個別のack/nackを利用する無認可スペクトルにおけるlteのためのharq設計

著者らは特許

H04L1/18 - 自動繰り返し方式,例.フアン・デュレン方式
H04L5/00 - 伝送路の多重使用を可能にするための配置

の所有者の特許 JP2016528838:

クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated

 

ワイヤレス通信のための方法、システム、および装置について説明する。1つの方法では、データフレームに対応するシーケンス番号、およびデータフレームの1つまたは複数のデータサブフレームは、ユーザ機器(UE)に無認可スペクトルを介して送信され得、データフレームに対応するシーケンス番号が、指定された順序でUEによって受信されると、1つまたは複数のデータサブフレームについてのハイブリッド自動再送要求(HARQ)フィードバックがUEから無認可スペクトルを介して受信され得る。別の方法では、データフレームに対応するシーケンス番号、およびHARQフィードバックは、UEに無認可スペクトルを介して送信され得、データフレームに対応するシーケンス番号が、指定された順序でUEによって受信されると、1つまたは複数のデータサブフレームが、HARQフィードバックに応答してUEから無認可スペクトルを介して受信され得る。

 

 

相互参照
[0001]本特許出願は、各々が本出願の譲受人に譲渡された、2014年8月11日に出願された、「HARQ DESIGN FOR LTE IN UNLICENSED SPECTRUM UTILIZING INDIVIDUAL ACK/NACK」と題する、Damnjanovicらによる米国特許出願第14/456,866号、および2013年8月13日に出願された、「HARQ DESIGN FOR LTE IN UNLICENSED SPECTRUM UTILIZING INDIVIDUAL ACK/NACK」と題する、Damnjanovicらによる米国仮特許出願第61/865,507号の優先権を主張する。
[0002]ワイヤレス通信ネットワークは、音声、ビデオ、パケットデータ、メッセージング、ブロードキャストなどの様々な通信サービスを提供するために広く展開されている。これらのワイヤレスネットワークは、利用可能なネットワークリソースを共有することによって複数のユーザをサポートすることが可能な多元接続(multiple-access)ネットワークであり得る。
[0003]ワイヤレス通信ネットワークは、いくつかのアクセスポイントを含み得る。セルラーネットワークのアクセスポイントは、ノードB(NB)または発展型ノードB(eNB)など、いくつかの基地局を含み得る。ワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)のアクセスポイントは、WiFi(登録商標)ノードなど、いくつかのWLANアクセスポイントを含み得る。各アクセスポイントは、いくつかのユーザ機器(UE)のための通信をサポートし得、しばしば、同時に複数のUEと通信し得る。同様に、各UEは、いくつかのアクセスポイントと通信し得、時々、複数のアクセスポイントおよび/または異なるアクセス技術を採用するアクセスポイントと通信し得る。アクセスポイントは、ダウンリンクおよびアップリンクを介してUEと通信し得る。ダウンリンク(または順方向リンク)はアクセスポイントからUEへの通信リンクを指し、アップリンク(または逆方向リンク)はUEからアクセスポイントへの通信リンクを指す。
[0004]セルラーネットワークが混雑し始めるにつれて、事業者は、容量を増加する方法に注目し始めた。1つの手法には、セルラーネットワークのトラフィックおよび/またはシグナリングの一部をオフロードするためのWLANの使用があり得る。認可スペクトル(a licensed spectrum)で動作するセルラーネットワークとは異なり、WiFiネットワークは、概して、無認可スペクトル(an unlicensed spectrum)で動作するので、WLAN(またはWiFiネットワーク)は魅力的である。ただし、セルラーデバイスとWiFiデバイスの両方による無認可スペクトルの使用には、無認可スペクトルへのアクセスを獲得するために競合ベースプロトコル(a contention-based protocol)の使用が必要になり得る。したがって、複数のデータフレームを介して無認可スペクトルを介して通信しようとするデバイスは、データフレーム間の送信ギャップ(たとえば、無認可スペクトルをキャプチャし、複数の隣接データフレーム中に、デバイスが無認可スペクトルを介して通信するのを妨げる他のデバイスによって生じる、ギャップ)を考慮しなければならないことがある。
[0005]説明する特徴は、一般に、ワイヤレス通信のための1つまたは複数の改善された方法、システム、および/または装置に関する。より詳細には、説明する特徴は、複数のデータフレームを介して無認可スペクトルを介して通信しようとするデバイスがデータフレーム間の送信ギャップを考慮しなければならないことがあるワイヤレス通信システムにおける、データサブフレームおよび/またはハイブリッド自動再送要求(HARQ:hybrid automatic repeat request)フィードバックを含むデータフレームの送信に関する。
