形態を示す図である。 n個のエントリパネルをn個の図3Aおよび図3Bの回路に選択的に結び付けるための、3極セレクタを使用する図5Bのシステムの拡張バージョンを示す図である。 n個のインターフェースモジュールをn個の図1Aおよび図1Bの回路に選択的に結び付けるための、4極セレクタを使用する図6Aの変更されたメインユニットの一部を示す電気ブロック図である。 n個の図2Aおよび図2Bの回路をn個のインターフェースモジュールに選択的に結び付けるための、複数の4極セレクタまたはルータを使用する中央ユニットを介して接続される、複数の図1A、図1B、図2A、および図2Bの回路を含む電気ブロック図である。 複数の3極セレクタまたはルータを使用して、FSKデータまたはFM変調信号の一方向に制限された伝搬を行う、複数の図3A、図3B、図4A、および図4Bの回路を含む、図7に類似した電気ブロック図である。 別の好ましい実施形態の異なるスイッチングまたはルーティング構成を有する、図7に類似した電気ブロック図である。 別の好ましい実施形態の異なるスイッチングまたはルーティング構成を有する、図8に類似した電気ブロック図である。 図1A〜図4Bに示された回路を含むショッピング端末のショッピング回路と、メインユニットと、サーバと、好ましい実施形態の閉回路eコマースのネットワークへのリンクとを示すブロック図である。 ショッピング端末のメモリ構造と、ショッピング表示ページのメモリバッファ内への呼び出しを含む、サーバによってメインユニット、CPUを介してメモリ内に供給されるショッピング細目についての更新ルートとを示す説明的なブロック図である。 ビデオインターフォンシステムおよびテレビセットを含む閉回路eショッピングシステムを示すブロック図である。 図12に示される閉回路eショッピングに類似するが、ケーブルTV、地上TV、セットトップボックス、専用ショッピングボックス、および専用ショッピング端末の組み合わせを含むブロック図である。 システムのブロック図、システムの仮想プライベートネットワークを介する段階的な注文処理、および組み込まれたeショッピング配送ステーションから注文した住人への物理的な配送を含む、本発明の好ましい実施形態の閉回路eショッピングを示すイラストを示す図である。 本発明の好ましい実施形態の配送タブレットのイラストを示す図である。 本発明の好ましい実施形態のスマートカートのイラストを示す図である。 本発明の好ましい実施形態の配送ステーションのスマート貯蔵庫またはラックのイラストを示す図である。
図1A〜図1Bは、ツイストペア10の一端と、図1A〜図1Bの端子10A〜10Bおよび図2A〜図2Bの端子11A〜11Bを介して接続される、2つの相補的な回路である回路100と図2A〜図2Bの回路200の間で、ツイストペア10を介して伝搬される情報信号を処理するための、図7のセレクタまたはルータ540−1、540−2、または540−nとの間に接続される回路100のブロック図を示している。処理される情報信号は、二方向または双方向ビデオ信号、二方向オーディオ信号、二方向または双方向ASK変調データ信号、および二方向FSK変調信号を含む。信号ポートまたは端子は、一方向マイクロフォン信号ポートまたは端子140、一方向スピーカ信号端子141、2つの電力端子150、151、二方向または双方向ビデオ端子160、161、二方向ASK制御およびコマンド信号端子162、ならびに二方向FSKデータ信号端子163として示されている。
ASKおよび/またはFSK信号は、CPU105を通して、送信、受信、および/または交換され、伝搬信号は、データ、コード、制御、コマンド、警報、緊急、問い合わせ、報告、応答、およびそれらの組み合わせを含む。ASKおよび/またはFSK信号は、場合によっては、デジタルオーディオおよび/またはデジタルビデオ信号、他の変調ASKおよびFSK情報および/または通信信号、ならびにそれらの任意の組み合わせをさらに含む。CPU105は、ASK変調−復調回路103の端子115、116を介して、二方向ASK(振幅偏移変調)変調信号を、ならびにFSK/ビデオセレクタ104およびFSK変調−復調回路102を介して、FSK(周波数偏移変調)変調信号を伝搬させる。
FSK、ビデオ、およびASK変調−復調回路102、103は、周波数変調(FM)および振幅変調(AM)としても知られる、良く知られた周波数および振幅変調器−復調器であり、低コストでふつうに入手可能であり、図1Aにおいて破線で示される単一のIC101内にパッケージされる。ASKは、選択された周波数でクロックを供給される必要があり、好ましい実施形態は、0.5〜1.0MHzの範囲内のクロック信号を使用する。ASK変調−復調回路103にアタッチされるクロック発生器107は、ICパッケージ101内に含まれる回路であることができ、または例えば、CPU105もしくは水晶(Xtal)発振器から供給される、クロックのための入力であることができ、またはよく知られたクロック発生器を形成する、個別コンポーネントを使用する発振器であることができる。
好ましい実施形態は、FSK変調器−変調器回路のために、12.5MHzの基底周波数を利用し、発振器は、ビルトイン発振器であるが、ASK変調器−変調器のクロック発生器と同様に、Xtal発振器など、接続された発振器であることができる。ASKおよびFSKの両方に同期が取れた時間基準を提供するために、単一のクロック発生器を使用することが好ましい。
CPU105および図2AのCPU205は、データの完璧な同期の取れた処理のためのASKコマンドおよびFSKデータ伝搬のタイミングのために、図11Bの図示されたバッファ208Aなどのメモリバッファを使用し得、またはCPU205、535内に組み込まれる、図11Aに示された組み込みもしくはビルトインメモリ208、536を使用し得る。
FSK/ビデオセレクタ104は、もっぱら説明のために、一対の電気コンタクトとして示されており、セレクタは、FETまたは他のスイッチングトランジスタを使用するマルチプレクサまたは半導体スイッチなどの、よく知られた半導体回路である。極端子119A、119Bは、例えば、変調器の入力をFSK入力に接続するために、CPU105から供給される制御コマンドによって一緒または独立に動作し、同時に変調器にCPU FSK out端子から供給されるデータを変調するように命令し、それによって、FSK信号を、端子112を介して、差動増幅器121に出力することができる。
ASK信号およびFSK信号は、ASK信号のための115、116、およびin−out FSK信号のための119A、119Bなど、別々のin−out端子を介して、CPU105のin−outポートに接続されて示されている場合であっても、ASKおよびFSKデータ信号ポートはともに、双方向であることができ、ともに、図示された線117A、117B、および118などの制御線を介して、それぞれ、FSK/ビデオセレクタ104、FSK変調/復調102、およびASK変調/復調103に伝搬されるコマンドに応答して、どちらかの方向で動作していることができる。さらに、2つの変調/復調回路102、103を制御するために、および組み合わされた回路100に応じて、セレクタ104も制御するためにプログラムされた単一のI/Oポートおよび制御線を使用することが、好ましい。
差動増幅器121は、変調された信号を、それがFM変調ビデオであれ、またはFSKデータであれ、DC成分を除去するために、コンデンサ172、173を介して出力し、FSKデータまたはFM変調ビデオ信号を、図2Aに示された、ショッピング端末の相補的回路200に供給するために、変調された信号を、ハイパスフィルタ(HPF)124、125を通して、またツイストペア端子10A、10Bを通して、ツイストペア線10に供給する。
ビデオインターフォンエントリパネルのカメラなどのビデオカメラのFM変調ビデオ信号、並びにショッピング、製品、およびサービスに関する詳細なデータでショッピング回路のメモリをアップグレード/更新するためのFSKデータ信号の伝搬は、これ以降、信号の動きを反映して、インバウンド通信、インバウンド方向、またはインバウンド伝搬と呼ばれる。
ショッピング端末回路200から反対方向に供給されるFSKデータまたはFM変調ビデオ信号は、これ以降、信号の動きを反映して、アウトバウンド通信、アウトバウンド方向、またはアウトバウンド伝搬と呼ばれる。アウトバウンド信号は、ショッピング端末回路200から伝搬させられたFSK信号を復調し、CPU105の入力FSKポートに供給するために、または復調されたビデオ信号をビデオout端子160に供給するために、HPF124、125、結合コンデンサ170、171、および差動増幅器−バッファ120を介して、ビデオ/FSK変調/復調回路102に伝搬させられる。CPU105は、CPU105およびFSK/ビデオ選択104を介して処理されたコマンドの指示に基づいて、受信されたFSKまたはビデオデータ信号を処理する。
上述のことから、FSKデータ信号またはFM変調ビデオ信号の各々が、ともに上で言及された12.5MHzなどのキャリア周波数を有し、差動増幅器121および増幅器−バッファ120を介して、2つの方向に伝搬させられることは、明らかである。差動FM変調ビデオおよび差動FSKデータ信号は、回路100と回路200の間のツイストペア10を介して、またハイパスフィルタ124、125、224、225を介して、伝搬させられ、それによって、後で説明されるように、回路100と回路200の間の同じツイストペア10を介して伝搬させられる他の信号から分離される。
図1Aの抵抗器180〜187および図2Aの抵抗器280〜287は、それぞれ、図1Aの演算増幅器120〜123および図2Aの演算増幅器220〜223のためのリファレンス抵抗器である。リファレンスは、各々、2以上の抵抗器を含み得、ならびに/またはコイル、コンデンサ、および抵抗器のアレイを含み得る。
データ、ショッピング、コマンド、制御、警報、および緊急を含む群から選択されるASK信号は、図1A〜図1Bの回路100と図2A〜図2Bの回路200の間で二方向に伝搬させられる。上で言及されたようなASKのクロック周波数は、例えば、125Kボーの速度で双方向データを可能にする、0.5MHzである。
FSK差動増幅器121および増幅器−バッファ120と同様に、ASK差動増幅器123および増幅器−バッファ122は、図2A〜図2Bのショッピング端末の回路200と双方向差動ASKデータを通信するために、双方向差動ASKデータ信号を、アウトバウンド端子113およびインバウンド端子114、結合コンデンサ174、175、176、177、ならびにバンドパスフィルタ126、127を介して、端子10A、10B、および同じツイストペア10を通して伝搬させる
図1A〜図1Bのバンドパスフィルタ(BPF)126、127、および図2A〜図2BのBPF226、227は、例えば、200KHzから800KHzの範囲にあり、約80Hz〜8KHzのリアルタイムまたは基本周波数範囲で伝搬されるオーディオ信号からの、および12.5MHzのキャリア周波数と、最低シフト周波数が5MHzよりも上に留まることを保証する、例えば、5〜7MHzの帯域幅とを有するFM変調ビデオまたはFSKデータからの相当な分離距離を提供する、与えられた帯域内の信号を通過させるように計算される。
高調波ならびに高調波を含むオーディオ帯域からの他の漂遊信号およびノイズを含む、200KHz〜800KHzの範囲のASK帯域の分離は、最大で50KHzに達し得、それは、最低周波数が5MHzを超える帯域を有するFMビデオ/FSK信号からのものである。オーディオ帯域からの150KHzの分離およびFMビデオ/FSK帯域からの4MHz超の分離は、相当なものであり、オーディオ、ASK、およびFMビデオまたはFSKデータを含む信号の3つのグループが、同じツイストペア上で同時に、一方向および/または双方向に伝搬させられることを可能にすることは、明白であり、明らかである。
図1B、図2B、図3Bおよび図4Bは、例えば、100KHzから1.0GHzの範囲の広帯域信号を、様々な線路インピーダンスを有する不平衡線および平衡線と信号源の間で双方向に同時に伝搬させる、バラン変成器100B、200Bを使用する、本発明の別の好ましい実施形態のよく知られた回路を示している。
示された回路100A、200A、190A、290Aは、電力を消費せずに、少数の受動コンポーネントを使用して、バッファ増幅器120、123、220、223および差動増幅器121、122、221、222、結合コンデンサ170〜177、270〜277、ならびにリファレンス抵抗器180〜187、280〜287の全ブロックに取って代わり、そのすべては、必要とされなくなり、使用されなくなる。
双方向回路100Aは、ASK変調−復調端子113、114を、結合コンデンサ174B、176B、線路抵抗器184B、185B、単一のバンドパスフィルタ127、およびバランス(平衡−不平衡)変成器100Bを介して接続する。
双方向FSK変調−復調端子111、112は、結合コンデンサ171B、173B、線路抵抗器180B、181B、ハイパスフィルタ125を介して、バラン100Bに接続される。バラン100Bは、結合コンデンサ178Bを介して、ツイストペア端子の接続点10C、10Dに接続され、双方向差動回路に取って代わり、その任意の組み合わせを含む、上で言及された信号すべての一方向および双方向伝搬を、信号劣化を生じさせずに、完全に維持する。
バラン回路100Aと回路100の差動回路との間の重大な相違は、ノイズ耐性およびノイズの放射(EMI)である。
これは、2つの回路の間の選択を、信号ならびに内部通信線を取り巻く環境および線のタイプに基づいた設計上の選択にする。後で説明されるように、示された単一のツイストペアも、内部通信線のために、単一のツイストペアと複数のツイストペアの間で選択された、または選ばれたものである。
図2Bのバラン回路200Aは、バラン回路100Aと文字通り同一である。示された相違は、結合コンデンサの番号が、171B〜178Bか、それとも271B〜278Bか、線路抵抗器の番号が、180B〜185Bか、それとも280B〜285Bか、バランの番号が、100Bか、それとも200Bか、および端子10Cまたは10Dへの接続か、それとも端子11Cまたは11Dへの接続かである。それ以外は、回路100Aは、回路200Aと同一であり、ともに、他方の相補的回路である。
図3Bの回路190Aおよび図4Bの回路290Aに対しては、回路100Aおよび回路200Aのために使用されるのと同じ番号が、使用される。回路100Aと回路190A、または回路200Aと回路290Aの間の唯一の相違は、図8、図11A、および図11Bに示されるようなeショッピング回路20を組み込んだビデオインターフォンシステムのために使用されるような一方向FMビデオおよびFSKデータである。
ツイストペアを介して伝搬させられる有線電話信号などの、伝搬させられる双方向オーディオ信号は、線の終端において、インピーダンスをマッチングさせることを必要とする。特に、図2Aの回路200を動作させるためのDC電力が、有線電話で通常提供されるようなツイストペアを通して供給される場合に、良好なオーディオ終端を提供するために、終端は、図1Aのオーディオ線路変成器142および図2Aのオーディオ線路変成器242によって好ましくは提供される。
変成器は、2つの無極性コンデンサNPを介して、ツイストペア端子10A、10Bに接続される。無極性コンデンサを使用する理由は、ツイストペア10を介して図2Aのショッピング端末に供給されるDC電力極性である。電力およびシグナリング供給は、端子10A、10Bと端子11A、11Bの間の無極性ツイストペア接続を可能にするように、好ましくは設計される。
そのような無極性接続は、電力極性を二方向にランダムに供給し、したがって、2つのコンデンサNPは、線10を、端子11A、11Bを介して、線路変成器242に接続する、無極性コンデンサであり、DC接続のための良く知られた分極コンデンサではない。無極性状態は、図1Aの2つのコンデンサについて同じではない。
図7のメインユニット600または図8のメインユニット700に与えられた極性で接続される、電力端子

