ダブテール連結機能を持つメカニカル・ラグ

 

本発明は、導電体を固定するための、連結機能を持つメカニカル・ラグを提供することを目的とする。メカニカル・ラグは、本体と、本体から延在する取付け舌状部を持つ。本体は、内フランジ及び外フランジを含む。内フランジは、水平部材と、角度付きポケットを持つ連結部材を含む。外フランジは、内フランジの連結部材の角度付きポケット内に配置されるテーパ面を持つフックを含むことによって、ダブテール連結部を形成する。

 

 

本発明は、メカニカル・ラグに関し、より詳しくは連結機能を持つメカニカル・ラグに関する。
メカニカル・ラグ・コネクタは、導電体を固定するために使用される。図1、図2及び図3Aから3Cは、従来技術によるメカニカル・ラグ・コネクタを表す。図1に示すメカニカル・ラグ10は、重なり合うフランジ14、16及び取付け舌状部18を持つ本体12を含む。メカニカル・ラグ10は、連結機能を全く含まない。そのため、その中に配置した導電体を固定するネジ20を締めると、フランジ14、16は開き、互いに分離する傾向がある。
図2及び図3Aから3Cに示すメカニカル・ラグ30は、図1に示すメカニカル・ラグ10を改良したものである。メカニカル・ラグ30は、取付け舌状部42を持つ本体32を含む。本体32は、T字状の切欠き36を設けた内フランジ34と、T字状のフランジ38を設けた重なり外フランジ37とを持つ。図3Bに図解したように、外フランジ37のT字状フランジ38は、内フランジ34のT字状切欠き36内に配置される。内フランジ34の側壁40は、T字状切欠き36のために脆弱である。その結果、導電体を固定するためにネジ44が締められると、T字状フランジ38が上方へ引き上がり、ラグが開き、フランジが相互に分離してしまうことになる。
したがって、上述のような従来技術によるラグのフランジは、導電体を固定するネジが指定トルクへ締め付けられると、開いて互いに分離する傾向にある。
したがって、中に配置された導電体を固定するためにネジが締められても分離しない、連結機能を持つ改良型メカニカル・ラグ・コネクタが望まれている。
本発明は、導電体を固定するために使用されるメカニカル・ラグを提供することを目的とする。メカニカル・ラグは、取り付け舌状部を有する本体を含み、取付け舌状部は本体から延設されている。本体は、内フランジ及び重なり外フランジを持つ。内フランジは、水平部材と、角度付きポケットを持つ連結部材を含む。外フランジは、テーパ面を持つフックを含む。外フランジのフックは、メカニカル・ラグを固定するために、内フランジの連結部材の角度付きポケット内に配置される。
従来技術によるメカニカル・ラグの斜視図である。 従来技術によるメカニカル・ラグの斜視図である。 内フランジに重なる前の外フランジが延びている状態の図2に示す従来技術によるメカニカル・ラグの斜視図である。 図2に示す従来技術によるメカニカル・ラグの側面図である。 図3Bの線分3C−3C矢視による、従来技術によるメカニカル・ラグの横断面図である。 本発明によるメカニカル・ラグの斜視図である。 内フランジに重なる前の外フランジが延びている状態の図4に示すメカニカル・ラグの斜視図である。 図4に示すメカニカル・ラグの側面図である。 図5Bの線分5C−5C矢視によるメカニカル・ラグの横断面図である。 図4に示すメカニカル・ラグの正面図である。
図4から図6は、本発明によるメカニカル・ラグ50を表す。メカニカル・ラグ50は、本体52及び取付け舌状部54を含む単体部材である。取付け舌状部54は、本体52から延在し、メカニカル・ラグ50をバスバーまたは他のデバイスに固定する締め具を受容するための孔56を含む。
本体52は、板金から種々のサイズの導電体を受容するよう設計された一般的な箱形状に形成される。本体52は、底部58、内フランジ62及び外側重なりフランジ66を含む。底部58はほぼV形状であり、導電体を受容するためのセレーション60が設けられている。セレーション60は、導体が配置されたときのワイヤ保持力を高め、これによりメカニカル・ラグ50の強度を改善する。
図5Aに図解するように、内フランジ62は、水平部材63及び連結部材64を含む。連結部材64は、角度付きポケット65を区画形成する開放側面を有する。外側重なりフランジ66は、テーパ面70及び開口69を伴う二つのフック68を持つ。図5Bに図解するように、外側フランジ66の開口69は、内フランジ62の連結部材64を受容する。テーパ面70を持つフック68は、内フランジ62の連結部材64に形成された角度付きポケット65内に配置される。このとき、連結部材64のポケット65とフック68のテーパ面70が、強固なダブテール連結部を提供する。
本体52の最上部にあるネジ孔72は、外側重なりフランジ66と内フランジ62との両方を通過して延在している。ネジ孔72は、本体52内に導電体を固定するための止めネジまたは押えネジ74を受容する。
内フランジ62及び外側重なりフランジ66によって形成されたダブテール連結部は、中に配置された導電体を固定するためにネジ74が締められるとき、本体52が分離することを阻止する。本発明によるメカニカル・ラグの連結フランジは、従来技術によるラグに比べ、メカニカル・ラグの完全性及び強度を向上させる。その上、本発明によるメカニカル・ラグは、費用対効果が高く、製造が容易である。
さらに、本発明の特定な好適実施形態を図示及び説明したが、当業者には、本発明の教示から逸脱することなく、変更及び修正が可能であることは明らかである。前述の説明文及び添付図面に記載の事項は、説明のためのみに提示されており、制限するものではない。本発明の実際の範囲は、従来技術に基づく適切な理解に従って、以下の請求項で定義することを意図している。
10 メカニカル・ラグ
12 本体
14、16 フランジ
18 取付け舌状部
20 ネジ
30 メカニカル・ラグ
32 本体
34 内フランジ
36 T字状切欠き
37 外フランジ
38 T字状フランジ
40 側壁
42 取付け舌状部
44 ネジ
50 メカニカル・ラグ
52 本体
54 取付け舌状部
56 孔
58 底部
60 セレーション
62 内フランジ
63 水平部材
64 連結部材
65 角度付きポケット
66 外側フランジ
68 フック
69 開口
70 テーパ面
72 ネジ孔
74 ネジ



