画像システム運用特性監視

 

方法は、画像システムの運用特性のセットを得るステップを有する。方法は、前記運用特性のセットのうち、断続的に所定範囲の外側に入り前記画像システムの即時サービスを要求しない運用特性を識別するステップを更に有する。方法は、前記の識別された運用特性の傾向を生成するステップを更に有する。方法は、前記の生成された傾向を少なくとも1つの基準傾向と比較するステップを更に有する。方法は、前記比較に基づき、前記画像システムがサービスを提供されるべきであると決定するステップを更に有する。方法は、前記画像システムがサービスを提供されるべきであると決定することに応答して、サービス通知信号を生成するステップであって、前記サービス通知信号は前記画像システムのサービスを呼び出す、ステップを更に有する。

 

 

以下は、概して画像システムに関し、より詳細には、画像システム運用特性監視に関する。しかしながら、以下は、非画像システムにも変更可能である。
複雑な患者画像装置のサービス遠隔測定法及び遠隔監視は、臨床的状況にある間、被写体に臨床的プロトコルを実行するためのシステム可用性を保証するために、主要機能及性能パラメータの制御を必要とし得る。これらの主要パラメータ及び機能が遠隔で目に見えることは、必要に応じてサブシステムの制御へのリモートアクセスと結合されて、ユニットの使用不能を生じ得る、したがって患者スループットを制限する、ハード故障を防ぎ得る。
遠隔測定及び更なる分析のために上述のような情報を使用する能力は、地域に渡り設置されたユニットから専用制御センタへのデータ転送及び遠隔監視の目的を達成するために特定情報を抽出し識別するために該データの処理を必要とする。上述の処理を達成するための1つの方法は、装置から抽出された膨大な量のログファイルを操作することである。これは通常、かなりのデータ伝送帯域幅、かなりの制御センタ計算及び記憶容量、及びデータ計算結果の分析及びそれに対する作用を実行するための専用マンパワーを必要とする。
もう1つの方法は、装置ログファイル及びサブシステムから特定のパラメータを直接抽出し、制御センタへ該情報のみを送信することである。これは、資源と遙かに調和した方法であり、現場に配備されている装置の数が増大するとき、拡張性を向上するのに役立つ。さらに、この方法は、会社財産制御センタへパラメータを配信することにより、装置情報の保護及び分析を保護する商業的必要性を満たす。これらのパラメータは、指定した時間枠の範囲内で使用可能な値を瞬時に識別できる遠隔監視警告サーバにおいて評価され得る。
しかしながら、幾つかのパラメータは、それらの閾から外れた値が長期間に渡り存続するときにのみ、使用可能になる。残念ながら、このようなパラメータは、時間に渡り評価されない場合に誤った警報を生じることがあり、したがって、設計通りに臨床的に機能しているシステムからの分析及び調査には追加時間が必要である。したがって、このようなパラメータを評価する更なるアプローチの必要が未だ満たされていない。
本願明細書に記載の態様は、上述の問題及び他の問題を解決する。
以下に記載のアプローチは、傾向を示し、ランク付けし、分析し、及び/又は更にサービス遠隔測定法のために、主要パラメータを異なる地域に渡り設置される画像システムの集合から遠隔で利用可能にし、同時に、ネットワーク通信帯域幅及び/又は接続制限を、及び複数システム情報を分析するために大容量コンピューティングサーバの必要を克服する。
一態様では、方法は、画像システムの運用特性のセットを得るステップを有する。方法は、前記運用特性のセットのうち、断続的に所定範囲の外側に入り前記画像システムの即時サービスを要求しない運用特性を識別するステップを更に有する。方法は、前記の識別された運用特性の傾向を生成するステップを更に有する。方法は、前記の生成された傾向を少なくとも1つの基準傾向と比較するステップを更に有する。方法は、前記比較に基づき、前記画像システムがサービスを提供されるべきであると決定するステップを更に有する。方法は、前記画像システムがサービスを提供されるべきであると決定することに応答して、サービス通知信号を生成するステップであって、前記サービス通知信号は前記画像システムのサービスを呼び出す、ステップを更に有する。
別の態様では、システムは、断続的に及び持続的に所定運用範囲の外側に入る画像システムの運用特性を識別することに基づき、前記画像システムのサービスを呼び出す画像システムヘルス監視システムであって、前記運用特性は、前記画像システムの即時サービスを要求しない、画像システムヘルス監視システム、を有する。
