通信インターフェースを有するタッチスクリーンスタイラス

著者らは特許

G06F3/0354 - デバイスまたはその操作部位と,平面または表面との間の,二次元相対運動を検出するもの,例.二次元マウス,トラックボール,ペンまたはパック
G06F3/044 - 容量性手段によるもの
G06F3/016 - 音声入力;音声出力(音声のデジタル情報への変換またはその逆G10L)

の所有者の特許 JP2016528654:

マイクロチップ テクノロジー インコーポレイテッドMicrochip Technology Incorporated

 

タッチスクリーンスタイラスは、図形情報をタッチスクリーンデバイスに提供する信号で駆動される、電極をその先端に有する。ユーザがスタイラスの先端でタッチスクリーンに触れるとき、本図形情報は、スタイラスがタッチスクリーンに触れる場所と関連付けられる変動静電容量として、容量タッチスクリーンコントローラによって検出される。信号は、圧力がスタイラスの先端に印加されたときにオンにされ得る。スタイラスの先端への変動圧力、スタイラスの傾転角度、および/またはユーザによるスタイラスの回転は、図形線特性情報を伝え得る。スタイラス上の入力ボタンおよび/または入力ホイールが、コマンドを入力するか、またはタッチスクリーン上の図形を修正するために使用され得る。フィードバック情報が、タッチスクリーンコントローラの走査速度を変動させることによって、スタイラスに返送され得る。

 

 