150および

151が、図1Aにおいて示されており、電解コンデンサまたはタンタルコンデンサなどの分極コンデンサが、使用されることができる。しかしながら、コンデンサのインピーダンスは、コンデンサタイプおよび構造とともに変化するので、ツイストペアの両端において同一のインピーダンスを保証するために、図1Aおよび図2Aに示されるように、ツイストペア10の両端において、同一のコンデンサNPを使用することが好ましい。
線路変成器142の1次コイルは、ハンドフリー音声通信ICに接続され、それは、会議電話およびよく知られたハンドフリービデオインターフォンモニタなど、多くのタイプのハンドフリーオーディオ通信において使用される、よく知られたICである。ハンズフリーは、ハンドセットを提供されない、および/またはインターコムもしくは電話ユニットの本体に設けられた開口を介して、マイクロフォンに向かって話し、スピーカからの音を聞きながら、ハンドセットをフック上に置いたままにすることによって操作される、インターコムおよび電話を指す。ハンドフリーICは、スピーカからマイクロフォンへの音フィードバックによって引き起こされる、ハウリングおよび振動を防止する。
端子140 mic.および端子141 sp.は、線路変成器142、無極性コンデンサNP、端子10A、10B、および上で言及されたASK、FSK、またはFMビデオ信号をショッピング端末回路200と交換しているツイストペア10を通して伝搬させられる、二方向音声信号mic.、spを接続する。
図1Aの回路100および図2Aの回路200を動作させるための電力源は、ビデオインターフォン、ショッピング端末、およびそれらの組み合わせを動作させるための、LCDまたは他の表示スクリーンを含む回路100、200を動作させるための、12Vもしくは15Vもしくは24Vまたは他の任意の有効DC電力などの、DC電力供給から供給される。
言及された米国特許において開示されているショッピング端末は、TV、ケーブルTV、ならびにセットトップボックス、ケーブルボックス、アンテナコンバータボックス、衛星コンバータボックス、および専用ショッピングボックスなどの、異なるよく知られたボックスを含む。したがって、ケーブルTVであれ、もしくはアンテナTVであれ、TV内部に、および/または上で言及されたよく知られたボックスのいずれかの内部に、回路200を含むことが、有利である。
TVおよびボックスは、普通、住居のAC電力線を介して電力を供給されるが、TVまたはボックスのスイッチは、オフにされることがあり、回路200が、TVまたはボックスの電力供給を介して、電力を供給される場合、回路は、それがビデオインターフォン機能のために使用されるとき、入力コールに応答せず、さらに、回路200は、ショッピングデータの更新、新たなローディング、ならびに/または他のアップグレードおよび/もしくは他の細目更新に応答しない。
したがって、回路200は、無極性伝送線を介して電力を供給されることが好ましい。回路100、200によって消費される電力は、事前に定められ、知られ、および/または計算され、好ましい電力供給は、事前計算された電流制御値である。制御された電流は、電力線路サージを渡さず、電流変動を防止し、それによって、一定の安定した電流フローを保証し、そうでなければ、ツイストペア線10などの同じ線を介して伝搬させられる信号に影響を与える、電力供給源およびノイズを生じる負荷からの通信外乱を低減させる。
米国特許(例えば、特許文献6を参照)は、与えられた持続時間にわたってビデオインターフォンに電力を供給し、十分に動作させることを可能にする、関連する再充電可能バッテリを含む、ビデオインターフォン回路に電力を供給するための、そのような制御された電流を開示している。言及された米国特許において挙げられている、ショッピング端末およびビデオインターフォンは、そのような充電回路および関連する再充電可能バッテリも提供される。
ショッピング端末回路200および/または専用ショッピング端末は、普通、1日24時間、週7日、完全にアクティブであることを予期されない。専用ショッピング端末は、1回当たり1時間未満の短い時間動作することが予想される。一定の事前に定められた制御された電流で連続的に充電されている再充電可能バッテリによる、1日当たり数時間の動作持続時間は、iPadおよびモバイルフォンのために到るところで使用されるような、低コスト再充電可能バッテリの範囲内に十分にある。
図6に示されるようなメインユニット690のメイン電力供給15は、デュアルコイル153、154を介して制御された電流の電源を接続する端子150、151を介して、及び端子10A、10Bを介して、制御された電流をツイストペア線10に供給する。示される単一のコンデンサ152は、任意の残存オーディオ、ASK、FSK、またはFM信号を短絡するための、分路コンデンサである。コンデンサ152は、単一のコンデンサとして示されているが、しかしながら、セラミック、タンタル、マイラ、または電解、およびそれらの組み合わせなどの、いくつかのコンデンサが、代わりに使用されることもできる。
コイル153、154は、好ましくは、透磁率が非常に高いコアを使用する1ヘンリーなど、非常に大きいコイルであり、コイル巻線および抵抗は、端子10A、10Bにおける、またはツイストペア線10沿いの短絡がコイルに損傷を与えないことを保証するように計算される。大きいコイルは、非常に大きいインピーダンスを提示し、信号をDC電力から完全に分離するために、コンデンサ152と一緒になって、いずれの信号も電力源に到達しないようにする。
コイルの巻線は、ワイヤおよび極性の不注意な接続および取り扱いミスが、コイル自体、メインユニット、その回路および電力コンポーネントを含むコンポーネントに損傷を与えないことを保証するように、設計および作製されることが好ましい。さらに、無極性接続は、接続極性を遵守する必要性から設置者を解放する。無極性は、設置者が、どの極性とでも任意に、ツイストペアを端子10A、10Bに接続することを可能にし、もちろん、接続の間に短絡が引き起こされないという条件で、DC極性に関わらず、回路は、適切に機能する。
ツイストペア10を通して供給される電力は、その他端において、図2Aに示される端子11A、11Bに接続され、それは、信号をフィルタリング除去し、無極性電力をブリッジ整流器255に供給するための大きいコイル256、257に接続される。よく知られたブリッジ整流器は、