別の態様では、コンピュータ可読命令をエンコードされたコンピュータ可読記憶媒体が提供され、前記コンピュータ可読命令は、プロセッサにより実行されると、前記プロセッサに、運用特性のセットのうち、断続的に所定範囲の外側に入るが前記画像システムの即時サービスを要求しない運用特性を識別させ、前記の識別された運用特性の傾向を生成させ、前記の生成された傾向を少なくとも1つの基準傾向と比較させ、前記比較に基づき、前記画像システムはサービスされるべきであると決定させ、前記画像システムはサービスされるべきであると決定することに応答して、サービス通知信号を生成させ、前記サービス通知信号に応答して、前記画像システムのサービスを呼び出させる。
本発明は、種々のコンポーネント及びコンポーネントの配置の形式、並びに種々のステップ及びステップの配置の形式を取ることができる。図面は、好適な実施形態を説明することのみを目的とし、本発明を限定するものと見なされるべきではない。
複数の画像及び/又は非画像システムと結合される画像システムヘルス監視システムを概略的に示す。 図1の画像システムヘルス監視システムの変形を概略的に示す。 本願明細書に開示の実施形態による方法を示す。
図1は、画像システムヘルス監視システム102と画像システム104のセットとを有するシステム100を概略的に示す。
画像システム特性サーバ106は、画像システム104のセットのうちの1又は複数の運用特性を得る。適切な画像システム104の例は、限定ではないが、CT(computed tomography)スキャナ108、MR(magnetic resonance)スキャナ110、SPECT(single photon emission computed tomography)スキャナ112、...、PET(positron emission tomography)スキャナ114を含む。運用特性は、特定の画像システム104を識別する識別子を有し及び/又はそれに関連付けられても良い。
運用特性の例は、限定ではないが、1又は複数の所定場所における温度値、1又は複数の所定ハードウェアコンポーネントの温度値、1又は複数の所定コンポーネント若しくは回路の電気的値(例えば、電圧、電流、インピーダンス、等)、使用可能ディスク空間の割合、データ転送問題、データ転送障害、画像品質メトリック、及び/又は他の特性を有する。このような運用特性は、システム104において、測定され及び/又はその他の場合にはハードウェア及び/又はソフトウェアを決定し得る。
概して、得られた運用特性は、数値として提示される。例えば、特定のコンポーネントの温度を表す特性は、温度を表すアナログ若しくはデジタル値の形式(例えば、70度を表すデジタル値)であり得る。画像品質メトリックの例は、雑音(例えば、標準偏差、分散、等)、解像度(例えば、ミリメータ当たりのライン対、LP/mmで表される)、アーチファクト(例えば、アーチファクトの存否を表す2進値)、画像データの検出画像均一性の比の値、画像システムにある検出器の回転中心の追跡、画像システムの空間分解能性能、画像システムの感度性能、及び/又は数値で表すことのできる他の画像品質特性を含む。
非限定的な一例では、画像システム特性サ―バ106は、上述の運用特性について、システム104のうちの1又は複数にポーリングする。このようなポーリングは、所定スケジュール(例えば、毎晩、等)に基づき、オンデマンドで(例えば、ポーリングのユーザ要求を示す信号に応答して)、及び/又はその他に基づき得る。追加又は代替で、システム104は、1又は複数の運用特性を画像システム特性サーバ106へプッシュ又は送信できる。プッシュは、所定スケジュール(例えば、毎晩、等)に基づき、オンデマンドで(例えば、ポーリングのユーザ要求を示す信号に応答して)あり得る。
画像システム特性サーバ106は、(図示のように)画像システムヘルス監視システム102の部分であり、それとは別個であり、及び/又は画像システムヘルス監視システム102と1又は複数の他のシステムとの間で分散され得る。別個のシステムの一例は、限定ではないが、画像システム104、画像システム104が配置される設備、画像システム104のための中央サーバ、等のうちの1又は複数を有する。