(関連特許出願)
本願は、2014年8月22日に出願された、共有に係る米国仮特許出願第61/868,708号に対する優先権を主張するものであり、該仮出願は、あらゆる目的のために参照により本明細書中に援用される。
本開示は、タッチスクリーンデバイス上に情報を入力するために使用されるタッチスクリーンスタイラスに関し、具体的には、触覚フィードバックとの通信インターフェースを有する、タッチスクリーンスタイラスに関する。
タッチスクリーンは、普遍的になりつつある。タッチスクリーンスタイラスは、ユーザが、データ、具体的には、図形データ、チェックマーク、署名等を指で入力すること、またはデバイスのタッチスクリーン、例えば、タブレットコンピュータ等のボタン、スライダ、もしくは他の稼動要素を含む、ユーザインターフェースを起動することを可能にする。しかしながら、殆どのユーザは、まだ指で描くことに慣れていない。タッチスクリーンスタイラスのいくつかのブランドが市場に現れている。知的タッチスクリーンスタイラスは、ケーブル、音、またはBluetooth(登録商標)(Bluetooth(登録商標)は、デラウェア州下企業である、5209 Lake Washington Boulevard, Suite 350, Kirkland, Washington 98033に所在するBluetooth SIG, Inc.の登録商標である)を通して、タッチスクリーンデバイスと通信する。Bluetooth(登録商標)技術は、タッチスクリーンタブレット上に存在するが、高い所要電力を有し、高周波干渉に敏感である。音声結合スタイラスは、マイクロホンを使用するが、同様に高い所要電力を有し、音声干渉、例えば、大きい話し声および雑音に敏感である。IRDAは、指向性(見通し線)であり、全てのタッチスクリーンタブレットがIRDAインターフェースを有するわけではない。スタイラスへの有線インターフェースは、煩雑である。
したがって、タッチスクリーン用途のための改良型タッチスクリーンスタイラス、具体的には、スタイラスが図形入力情報を提供し、および/またはそこから触覚フィードバックを受信する、タッチスクリーンデバイス内のソフトウェアアプリケーションとのスタイラス、タッチスクリーン、およびユーザの間の簡略化通信の必要性が存在する。
実施形態によると、容量タッチスクリーンスタイラスは、本体と、本体の近位端における先端と、先端と一体であり、容量結合をタッチスクリーンに提供する、電極と、電極に連結され、タッチスクリーンに連結される容量タッチスクリーンコントローラによって検出され得る変調信号を提供し得る、変調ユニットとを備えてもよい。
さらなる実施形態によると、変調信号は、パルス幅変調(PWM)、パルス位置変調(PPM)、およびパルス分割変調(PDM)から成る群から選択されてもよい。さらなる実施形態によると、変調信号は、オンオフキーイング(OOK)、振幅偏移キーイング(ASK)、位相偏移キーイング(PSK)、および周波数偏移キーイング(FSK)から成る群から選択されてもよい。さらなる実施形態によると、複数の圧力センサが、先端に印加される圧力を測定するために本体の近位端に提供されてもよい。さらなる実施形態によると、複数の圧力センサは、どれだけの力が先端に印加されているかを測定してもよい。さらなる実施形態によると、複数の圧力センサは、タッチスクリーンに対する本体の角度を判定するように力情報を提供してもよい。さらなる実施形態によると、複数の圧力センサは、タッチスクリーンに触れるときに、本体の回転を判定するように力情報を提供してもよい。
さらなる実施形態によると、少なくとも1つの制御ボタンが、ユーザによって押されたときに、コマンドを入力するか、またはタッチスクリーン上の画像の一部分を修正するために提供されてもよい。さらなる実施形態によると、少なくとも1つの入力ホイールが、ユーザによって回転させられたときに、コマンドを入力するか、またはタッチスクリーン上の画像の一部分を修正するために提供されてもよい。さらなる実施形態によると、少なくとも1つの触覚変換器が、提供されてもよい。さらなる実施形態によると、少なくとも1つの触覚変換器は、スタイラスを握るユーザに振動フィードバックを提供するための振動変換器であってもよい。さらなる実施形態によると、少なくとも1つの触覚変換器は、スタイラスを握るユーザに音声フィードバックを提供するための音声変換器であってもよい。