および

として示される分極端子を介して、正しく分極された電力を出力し、それをフィルタリングおよび蓄電コンデンサ254に、およびレギュレータ253に供給する。
レギュレータ253は、調整された出力を、他のフィルタリングおよび蓄電コンデンサ252に、およびVCC端子250、251に供給し、充電可能バッテリ230の充電を含まない、ショッピング回路によって消費される電圧および電流にふさわしい、定められた電力を提供する。
ビルトインバッテリ230は、回路200に導入されることができ、またはそのようなバッテリは、ショッピング端末と関連付けられ、またはショッピング端末に接続されることができる。好ましくは、バッテリは、回路231によって接続および充電されるべきである。充電回路231は、使用されるバッテリのタイプにふさわしく、また適切な充電率にふさわしい。充電率は、事前に定められた制御電流の一部または分配でなければならない。
一定の事前に定められた電流は、スタンバイモードにあるショッピング回路200の動作と、バッテリ230の適切な充電とを同時に可能にするように、計算される。図11Aのショッピング回路20が、ディスプレイ209を含むすべてを稼働させて、動作しているとき、充電されたバッテリ230は、必要とされる電力を提供する。
関連する再充電可能バッテリ230などの導入は、回路200への電力供給を含む選択上の問題である。好ましい実施形態のバッテリ230は、少なくとも回路200に、ならびにランダムにおよび/または与えられた事前に決定された時刻に更新されなければならない、図11Bの多くの写真46、価格47、配送48、および在庫49を保存するメモリ208を含む、ショッピング回路の少なくとも一部に電力を供給するために選択される。
回路200に接続されるCPU205およびメモリ208を備えるショッピング回路21は、少なくともスタンバイモードのために電力を供給され、常にショッピング細目の更新およびアップグレードを受信する準備ができていなければならず、ショッピング端末の電力オン−オフスイッチに依存してはならず、またはショッピング端末もしくはビデオインターフォンを電力源に接続するAC電力コードをプラグから引き抜くことによって、電力を絶たれてはならない。
図2Aは、ツイストペアケーブル10の反対端に2つの回路を接続するための、電力出力回路250〜255、バッテリ230、およびバッテリ充電器231を除いて、回路100とほとんど同一である、図1Aに示された回路に対して反対側の回路を示している。
ビデオ/FSK変調器/復調器202、双方向ASK変調器/復調器203、及びパッケージ全体201は、図1Aの同じパッケージIC101と同一である。同じことが、演算増幅器およびドライバ220〜223、リファレンス抵抗器280〜287、結合コンデンサ270〜277、BPF226、227、HPF224、225、NPコンデンサ、線路変成器242、ならびにハンズフリー音声IC206にも当てはまり、それらは、図1Aに示され、上で詳細に説明された回路と同一または同様である。
基本的な相違は、電力接続端子250〜251を有するブリッジ整流器255、信号端子260〜263、およびバッテリ端子232、233である。図1Aの端子150、151は、電力源に接続されるが、端子250、251は、VCCを回路200に出力する。回路100のためのVCCは、メインユニットまたはマトリックス600のユニットメイン電力供給15から、図1Aの端子164、165に直接的に供給される。
端子261からのアウトバウンドビデオ、および端子260へのインバウンドビデオは、回路100の端子160からのアウトバウンド、および端子161へのインバウンドに対して逆になるように示されている。制御およびコマンド端子162は、図7における回路のメインまたはマトリックスコントローラ535とASK信号を通信しており、図2Aの同じ制御およびコマンド端子262は、図11Aおよび図11Bにやはり示されるショッピング端末のメインCPU205と通信している。
FSK in−outは、双方向FSKデータを、端子263、ツイストペア10を介して、および回路100の端子163を介して、図11Aおよび図11Bに示されたメインもしくはマトリックスコントローラ535と、またはサーバ8と通信する、図11Aおよび図11Bに示されるショッピング端末のメモリ208に、およびそれから伝搬させられる。
図3Aは、FSKまたはFM変調ビデオを、回路190から図4Aの回路290への一方向伝搬にのみ限定することによって、図1Aの回路100に類似する、回路190を示している。一方向FSK回路は、閉回路eコマースにとって、特に、図11Aおよび図11Bにおいて208として示されたメモリ内に保存された、ショッピング端末の保存されたデータを更新する必要性のために必須である。一方向FM変調ビデオは、訪問者の画像を送信するために、ビデオインターフォンシステムにとって必須である。
同じことが、図2Aの回路200であるが、回路190から回路290へのFSKまたはFM変調ビデオの一方向伝搬のみを行う、図4Aの回路290にも当てはまる。回路190、290はともに、VID/FSK回路102を部分的に使用し、回路190は、回路102Aを、変調機能のみに制限し、FSK/ビデオセレクタ104Aを、ビデオまたはFSKデータの間でインバウンド信号を選択するための単一のセレクタとして制限する。別の変更は、端子160、261を含む、すべての周辺コンポーネントを伴った、差動増幅器−ドライバ120および差動増幅器221の除去である。
図1Aおよび図2Aに示され、図3Aの回路190および図4Aの回路290に関連して上で言及されていない、他の要素、端子、およびコンポーネントは、4つの回路100、200、190、290で同様であり、共通である。さらに、図1Aおよび図2A、または図3Aおよび図4Aのいずれか一方の要素、端子、およびコンポーネントに対して行われた言及および説明は、特に、回路100と回路190、および回路200と回路290で同じである。
双方向オーディオ信号、コマンド、制御、警報、緊急、ショッピング、コード化データ、他の任意のデータ、およびそれらの組み合わせを含む群から選択される、一方向および双方向ASK信号、一方向または双方向FM変調ビデオ信号またはFSKデータ、制御されたDC電流の供給を含む制御、ならびにそれらの組み合わせを伝搬させるために、単一のツイストペアが、メインルータまたはマトリックスユニットと、与えられた住居または他の建物の単数のユニットのショッピング回路との間に接続されることができることが、図1Aの回路100、図2Aの回路200、図3Aの回路190、および図4Aの回路290から明らかになる。
再充電可能バッテリは、前記建物の単数のユニットのショッピング端末の回路200に接続され、それと関連付けられ、またはそれに組み込まれることができることも明らかになる。
ショッピング端末が、TVセットもしくは専用ショッピング端末、または建物もしくは家屋のビデオインターフォンに接続されないよく知られたボックスであり、エントリパネルまたはセキュリティカメラのようなユニットからのビデオが、ショッピング端末に伝搬されない場合、図3Aの回路190および図4Aの回路290は、それぞれ、ビデオ/FSKセレクタ104Aおよび204B、ならびに端子161および260を排除することによって、さらに縮小されることができる。
そのような縮小された回路に、一方向または双方向ビデオを除く、上で言及された他のすべての信号とともに、双方向FSK伝搬を提供するために、FSK/ビデオセレクタを除去し、ビデオ伝搬を行わないように、図1AのCPU105および図2AのCPU205のFSKポートを固定的に接続することによって、端子160、161、260、261は、セレクタ104、204とともに、排除されることができるが、FSK変調デジタルビデオ信号は、以下でさらに言及されるように、CPU105およびCPU205を介して伝搬されることができることも明らかである。
同様に、変成器142、242、ハンドフリーIC106、206、コンデンサNP、およびオーディオ端子140、141、240、241などの、すべてのオーディオコンポーネントを除去し、オーディオを含まない上で言及された信号のいずれかまたは組み合わせを伝搬させることが可能である。
図1B、図2B、図3B、および図4Bを含む、図1A、図2A、図3A、および図4Aに示される、回路100、190、200、および290は、上で言及されたDC電力供給を伴うまたは伴わない、上で言及された個々の信号およびそれらの組み合わせの選択された一方向および双方向通信のための、ベストプラクティスな回路を提供するために、変更され、サイズおよびコンポーネントの数について縮小されることができることも明らかである。
図5Aは、上で言及された回路190に接続されるビデオインターフォンシステムのエントリパネル400のブロック図である。エントリパネルは、マイクロフォン401およびマイクロフォンドライバ411と、スピーカ402およびスピーカ増幅器412と、カメラ403およびカメラドライバ413と、CPU430と、端子405を介するインバウンドマイクロフォン信号、端子406を介するアウトバウンドスピーカ信号、および端子407を介するインバウンドビデオを含む、組み合わされた3つの信号を接続/切断するためのスイッチ420とを備える。
よく知られた選択キー、ディスプレイ、ならびにエントリパネルに一般的に設けられる要素および特徴は、図5A、図5B、および図6Aに示されていない。これは、図5A、図5B、および図6Aのエントリパネル400が、図6A、図6B、図7、および図8に示される、エントリパネル400、ならびに/またはeサービスおよび/もしくはeショップ通信インターフェースモジュール440のいずれかからの、インターフェースモジュール440およびマトリックスまたはルータとも呼ばれるメインユニット600を介する、インバウンド−アウトバウンド信号伝搬の本発明に特有なルーティング−選択を説明するためのものだからである。
図5A、図5B、図6A、および図6Bに示されるスイッチ420は、説明を簡単にするために、機械的な接触スイッチとして示されている。本発明の好ましい実施形態は、よく知られた、ふつうは低コストで世界中の多くのIC製造業者から入手可能な、デジタルまたはアナログのルーティングまたはスイッチングICを利用する。
音声およびビデオ信号は、アナログまたはデジタルであること、圧縮されるまたは圧縮されないことができ、デジタルオーディオおよびビデオ信号は、システムのCPU205、105、430、535を介して、転送される。アナログオーディオ信号は、端子140(mic.)および端子141(sp.)を介して転送され、カメラまたは他のビデオ源によるアナログビデオ信号は、端子161に接続され、転送される。
カメラ403によって生成されるビデオ信号は、ビデオインターフォンシステムのエントリパネル400とともに使用されるカメラに関連するが、しかしながら、ビデオインターフォンモニタが、図11Aおよび図11Bのショッピング端末回路20を備え、ビデオ信号が、端子161を介して接続され、転送される場合、図6A、図6B、図7、および図8に示されるインターフェースモジュール440から供給される、任意のビデオ信号であることができる。インターフェースモジュールは、エントリパネル、eサービスおよびeショッピングプロバイダとの結び付きを提供し、図5Aおよび図5Bのエントリパネル400の内部に示されるスイッチ420は、カメラ403によって生成された任意のビデオ信号、ならびに図12Aおよび図13に示されるeサービスおよびeショッピングプロバイダから伝搬させられた任意のビデオ信号を接続および/または転送するために、図6A、図6B、図7、および図8に示されるインターフェースモジュール440内に好ましくは含まれる。
オーディオ信号が、マイクロフォン信号であれ、スピーカ信号であれ、および/またはカメラ信号もしくは上で言及された他の任意のビデオ信号を含むものであれ、デジタル信号である場合、接続および転送は、異なるように処理される。
デジタルオーディオおよび/またはビデオは、より高速なFSK変調信号を通して転送される必要があり、したがって、マイクロフォン端子140、スピーカ端子141、およびビデオ端子161は、使用されず、代わりに、信号は、エントリパネル400または440モジュールのCPU430のI/Oポート431〜433に接続および転送される。CPU430は、信号を、I/Oポート401を介して、図7および図8にそれぞれ示されるメインユニット600および690のメインCPU535に伝搬させる。
メインCPU535は、オーディオおよびビデオデジタル信号を、回路100の端子163に接続および転送する。図3の回路190および図4の回路290は、一方向のみのFSKおよびFM変調ビデオ伝搬を提供されるので、それらは、インバウンドマイクロフォン信号およびアウトバウンドスピーカ信号のために必要とされるような、双方向FSK信号のために使用されることができない。それにも関わらず、図11Aに示されるメモリ208または図11Bに示されるメモリバッファ208A内に保存されたデータを更新またはアップグレードするために、一方向FSKデータを伝搬させるために、もっぱら使用されるモジュール440に対して、回路190、290は、使用されることができる。
マイクロフォン信号およびスピーカ信号がアナログであり、カメラ信号のみがデジタルである場合、回路190、290が、使用されることができる。しかしながら、プログラムされたセレクタは、カメラ信号を、CPU430を介して、およびCPU535を介して、端子163に接続および転送し、セレクタ104A、104Bは、写真データを処理し、復号し、図11Aおよび図11Bに示されるメモリ208内に保存するために、信号をFSK復調回路に転送する。保存されたビデオ信号が、圧縮されている場合、CPU205は、ショッピング端末スクリーン209上に表示するために、信号を伸長する。
訪問者が、タッチスクリーンを使用して、図5Aのエントリパネル400をアクティブ化し、訪問者が、キー、またはRFIDカードおよび写真識別などの他のタイプのアクセスを選択した場合、スイッチ420は、スピーカ(sp.)、マイクロフォン(mic.)、およびエントリパネルのカメラ403によって生成されたビデオ信号を接続する。
ビデオインターフォン701または図12のテレビ(TV)セット702と組み合わされて示されたショッピング端末と通信するために、ビデオ、マイクロフォン、およびスピーカ信号は、エントリパネルの端子405、406、407を通して、それぞれ、回路100または回路190の端子140、141、161に供給される。図12に示されるエントリパネルは、選択キー409、タッチスクリーンを含む表示スクリーン404、およびカメラ403を有するように示されている。
図5Aに示されるスイッチ420は、それによって、示された単一のエントリパネルと、線10および回路290を介して、ビデオインターフォン701、または図12に示された組み合わされたショッピング端末とTVセット702と通信するために、インバウンドマイクロフォンおよびカメラ信号を供給し、アウトバウンドスピーカ信号を受信する回路190との間のリンキングスイッチになる。図5Aおよび図5BのCPU430が、図12のビデオインターフォンまたはショッピング端末702によって生成されるスイッチオンコマンドに基づいて、メインCPU535によって制御されることができることは、明白に明らかである。
図5Bは、n個のエントリパネル400−1、400−2、400−nを示しており、各々は、スイッチ420を含む。CPU430は、エントリパネルの1つにおいて訪問者によってランダムに生成されるコマンドによってであれ、またはビデオインターフォンモニタ701もしくはTVセット702から生成および供給され、CPU535を介して伝搬させられるコマンドによってであれ、ただ1つのスイッチ420をオンに切り換えるようにプログラムされる。CPU430は、別のスイッチ420がオンに切り換えられる場合、スイッチ420へのスイッチオンコマンドを拒絶する。図5Bに示される接続構成は、2以上のエントリパネル400を回路100または回路190と結び付けることを可能にすることができないので、スイッチ420の動作をただ1つのスイッチに制限することは、重要である。
図6Aは、エントリパネル400−1〜400−nのいずれか1つを、回路190−1などの単一の回路190と、もしくはパネル400のいずれか1つを、n個の回路190のいずれか1つと選択的に接続するための、または複数のエントリパネル400を、複数の回路190と接続するための、図5Bの拡張されたスイッチング回路を示している。図6Aの回路は、回路190−nおよび回路190−1にそれぞれ接続された、2つのエントリパネル400−2およびエントリパネル400−nを示している。
詳細には、エントリパネル400−2は、ブロック620−nに示される組み合わせスイッチ530−nのスイッチ533−2を介して、回路190−nに接続される。エントリパネル400−nは、ブロック620−1内の組み合わせスイッチ530−1のスイッチ533−nを介して、回路190−1に接続される。スイッチ420−1〜420−nは、PCBエリア内で最短の可能なリンキング線を提供するために、ブロック620内において、与えられたパターンで相互接続される。
示されたn個の組み合わせスイッチ530−1、530−nは、各々、n個のスイッチまたはルータ533−1、533−2、533−nを備える。各組み合わせスイッチ530のスイッチ533の数は、nであると示される、モジュール440を通して接続されるエントリパネル400を含む、モジュール440の数と一致するように選択される。
メインCPU535は、与えられた組み合わせスイッチ530のn個のスイッチ533のうちのただ1つを、選択された1つのスイッチ420と一緒に、オンに切り換えるようにプログラムされる。例えば、図6Aは、スイッチ420−2および組み合わせスイッチ530−nのスイッチ533−2を介して、回路190−nと結び付くように命令された、エントリパネル400−2と、スイッチ420−nおよび組み合わせスイッチ530−1のスイッチ533−nを介して、回路190−1と結び付くように命令された、エントリパネル400−nとを、それぞれ示している。
図5Bおよび図6Aのエントリパネル400は、省略されて示されており、図5Aのドライバおよび/またはI/Oポート431〜433への信号接続を有していない。図6Aのエントリパネル400は、図を簡略化するために、省略されて示されているが、図12に示されるタッチスクリーンを伴うディスプレイ404および選択キー409などの他の要素を含む、図5Aに示されたのと同じブロックおよび回路を備えるものとして見られるべきである。
さらに、図6Aおよび図6Bに示される与えられた組み合わせスイッチ530または540のただ1つのスイッチ533または544が、オンに切り換えられることができること、および与えられた組み合わせスイッチ530または540の2つのスイッチ533または544は、同じエントリパネル400または同じモジュール440と結び付けられないことが、大切であり、重要である。そのような制限は、回路190のいずれか1つが、エントリパネルのいずれか1つと直接的に結び付けられることができ、他の回路190は、同じエントリパネルと結び付けられることができないことを、明白に明らかにする。
CPU205、105、430、535のための好ましい実施形態プログラムは、2以上の回路100、190、200、290が、交差させられることがないように、または同じエントリパネル400とであれ、もしくは後で説明されるように、同じエントリパネル、もしくは図7および図8にも示される、同じeサービスおよびeショッピングインターフェースモジュール440とであれ、一緒に結び付けられることがないようにする。
建物のインフラストラクチャなど、ネットワーク内で使用されるスイッチまたはルータのプログラミングは、商取引のハッキングまたは悪用を防止するのに最良の方法を真剣に考慮しなければならない。イーサネットネットワークなど、ルータおよびハブを用いるネットワーク内で一般的に伝搬されるTCP/IP信号は、そのようなネットワークの多くのハブまたはルータを通して容易にアクセス可能であり、本発明の好ましい実施形態は、ピアツーピア通信のみのための物理ルーティングを提供することである。
ボイスオーバIP(VoIP)システム内で、例えば、よく知られたデジタルスイッチによって使用されるような、IPデジタルスイッチを介する典型的なIPルーティングは、そのようなデジタルスイッチが、ピアツーピアリンクのためにプログラムされることができる場合であっても、好ましい実施形態ではない。
商用環境において使用される、そのようなIPスイッチングICは、ショッピング端末100または190と、図7〜図10に示されるエントリパネル400またはモジュール440との間で、安全性の高い制限的な相互接続を用いるようにプログラムされなければならない。それにも関わらず、それは、暗号化および他の複雑でコストのかかるプログラムを含む、非常に高いレベルのセキュリティ保護が適用されない限り、建物内からのハッカを防ぐのに十分に安全であることができない。
これが理由で、本発明の好ましい実施形態は、各線10のインテグリティ、ならびに2つの線10が、交差させられること、または物理的に侵入されることができないこと、および建物内からの住居またはオフィスへの接続が、別の登録されたユーザとして誤識別されること、または誤って診断されることができないことを保証するようにプログラムされた、スイッチングまたはルーティングデバイスを使用する。
雑居ビルのために使用されるインフラストラクチャネットワークのスイッチまたはルータのために設計されるプログラムは、特に、インフラストラクチャが、eショッピング、ならびに銀行取引、クレジットカード、および保険サービスを含み得るeサービスなどの、商目的で使用される場合、ハッキングおよび悪用を防ぐための、高いレベルのセキュリティプログラミングを含まなければならない。
住居用ビルのためのそのような高いレベルのプログラミングは、特に、ネットワークが、よく知られたイーサネットなどの、ローカル(LAN)IPネットワークである場合、きわめてコストがかかる。イーサネットネットワークにおいて使用される、普通に入手可能なハブおよびルータに基づいたインフラストラクチャは、上で述べられたように、システム内から容易に侵入されることができる。
単に、RJ45コネクタをビルの内部ネットワークのスイッチングハブもしくはルータから引き抜き、それをハッカのPCに結び付けられたRJ45プラグによって置き換えることが、知識のあるハッカに、侵入するための簡単な手段を提供し、またはそれは、内部からシステムに入り、それを悪用することを誘うものと見なされ得る。したがって、暗号化および他のよく知られたファイアウォールを含む、安全性の高いIP LANシステムであっても、一般に脆弱なネットワークに接続されることを拒否する、ほとんどの金融機関によって拒絶される。