特性識別器118は、画像システム特性サーバ106により格納される特定の運用特性を識別する。図示の実施形態では、特定の運用特性は、特定の画像システム104が自身の提供するサービス(例えば、被写体又はオブジェクトをスキャンする)を実行するために使用可能及び動作可能である間、断続的に運用範囲120の外側に入る値を有するものである。このような運用特性は、個々の画像システム104が即時サービス及び/又は注意を要求することを示すもの(例えば、X線菅アーク、不良検出器、等)とは対照的である。
識別特性記憶装置122は、識別された特性の特性値を格納する。特性値は、連続的又は周期的に測定されても良い。いずれの例でも、識別された特性の全部又はその部分集合が格納される。後者の例では、例えば、全部の値の代わりに、1又は複数の時間範囲に渡る平均値が得られても良い。別の例では、1又は複数の時間範囲に渡る単に最大値及び/又は単に最小値が得られても良い。更に別の例では、別の代表値が得られ格納される。
トレンダ(trender)124は、識別特性記憶装置122に格納された情報の傾向を生成する。例えば、回路基板の温度が断続的に仕様の外側に入り、画像システム104が依然としてスキャンし診断画像を生成する場合、回路基板の温度が識別特性記憶装置122に格納され、トレンダ124により傾向が示される(trend)。別の例として、画像品質値が断続的に仕様の外側に入る場合、値は識別特性記憶装置122に格納され、トレンダ124により時間に渡る傾向を示される。
傾向レポジトリ126は、トレンダ124により生成される傾向を格納する。傾向レポジトリ126は、(図示のように)画像システムヘルス監視システム102の部分であり、それとは別個であり、及び/又は画像システムヘルス監視システム102と1又は複数の他のシステムとの間で分散され得る。
持続性傾向識別器128は、特性が仕様の外側に入ることが所定時間枠に渡り持続する、傾向レポジトリ126の中の傾向を識別する。一例では、これは、所定のパターン128(例えば、特定の時間期間に渡る閾時間数)について、傾向レポジトリ126の中の傾向を周期的に評価することにより達成される。パターン128に合わない傾向は、傾向レポジトリ126から削除できる。
傾向比較器132は、識別された持続性傾向を他の傾向と比較する。例えば、一例では、傾向比較器132は、識別された持続性傾向を、同じ持続性傾向を有する及び/又は有したがサービスを要求しなかった画像システムの傾向と比較する。追加又は代替で、傾向比較器132は、識別された持続性傾向を、同じ持続性傾向を有する及び/又は有した及びサービスを要求した画像システムの傾向と比較する。
追加又は代替で、傾向比較器132は、識別された持続性傾向を、同じ画像システムについて前に生成した傾向及び同じ持続性傾向と比較する。これから、傾向比較器132は、断続的特性がより高頻度に、より低頻度に、又は同じように、断続的に生じているか否かを決定できる。他の比較の本願明細書で意図される。
比較は、ユーザの選択した比較傾向を示す信号のような、ユーザ入力を示す信号により呼び出され、それに基づくことができる。追加又は代替で、持続性傾向識別器128は、比較について、傾向を自動的に識別できる。後者の例では、識別された傾向は、ユーザにより確認又は検証される必要があっても良く、及び/又はユーザは自動的に選択された傾向を覆すことができる。
傾向及び/又は比較は、ディスプレイ134により視覚的に表示され得る。ディスプレイの目的のために、傾向及び/又は比較は、所定の優先度に基づきランク付けされ得る。このランク付けは、特定の特性、画像システムの種類、持続の程度、等を考慮しても良い。色、文字サイズ、背景、及び/又は他の兆候のような兆候は、表示された傾向及び/又は比較を目立たせ、強調し、ランク付けする、等のために利用できる。
入力装置136は、ユーザ入力を示す信号を得るために使用できる。入力装置の例は、限定ではないが、マウス、タッチスクリーン、デジタルペン、マイクロフォン、等を含む。一例では、信号は、更なる評価及び/又はサービスの傾向を警告しても良い(flag)。別の例では、信号は、更なる評価及び/又はサービスを要求しない傾向を警告しても良い(flag)。
決定ロジック138は、所定ルール140のセットに基づき、傾向及び/又は傾向比較を評価する。これは、ユーザ入力を示す信号のような信号が提供される場合、このようなユーザ入力を考慮することを含む。画像システム104はサービスを要求しないことをルール140が示す場合、決定ロジック138は、この決定の理由を示す説明を傾向に関連付け及び/又は付加し、及び後の分析及び/又はアーカイブのために付加された傾向を傾向レポジトリ126に格納しても良い。