さらなる実施形態によると、デジタルプロセッサおよびメモリが本体内に提供されてもよく、デジタルプロセッサは、変調ユニットに連結され、タッチスクリーンを介して、デジタル情報を容量タッチスクリーンコントローラに送信してもよい。さらなる実施形態によると、復調ユニットが、電極およびデジタルプロセッサに連結されてもよく、復調ユニットは、タッチスクリーンを介して容量タッチスクリーンコントローラから情報を受信してもよい。さらなる実施形態によると、デジタルプロセッサは、複数の圧力センサから情報を受信してもよい。さらなる実施形態によると、デジタルプロセッサは、本体上の少なくとも1つの制御ボタンから情報を受信してもよい。さらなる実施形態によると、デジタルプロセッサは、本体上の少なくとも1つの入力ホイールから情報を受信してもよい。さらなる実施形態によると、デジタルプロセッサは、少なくとも1つの触覚変換器を制御してもよい。さらなる実施形態によると、デジタルプロセッサ、メモリ、および変調ユニットは、マイクロコントローラによって提供されてもよい。
別の実施形態によると、タッチスクリーンおよびスタイラスシステムは、容量タッチスクリーンと、容量タッチスクリーンに連結される容量タッチスクリーンコントローラと、容量タッチスクリーンコントローラに連結されるデジタルプロセッサおよびメモリとを備え得る、タッチスクリーンデバイスと、本体と、本体の近位端における先端と、先端と一体であり、容量結合をタッチスクリーンに提供する、電極と、電極に連結され、タッチスクリーンに連結される容量タッチスクリーンコントローラによって検出され得る変調信号を提供する、変調ユニットとを備え得る、タッチスクリーンスタイラスとを備えてもよく、タッチスクリーンスタイラスは、図形情報をタッチスクリーンデバイスに提供してもよい。さらなる実施形態によると、図形情報は、線の幅、線の太さ、および線の色から成る群から選択されてもよい。さらなる実施形態によると、少なくとも1つの制御ボタンが、ユーザによって押されたときに、コマンドを入力するか、またはタッチスクリーン上の画像の一部分を修正するために、タッチスクリーンスタイラスの本体上に提供されてもよい。さらなる実施形態によると、少なくとも1つの入力ホイールが、ユーザによって回転させられたときに、コマンドを入力するか、またはタッチスクリーン上の画像の一部分を修正するために、タッチスクリーンスタイラスの本体上に提供されてもよい。さらなる実施形態によると、複数の圧力センサが、タッチスクリーンスタイラスの本体の近位端に位置してもよい。さらなる実施形態によると、少なくとも1つの触覚変換器が、タッチスクリーンスタイラスの本体の中に提供されてもよい。
さらに別の実施形態によると、タッチスクリーンスタイラスを用いてタッチスクリーンデバイスを制御するための方法は、タッチスクリーンデバイス内の容量タッチスクリーンコントローラに連結される容量タッチスクリーンの近位にあるタッチスクリーンスタイラスの先端内の電極を通して、タッチスクリーンスタイラスからタッチスクリーンデバイスに図形情報を送信するステップを含んでもよい。
本方法のさらなる実施形態によると、図形情報は、線の幅、線の太さ、および線の色から成る群から選択されてもよい。本方法のさらなる実施形態によると、タッチスクリーンデバイス内の容量タッチスクリーンコントローラに連結される容量タッチスクリーンの近位にあるタッチスクリーンスタイラスの先端内の電極を通して、タッチスクリーンデバイスからフィードバック情報を受信するステップを含んでもよい。本方法のさらなる実施形態によると、フィードバック情報は、振動および音から成る群から選択されてもよい。
添付図面と併せて解釈される以下の説明を参照することによって、本開示のさらに完全な理解が獲得され得る。
図1は、本開示の具体的な例示的実施形態による、スタイラスおよびタッチスクリーンデバイスの概略図を図示する。 図2は、図1に示されるスタイラスのより詳細な概略ブロック図を図示する。
本開示は、種々の修正および代替的な形態の影響を受けやすいが、その具体的な例示的実施形態が図面に示されており、本明細書で詳細に説明される。しかしながら、具体的な例示的実施形態の本明細書の説明は、本開示を本明細書で開示される特定の形態に限定することを目的としておらず、対照的に、本開示は、添付の請求項によって定義されるような全ての修正および均等物を対象とするものであることを理解されたい。
本開示の教示によると、タッチスクリーンスタイラスは、データインターフェースを有するように設計されてもよく、スタイラスの先端は、例えば、色および線の太さの情報を提供する変調信号で駆動されてもよい。スタイラスの先端に連結される接地接続は、図形線特性情報、例えば、タッチスクリーンに連結される容量タッチスクリーンコントローラに伝えられ得る、色および線の太さの情報で変調されてもよい。ユーザがスタイラスの先端でタッチスクリーンに触れるとき、本図形線特性情報は、容量タッチスクリーンコントローラには、スタイラスがタッチスクリーンに触れる場所と関連付けられる変動静電容量として出現してもよい。変調された図形線特性情報信号は、圧力が、スタイラスの先端、例えば、タッチスクリーンに触れるスタイラスの先端に印加されるときにオンにされ、スタイラスの先端がタッチスクリーンに触れていないときにオフにされてもよい。変動する印加された力、傾転角度、および/またはユーザによるスタイラスの回転は、スタイラス内の基板電子機器によって検出されてもよく、図形線特性情報を伝えるようにタッチスクリーンに伝送されてもよい。