上で言及された選択された通信は、データならびにコマンドおよびプロトコルの通信が、インバウンドおよびアウトバウンド方向に、ASKおよびFSK変調信号ならびにビデオおよびオーディオ信号を使用して伝搬させられることを可能にする1つであり、それらのすべては、オーディオストリームを介する命令されたASKストリームによる継続のために、FSKストリームを中断するなど、異なるルートを介する同期が取られたランダムなタイミングでのデータまたは取引を指示する、指示的コマンドおよびプロトコルを含むように好ましくは使用される。
接続された単一のツイストペア上の通信媒体の間のそのような同期の取れたスイッチングは、事前構成された取引のためのランダムな同期の取れた指示コマンドを処理し、ビルの内部通信線を介してシステムに侵入しようとするいかなる試みも完全に防御し、本発明で使用されるプログラミングの別の好ましい実施形態である、2つの回路100と回路200の間のスター型構成である。
建物内からのスイッチおよび/またはツイストペア線10への物理アクセスを防止するシステムを有することが好ましい。例えば、回路100と回路200の間の示された線10は、図7〜図10のメインユニットまたはマトリックス600、650、670、または690と、建物の各アパートまたはユニットの個々の各回路200または290との間の直接接続として示される、ピアツーピアのスター型接続を形成している。
さらに、スイッチは、図6Aおよび図6Bにおいて、機械的スイッチのセットまたは多極スイッチの組み合わせとして示され、420、533、または544などと、個々に番号付けされているが、本発明の好ましい実施形態のスイッチは、組み合わされて、図6Aおよび図6Bのスイッチ420にも同じく適用される、上で言及された信号の組み合わせをオンに切り換えるまたは同時に結び付けるための共通コマンドを有する、よく知られたゲートアレイ(FPGA)、および/またはアレイ530、540などのマルチチャネルアレイを有する大規模マルチプレクサなど、1または非常に少数のICパッケージ内に収められる。
ルータアレイ550のスイッチ551〜554およびルータアレイ560の561〜563など、他の示されたスイッチは、共通の端子、ならびに個々に各チャネルに命令するための、およびそれを結び付けるための多極チャネルを有し、図9のブロック630および図10のブロック640含まれ、それぞれ、各々がn個の複数の回路100および回路190に接続される。
VoIPおよびIPビデオ信号を含む、ASKおよびFSK IP信号が、メインユニット600、650、670、または690を通して伝搬させられる場合、上で言及された好ましい実施形態のスイッチは、よく知られたデジタルスイッチをさらに含み、メインユニットまたはマトリックス600、650、670、または690のためのプログラムは、メインユニットの回路100または190と、建物の各アパートまたはユニット内の図12に示されるビデオインターフォン701またはショッピング端末702の回路200または290との間で、固定的に接続された単一のツイストペア10を介して、直接的なピアツーピア接続を維持するように、好ましくはプログラムされる。
図6A、図6B、および図7は、n個のエントリパネル400またはeサービスもしくはeショッピングインターフェースモジュール440を、図11A〜図13に示されるショッピング回路20を含む、n個のビデオインターフォンモニタまたは他のディスプレイ電気器具と選択的に接続するために、回路100と回路200または回路190と回路290のn個のペアの間で、固定的にアタッチされたn個のツイストペア線10を介して、制御された電流のDC供給を含む、双方向ビデオ、FSK、ASK、およびオーディオ信号を接続または結び付けるための、ルーティングユニット、ルータ、またはマトリックスとも呼ばれる、メインユニット600、690を示している。
エントリパネル、eサービスおよびeショッピングモジュール440は、図5Aに示される回路を備えるが、スイッチ420は有さない、図12に示されるような、基本エントリパネル400を操作するための、CPU430を含み、図7には示されていないが、図6Aおよび図6Bには示されている、スイッチ420を備える、接続モジュールである。
そのような構成によって、図5Bのエントリパネル400−1〜400−nのマイクロフォン線、スピーカ線、およびカメラ線を供給するスイッチ420は、遠くのメインユニット600の端子にリモートに接続される必要がなく、好ましくは、それらは、図6Aのブロック620−1〜620−nおよび図6Bのブロック610−nの内部に示されるような、図6Aおよび図6Bのスイッチ533または544のすぐ近くに位置付けられる。各エントリパネル400は、それによって、各線が適切に終端させられる、メインユニット内の与えられた終端点に直接的に接続される。
示された長さが定められていない線が、図5Bにおいて、開いたスイッチ420に接続される場合、適切な終端は、可能ではなく、線の端部を、高い定在波比を有する貧弱または不良な終端を引き起こす、オープンテールの状態のままにする。
そのような理由のため、ならびにシステムの線の相互接続および終端を簡略化するため、スイッチ420からのすべての接続405、406、407、408が、中央接続点に入り、図7のメインユニット600のブロック610−1〜610−nの内部の4極スイッチもしくはルータ544、または図8のメインユニット690のブロック620−1〜620−nの内部の3極スイッチもしくはルータ533にそれぞれ達することを提供することが好ましい。
ルータアレイ540の各スイッチ544は、n個の回路100の各々についてのmic.、sp.、インバウンドビデオ、およびアウトバウンドビデオを結び付けるために、図7に示される4極を介して、4つの信号すべてを結び付けるように動作させられる。図8に示されるルータアレイ530の3極スイッチ533は、アウトバウンドFMビデオを提供せず、第4極を使用しない、回路190に接続する。スイッチ533、544は、それらの間の相互接続が非常に短くなるように、ブロック610、620の小さいプリント回路基板(PCB)エリア内に集中させられる。
スイッチ420は、モジュール440のCPU430を介して、動作させられ、好ましくは、それぞれ回路100、190のすぐ近くに位置付けられる。回路200と交換されるmic.、sp.、インバウンドビデオ、およびアウトバウンドビデオ信号をスイッチングまたはルーティングするための、図7に示される4極スイッチもしくはルータ544、または図8に示される3極スイッチもしくはルータ533を各々が備える、n個の回路100または190と、信号の組み合わせを交換するために、すべてのスイッチを小さいエリア内で組み合わることが、さらに好ましい。
メインユニット600が、図1Aの回路100を接続するように構成されるとしても、回路100の代わりに、図3Aの示された回路190が、導入されることができる。回路100と回路190の間の相違は、回路190が、FMビデオ信号のためのアウトバウンド回路も、端子160も提供されないことである。したがって、回路200の端子160を介してアウトバウンドFMビデオを接続する、スイッチ544の第4極は、回路190が接続される場合、アウトバウンドFMビデオ信号を伝搬させないが、mic.、sp.、およびカメラ信号を含む、他のすべての上で言及された信号は、速やかに伝搬させられる。
図8は、図7のメインユニット600に類似したメインユニット690を示している。相違は、回路100において使用される4極スイッチまたはルータ544の代わりに、各回路190のために3極スイッチまたはルータ533を使用することである。回路190は、アウトバウンドFM変調ビデオを伝搬させないので、アウトバウンドビデオ端子160およびアウトバウンドビデオセレクタ104は、必要とされず、回路190内に含まれない。
それにも関わらず、図11Aの回路20が、デジタルビデオ源を提供される場合、ショッピング回路は、CPU205、105を介して、図11AのCPU535のI/Oポートを通して、アウトバウンドFSK変調デジタルビデオ信号を供給するために、デジタルビデオ信号を生成および変調する。
双方向ASK信号は、125Kボーの好ましいレートで、CPU105、205、535、430の間で伝搬させられる。ASK信号は、ビデオインターフォンモニタ701、ショッピング端末702、回路100、190、200、290、エントリパネル400、インターフェースモジュール440、メインユニット600、650、670、690、システムサーバ8など、システムのすべての要素、ユニット、およびデバイスを介して、ランダムにいつでもアクセス可能である。
図7のメインユニット600および図8のメインユニット690はともに、同じツイストペア10を介する回路200または290への制御されたDC電流の供給を含む、回路100または190を介する、および2つの回路100と回路200または回路190と回路290を固定的に接続する単一のツイストペア10を介する、選択された回路200または290のいずれかとのASKおよびFSK信号の交換を行うために、モジュール440のいずれかが、CPU205、105を含むスイッチまたはルータ420、533、544を選択的に介して、上で言及された信号の一方向および双方向組み合わせを選択的に伝搬させることができることを明らかに示している。
図9は、組み合わせルータ550のセレクタまたはスイッチもしくはルータ551〜554を介する、別のスイッチングまたはルーティング構成を示している。組み合わせルータ550の示された個々のスイッチ、セレクタ、またはルータ551〜554は、各スイッチまたはルータ当たりの極の数、使用されるスイッチまたはルータの数によって、ならびに図7に示されるスイッチもしくはルータ420と533のペア、または図8に示されるスイッチもしくはルータ420と544のペアを単一のコマンドを介して動作させることによって、スイッチまたはルータ420、533、544の3極または4極のすべてが、回路200または290を、線10および回路100または190を介して、モジュール440と結び付けるために、同時に動作させられるという、適用される制御によって、示されたスイッチ420および組み合わせスイッチ530のスイッチもしくはルータ533または組み合わせスイッチ540のスイッチもしくはルータ544とは異なる。
対照的に、図9および図10に示されるルータは、(図7〜図10には示されていない)モジュール440内のスイッチまたはルータ420が、3つの極を切り換えることによって、3つの上で言及されたmic.、sp.、およびインバウンドビデオまたはカメラ信号を、図7の組み合わせスイッチもしくはルータ540、もしくは図8の組み合わせスイッチもしくはルータ530を介して、または図9の組み合わせルータ550、もしくは図10の組み合わせルータ560を介して、選択されたエントリパネル400に結び付ける、図7および図8におけるのと同じ方法で選択的に動作させられる、異なるスイッチング構成を示している。
疑問がないように言うと、スイッチ420、533、544、551〜554、561〜563は、説明を簡略化する目的で、電気的な接触スイッチとして示されているが、しかしながら、スイッチング、ルーティング、または選択デバイス420、533、544、551〜554、561〜563は、機械的な接触であることができ、好ましくは、多くの半導体製造業者から低コストで入手可能な、ルータ、セレクタ、マルチプレクサ、および他の良く知られたFETもしくは他のスイッチングトランジスタ、またはパッケージ化されたICとして知られる、半導体デバイスである。
これ以降で「マルチルータ」と呼ばれるスイッチ420、533、または544の極は、各々が、同時に動作させられる3極または4極を含む。セレクタ551〜554、561〜563を含む、これ以降で「ポートセレクタ」と呼ばれる他のスイッチは、根本的に異なる。各セレクタは、in−out(I/O)のn個のポートとともに、ルータの共通ポートを備え、各ポートは、個々に制御される。
「マルチルータ」および「ポートセレクタ」の両方のタイプは、モジュール440の1つを回路100または190の1つと接続するように、選択的に動作させられる。スイッチまたはルータ420、533、544の各々は、図7および図8では、回路100または190の1つとモジュール440の1つの間で、または複数の回路100または190と複数のモジュール440の間で、マイクロフォン、スピーカ、インバウンドビデオ、およびアウトバウンドビデオを含む、信号の組み合わせを結び付けるように示されている。
図7の4極スイッチ544は、mic.、sp.、インバウンドビデオ、およびアウトバウンドビデオを、モジュール440の1つと結び付け、図8のメインユニット690の3極スイッチ533は、アウトバウンドFMビデオ信号を結び付けず、または伝搬させない。
図9および図10は、共通ポートおよびn個のI/Oポートを備え、「ポートセレクタ」と呼ばれる、ルータ551〜554およびルータ561〜563を介する、マイクロフォン、スピーカ、インバウンドビデオ、およびアウトバウンドビデオ信号の選択的なルーティングを示している。図9および図10は、メインユニット650のルータ551〜554、またはメインユニット670のルータ561〜563と、図7および図8に示されるメインユニット600のスイッチ544、またはメインユニット690のスイッチ533との間の相違を、明らかに示している。
各回路100当たりの「マルチルータ」544の数、または各回路190当たりの「マルチルータ」533の数は、モジュール440を介してメインユニットに接続されるエントリパネル400の数でもある、図7のメインユニット600および図8のメインユニット690に埋め込まれた、または接続されたモジュール440の数に等しい。
それぞれ、図10のメインユニット670の各ブロック640では、n個の回路190のために、ただ6個の「ポートセレクタ」561〜563が使用され、図9のメインユニット650の各ブロック630では、n個の回路100のために、ただ8個の「ポートセレクタ」551〜554が使用される。
一方の側では各ブロック630または640当たりの回路100または190の数に、また他方の側ではメインユニット650または670に接続された、または埋め込まれたモジュール440の数に等しい、n個のI/Oポートを各「ポートセレクタ」に導入することによって、n個の線10を結び付ける、ブロック630または640当たりただ8個または6個の「ポートセレクタ」を備える組み合わせルータアレイの使用が、可能にされる。モジュール440の数は、それぞれ、モジュール440を介して、メインユニット670、650に接続される、エントリパネル400の数でもある。
モジュールおよび回路100、190の数は、例えば、16または32など、有限な数であるので、「マルチルータ」または「ポートセレクタ」の両方のタイプを利用するための実際的な制限は、存在しない。どちらを選択するかは、コストに依存し、また与えられた建物インフラストラクチャのために、いくつのモジュール440およびいくつの接続線10が必要とされるかに基づく。
図11Aは、ショッピング端末20が、単一のツイストペアを介して、メインユニット600、650、670、または690に接続され、それが、内部線7を介して、サーバ8にさらに接続され、それが、ネットワーク5内の仮想プライベートネットワーク(VPN)であるとして示されたネットワーク5に接続される、電気的なブロック図を示している。
ショッピング端末20は、コントロールによって操作されるディスプレイおよびタッチスクリーン209と、CPU205、「端末メモリ」と呼ばれるメモリ208、および回路200または290を備える、通信および電力回路21とを備える。回路21は、ビルトインもしくはオプションの再充電可能バッテリ230、またはショッピング端末に電力を供給するために任意のよく知られたDC電力供給もしくはACアダプタに接続するための端子231〜232を介する外部電力供給をさらに備える。
好ましい実施形態では、再充電可能バッテリ230を含むが、動作モードのみ、スタンバイモードのみ、またはスタンバイモードと動作モードの両方において電力を供給するために、他の任意の電力供給が、代わりに使用されることができる。外部電力供給の使用は、バッテリ230の使用を排除し、または図1Aおよび図2Aのコイル153、154、256、257、整流器255、レギュレータ253、充電回路231、コンデンサ152、254、252、端子150、151、232、233、250、251などの、電力端子および電力コンポーネントを含む、上で詳述されたツイストペア10を介する、全電力供給の使用を排除する。
図11Aは、CPUまたはシステムコントローラ535と、やはり図7〜図10に示されるスイッチングまたはルーティングアレイ530、540、550、または560と、CPU535にアタッチされたメモリ536と、n個のインターフェースモジュール440と、VCCをシステムに供給するための、および制御された電流を端子150、151を介して供給するための電力供給15と、n個の回路100または190とを備える、図7〜図10に示されるメインユニット600、650、670、690のいずれかであることができる、メインルータまたはマトリックスユニットも示している。
図11Aのシステムコンポーネントの示されたブロック図は、建物の住居またはオフィスまたは会社ユニットの電力スイッチステータスに関わらず、ショッピングおよびサービスデータの更新を可能にするための、少なくともスタンバイモードの電力供給を行う、単一のツイストペア10によって、各ショッピング端末20毎に相互接続される、ショッピングプラットフォームの単純な構造を明らかに識別する。
図11Aは、サーバへの、さらには、無線ネットワーク拡張5Aを含む、専用ネットワーク、プライベートネットワーク、公衆ネットワーク、インターネット、およびそれらの組み合わせを含む群から選択される、ネットワーク5へのメインユニット接続を示している。無線ネットワーク拡張は、モバイル、Bluetooth(登録商標)、WiFi、およびそれらの組み合わせを含む群から選択される。ネットワーククラウド5内に示されるVPNは、無線ネットワーク5Aを含む、上で言及されたネットワーク5のいずれかに適合させられた、仮想プライベートネットワークプログラムである。
WiFiまたはモバイルまたはBluetoothネットワーク5Aのアンテナは、VPNクラウドを介して動作させられるものとして示されているが、WiFiまたはBluetooth信号を伝達するためのサーバ8に直接的に接続されて、例えば、配送員もしくはサービスマンによって持ち運ばれるハンドヘルド配送タブレットもしくは配送デバイス820と、または図14および図15Bに示される、配送が建物内またはローカルな近隣の住居ユニットの住人に対して行われるものであることを知らせるための、類似の配送ユニット860を含む、配送スマートカートであることができるものと通信することができる。そのようなRF配送タブレットまたはデバイスも、米国出願(例えば、特許文献5を参照)(39ページ、3〜12行)において開示されている。
図11Bは、これ以降で「端末メモリ」と呼ばれるメモリ208に対するロード、アップグレード、および更新と、ショッピング端末20を介してeショッピングおよびeサービスを選択するための表示ページの呼び出しとを簡略化して示している。示される表示ページのメモリバッファ208Aへの呼び出しは、上で言及された係属中の米国出願(例えば、特許文献5を参照)において詳述されている。
図1A〜図4Bの回路100、190、200、290の使用が、進行中の通信を妨害することなく、ランダムに、またはスケジュールされたように定期的に、端末メモリに対するロード、アップグレード、および/または更新を受信し、設定するために、バッテリ230を充電し、CPU205およびメモリ208のためのスタンバイ電力を維持するように計算された、制御されたDC電流を供給する、単一のツイストペア10を介して、最大で5.0Mbの高速なFSKデータを提供することが明らかになる。
直接ピアツーピア接続における200mまたは650ft超のツイストペアケーブル長は、住居用もしくはオフィス用高層ビルまたは集合住宅のショッピングインフラストラクチャの内部線を介して伝搬させられる通信のセキュリティを大幅に改善するが、それにも関わらず、大規模な集合住居に対してショッピングおよびサービスデータを瞬時にいつでも更新するのに必要とされるスピードを提供することが、さらに明らかになる。
さらに、FSKデータは、システムの動作および信号伝搬に合わせて、異なる回路に同期を取って命令するために、高速双方向ASKデータによって増強およびサポートされる。データを更新するための異なる同期が取られたプログラム、ショッピングおよび操作コマンド信号を、単一のツイストペア10を介して提供する。
一定の電流供給を含む、すべての上で言及された信号を伝搬させるために単一のツイストペア10を使用することが有利であるとしても、双方向FSKのための1つのペア、双方向ASKのための1つのペア、オーディオおよびFM変調ビデオのための1つのペア、ならびにDC電力を供給するための第4のペアなど、各々が信号の1つまたは2つを伝搬させる、4つのツイストペアを含む標準的なCAT5ケーブルを、ピアツーピア接続のために使用することも同様に可能であり、その場合、電力は、制御された電流供給である必要はなく、代わりに、調整された電圧供給であることができる。
10〜20MHzのキャリア周波数を有する高速FSKデータの使用は、200mまたは650ftをはるかに超えて、FSK信号を伝搬させることを可能にする。電力供給は、回路200または290に電力を供給するための、および例えば、50mAのトリクル充電を用いて、再充電可能バッテリに充電するための、電力供給であることもできる。したがって、単一の無極性ツイストペアのより低い設置コストの利点が、意味をもたない、8または16または20戸のアパートを有するような、より小規模な住宅用建物の場合、設置するのにピアツーピア配線のほうがはるかに複雑であるとしても、単一のツイストペアの代わりに、標準的なCAT5ケーブルを設置することが、可能である。
上の言及は、CAT5のどのツイストペアが与えられた1または複数の信号のうちのどれを伝搬させることができるかは、選択上の問題であること、および1または複数の信号は、4つのツイストペアを介して、好ましくはDC電力供給とともに、または電力供給を伴わずに、伝搬させられることを示唆していることに留意されたい。さらに、選択上の問題として、CAT5ケーブルは、1つのツイストペアの代わりに、2つのペアまたは3つのペアを使用するなど、部分的に使用されることができ、それは、本発明の好ましい実施形態である。