画像システム104がサービスを受けるべきであるとルールが示す場合、決定ロジック138により通知信号が生成され、決定ロジック138により送信される。任意で、決定ロジック138は、この決定の理由を示す説明を傾向に関連付け及び/又は付加し、付加された傾向を傾向レポジトリ126に格納しても良い。ルール140は、予め定められ及び/又はユーザにより設定可能であり得る。
遠隔サービスエンジン142は、通知信号を受信することに応答して、及びサービスが遠隔サービスエンジン142により遠隔で実行できる場合、持続性傾向を有する特性で画像システム104にアクセスし、サービスを実行する。これは、人間の相互作用を含んでも良く、又はいかなる人間の相互作用も含まなくても良い。追加又は代替で、遠隔サービスエンジン142は、サービス人員に電子通知を提供する。これは、画像システム104の現場サービスをもたらし得る。
概して、画像システムヘルス監視システム102は、傾向を示し、ランク付けし、分析し、及び/又は更にサービス遠隔測定法のために、主要パラメータを異なる地域に渡り設置される画像システム104の集合から遠隔で利用可能にし、同時に、ネットワーク通信帯域幅及び/又は接続制限を、及び複数システム情報を分析するために大容量コンピューティングサーバの必要を克服する。
理解されるべきことに、画像システムヘルス監視システム102の少なくとも一部分は、過渡媒体を除く、物理メモリのようなコンピュータ可読記憶媒体に埋め込まれ又は符号化された1又は複数のコンピュータ実行可能命令を実行する1又は複数のコンピュータプロセッサ(CPU(central processing unit)、マイクロプロセッサ、等)により実装できる。しかしながら、コンピュータ実行可能命令の少なくとも1つは、代替で、搬送波、信号、及び他の一時的媒体により伝達でき、1又は複数のコンピュータプロセッサにより実施できる。
図2は、システム100の変形を概略的に示す。図2では、画像システムヘルス監視システム102は、画像システム特性サーバ106の中の運用特性を評価する特性評価器202を更に有し、本願明細書で及び/又は他で示されるように画像システム104が即時サービス及び/又は注意を要求することを示す運用特性を識別することに応答して遠隔サービスエンジン142に通知する。
図3は、本願明細書に開示の実施形態による例示的な方法を示す。
これらの方法の動作の順序は限定的でないことが理解されるべきである。したがって、他の順序が本願明細書で考えられる。さらに、1又は複数の動作は省略されても良く、及び/又は1又は複数の追加動作が含まれても良い。
302で、1又は複数の画像システムの運用特性が得られる。本願明細書で議論するように、運用特性は、特性のプル及び/又はプッシュを通じて得ることができ、数値である。
304で、得られた特性のうち、断続的に所定運用範囲から出る特性が識別される。
306で、断続的に所定運用範囲から出る特性の傾向が生成される。
308で、特性が持続的に所定運用範囲の外側にある生成された傾向が識別される。非限定的な一例では、これは、健康状態(例えば、良好、疑わしい、危険、等)に基づきカテゴリ(例えば、特性のグループ)をランク付けするステップ、どのサブシステムが正常、疑わしい、危険、等であることを視覚的に示す、色、背景などのしるしを用いてそれらを表示するステップを有する。概して、識別されたシステムの健康状態を表示することは、設置基盤内のシステム種類の全体的健康状態の絵を提供できる。
310で、持続性傾向は、1又は複数の基準傾向と比較される。これは、異なる画像システムのサービスを生じた異なる画像システムの同じ特性の傾向、異なる画像システムのサービスを生じなかった異なる画像システムの同じ特性の傾向、画像システムの同じ特性の傾向、等を有する。
312で、持続的に所定運用範囲の外側にある特性を有する画像システムがルールのセットに基づきサービスを提供されるべきか否かが決定される。
提供されるべきである場合、314で、サービス通知信号が生成され送信される。本願明細書で議論するように、サービス通知信号は、画像システムのサービスを生じても良い。
以上は、コンピュータプロセッサにより実行されると該プロセッサに上述の動作を実行させる、コンピュータ可読記憶媒体に符号化され又はそれに埋め込まれるコンピュータ可読命令により実装されてもよい。追加又は代替で、少なくとも1つのコンピュータ可読命令は、信号、搬送波、又は他の一時的媒体により伝達され、コンピュータプロセッサにより実施される。