次いで、タッチスクリーンデバイス内のソフトウェアアプリケーションが、その上に描かれている線の正しいレンダリングのために、スタイラスからの図形線特性信号情報を復調してもよい。情報が、タッチスクリーンの走査速度を変動させることによって、スタイラスに返送されてもよい。タッチスクリーンデバイスからの本情報は、スタイラスの中に位置する比較器によって検出され、触覚デバイスを制御するようにマイクロコントローラによって復調および使用されてもよい。実施例は、スタイラス内の振動変換器および/または音声変換器を通して触覚フィードバック効果を提供すること、例えば、紙の上で鉛筆を引きずることのシミュレーションを含んでもよい。したがって、スタイラスの先端内の伝送/受信電極およびタッチスクリーン容量構造を使用する低電力通信を通して、スタイラスとタッチスクリーンデバイスとの間の簡略化通信が提供されてもよい。
容量タッチスクリーン技術(mTouch(登録商標))は、アプリケーションノート、すなわち、AN1250−Microchip CTMU for Capacitive Touch Applications、AN1325−mTouch(登録商標) Metal Over Cap Technology、AN1334−Techniques for Robust Touch Sensing Design、AN1375−See What You Can Do with the CTMU、AN1478−mTouch(登録商標) Sensing Solution Acquisition Methods Capacitive Voltage Divider、およびAN1492−Microchip Capacitive Proximity Design Guideにおいて、www.microchip.comでさらに完全に説明され、その全ては、あらゆる目的で参照することにより本明細書に組み込まれる。触覚技術(GestIC(登録商標))は、MTCH810およびMGC3130デバイスの製品データシートにおいてwww.microchip.comでさらに完全に説明され、その全ては、あらゆる目的で参照することにより本明細書に組み込まれる。GestIC(登録商標)およびmTouch(登録商標)は、デラウェア州下企業である、Microchip Technology Incorporated, Legal Department, 2355 West Chandler Boulevard, Chandler, Arizona 85224−6199の登録商標である。
図1を参照すると、本開示の具体的な例示的実施形態による、スタイラスおよびタッチスクリーンデバイスの概略図が描写されている。概して、数字100によって表される、タッチスクリーンシステムは、タッチスクリーンデバイス102、例えば、コンピュータタブレット、スマートフォン、コンピュータタッチスクリーンディスプレイと、ソフトウェアボタンを作動させ、線を描き、タッチスクリーンデバイス102上に草書体で書くためのタッチスクリーンスタイラス104とを備えてもよい。タッチスクリーンデバイス102は、タッチスクリーン128と、タッチスクリーンコントローラ122、デジタルプロセッサ124、およびメモリ126を備え得る、デジタルデバイス106とを備えてもよい。デジタルデバイス106は、パーソナルコンピュータ、タブレット、スマートフォン等のマイクロコントローラまたはマイクロプロセッサであってもよい。限定されないが、Microchip mTouch(登録商標)技術を使用して、タッチスクリーン走査検出が行われてもよい。
スタイラス104は、バッテリ105、例えば、再充電可能バッテリと、圧力と、複数の圧力センサ118と、少なくとも1つの触覚変換器120と、デジタル変調器110、デジタル復調器112、デジタルプロセッサ114、およびデジタルプロセッサ114用のメモリ116を備え得る、デジタルデバイス108とを備えてもよい。デジタルデバイス108は、マイクロコントローラ、マイクロプロセッサ、特定用途向け集積回路(ASIC)、プログラマブル論理アレイ(PLA)、および同等物であってもよい。