同様に、建物またはアクセス制御のエントリパネルからのビデオ信号伝搬は、同軸ケーブルを介して伝搬させられ、ルーティングまたはスイッチングされることができ、オーディオ信号は、シールドワイヤまたはケーブルを介して伝搬させられることができるそのような構成では、図1のオーディオ変成器142および図4のオーディオ変成器242は、必要ではなく、ビデオ信号が、同軸ケーブルを介して伝搬させられる場合、変調/復調102のFM変調器、セレクタ104/204は、ビデオルータによって取って代わられる。
同様に、図12のテレビ受像機702の、ならびに図13のセットトップボックス703およびeショッピングボックス705などの異なるテレビボックスのショッピング端末は、アンテナケーブルのネットワークに、または光ファイバケーブル、マルチコアケーブル、および他の特別な専用ケーブルを介するケーブルTV配信に接続され得る。
図12は、n個のエントリパネル400と、図11Aおよび図11Bのショッピング回路20を含む、n個のビデオインターフォンモニタ701−1〜701−nと、図11Aおよび図11Bのショッピング回路20を含むn個のテレビ受像機702−1〜702−nと、ビデオインターフォン701のために使用される回路に類似した、よく知られたビデオインターフォン回路とを備える、建物のビデオインターフォンシステム700を示している。ビデオインターフォンモニタ701およびテレビ受像機702の各々は、単一のツイストペア10を介して、メインルータまたはマトリックスユニット600、650、670、または690に接続される。
メインルータまたはマトリックスユニットは、システムCPU535を介して、および相互接続線7を介して、サーバ8に接続されてから、ネットワークインターフェース線6を介して、ネットワーク5に接続されるものとして、さらに示されている。
ネットワーク5は、e管理人センタ30、1または複数のeショップ31、1または複数のeサービス32、e銀行またはクレジットファシリティ33、緊急サービス34、警報モニタリングおよびサポート35、スマートグリッドによる電力消費報告および制御36から選択される、示されたサービスおよび商品プロバイダに接続される仮想プライベートネットワーク(VPN)を含む。
示されたサービスおよび商品ならびに他の言及されたオンラインプロバイダおよび機関は、上で説明された回路100、190、200、290を使用する、内部通信線を含む建物のインフラストラクチャに、ネットワーク5およびシステムサーバ8を介して、導入および接続されることができる、多くの様々なeショッピングおよびeサービスのプロバイダおよび施設の代表または要約である。
図に示されていないが、参照米国特許および係属中出願においてさらに開示されているように、建物の個々の各住人またはテナントに適合するように、プロバイダプログラムを保存および更新するために、サーバ8が、コンピューティングクラウドプロバイダに結び付けられることができることが、明白に明らかである。
スマートグリッドを介する電力消費報告および制御36についての言及を含むさらなる詳細は、米国特許(例えば、特許文献7、8、9、10、11、12、13、14、15、16、17、18、19、20、21、22を参照)、および米国特許出願(例えば、特許文献23、24を参照)において提供されている。
図13は、エントリパネル400およびビデオインターフォンモニタ701を有さない、図12に示されるインフラストラクチャに類似した専用eショッピングインフラストラクチャを示している。代わりに、ショッピング端末20、および回路200または290は、ケーブルTVネットワーク801を、分配器802を介して、ケーブルテレビ704に接続する、セットトップボックス703内に含まれる。
ショッピング回路20は、回路200または290を含むショッピングボックス705内にも含まれる。ショッピングボックス705は、地上テレビセット706を、アンテナ分配器804を介して、アンテナ740に接続する。回路200または290を含む専用ショッピング端末707も示されている。
上で言及されたn個の回路200または290の各々は、図1A〜図1B、図2A〜図2B、図3A〜図3B、および図4A〜図4Bにおいても言及され、示された、端子10A、10B、11A、11Bを介する、単一のツイストペア10−1、10−2、10−nを介して、メインユニット600、650、670、または690の回路100または190に接続される。相違は、図12において示され、または言及された、エントリパネル、ならびにmic.、sp.、およびインバウンドビデオまたはカメラ信号の排除である。
それにも関わらず、アナログ信号が、示されていないとしても、上で説明されたように、mic.、sp.、およびインバウンドカメラ信号は、システムコントローラ535を介して、双方向FSK信号によって、デジタル形式で伝搬させられることができ、よく知られたアクセス制御システム(図示されず)を介して、建物に入り、セットトップボックス703、eショッピングボックス705、および専用ショッピング端末707に含まれるものとして示されたmic.711を介して、アパートまたはオフィスから、アクセス制御と通信することが可能である。
CATV704、地上TV706内の(図示されていないが、含まれる)スピーカ、および専用ショッピング端末707内に示されるスピーカ712。デジタルビデオ信号を生成するためのデジタルカメラが、示されていないが、それは、建物のアクセス制御とともに使用される、よく知られたカメラである。
そのような構成によって、図13に示されるシステムは、図12に示されるシステムのすべての機能を有し、さらに、それは、本発明のeショッピングを提供することができる表示および通信デバイスの範囲を、アンテナおよびケーブルTVボックス、ならびに文字通り任意のタイプのTVセット、または示されたボックス705などの任意のタイプのショッピングボックスを含む、多くの異なるセットトップボックスおよび/またはコンバータボックスを含むように拡大する。
システムサーバ8は、図11および図12に示されたのと同じ方法で、線7を介してシステムコントローラ535に接続し、線6を介してネットワークに接続し、有線ネットワーク、ならびにWiFi、Bluetooth、および/またはモバイルなどの無線ネットワークと通信するための、特に、建物または集合建築物内に設けられた配送倉庫から配送を行っている配送要員と通信するための無線アンテナ5Aをさらに含む。
建物内または近所内に設けられた配送ステーションは、食料雑貨および生鮮または調理済食品のeショッピングに影響する今も存在する問題および困難に対する明らかで明確な解決方法を提供する。特に生鮮食品および他の食料雑貨についてのより効率的な配送方法およびシステムを作成しようとする大規模スーパーマーケットによる試みは、例えば、30分以内など、短い時間内での迅速な配送がまったく達成されないので、成功しなかった。
設けられたeショッピング配送ステーションまたは倉庫を介したそのような迅速な配送のための解決方法は、米国出願(例えば、特許文献5を参照)の39ページ、3〜12行において述べられている。それにも関わらず、建物の地下または建物の一室に設けられた配送ステーションそれ自体は、建物または集合建築物または近所内からの迅速な配送をもたらす迅速で簡単な処理および物流を可能にするように、eショッピングの概念全体が変更されない限り、迅速な配送を提供することができない。
図14は、住人800が、ディスプレイ上に呼び出された図11Bに示される表示ページ46〜49およびメモリバッファ208A、図13において専用ショッピング端末707としても示されるショッピング端末回路20の操作およびタッチスクリーン209を介して、端末メモリ208内に保存された更新されたプログラムに基づいて、注文を完了する、建物70内のインフラストラクチャを示している。
選択プロセス中および注文が完了するまでずっと、ショッピング端末は、ショッピングモードで動作させられ、オンラインで通信を行わない。ショッピングおよび注文は、ショッピング端末自体の端末メモリ208内に保存された、更新されたプログラムおよびコンテンツに基づいて完了される。
更新は、製品、それらの価格、入手可能性、および配送細目を常に更新された状態に保つための、連続的な、ランダムな、および/またはスケジュールされたストリームである。したがって、選択および注文プロセスは、更新されたデータによって提供されるように、配送用の在庫があり、示された価格で実際に入手可能な製品に基づいている。
製品、配送、請求細目、および支払いの選択が完了すると、住人800は、送信された注文802として示される完了した注文を、線10を介して、メインユニット600、650、670、または690に送信する。図12および図13に示されるメインユニットのCPU535は、注文を処理し、注文を詳述したインターフェース信号804を、インターフェースモジュール440および線7を介して、システムサーバ8に供給する。システムサーバは、受信された注文に関するデータ806を、線6を介して、およびVPNとして示されたネットワーク5を介して、管理人センタ30に伝搬させ、データは、与えられたネットワーク5のプロトコルに適合させられており、または整合させられている。
e管理人センタ30は、本発明の閉回路eショッピングおよびeサービスを登録し、操作し、制御するエンティティであり、VPN内の808などのすべての取引は、e管理人センタ30によって記録され、確認される。注文は、確認されると、支払い処理のために、e銀行およびクレジット33に転送される。
本発明のeショッピングは、仮想プライベートネットワーク内の閉回路において動作しているので、すべての住人およびプロバイダは、銀行、クレジットカード、請求およびクレジットファシリティなど、すべての金融機関を含めて、すべて、e管理人センタ30によって登録された顧客および供給者である。そのような構成によって、住人は、自身をその場所と同定する必要がなく、供給ショップまたは配送ステーションは、すべて、登録され、記録されている。この構成は、支払い取引をシンプルにし、e/銀行/クレジット33は、支払いを確認し、確認された注文および支払い810をeショップ31に送る。
さらに、示されたシステムサーバ8は図14の建物70内部または内に配置されることができるが、それは、注文処理および支払いを数分の1秒で完了するために、段階を追って行われる取引がすべて今日および将来の超高速のクラウドコンピューティング内で行われるように、eショッピングプログラムに参加する他のエンティティのサーバとともに、よく知られたクラウドコンピューティングサービス内に含まれるサーバであることができる。
支払いが確認されると、元の注文802は、今度は812として示されるように、eショップサーバ31から建物70の地下B1 72に所在するeショッピング配送ステーション62に伝搬させられる。これは、建物内のアパートにいる住人800に注文された商品を迅速に配送するために、配送員が注文された食料雑貨68をカート66に載せ、エレベータ71に向かうように促す。
サイクルを完了するために、住人は、事前に割り当てられたコードを無線配送タブレット820にタイプし、サーバ8のWiFiもしくはBluetoothアンテナ5Aを介して、または注文が行われたショッピング端末の示されたアンテナ5Aを介して、伝達する。
これは、e銀行が、eショップ31の貸方に、住人800の借方に記入することによって、注文および支払いを完結させる。eショップは、在庫数を自動的に調整し、および/または中央倉庫に、建物70の配送ステーション62への次に計画されている配送の際に、売却された商品を補充するように命令し、もしくは場合によっては、例えば、売却された商品が、全在庫を枯渇させた、もしくは在庫を定められた最低レベルよりも減少させたために、即座の配送を命令する。
注文された食料雑貨68をカート66に載せる上で言及された配送員は、困難から免れていないことがある。例えば、配送員809は、オレンジのパックの代わりに、レモンのパックを積み込むことがあり、誤りは、食料雑貨を住人800に配送している最中に発見される。配送員は、配送ステーションに引き返し、パックを交換し、正しい商品を再配送しなければならず、それは、時間がかかり、全体として遅延を引き起こし、コストがかかるので、そのような誤りは、大きな苛立ち、時間の浪費、遅延を引き起こす。そのような誤りを回避するために、物流における積み込みおよび配送は、誤り防止策を伴った正確で効率的なものにされなければならない。
別の重要なことは、配送員による注文の受注である。1または複数の受注された注文の紙へのプリントアウトは、通知ミス、処理ミス、および/または最初に受注された注文が最初に処理されるという順番の原理の違反をもたらし得る、紙の物理的な扱いを命じる。
これが理由で、後で説明されるように、小規模な配送ステーションは、図14および図15Aに示される無線配送タブレット820を通して直接的に注文が受注されるように操作することができるが、より大規模な配送ステーションは、好ましくは図15Bに示された自動化スマートカート850を使用する。
配送タブレット820およびスマートカート850両方の機能および特徴は、同様または同じであることができ、配送タブレット820は、CPUおよびメモリ(図示されず)と、表示および操作スクリーン822と、操作キー821と、バーコードリーダ823、前方および後方カメラ824/825、RFIDリーダおよびアンテナ827、RF送受信機およびアンテナ828、ならびに注文/配送ステータスインジケータ826を備える、選択可能モジュールとを備える。スマートカート850の同等のアイテムは、CPUおよびメモリ(図示されず)と、表示および操作スクリーン862と、操作キー861と、バーコードリーダ863、前方および後方カメラ864/865、RFIDリーダおよびアンテナ867、RF送受信機およびアンテナ868、ならびに注文/配送ステータスインジケータ866を備える、モジュールである。
含まれる手順および物流は、WiFiであれ、Bluetoothであれ、または他の無線RF信号および周波数であれ、RF送受信機およびアンテナを介して、注文を受注することを含み、注文詳細は、スクリーン822または862上に表示され、ステータスインジケータ826または866は、ステータスインジケータの色によって、または点滅するLEDなどによって、注文が受注され、積み込みおよび配送を待っていることを示す。
配送員809は、配送タブレット820またはスマートカート860を選ぶ。バーコードによって識別される商品の場合、配送員は、図15Cに示される、棚であれ、収容庫であれ、もしくはラックであれ、貯蔵場所から取り出された、または冷蔵庫(図示されず)から取り出された、各品をスキャンし、スマートカート850または図14の非インテリジェントカート66もしくはバスケットにそれを入れる前に、バーコードリーダ823または863を介して、製品をスキャンする。RFIDタグによって識別される品の場合、製品は、配送タブレット820のRFIDリーダアンテナ827によってスキャンされることができ、またはピックアップされた品をカートの収容スペース852内に単に入れることによって自動的にスキャンされることができる。
RFIDアンテナ867は、スマートカート850の上部縁を取り巻いており、カートに入れられる製品のRFIDタグの通過を自動的に検出する。バーコードスキャナまたはRFIDリーダが、注文された商品の1つとして製品を識別するたびに、スクリーン822または862上に表示される積み込まれた製品は、そのステータスを変化させ、インジケーションを「注文中」から「積み込み済」に変化させる。
注文されていない製品をピックアップして、スキャンしようとする、または入れようとする試みは、間違った製品が積み込まれようとしており、カートに入れられる、または配送されるべきではないことを示す警告インジケーションで拒否される。与えられた注文について、製品または商品の積み込みが完了すると、インジケータは、配送待ちステータスを示す色にするなど、インジケーションを変化させ、次に進んで、注文された製品を住人に配送するように配送員を促す。
物理的な配送が行われると、各品は、スマートカート850からの取り出し確認のために、または配送タブレット820による図14の66として示された非インテリジェントカートからの取り出し確認のために、スキャンされ、ディスプレイ上の注文リスト内の各品は、取り出された製品または商品であることを示す。注文中のすべての品が配送されると、図14の住人800は、完了された配送について、事前に割り当てられた配送完了コードをタイプし、注文は、完結し、支払いは、処理され、eプロバイダの在庫は、上で言及されたように調整される。
配送時に誰が受取人かの証拠を含む一時ファイルを生成するために、受け取った住人を写真に撮り、記録するためのカメラ824/825、864/865が、導入される。
別の重要な点は、小規模配送ステーションであれ、または大規模配送ステーションであれ、同時に受注された配送注文の扱いであり、そのような各ステーションは、好ましくは、最初に受注された注文が最初に処理されること(先入れ先出し)に適合した順序で動作するようにすべてがプログラムされた複数の配送タブレット820および/またはスマートカート850を提供される。2以上の配送員がステーションにいる場合、注文は、受注された順序で、同時に処理される。プログラムされたような受注順序に違反して注文を処理しようとする試みは、処理されることができず、誤りを知らせるインジケーションが、鳴らされ、および/または表示される。
スマートカート850は、商品をエレベータで運ぶのに適した形状である四角形で示されていることに留意されたい。折り畳みテーブル853、ハンドル851、および配送ユニット860は、単にスマートカート850のイメージを提供するためのものであり、サイズおよび/または形状について正確には示されてはいない。
最後の重要な点は、スマートカート850および配送タブレット820のための電力源である。好ましい実施形態は、スマートカート850または配送タブレット820が使用されておらず、駐車場所のカートのための割り当てられた充電器(図示されず)に、およびスタンド(図示されず)上の配送タブレットにアタッチまたはプラグ接続されているときは常に、連続的に充電されている再充電可能バッテリ(図示されず)を使用する。
図15Cは、商品の例として食料雑貨を貯蔵するためのイラストで示された自動化ラック880を示している。示されたすべての収容庫が、同一であるとは限らず、例えば、パン収容庫881−1は、前面ガラスによってカバーされている。同様のカバーは、果物を収容している収容庫881−2、881−3にも提供される。
他の収容庫882−1〜882−6は、ボトル、缶、広口ビン、またはカートンボックスなどの頑丈なパッケージを収容し、カバーによる保護を必要としない。
しかしながら、収容庫の各々は、仕掛かり注文、注文した住人、ならびに例として、数量、価格、および配送員がラックの近くにいない場合の配送時間などの他の細目を識別するための、インジケータ876のグループによって強化されたディスプレイ872を備える、製品、在庫数、および仕掛かり注文を識別するための懸垂型または取り付け型のタブレット870を含む。各収容庫は、図14の配送ステーションサーバ65と、および/または配送タブレット820、配達ユニット860と、もしくは図14の配送ステーションサーバ65と通信するための、バーコードリーダ873、RFIDリーダ877、ならびにRF送受信機およびアンテナ878をさらに提供される。
ビルトイン型の、または懸垂式で取り付けられた、もしくは他の方法で取り付けられたタブレット870は、CPUおよびメモリ(図示されず)と、新しい入庫品、返品された商品を処理するための、在庫レベルを削除、入力、調整するための、ならびに収容庫、棚、パレット、スタンド、カート、バスケット、容器、または冷蔵庫、冷凍庫、もしくは調理済食品のための保温庫および/もしくは加熱庫などの他の貯蔵庫などの在庫を処理するために必要とされる他の任意の動作モードのための操作キーおよび/またはタッチスクリーンとをさらに備える。
そのすべてが互いに、および配送ステーションのサーバ65と、および注文した住人サイトのショッピング端末と通信する配達タブレット820と配達ユニット860を含む、スマート棚、自動化ラック880、収容庫、又はキャビネット、および他のスマート貯蔵施設のサポートを得て、配送プロセスは、誤り防止、効率性、および時間通りの配送に関して、大幅にアップグレードされる。
図14のVPNネットワーク5の示された閉回路eコマースエンティティは、建物サーバ8と、閉回路eコマースエンティティを制御するサーバであるe管理人センタ30と、e銀行およびクレジット33と、eショップ31とを含む。図14の閉回路eコマースは、図12および図13の示されたエンティティよりも小さい閉回路eショッピングエンティティを表している。商業、ライフスタイル、および支援の多くの分野に閉回路eコマースを拡大するために、サービス32、ショップ31、金融33、緊急34、および/もしくは電力消費報告36、ならびに/または他の多くのサービスおよび商品プロバイダが、追加されることができることは、明白である。
他方、必ずしもすべてのシステムが、大規模であり、サービスおよび商品のあらゆる面をカバーする必要があるわけではない。いくつかのシステムは、特定のeコマース活動のために設計および作製され得る。例えば、食料雑貨または医薬品またはオフィス用品のプロバイダは、建物または近所内の配送を促進するための1つまたは2つの配送ステーションを介して、大規模な住居用またはオフィス用ビルのための単一の倉庫ユニットを操作し得る。そのようなプロバイダ管理は、特定の閉回路eコマースを管理し、示されたe管理人センタ30に取って代わることができる。
したがって、食料雑貨などの、特定のeコマース活動については、e管理人センタは、必要とされないことがあり、使用されない。同様に、ネットワーク5は、図14に示されるVPNの代わりに、専用ネットワーク5であることができる。さらに、そのような特定の操作または制限された操作については、プロバイダが、管理、クレジット、および支払いを処理することができ、閉回路eコマースエンティティ内に含まれない、銀行/クレジットプロバイダ33を必要としないことがある。
これは、小規模であり、または選択が制限されるが、上で開示された回路およびプロセスを用いて有効にまた効率的に動作することができる、特定のeコマースエンティティを形成する、専用またはプライベートネットワーク5を介して動作する、2つのサーバ8、31だけを残す。
もちろん、上述の開示は、もっぱら本発明の好ましい実施形態に関し、それは、開示の目的で選択された本明細書における本発明の例のすべての変化および変更を包含することが意図されており、その変更は、本発明の主旨および範囲からの逸脱を構成しないことを理解されたい。