本発明は、好適な実施形態を参照して説明された。前述の詳細な説明を読み理解することで、変更及び代替が可能である。本発明は、このような全ての変更及び代替は添付の請求の範囲の範囲又はその等価物に包含されるものと見なされる。
一態様では、画像システムのためにサービス通知信号を生成する方法は、前記画像システムの運用特性のセットを得るステップを有する。方法は、前記運用特性のセットのうち、断続的に所定範囲の外側に入り前記画像システムの即時サービスを要求しない運用特性を識別するステップを更に有する。方法は、前記の識別された運用特性の傾向を生成するステップを更に有する。方法は、前記の生成された傾向を少なくとも1つの基準傾向と比較するステップを更に有する。方法は、前記比較に基づき、前記画像システムがサービスを提供されるべきであると決定するステップを更に有する。方法は、前記画像システムがサービスを提供されるべきであると決定することに応答して、前記サービス通知信号を生成するステップであって、前記サービス通知信号は前記画像システムのサービスを呼び出す、ステップを更に有する。
別の態様では、画像システムのためにサービス通知信号を生成するシステムは、前記画像システムの運用特性のセットを得るよう構成される特性サーバを有する。
システムは、前記運用特性のセットのうち、断続的に所定運用範囲の外側になり前記画像システムの即時サービスを要求しない運用特性を識別するよう構成される特性識別器を更に有する。システムは、前記の識別した運用特性の傾向を生成するよう構成されるトレンダと、前記の生成した傾向を少なくとも1つの基準傾向と比較するよう構成される傾向比較器と、を更に有する。システムは、前記比較に基づき、前記画像システムはサービスを提供されるべきであると決定し、前記画像システムはサービスを提供されるべきであると決定することに応答して、前記サービス通知信号を生成するよう構成される決定ロジックであって、前記サービス通知信号は、前記画像システムのサービスを呼び出す、決定ロジックと、を更に有する。
別の態様では、コンピュータ可読命令をエンコードされたコンピュータ可読記憶媒体が提供され、前記コンピュータ可読命令は、プロセッサにより実行されると、前記プロセッサに、上述の方法を実行させる
本発明の一実施形態では、前記運用特性は数値である。
関連する実施形態では、前記運用特性は画像品質メトリックである。関連する一実施形態では、前記数値は、前記画像システムにより生成された画像データのボクセルの少なくともサブセットの標準偏差を表しても良い。関連する一実施形態では、前記数値は、前記画像システムにより生成された画像データのボクセルの少なくともサブセットの解像度を表す。更に関連する一実施形態では、前記数値は、前記画像システムにより生成された画像データの中のアーチファクトを示す。特に前記数値は、本実施形態では、前記アーチファクトの存否を示す2進値であっても良い。
さらに、本発明の一実施形態は、前記画像品質メトリックが前記画像システムにより生成された画像データの検出画像不均一性の比の値を表す数値を有することを提供する。更なる実施形態では、前記画像品質メトリックは、前記画像システムにある検出器の回転中心の追跡を表す数値を有する。さらに、一実施形態では、前記画像品質メトリックは、前記画像システムの空間分解能性能を表す数値を有する。さらに、一実施形態は、前記画像品質メトリックが前記画像システムの感度性能を表す数値を有することを提供する。
更なる一実施形態では、前記運用特性は、温度、電気特性、データ記憶の状態、又はデータ送信レート、のうちの1又は複数を有する。
本発明の一実施形態では、基準傾向は、断続的に前記所定範囲の外側に入るがサービスを要求しない同じ運用特性を有する異なる画像システムの傾向を含む。本発明の更なる実施形態では、前記基準傾向は、断続的に前記所定範囲の外側に入りサービスを要求する同じ運用特性を有する異なる画像システムの傾向を有する。さらに、一実施形態は、前記基準傾向が、断続的に前記所定範囲の外側に入る同じ運用特性を有する同じ画像システムの傾向を有する。本実施形態では、前記比較は、前記の断続的運用特性がより高い頻度で又はより低い頻度で生じているかを特に示しても良い。
本発明の一実施形態では、方法は、前記画像システムがサービスを提供されるべきであると示すユーザ入力を示す信号を受信するステップと、前記信号を受信することに応答して前記サービス通知信号を生成するステップと、を更に有する。