図2を参照すると、図1に示されるスタイラスのより詳細な概略ブロック図が描写されている。スタイラス104は、本体204と、本体204の近位端に位置する先端205とを備えてもよい。スタイラス本体204は、バッテリ105、複数の圧力センサ118、少なくとも1つの触覚変換器120、およびデジタルデバイス108を囲んでもよい。本体204上で、ユーザがタッチスクリーンへの情報を修正または入力するために、少なくとも1つの制御ボタン234および/または少なくとも1つの入力ホイール236が提供されてもよい。スタイラス104の先端205は、スイッチ242と接地させられ得る、電極230を備えてもよい。本体204は、伝導性であり、ユーザの手を通して容量的に接地され、先端205は、スイッチ242が閉鎖されて電極230を接地へ引くまで、電極230が接地されていないままであるように絶縁される。先端205内の電極230が接地されるとき、先端205が近位にあるタッチスクリーン128上の点の容量値を修正するであろう。これらの修正された静電容量値は、タッチスクリーン128の走査中にタッチスクリーンコントローラ122によって検出されてもよい。パルス変調発生器206は、線特性の情報をタッチスクリーンコントローラ122に伝えるように、変調速度でスイッチ242を制御してもよい。スイッチ242は、ソリッドステートデバイスであってもよい。
少なくとも1つの触覚変換器120は、デジタルプロセッサ114によって起動されてもよい。タッチスクリーンコントローラ122の走査速度を変調することによって、触覚情報が、タッチスクリーン128からスタイラス104の先端205(電極230)に送信されてもよい。電極230は、本触覚情報を受信するために使用されてもよく、デジタル復調器112は、本触覚情報を復号し、それをデジタルプロセッサ114に送信してもよい。次いで、デジタルプロセッサ114は、触覚変換器120のうちの少なくとも1つ、例えば、振動および/または音響変換器を起動してもよい。
本体204の近位端に位置する複数の圧力センサ118は、圧力が先端205に印加される、例えば、先端205がタッチスクリーン128に触れるときに、そこから力ベクトルを測定してもよい。例えば、先端205がタッチスクリーン128の面に接触させられ、それと垂直に保持されるとき、先端205の軸方向押下が、圧力センサ118のそれぞれに実質的に同一の力(圧力)を提供するであろう。スタイラス104の本体204がタッチスクリーン128の面に対して90度未満の角度で保持されるとき、複数の圧力センサ118のうちの異なるものが、それにそれぞれ印加された異なる力(圧力)値を有するであろう。例えば、タッチスクリーン128の面に対して45度で保持される先端205の角度押下は、力の約半分を本体204の中心軸に沿って印加させ、半分をその中心軸と垂直に印加させるであろう。これら2つの力の比は、本体104がタッチスクリーン128の面に対して保持されている角度を判定するように復号されてもよい。複数の圧力センサ118上で力(圧力)の正弦波変動として出現し得る、先端205の角度押下によって、その軸の周囲でのスタイラス104の回転が判定されてもよい。本体204の軸と平行である恣意的な0度線に対するこれらの横力によって、相対的回転方向が判定されてもよい。
タッチスクリーン128上に描かれている線および/またはオブジェクトの線の太さ、色、および/または他の特性を伝えるために、複数の圧力センサ118上の力(圧力)、例えば、先端205からタッチスクリーン128の面に印加される力、タッチスクリーン128の面に対する本体204の角度、および/または本体204の軸方向回転の判定が使用されてもよい。加えて、例えば、それぞれのボタン234を押すことによって、および/または本体上の選択ホイール236を回すことによって、特定の色または線の幅が選択されてもよい。
デジタル復調器112は、単純な電圧比較器248と、電圧基準250とを備えてもよい。例えば、パルス変調発生器206(デジタル変調器110)を使用して、スタイラス104からタッチスクリーンコントローラ122に情報を伝送するときに、先端205内の電極230を接地するために、スイッチ242が使用されてもよい。パルス変調発生器206は、例えば、限定されないが、パルス幅変調(PWM)、パルス位置変調(PPM)、パルス分割変調(PDM)、マンチェスタ符号化情報を伝送するオンオフキーイング(OOK)、振幅偏移キーイング(ASK)、位相偏移キーイング(PSK)、周波数偏移キーイング(FSK)、および同等物を提供するように適合されてもよい。
本開示の教示による、通信インターフェースを伴う前述のタッチスクリーンスタイラスは、タッチスクリーンスタイラスとタッチスクリーンデバイスとの間に低電力で確実な通信を提供する。さらに、提案された実施形態は、既存のタッチスクリーンコントローラを使用することができ、したがって、タッチスクリーン技術の能力を補完して拡張する。
本開示の実施形態は、本開示の例示的実施形態を参照することによって、描写、説明、および定義されているが、そのような参照は、本開示への制限を示唆せず、いかなるそのような制限も推測されない。開示される主題は、本開示の利益を有する当業者に想起されるように、形態および機能のかなりの修正、改変、および均等物が可能である。本開示の描写および説明された実施形態は、実施例にすぎず、本開示の範囲について包括的ではない。