  1. 複数の端末の少なくとも1つを、閉回路ネットワークに含まれるサーバのメインルータにリンク付けするための情報信号を伝搬する装置であって、前記情報信号は、前記端末を前記メインルータに接続する内部通信線の単一のツイストペア線の2つの端部を終端する差動信号回路または平衡インピーダンス回路のペアのうちの1つを介して双方向的に伝搬され、前記回路の各々は、キャリア周波数によって分離された前記ツイストペアを介して高速信号及び低速信号を同時に伝搬するためのCPUのI/O部分に接続された高周波数キャリアFSK及び低周波数キャリアASK変調器及び復調器を備え、
    前記CPUは、前記高速信号及び低速信号のうちの1つを介して情報コンテンツを伝搬し、前記コンテンツの少なくとも1つの受領承認を含む他の速度の信号を介してタイミング及びコマンドのうちの少なくとも1つを伝搬し、前記高速信号及び低速信号のうちの1つを介して前記コマンドを伝搬することによって、データ信号及びコマンド信号のうちの1つの伝搬タイミングを制御することを特徴とする装置。

  2. 前記サーバは、スタンドアロンと、プライベートネットワーク、専用ネットワーク、公衆ネットワーク、インターネット、仮想プライベートネットワーク(VPN)及びそれらの組み合わせを含む群から選択されるネットワークを介したクラウドコンピューティングとのうちの少なくとも1つであり、前記信号は、前記ネットワークを介して伝搬され、電気信号、RF信号、光信号及びそれらの組み合わせを含む群から選択され、前記端末は、ビデオインターフォンモニタ、テレビ受像機、ケーブルテレビ受像機、地上波テレビ受像機、セットトップボックス、ケーブルテレビボックス、テレビコンバータボックス、専用ショッピングボックス、専用ショッピング端末及びそれらの組み合わせを含む群から選択されることを特徴とする請求項1に記載の装置。