  1. 画像システムの運用特性のセットを得るステップと、
    前記運用特性のセットのうち、断続的に所定運用範囲の外側になり前記画像システムの即時サービスを要求しない運用特性を識別するステップと、
    前記の識別した運用特性の傾向を生成するステップと、
    前記の生成した傾向を少なくとも1つの基準傾向と比較するステップと、
    前記比較に基づき、前記画像システムはサービスを提供されるべきであると決定するステップと、
    前記画像システムはサービスを提供されるべきであると決定することに応答して、サービス通知信号を生成するステップであって、前記サービス通知信号は、前記画像システムのサービスを呼び出す、ステップと、
    を有する方法。

  2. 前記運用特性は数値である、請求項1に記載の方法。

  3. 前記運用特性は画像品質メトリックである、請求項2に記載の方法。

  4. 前記数値は、前記画像システムにより生成された画像データのボクセルの少なくともサブセットの標準偏差を表す、請求項3に記載の方法。

  5. 前記数値は、前記画像システムにより生成された画像データのボクセルの少なくともサブセットの解像度を表す、請求項3に記載の方法。

  6. 前記数値は、前記画像システムにより生成された画像データの中のアーチファクトを示す、請求項3に記載の方法。

  7. 前記数値は、前記アーチファクトの存否を示す2進値である、請求項6に記載の方法。

  8. 前記運用特性は、温度、電気特性、データ記憶の状態、又はデータ伝送レートのうちの1又は複数を有する、請求項2に記載の方法。

  9. 前記基準傾向は、断続的に前記所定範囲の外側に入るがサービスを要求しない同じ運用特性を有する異なる画像システムの傾向を有する、請求項1乃至8のいずれか一項に記載の方法。

  10. 前記基準傾向は、断続的に前記所定範囲の外側に入りサービスを要求する同じ運用特性を有する異なる画像システムの傾向を有する、請求項1乃至8のいずれか一項に記載の方法。

  11. 前記基準傾向は、断続的に前記所定範囲の外側に入る同じ運用特性を有する同じ画像システムの傾向を有し、前記比較は、前記断続的な運用特性がより高い頻度で又はより低い頻度で生じているかを示す、請求項1乃至8のいずれか一項に記載の方法。

  12. 前記画像システムはサービスを提供されるべきあると示すユーザ入力を示す信号を受信するステップと、
    前記信号を受信することに応答して、前記サービス通知信号を生成するステップと、
    を更に有する請求項1乃至11のいずれか一項に記載の方法。

  13. 断続的に及び持続的に所定運用範囲の外側に入る画像システムの運用特性を識別することに基づき、前記画像システムのサービスを呼び出す画像システムヘルス監視システムであって、前記運用特性は、前記画像システムの即時サービスを要求しない、画像システムヘルス監視システム、を有するシステム。

  14. 前記画像システムヘルス監視システムは、
    前記運用特性を識別する特性識別器と、
    前記の識別された運用特性の傾向を生成するトレンダと、
    前記の生成された傾向を少なくとも1つの基準傾向と比較する傾向比較器と、
    前記比較及びルールに基づき前記画像システムはサービスを提供されるべきであると決定し、前記サービス通知信号を生成する決定ロジックと、
    を有する、請求項13に記載のシステム。

  15. 前記運用特性は数値である、請求項13又は14に記載のシステム。

  16. 前記運用特性は画像品質メトリックである、請求項13又は14に記載のシステム。

  17. 前記画像品質メトリックは、前記画像システムにより生成された画像データの検出画像不均一性の比の値を表す数値を有する、請求項16に記載のシステム。

  18. 前記画像品質メトリックは、前記画像システムの検出器の回転中心の追跡を表す数値を有する、請求項16に記載のシステム。

  19. 前記画像品質メトリックは、前記画像システムの空間分解能性能を表す数値を有する、請求項16に記載のシステム。

  20. 前記画像品質メトリックは、前記画像システムの感度性能を表す数値を有する、請求項16に記載のシステム。

  21. 前記運用特性は、温度、電気特性、データ記憶の状態、データ転送問題、又はデータ転送障害のうちの1又は複数を有する、請求項16に記載のシステム。

  22. 前記基準傾向は、断続的に前記所定範囲の外側に入るがサービスを要求しない同じ運用特性を有する異なる画像システムの第1の傾向、断続的に前記所定範囲の外側に入りサービスを要求する同じ運用特性を有する異なる画像システムの第2の傾向、又は断続的に前記所定範囲の外側に入る同じ運用特性を有する同じ画像システムの第3の傾向、のうちの少なくとも1つを有する、請求項13乃至21のいずれか一項に記載のシステム。