  1. 本体と、
    前記本体の近位端における先端と、
    前記先端と一体であり、容量結合をタッチスクリーンに提供する、電極と、
    前記電極に連結され、前記タッチスクリーンに連結される容量タッチスクリーンコントローラによって検出される変調信号を提供する、変調ユニットと、
    を備える、容量タッチスクリーンスタイラス。

  2. 前記変調信号は、パルス幅変調(PWM)、パルス位置変調(PPM)、およびパルス分割変調(PDM)から成る群から選択される、請求項1に記載の容量タッチスクリーンスタイラス。

  3. 前記変調信号は、オンオフキーイング(OOK)、振幅偏移キーイング(ASK)、位相偏移キーイング(PSK)、および周波数偏移キーイング(FSK)から成る群から選択される、請求項1に記載の容量タッチスクリーンスタイラス。

  4. 前記先端に印加される圧力を測定するための複数の圧力センサを前記本体の前記近位端にさらに備える、請求項1に記載の容量タッチスクリーンスタイラス。

  5. 前記複数の圧力センサは、どれだけの力が前記先端に印加されているかを測定する、請求項4に記載の容量タッチスクリーンスタイラス。

  6. 前記複数の圧力センサは、前記タッチスクリーンに対する前記本体の角度を判定するように力情報を提供する、請求項5に記載の容量タッチスクリーンスタイラス。

  7. 前記複数の圧力センサは、前記タッチスクリーンに触れるときに、前記本体の回転を判定するように力情報を提供する、請求項5に記載の容量タッチスクリーンスタイラス。

  8. ユーザによって押されたときに、コマンドを入力するか、または前記タッチスクリーン上の画像の一部分を修正するための少なくとも1つの制御ボタンをさらに備える、請求項1に記載の容量タッチスクリーンスタイラス。

  9. ユーザによって回転させられたときに、コマンドを入力するか、または前記タッチスクリーン上の画像の一部分を修正するための少なくとも1つの入力ホイールをさらに備える、請求項1に記載の容量タッチスクリーンスタイラス。

  10. 少なくとも1つの触覚変換器をさらに備える、請求項1に記載の容量タッチスクリーンスタイラス。

  11. 前記少なくとも1つの触覚変換器は、前記スタイラスを握るユーザに振動フィードバックを提供するための振動変換器である、請求項10に記載の容量タッチスクリーンスタイラス。

  12. 前記少なくとも1つの触覚変換器は、前記スタイラスを握るユーザに音声フィードバックを提供するための音声変換器である、請求項10に記載の容量タッチスクリーンスタイラス。

  13. 前記本体内にデジタルプロセッサと、メモリとをさらに備え、前記デジタルプロセッサは、前記変調ユニットに連結され、前記タッチスクリーンを介して、デジタル情報を前記容量タッチスクリーンコントローラに送信する、請求項1に記載の容量タッチスクリーンスタイラス。

  14. 前記電極および前記デジタルプロセッサに連結される復調ユニットをさらに備え、前記復調ユニットは、前記タッチスクリーンを介して前記容量タッチスクリーンコントローラから情報を受信する、請求項13に記載の容量タッチスクリーンスタイラス。

  15. 前記デジタルプロセッサは、前記複数の圧力センサから情報を受信する、請求項13に記載の容量タッチスクリーンスタイラス。

  16. 前記デジタルプロセッサは、前記本体上の前記少なくとも1つの制御ボタンから情報を受信する、請求項13に記載の容量タッチスクリーンスタイラス。

  17. 前記デジタルプロセッサは、前記本体上の前記少なくとも1つの入力ホイールから情報を受信する、請求項13に記載の容量タッチスクリーンスタイラス。

  18. 前記デジタルプロセッサは、前記少なくとも1つの触覚変換器を制御する、請求項13に記載の容量タッチスクリーンスタイラス。

  19. 前記デジタルプロセッサ、メモリ、および変調ユニットは、マイクロコントローラによって提供される、請求項13に記載の容量タッチスクリーンスタイラス。

  20. タッチスクリーンおよびスタイラスシステムであって、
    タッチスクリーンデバイスであって、
    容量タッチスクリーンと、
    前記容量タッチスクリーンに連結される、容量タッチスクリーンコントローラと、
    前記容量タッチスクリーンコントローラに連結される、デジタルプロセッサおよびメモリと、
    を備える、タッチスクリーンデバイスと、
    タッチスクリーンスタイラスであって、
    本体と、
    前記本体の近位端における先端と、
    前記先端と一体であり、容量結合をタッチスクリーンに提供する、電極と、
    前記電極に連結され、前記タッチスクリーンに連結される前記容量タッチスクリーンコントローラによって検出される変調信号を提供する、変調ユニットと、
    を備える、タッチスクリーンスタイラスと、
    を備え、
    前記タッチスクリーンスタイラスは、図形情報を前記タッチスクリーンデバイスに提供する、タッチスクリーンおよびスタイラスシステム。

  21. 前記図形情報は、線の幅、線の太さ、および線の色から成る群から選択される、請求項20に記載のタッチスクリーンおよびスタイラスシステム。

  22. ユーザによって押されたときに、コマンドを入力するか、または前記タッチスクリーン上の画像の一部分を修正するための少なくとも1つの制御ボタンを前記タッチスクリーンスタイラスの前記本体上にさらに備える、請求項20に記載のタッチスクリーンおよびスタイラスシステム。