  3. 前記情報信号は、オーディオ信号、ビデオ信号、データ信号、制御信号、コード信号、制御信号、コマンド信号、警報信号、緊急信号及びそれらの組み合わせを含む群から選択され、前記内部通信線は、1つのツイストペア、マルチコアケーブル、複数のツイストペアケーブル、アンテナケーブル、同軸ケーブル、シールドケーブル、光ファイバケーブル及びそれらの組み合わせを含む群から選択されることを特徴とする請求項1に記載の装置。

  4. 前記情報信号の前記データ信号、コード信号、制御信号及び前記コマンド信号のうちの少なくとも1つは、ロード、アップグレード、更新、追加、変更、削除、ダウンロード及びそれらの組み合わせを含む群から選択される動作のための高速データ信号であることを特徴とする請求項1に記載の装置。

  5. 前記端末の処理回路は、前記更新を含むコマンドに応答するためのスタンバイ電力の維持と、前記端末に関連付けられ、構築された再充電可能のうちの1つを充電するための電力を含むスタンバイ電力の前記維持のための増加電力とのうちの少なくとも1つのために十分な、調節されたDC電流で前記ツイストペアの1つを介して、及び制御されたDC電圧で第2のツイストペアを介して電力供給されることを特徴とする請求項4に記載の装置。

  6. 前記閉回路は、中央エンティティによって管理及び制御され、eサービスプロバイダ、e商品プロバイダ、e保険プロバイダ、e支払いプロバイダ、e医療プロバイダ、e高齢者介護プロバイダ、e旅行及び運送プロバイダ、e娯楽及びゲームプロバイダ、e音楽及び映画プロバイダ、並びにそれらの組み合わせを含む群から選択されるe保険プロバイダを含むことを特徴とする請求項1に記載の装置。

  7. 前記複数の端末のうちの少なくとも1つ及び前記閉回路ネットワークに含まれるサーバのメインルータは、建物及び遠方のうちの1つに保管され、配送サービスは、前記中央エンティティ及び前記e支払いプロバイダのうちの1つを介して前記建物の少なくとも1人の住人から受け取った注文に従って前記建物及び遠方のうちの1つの配送ステーション及びショップから前記e商品プロバイダ及びeサービスプロバイダのうちの1つによって提供され、前記配送ステーション及びショップのうちの1つは、前記注文の商品及びサービス品目のうちの少なくとも1つを収集し、ショッピング端末及び配送デバイスのうちの1つを介した前記住人による配送を承認し、前記ネットワークを介して支払いを実行するための前記中央エンティティ及び前記e支払いプロバイダのうちの1つに前記承認を伝搬するための貯蔵デバイス及び配送デバイスのうちの少なくとも1つを含むステーションサーバを含むことを特徴とする請求項6に記載の装置。

  8. 前記スマート配送デバイスは、配送タブレット、スマートカート、スマートバスケット及びそれらの組み合わせを含む群から選択され、前記配送デバイスの各々は、前記収集及び前記配送を確実にするための、CPU、配送メモリ、操作配送用表示スクリーン、配送ステータスインジケータ、操作キー、並びにRF送受信機、バーコードリーダ、RFIDリーダ、カメラ及びそれらの組み合わせを含む群から選択されたモジュールを含むことを特徴とする請求項7に記載の装置。

  9. 前記支払いは、前記中央エンティティと、eクレジットプロバイダ、eクレジットカードプロバイダ、e銀行プロバイダ、e金融プロバイダ、eクレジットプロバイダ、eクリアリングハウスプロバイダ及びそれらの組み合わせを含む群から選択されたe支払いプロバイダとのうちの1つによって処理されることを特徴とする請求項7に記載の装置。

  10. 前記配送を受領する住人の写真は、建物サーバのメモリに保持された記録のために前記カメラによって撮られることを特徴とする請求項8に記載の装置。

  11. 前記配送ステーション及びショップのうちの1つの前記貯蔵デバイスは、収集及び配送の誤りを防止するための、ラック、棚、容器、キャビネット、パレット、スタンド、カード、バスケット、コンテナ、冷蔵庫、冷凍庫、保温庫、クーラー及びそれらの組み合わせを含む群から選択された貯蔵施設に取り付けられ、
    ピックアップ及び配送を助けるための前記貯蔵デバイスは、貯蔵商品、契約満了日、期限、価格、基本材個数、最小材個数、在庫なし、注文受領、注文量、注文アパート細目、ピックアップステータス、定期配送、緊急配送、要求配送時間及びそれらの組み合わせを含む群から選択されたデータ及びステータスを表示すること及び示すことの少なくとも1つのために、貯蔵設備の各々への取り付けのための、CPU、貯蔵メモリ、操作貯蔵用表示スクリーン、ステータスインジケータ、操作キー、並びに少なくとも1つのRF送受信機、バーコードリーダ、RFIDリーダ及びそれらの組み合わせを含む群から選択されたモジュールを含み、
    前記貯蔵用表示スクリーン及びインジケータは、前記ピックアップ品目を記録するための前記RFID及びバーコードリーダのうちの少なくとも1つを介して各ピックアップされた品目を検査することによって前記商品のピックアップ及び前記収集を処理するために受信した注文に関連する前記ステータス及び細目を識別することを特徴とする請求項7に記載の装置。

  12. 前記ピックアップ品目に関連する前記データは、アパートの住人による配送承認及び取り消しの受領のうちの1つを待つ移行におけるデータを残すことを特徴とする請求項11に記載の装置。

  13. 複数の端末の少なくとも1つを、閉回路ネットワークに含まれるサーバのメインルータにリンク付けするための情報信号を伝搬する方法であって、前記情報信号は、前記端末を前記メインルータに接続する内部通信線の単一のツイストペア線の2つの端部を終端する差動信号回路または平衡インピーダンス回路のペアのうちの1つを介して双方向的に伝搬され、前記回路の各々は、キャリア周波数によって分離された前記ツイストペアを介して高速信号及び低速信号を同時に伝搬するためのCPUのI/O部分に接続された高周波数キャリアFSK及び低周波数キャリアASK変調器及び復調器を備え、
    前記CPUは、前記高速信号及び低速信号のうちの1つを介して情報コンテンツを伝搬し、前記コンテンツの少なくとも1つの受領承認を含む他の速度の信号を介してタイミング及びコマンドのうちの少なくとも1つを伝搬し、前記高速信号及び低速信号のうちの1つを介して前記コマンドを伝搬することによって、データ信号及びコマンド信号のうちの1つの伝搬タイミングを制御し、前記方法は、
    a.前記高速信号及び低速信号のうちの1つを介して前記少なくとも1つのタイミング及びコマンドを生成及び伝搬するステップと、
    b.前記他の速度の信号を介して前記コンテンツを伝搬するステップと、
    c.前記高速信号及び低速信号のうちの1つを介して前記コンテンツ及び前記コマンドのうちの少なくとも1つの受領を承認するステップと、
    を含むことを特徴とする方法。

  14. 前記サーバは、スタンドアロンと、プライベートネットワーク、専用ネットワーク、公衆ネットワーク、インターネット、仮想プライベートネットワーク(VPN)及びそれらの組み合わせを含む群から選択されるネットワークを介したクラウドコンピューティングとのうちの少なくとも1つであり、前記信号は、前記ネットワークを介して伝搬され、電気信号、RF信号、光信号及びそれらの組み合わせを含む群から選択され、前記端末は、ビデオインターフォンモニタ、テレビ受像機、ケーブルテレビ受像機、地上波テレビ受像機、セットトップボックス、ケーブルテレビボックス、テレビコンバータボックス、専用ショッピングボックス、専用ショッピング端末及びそれらの組み合わせを含む群から選択されることを特徴とする請求項13に記載の方法。