  1. 導電体を固定するためのメカニカル・ラグであって、
    内フランジ及び重なり外フランジを有する本体にあって、前記内フランジが、水平部材と、角度付きポケットを持つ連結部材とを含み、前記外フランジが、前記内フランジの前記連結部材の前記角度付きポケット内に配置されるテーパ面を持つフックを含む、前記本体、及び
    前記本体から延在する取付け舌状部を備えた前記メカニカル・ラグ。

  2. 前記外フランジの前記フックがL字状である、請求項1記載のメカニカル・ラグ。

  3. 前記外フランジの前記フックが開口を区画形成し、前記開口が、前記内フランジの前記連結部材を受容する、請求項1記載のメカニカル・ラグ。

  4. 前記角度付きポケットが、前記内フランジの開放側壁によって区画形成される、請求項1記載のメカニカル・ラグ。

  5. 前記本体が、前記導電体を保持するためのセレーションを持つV字状底部を含む、請求項1記載のメカニカル・ラグ。

  6. 前記外フランジ及び前記内フランジが中心孔を持ち、前記導電体を固定するために前記孔内に締め具が配置される、請求項1記載のメカニカル・ラグ。

  7. 前記内フランジ及び前記外フランジが篏合し、ダブテール連結部を形成する、請求項1記載のメカニカル・ラグ。

  8. 前記取付け舌状部が、前記メカニカル・ラグを取り付ける締め具を受容するための孔を含む、請求項1記載のメカニカル・ラグ。

 

 