  23. ユーザによって回転させられたときに、コマンドを入力するか、または前記タッチスクリーン上の画像の一部分を修正するための少なくとも1つの入力ホイールを前記タッチスクリーンスタイラスの前記本体上にさらに備える、請求項20に記載のタッチスクリーンおよびスタイラスシステム。

  24. 前記タッチスクリーンスタイラスの前記本体の前記近位端に位置する、複数の圧力センサをさらに備える、請求項20に記載のタッチスクリーンおよびスタイラスシステム。

  25. 前記タッチスクリーンスタイラスの前記本体の中に少なくとも1つの触覚変換器をさらに備える、請求項20に記載のタッチスクリーンおよびスタイラスシステム。

  26. タッチスクリーンスタイラスを用いてタッチスクリーンデバイスを制御するための方法であって、
    タッチスクリーンデバイス内の容量タッチスクリーンコントローラに連結される容量タッチスクリーンの近位にある前記タッチスクリーンスタイラスの先端内の電極を通して、タッチスクリーンスタイラスから前記タッチスクリーンデバイスに図形情報を送信するステップ
    を含む、方法。

  27. 前記図形情報は、線の幅、線の太さ、および線の色から成る群から選択される、請求項26に記載の方法。

  28. 前記タッチスクリーンデバイス内の前記容量タッチスクリーンコントローラに連結される前記容量タッチスクリーンの近位にある前記タッチスクリーンスタイラスの前記先端内の前記電極を通して、前記タッチスクリーンデバイスからフィードバック情報を受信するステップをさらに含む、請求項26に記載の方法。

  29. 前記フィードバック情報は、振動および音から成る群から選択される、請求項28に記載の方法。

 

 