  23. コンピュータ可読命令をエンコードされたコンピュータ可読記憶媒体であって、前記コンピュータ可読命令は、プロセッサにより実行されると、前記プロセッサに、
    運用特性のセットのうち、断続的に所定範囲の外側に入るが前記画像システムの即時サービスを要求しない運用特性を識別させ、
    前記の識別された運用特性の傾向を生成させ、
    前記の生成された傾向を少なくとも1つの基準傾向と比較させ、
    前記比較に基づき、前記画像システムはサービスを提供されるべきであると決定させ、
    前記画像システムはサービスを提供されるべきであると決定することに応答して、サービス通知信号を生成させ、
    前記サービス通知信号に応答して、前記画像システムのサービスを呼び出させる、
    コンピュータ可読記憶媒体。

 

 

Patent trol of patentswamp
類似の特許
カスタム化粧品調合を決定するためのシステムおよび方法。一方法では、ユーザは、既知の光および色特性を用いて、皮膚領域の画像を捕捉するように誘導され、画像は、較正された皮膚色情報を提供するために処理される。カスタム化粧品調合が、較正された皮膚色情報に基づいて、ユーザのために自動的に決定される。別の方法では、ユーザは、画像センサを有するデバイスを使用して、1つまたは複数の皮膚領域画像の捕捉を通じて相互作用的に誘導される。皮膚領域画像は、較正された皮膚色情報を提供するために処理され、較正された皮膚色情報は、グランドトゥルースデータセットにおける最も近い既知の値のセットを識別するためにグランドトゥルースデータセットと比較される。カスタム化粧品調合が、比較に基づいて、ユーザのために自動的に決定される。
本開示は、画像関連のデータを、基地局及び/又は1つ以上の衛星コンピューティングデバイス、例えばタブレットコンピュータ及び/又はスマートフォンの間で通信することを対象とする。衛星デバイスは、画像データをキャプチャして、画像関連のデータ(例えば画像又は画像から処理される深度データ)を、基地局のような別のデバイスに通信する。受け取り側のデバイスは、画像関連のデータを使用して、例えばシーン内の何らかの物に、基地局よりも物理的に近い衛星デバイスからキャプチャされた画像データに基づいて、深度データ(例えば深度マップ)を強化する。深度データを様々な条件下でより正確にキャプチャするために、能動的な照明パターンが、基地局又は別の外部プロジェクタから投影され、これにより、衛星ユニットは、他のソースの能動的な照明を使用し得るので、内部電力を消費する必要がなく、能動的な照明からの利益が得られる。
【課題】当該方法によると、いずれの携帯電話も非常に高い高同心度の効果を達成できるようにし、廃棄の問題が存在せず、背景技術に記載されたカメラ光学中心と外観ウィンドウ中心の同心度の偏心が深刻で、不良率が高まる問題を解決できる。当該装置は、プロジェクター(7)、コンピュータ(6)、調整アセンブリ(5)を含み、操作が簡単であり、当該装置によれば、いずれの携帯電話も非常に高い高同心度の効果を達成できるようにする。
【解決手段】本発明は、光学中心校正方法、及び装置に関し、前記方法は、ウィンドウカバー(2)が固定装着され、カメラ(3)が予め装着された後に、カメラの位置を調整するステップを含み、当該カメラの位置を調整するステップにおいて、ウィンドウカバー(2)における外観ウィンドウ中心(9)を基準にしてカメラの光学中心(8)位置を調整することにより、カメラの光学中心(8)と外観ウィンドウの中心(9)との同心度要求を満足させる。
【選択図】図1
システム、装置、デバイス、方法、コンピュータプログラム製品、および他の実現が開示され、それは、少なくとも1つのセンサを含むデバイスの画像キャプチャリングユニットによってシーンの画像をキャプチャすることと、シーンのキャプチャ画像内の少なくとも1つの消失点の決定されたロケーションに少なくとも部分的に基づいて、デバイスの相対的なデバイス方位を決定することと、決定された相対的なデバイス方位に少なくとも部分的に基づいて、少なくとも1つのセンサに対して1つ以上の較正動作を実行することとを含む方法を含む。