  15. 前記情報信号は、オーディオ信号、ビデオ信号、データ信号、制御信号、コード信号、制御信号、コマンド信号、警報信号、緊急信号及びそれらの組み合わせを含む群から選択され、前記内部通信線は、1つのツイストペア、マルチコアケーブル、複数のツイストペアケーブル、アンテナケーブル、同軸ケーブル、シールドケーブル、光ファイバケーブル及びそれらの組み合わせを含む群から選択されることを特徴とする請求項13に記載の方法。

  16. 前記情報信号の前記データ信号、コード信号、制御信号及び前記コマンド信号のうちの少なくとも1つは、ロード、アップグレード、更新、追加、変更、削除、ダウンロード及びそれらの組み合わせを含む群から選択される動作のための高速データ信号であることを特徴とする請求項13に記載の方法。

  17. 前記端末の処理回路は、前記更新を含むコマンドに応答するためのスタンバイ電力の維持と、前記端末に関連付けられ、構築された再充電可能のうちの1つを充電するための電力を含むスタンバイ電力の前記維持のための増加電力とのうちの少なくとも1つのために十分な、調節されたDC電流で前記ツイストペアの1つを介して、及び制御されたDC電圧で第2のツイストペアを介して電力供給されることを特徴とする請求項16に記載の方法。

  18. 前記閉回路は、中央エンティティによって管理及び制御され、eサービスプロバイダ、e商品プロバイダ、e保険プロバイダ、e支払いプロバイダ、e医療プロバイダ、e高齢者介護プロバイダ、e旅行及び運送プロバイダ、e娯楽及びゲームプロバイダ、e音楽及び映画プロバイダ、並びにそれらの組み合わせを含む群から選択されるe保険プロバイダを含むことを特徴とする請求項13に記載の方法。

  19. 前記複数の端末のうちの少なくとも1つ及び前記閉回路ネットワークに含まれるサーバのメインルータは、建物及び遠方のうちの1つに保管され、配送サービスは、前記中央エンティティ及び前記e支払いプロバイダのうちの1つを介して前記建物の少なくとも1人の住人から受け取った注文に従って前記建物及び遠方のうちの1つの配送ステーション及びショップから前記e商品プロバイダ及びeサービスプロバイダのうちの1つによって提供され、前記配送ステーション及びショップのうちの1つは、前記注文の商品及びサービス品目のうちの少なくとも1つを収集し、配送を承認する貯蔵デバイス及び配送デバイスを含み、前記方法は、
    a.前記ネットワークを介して前記住人から伝搬された、前記中央エンティティ及びe支払いプロバイダのうちの1つを通した注文を受領するステップと、
    b.誤りなしで、前記貯蔵デバイス及び配送デバイスの少なくとも1つを介して商品及びサービス品目の少なくとも1つを収集するステップと、
    c.前記収集した商品及びサービス品目のうちの少なくとも1つを、その場所で前記住人に配送するステップと、
    d.前記端末及び前記配送デバイスのうちの1つを介して前記住人から承認を得るステップと、
    e.前記配送の支払いを実行するために、建物サーバ及び前記ネットワークを介して前記承認を、前記中央エンティティ及びe支払いプロバイダのうちの1つに伝搬するステップと、
    を含むことを特徴とする請求項18に記載の方法。

  20. 前記スマート配送デバイスは、配送タブレット、スマートカート、スマートバスケット及びそれらの組み合わせを含む群から選択され、前記配送デバイスの各々は、前記収集及び前記配送を確実にするための、CPU、配送メモリ、操作配送用表示スクリーン、配送ステータスインジケータ、操作キー、並びにRF送受信機、バーコードリーダ、RFIDリーダ、カメラ及びそれらの組み合わせを含む群から選択されたモジュールを含むことを特徴とする請求項19に記載の方法。

  21. 前記支払いは、前記中央エンティティと、eクレジットプロバイダ、eクレジットカードプロバイダ、e銀行プロバイダ、e金融プロバイダ、eクレジットプロバイダ、eクリアリングハウスプロバイダ及びそれらの組み合わせを含む群から選択されたe支払いプロバイダとのうちの1つによって処理されることを特徴とする請求項19に記載の方法。

  22. 前記配送を受領する住人の写真は、建物サーバのメモリに保持された記録のために前記カメラによって撮られることを特徴とする請求項20に記載の方法。

  23. 前記配送ステーション及びショップのうちの1つの前記貯蔵デバイスは、収集及び配送の誤りを防止するための、ラック、棚、容器、キャビネット、パレット、スタンド、カード、バスケット、コンテナ、冷蔵庫、冷凍庫、保温庫、クーラー及びそれらの組み合わせを含む群から選択された貯蔵施設に取り付けられ、
    ピックアップ及び配送を助けるための前記貯蔵デバイスは、貯蔵商品、契約満了日、期限、価格、基本材個数、最小材個数、在庫なし、注文受領、注文量、注文アパート細目、ピックアップステータス、定期配送、緊急配送、要求配送時間及びそれらの組み合わせを含む群から選択されたデータ及びステータスを表示すること及び示すことの少なくとも1つのために、貯蔵設備の各々への取り付けのための、CPU、貯蔵メモリ、操作貯蔵用表示スクリーン、ステータスインジケータ、操作キー、並びに少なくとも1つのRF送受信機、バーコードリーダ、RFIDリーダ及びそれらの組み合わせを含む群から選択されたモジュールを含み、
    前記貯蔵用表示スクリーン及びインジケータは、前記ピックアップ品目を記録するための前記RFID及びバーコードリーダのうちの少なくとも1つを介して各ピックアップされた品目を検査することによって前記商品のピックアップ及び前記収集を処理するために受信した注文に関連する前記ステータス及び細目をさらに識別することを特徴とする請求項19に記載の方法。

  24. 前記ピックアップ品目に関連する前記データは、アパートの住人による配送承認及び取り消しの受領のうちの1つを待つ移行におけるデータを残すことを特徴とする請求項23に記載の方法。

 

 

Patent trol of patentswamp
類似の特許
無線ネットワークにおけるマシンタイプ通信のためのeNodeBおよび方法の実施形態が本明細書において概して記載される。いくつかの実施形態において、進化型ノードB(eNodeB)の回路によって実行される方法は、ユーザ機器(UE)がマシンタイプ通信(MTC)に用いられるよう設定されるという通知をeNodeBが受信する段階を含み得る。当該方法は、UEが無線リソース制御接続(RRC_Connected)状態にあるかどうかを決定する段階と、UEが省電力モードに入り得るかどうかを決定する段階とを含み得る。当該方法は、UEがRRC_Connected状態にあり、かつ、UEが省電力モードに入り得ると決定することに応答して、RRCディープアイドルモードに移行するようUEを設定する段階を含み得る。
【課題】TDD(Time Division Duplex)システムにおいて端末が基地局にサウンディング参照信号(Sounding Reference Signal;SRS)を送信する方法を提供する。
【解決手段】この方法は、上位層を介して、第1サブフレームセット及び第2サブフレームセットを設定するステップと、前記サウンディング参照信号を前記基地局に特定サブフレームで送信するステップとを有し、前記第1サブフレームセット及び前記第2サブフレームセットは、上りリンクサブフレームと特別サブフレームの少なくとも一つで構成され、前記第1サブフレームセット及び前記第2サブフレームセットのそれぞれは、上りリンクデータチャネル送信のための電力制御プロセスと連動し、前記サウンディング参照信号の送信電力は、前記第1サブフレームセット及び前記第2サブフレームセットのうち、前記特定サブフレームの属したサブフレームセットと関連した所定の電力制御プロセスに基づいて決定されることを特徴とする。
【選択図】図8
【課題】無線通信システムにおいてサブサンプリングを用いてチャネル状態情報を送信する方法に関する。
【解決手段】端末がチャネル状態情報を送信する方法は、4アンテナポートのための報告サブモードによって、第1PMIと関連している第1コードブック及び第2PMIと関連している第2コードブックをサブサンプリングするステップと、サブサンプリングされた第1コードブック及び第2コードブックに基づいてチャネル状態情報を報告するステップとを有し、RIが1又は2である場合、第1PMIのための第1コードブックインデックスは、0、4、8及び12のうちの一つと決定され、RIが1である場合、第2PMIのための第2コードブックインデックスは、0、2、8及び10のうちの一つと決定され、RIが2である場合、第2PMIのための第2コードブックインデックスは、0、1、4及び5のうち一つと決定される。
【選択図】図16
本発明の一実施例に係る放送信号送信装置は、少なくとも1つ以上の放送サービスコンポーネントを伝送するサービスデータをエンコーディングするエンコーダ、フィジカルシグナリングデータをショートニング/パンクチャリングされたLDPCコードにエンコーディングするエンコーダ、エンコーディングされたサービスデータをコンスタレーションにマッピングするマッパー、プリアンブルデータ、エンコーディングされたフィジカルシグナリングデータ、そして、マッピングされたサービスデータを含む少なくとも1つ以上の信号フレームを生成するフレームビルダー、生成された少なくとも1つ以上の信号フレームをOFDMパラメータを用いてOFDM変調するOFDM変調部、及び変調された少なくとも1つ以上の信号フレームを含む少なくとも1つ以上の放送信号を送信する送信部を含むことができる。
【選択図】図1
コードブックを生成するための方法は、ベースライン多次元信号点配置にユニタリ回転を適用して多次元マザー信号点配置を作成するステップであって、前記ユニタリ回転は前記多次元マザー信号点配置の距離関数を最適化するように選択される、ステップと、前記多次元マザー信号点配置に演算のセットを適用して信号点配置点のセットを作成するステップとを含む。前記方法はまた、前記複数のコードブックのうちの前記コードブックとして前記信号点配置点のセットを記憶するステップを含む。
第1の複数のアンテナに連結される第1の複数の無線周波数(RF)チェーンを備える第1の通信デバイスと、第2の複数のアンテナに連結される第2の複数のRFチェーンを備える第2の通信デバイスとを有するシステムにおいて、第2の通信デバイスは、第1の通信デバイスによって送信された複数の連続するトレーニングパケットであり、第1の複数のRFチェーンにパワーレベルルールを適用することによって第1の通信デバイスにおいて生成された複数の連続するトレーニングパケット、を受信する。第2の通信デバイスは、パワーレベルルールに基づいて複数の連続するトレーニングパケットに対応する各チャネル測定を決定し、各チャネル測定に基づいて送信パラメータを選択する。送信パラメータは、第2の通信デバイスに送信するとき第1の通信デバイスによって使用される。第2の通信デバイスは第1の通信デバイスに選択された送信パラメータの指標を送信する。
端末が全二重無線(Full Duplex Radio、FDR)通信環境で自己干渉チャネルを測定する方法において、端末の自己干渉チャネルの測定のために基地局が信号の送信を中断する時間区間に関する情報を含むリソース割り当て情報を基地局から受信し、リソース割り当て情報によって特定された時間区間で自己干渉チャネルの測定のための第1基準信号を送信し、該時間区間に、自己干渉によって端末の受信端に入力される第2基準信号を受信し、第2基準信号は無線チャネルを介して送信された第1基準信号に対応する信号であるチャネル測定方法及び端末を提供する。
【選択図】図3
【課題】無線通信システムにおいて干渉除去能力を有する端末のチャネル状態情報の報告のための方法を提供する。
【解決手段】前記方法は、サービング基地局から干渉除去が反映されたチャネル状態の報告又は干渉除去が反映されていないチャネル状態の報告を指示するチャネル状態報告設定を受信するステップ、前記チャネル状態報告設定によってチャネル状態のための報告値を算出するステップ、及び前記サービング基地局に前記チャネル状態に対する報告値を送信するステップを含むことができる。前記チャネル状態報告設定はサブフレームサブセット別に設定されてもよい。
【選択図】図7
アンライセンススペクトラムがロングタームエボリューション(LTE)通信のために使用される、方法および装置が説明される。一方法は、アンライセンススペクトラムが次の送信間隔において送信のために利用可能であるかどうかを決定するために、現在のゲーティング間隔においてアンライセンススペクトラムに対するクリアチャネルアセスメント(CCA)を実行することと、決定が、アンライセンススペクトラムが利用不可能であるというものであるとき、次の送信間隔の間、アンライセンススペクトラムにおける送信をオフにゲーティングすることとを含む。
【選択図】図11
シグナリング機構が、3GPP TDDロングタームエボリューション(TD−LTE)システム等のTDDワイヤレス通信システム(100)におけるユーザ機器(UE)(104)による、UL/DLリソース区画化(403)の動的再構成を可能にする。UL/DLリソース区画化の動的再構成は、TDD UL/DL構成の動的再構成を用いる、他の任意のTDDワイヤレスシステムにも適用され得る。
To top