Patent trol of patentswamp
類似の特許
低抵抗インサート // JP2016527695
低導電性材料同士間に低抵抗結合をもたらす導電性インサート。インサートは、第1の表面および反対側に面する第2の表面を含む。第1の表面と第2の表面との間には複数の開口が延在する。第1の表面に近接する夫々の第1の開口からは、少なくとも1つの第1の突起が延出し、少なくとも1つの第1の突起は、第2の表面から離れる方向に第1の表面から延出する。第2の表面に近接する夫々の第2の開口からは、少なくとも1つの第2の突起が延出し、少なくとも1つの第2の突起は、第1の表面から離れる方向に第2の表面から延出する。インサートは、導電性材料同士間に安定した低抵抗の導電路をもたらす。
【課題】取り扱う人への電気ショックに対する安全性が改善され、2つの導体を滑らかに接続することおよび/または取り外すことを可能にする接触防止具および組立体の提供。
【解決手段】組立体は、第1の電気導体9を第2の電気導体13に接続するためであって、少なくとも1つの外部から作動可能な押圧要素29を有する押圧アダプタ3と、第2の導体13用のレセプタクルを有するハウジング状の接触防止具5と、を有する。接触防止具5は、電気導体13用のレセプタクルを備える保護ハウジングを有する。保護ハウジングが、挿入方向Eと平行に延びかつ接触防止具5の内部を接触のために外側に露出する少なくとも1つの接触スロットを有する、フォーク形状の嵌合領域を有する。
【選択図】図6
【課題】コネクタアセンブリと、コネクタアセンブリの組立者を高電圧電力から良好に保護する接続構成とを提供する。
【解決手段】端子ホルダ18と、複数の端子3,4の間での電気接続のため長手軸線の方向に前記端子3,4を挟持するための、端子ホルダ18に収容される締結アセンブリ20とを包含する電気コネクタアセンブリ1であって、締結アセンブリ20が、金属材料製の第1締結部材23と、第2締結部材とを含み、第1締結部材23および第2締結部材が端子3,4を挟持するため互いに接続されて端子受容エリアを画定し、第1締結部材23と端子受容エリアとの間に構成される絶縁構成をさらに包含する電気コネクタ。
【選択図】図1
【課題】作業が電力ラインまたはスイッチギア部品に対して行なわれる際の効率を高めることができる改良された電気ケーブル・コネクタを提供する。
【解決手段】接地リンクは、ブッシングインタフェース部、キャップ受け入れ部、タップ部、該ブッシングインタフェース部と該キャップ受け入れ部との間に延びる接地要素を有し、該ブッシングインタフェース部は、エルボー型電力ケーブル電気コネクタの孔内に挿入される。該接地要素は、該接地リンクの表面よりも上側に突出する露出部を含み、該露出部には、電気コネクタアセンブリを接地するために、接地されたホットラインクランプが取り付けられる。該タップ部は、第2のエルボーコネクタを受け入れ、該第2のエルボーコネクタをエルボー型電力ケーブル電気コネクタに導電結合する。
【選択図】図1B
本発明は、第1の金属コンポーネントと、外装により被覆された第2の金属コンポーネントとの結合部に関する。第1および第2の金属コンポーネントは溶接結合により相互に結合されている。第1の金属コンポーネントの部分領域と、外装の少なくとも1つの区域を含んでいる第2の金属コンポーネントの部分領域とはそれぞれ塗布された絶縁材層によって包囲されている。
【課題】マスキングを不要にして、ジャブ付け工法による防水、防食が可能な端子接続構造及び端子接続方法を提供する。【解決手段】アルミ電線用接続端子33の端子接続構造は、導体27が絶縁性の被覆29で覆われた電線23と、電線23の端末部の被覆29が除去されて導体が露出した導体露出部が電気的に接続される導体接続端子15と、導体接続端子15をモールドする止水剤17と、車体パネル41に固定されて電気的に接続される端子固定部19を有し、止水剤17を除去した状態で導体接続端子15と電気的に接続される固定端子25と、を備える。【選択図】図1
【課題】半田供給量の管理を容易且つ適正に行うことができる端子金具及び端子金具付き電線を提供する。【解決手段】端子金具は、電線90の導体91が半田付けされる半田付け部11と、半田付け部11に導体91を半田付けするための半田が固形状態で成形された固形半田60と、固形半田60を溶融させて導体91を半田付けするまでの間、固形半田60を保持する保持部20と、を備えている。そして、保持部20に保持された固形半田60が溶融されることにより、半田付け部11に導体91が接続される。【選択図】図1
【課題】プリント回路基板がネジとナットとの結合により電子素子と接続され、電子素子を接続する端子の位置ががっしりと固定され、接続の信頼性も増加する電子装置、ケース及びボビンホルダを提供する。
【解決手段】電子装置は、少なくとも1つの電子素子110と、被接続部材と、電子素子110と被接続部材とを電気的に接続しており、本体132と、第1の係止部と、第2の係止部と、を含む少なくとも1つの端子130と、電子素子110に接続されており、本体132と、第1の係止部136と着脱可能に係合することで、端子の第1の方向と第2の方向での自由度を制限するための第3の係止部146と、第2の係止部134と着脱可能に係合することで、端子の第3の方向での自由度を制限するための第4の係止部144と、を含む少なくとも1つの固定部材140と、を備える。
【選択図】図3
電気コネクタ要素 // JP2014514724
本発明は、熱接合材料によって平坦な支持物の表面に位置する導電構造体への接点を生み出すための電気コネクタ要素であって、好ましくは可撓である導体を固定するための手段が、当該コネクタ要素の前記導電構造体に面していない方の面に配置されている電気コネクタ要素に関する。本発明によれば、コネクタ要素は、数字の8の形状を近似し、あるいは円の形状を近似した形状のはんだ付けフットとして設計される。
【選択図】図1
本発明の、特にプリント回路板上の対向コンタクト面への、直接の電気コンタクト形成のためのコンタクト装置(1)は、並列の複数のコンタクト室(3)を含むコンタクトケーシング(2)と、実装方向(6)で各コンタクト室(3)へ挿入可能であり、かつ、法線力方向(12)で対向コンタクト面に当接するコンタクト面(11)をそれぞれ有する複数のコンタクトエレメント(4)とを備えている。本発明では、コンタクトエレメント(4)が実装方向に対する横断方向と法線力方向に対する横断方向とに延在する少なくとも1つの貫通孔(13,16)を有しており、挿入されたコンタクトエレメント(4)は、実装方向に対向するように、少なくとも1つの貫通孔(13,16)によってコンタクトケーシング(2)内に係止および/またはロックされる。
To top