【選択図】図1
本発明は、複数の縞(5)からなる投影パターン(3)を生成する投影格子(2)と、生成された投影パターン(3)を測定すべき対象(10)上に投影する光学系(4)とを備える、対象歯(10)を三次元で光学測定する縞投影方法に基づいた、歯科用カメラ(1)を校正するための方法及び校正デバイスに関する。第1のステップで、既知の寸法を有する基準面(74)が、縞投影方法を使用して歯科用カメラ(1)によって測定される。複数の測定点(11)の実際の座標(33、36)が基準面(74)上で決定され、決定された実際の座標(33、36)は、基準面(74)上における測定点(11)の目標座標(34)と比較される。次の方法ステップで、実際の座標(33、36)と目標座標(34)との間の偏差(35、37)に由来して、投影パターン(3)の個々の縞(5)に対して複数の補償値(40、50、51、52、53)を算出する。
【選択図】図6
【課題】プレノプティック・カメラを較正する。
【解決手段】プレノプティック・カメラ2は、カメラ・レンズ10と、複数のマイクロレンズ111、112、11nを含むレンズレット・アレイ11と、光センサ・アレイ13とを含む。サブ画像の参照ピクセルを決定するために、カメラ・レンズは、カメラ・レンズの開口絞り平面内に配置された発光デバイス20を含み、この発光デバイスは、光センサ・アレイを照明する。
【選択図】図2
【課題】物体を検査及び/又は計測するための、温度及び経年劣化への依存度が小さいカメラシステム及び方法を提供する。【解決手段】環境40中の物体2を検査及び/又は計測するためのカメラシステム1であって、カラーイメージセンサ16と、カラーイメージセンサ16の前にある、物体2を環境40からカラーイメージセンサ16上に結像するための対物機構26とを含み、更に、環境40を非単色光により特に対物機構26を通過することなく照明することができる少なくとも1つの撮影用照明光源10、12を含む、カメラシステム1において、少なくとも1つの参照用内部照明光源14であって、カラーイメージセンサ16を、参照用内部照明光源14により照射される光が対物機構26を通過することなく照明することができるように配置される参照用内部照明光源14を有する。【選択図】図1
【課題】カメラのキャリブレーションを効率よく行える技術を提供する。【解決手段】車両100に固定され、外部標定要素が取得されたレーザスキャナ115により、車両100を移動させながらビル131のレーザスキャンを行って基準レーザスキャンデータを取得する。また、この際の特定の時刻に車載のカメラ114でビル131を撮影する。そして、移動した車両100の軌跡に基づき、基準レーザスキャンデータを前記特定の時刻における車両100上での座標系で記述した基準点群位置データを算出する。次に、基準点群位置データにおける特徴点とカメラ114が撮影した画像上の特徴点の対応する点を指定する。最後に、対応点の基準点群位置データと前記画像上の画面座標値との対応関係に基づき、カメラ113の外部標定要素を算出する。【選択図】図1
【課題】用紙ベースのセンサによって得られた検査結果の自動評価を可能とするために画像処理とセンサ設計を結合した比色分析方法を提供する。【解決手段】カメラを使用して比色反応のために比色用紙センサ100の写真を撮像することと、染料及び基準色の双方が吸収を有する色チャネルであって染料及び基準色の双方がほぼゼロの吸収を有する1つの前記色チャネルを識別することと、各色チャネルにおける前記染料と前記基準色との間の既知の吸収率を識別することと、空間的変動を除去するために前記ほぼゼロの吸収チャネルによって各吸収チャネルを正規化することと、合成画像における前記基準色及び基板白によって読み取る前記検査エリアをキャリブレーションすることと、各検査エリアにおけるキャリブレーションされた読み取り値に基づいて検査物質検体の濃度を判定する。【選択図】図3
To top