Patent trol of patentswamp
類似の特許
触覚フィードバックを与えるための装置が提供される。装置は、タッチ入力を検出するタッチ感知画面と、電極のセットとを含む。装置はまた、電極のセットにハプティック信号を印加し、タッチ入力から電極のセットへの変位電流に基づいてハプティック信号を修正するハプティック電圧信号発生器をも含む。装置はまた、変位電流を求めるハプティックフィードバックコントローラをも含み、変位電流は、ハプティック信号の振幅の効果である。
例示するシステムは、支持部材を含み、さらにベースと、ベースから上方に延びる直立部材と、直立部材から外側に延びる片持ち梁トップとを含む。さらに、このシステムは直立部材に取り付け可能なプロジェクターユニットを含む。さらに、このシステムは、プロジェクターユニットに取り付け可能なオールインワンコンピューターを含む。そしてさらに、このシステムはオールインワンコンピューターにコミュニケーション可能に接続しているタッチセンサーマットを含む。片持ち梁トップは、折り返しミラーと、オールインワンコンピューターにコミュニケーション可能に接続されたカメラとを含み、そしてプロジェクターユニットはイメージを上方のミラーに投影し、タッチセンサーマットに反射させる。
本発明は、音声コンテンツの試聴方法に関するものであり、さらに詳しくは、音声コンテンツを提供するシステムにおいて使用され、複数の音声コンテンツがリスト形式で表示されるステップと、選択ラインに特定の音声コンテンツが位置するように画面をスクロールするステップと、選択ラインに位置する当該音声コンテンツの音声が再生されるステップと、を含む音声コンテンツの試聴方法において、スクロール中に選択ラインが任意に音声コンテンツを通るだけでも当該音声コンテンツの音声が再生されることを特徴とする音声コンテンツの試聴方法に関する。
本発明の音声コンテンツの試聴方法は、音声コンテンツを提供するシステムにおいて、画面に表示される音声コンテンツ一覧上の複数の音声コンテンツのうち選択ラインに特定の音声コンテンツが位置するように画面をスクロールするとき、選択ラインが任意に音声コンテンツを通るだけでも当該音声コンテンツの音声を聴き取ることができて、所望の音声コンテンツを検索するための検索時間が画期的に短縮され、その試聴方法が非常に簡便であるという効果がある。
システム自身または他のデバイスまたは電子媒体をロック解除するシステムは、所定のハプティック効果を再生し、それに応えてユーザからジェスチャに基づくインタラクション入力を受け取ることにより、ロック解除モードに入る。システムは、インタラクション入力を、格納されている既定のインタラクション入力と比較し、インタラクション入力が、格納されている既定のインタラクション入力と実質的に一致する場合に、ロック解除モードに移行する。
【選択図】図1
モバイルデバイスにおけるターゲットキーワードによって音声アクティブ化変化を制御するための方法が開示される。この方法は、入力サウンドストリームを受信することを含む。入力サウンドストリームがスピーチを示すとき、音声アクティブ化ユニットは、ターゲットキーワードを検出するためにアクティブ化され、少なくとも1つのサウンド特徴が、入力サウンドストリームから抽出される。さらに、この方法は、少なくとも1つのサウンド特徴が非ターゲットキーワードを示すとき、音声アクティブ化ユニットを非アクティブ化することを含む。
電子デバイスにおける機能を起動するためにターゲットキーワードを検出する方法が開示される。方法は、ターゲットキーワードの複数の部分のうちの1つから始まる入力音声を受け取ることを含む。入力音声は、デューティサイクルに基づいて周期的に受け取られ得る。方法は、入力音声から複数の音声特徴を抽出し、ターゲットキーワードの部分に関連付けられた複数の状態についての状態情報を取得する。抽出された音声特徴と状態情報とに基づいて、入力音声がターゲットキーワードとして検出され得る。複数の状態は、所定の数の複数の部分を示す所定の数のエントリ状態を含む。
【選択図】 図8
【解決手段】 例示的な装置および方法は、生体測定による識別に基づいてユーザアクションの帰属先を判定することに関する。例示的な一方法は、共有起動サーフェスに関連付けられたアプリケーションを制御することを目的とするアクションを検出するステップを含む。この方法は、そのアクションを、共有起動サーフェスに関連付けられた生体センサの視野内に位置する身体に関連付けるステップを含む。生体センサからのデータを使用して身体のバイオメトリックアイデンティティを決定し、次いでそのバイオメトリックアイデンティティに応じてアクションの帰属先ユーザを判定する。ユーザに関連付けられたコンテクストがアクセスされ、アクションに関連付けられた動作がそのコンテクストに基づいて選択的に制御される。
【選択図】 図1
再生キューの修正に応じて再生キューに追加されているプレイリストを更新する実施形態が提供される。再生キューは、再生キュー内のアイテムがゾーンによってレンダリングされるようにネットワークメディアシステムのゾーンに関連付けられてもよい。プレイリストは、ゾーンによって再生可能な1つ又は複数のアイテムを含むとともに、再生キューが維持されている場所とは別の場所に記憶される可能性がある。再生キューに含まれるプレイリストの修正に応じて再生キューを更新する実施形態が提供される。場合によっては、プレイリスト又は再生キューを修正するユーザは、修正を行ったときに、当該修正を再生キュー又はプレイリストのそれぞれにも適用するかどうかを促される。
本発明は、家庭内環境において音声コマンドを用いて割り当てられた部屋に位置する家庭用電気機器を制御する方法に関する。この方法は、ユーザによって音声コマンドを受信するステップと、受信された音声コマンドを記録するステップと、記録された音声コマンドをサンプリングし、記録された音声コマンドから特徴を抽出するステップと、音声コマンドの抽出された特徴と特徴リファレンスを比較することによって、特徴リファレンスに関連付けられた部屋ラベルを判定するステップと、部屋ラベルを音声コマンドに割り当てるステップと、割り当てられた部屋に位置する家庭用電気機器を音声コマンドに従って制御するステップと、を含む。
【選択図】図2
多国語情報案内システムは、案内情報を利用者に表示する一つ以上の情報出力装置及び前記情報出力装置と接続されて情報出力装置の要請によって一つ以上の使用言語で作成された案内情報を前記情報出力装置に提供する情報提供サーバを含み、前記情報出力装置は利用者の国籍情報が格納されたRFIDタグから読み出されるか、前記情報提供サーバから送信された利用者の国籍情報に該当する使用言語で作成された案内情報を出力する。
To top