[0006]例示的な例の第1のセットでは、ワイヤレス通信のための方法を与える。ワイヤレス通信のための方法は、UEに無認可スペクトルを介して、データフレームに対応するシーケンス番号と、データフレームの1つまたは複数のデータサブフレームとを送信することを備え得る。本方法は、データフレームに対応するシーケンス番号が、指定された順序でUEによって受信されると、UEから無認可スペクトルを介して、1つまたは複数のデータサブフレームについてのハイブリッド自動再送要求(HARQ)フィードバックを受信することを含む。
[0007]いくつかの例では、データフレームに対応するシーケンス番号が、順序が乱れて(out of order)UEによって受信されると、HARQフィードバックが1つまたは複数のデータサブフレームについてUEによって送信されないことがある。本方法は、UEに無認可スペクトルを介して、後続のデータフレームに対応するシーケンス番号と、後続のデータフレームの1つまたは複数のデータサブフレームとを送信することと、後続のデータフレームのためのシーケンス番号が、指定された順序でUEによって受信されると、UEから無認可スペクトルを介して、後続のデータフレームの1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックを受信することとをさらに含み得る。
[0008]他の例では、本方法は、1つまたは複数のデータサブフレームの各々について別個のHARQフィードバックメッセージを受信することを備え得る。1つまたは複数のデータサブフレームについて無認可スペクトルを介してHARQフィードバックメッセージを受信することは、データフレーム中に(during the data frame)、1つまたは複数のデータサブフレームのサブセットについてのHARQフィードバックを受信することと、次のサブフレーム中に(during a next subframe)、1つまたは複数のデータサブフレームの残りのサブセットについてのHARQフィードバックを受信することとを備え得る。また別の例では、UEから無認可スペクトルを介してHARQフィードバックを受信することは、各1つまたは複数の対応するアップリンクサブフレーム中に、1つまたは複数のデータサブフレームの各々についてのHARQフィードバックを受信することを備え得る。各対応するアップリンクサブフレームは、データフレーム中に、または次のデータフレーム中に発生し得る。本方法は、無認可スペクトルの利用可能性を決定するためにクリアチャネルアセスメント(CCA:clear channel assessment)を実行することと、無認可スペクトルが利用可能であるという決定が行われると、データフレーム中に、無認可スペクトルにアクセスすることとをさらに含み得る。いくつかの例では、本方法は、無認可スペクトルを介したチャネルアクセスを要求および予約するために送信要求(RTS:a request to send)信号を送信することを備え得る。そのような事例では、無認可スペクトルが送信のために利用可能であるとき、送信可(CTS:a clear to send)信号が受信され得る。追加または代替として、本方法は、無認可スペクトルが利用可能であるとき、CTS信号を送信することを備え得る。
[0009]例示的な例の第2のセットでは、ワイヤレス通信のための装置を与える。本装置は、UEに無認可スペクトルを介して、データフレームに対応するシーケンス番号と、データフレームの1つまたは複数のデータサブフレームとを送信するための手段を含み得る。本装置は、データフレームに対応するシーケンス番号が、指定された順序でUEによって受信されると、UEから無認可スペクトルを介して、1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックを受信するための手段をさらに備え得る。いくつかの例では、本装置は、例示的な例の第1のセットに関して上記で説明したワイヤレス通信のための方法の1つまたは複数の態様を実装し得る。
[0010]例示的な例の第3のセットでは、ワイヤレス通信のための方法を与える。本方法は、UEに無認可スペクトルを介して、データフレームに対応するシーケンス番号と、HARQフィードバックとを送信することを含み得る。本方法は、データフレームに対応するシーケンス番号が、指定された順序でUEによって受信されると、HARQフィードバックに応答して、UEから無認可スペクトルを介して、1つまたは複数のデータサブフレームを受信することを含む。データフレームに対応するシーケンス番号が、順序が乱れてUEによって受信されると、1つまたは複数のデータサブフレームが、UEによって送信されないことがある。
[0011]いくつかの例では、本方法は、UEに無認可スペクトルを介して、後続のデータフレームに対応するシーケンス番号と、後続のHARQフィードバックとを送信することと、後続のデータフレームのためのシーケンス番号が、指定された順序でUEによって受信されると、後続のHARQフィードバックに応答して、UEから無認可スペクトルを介して、1つまたは複数の追加のデータサブフレームを受信することとをさらに含み得る。HARQフィードバックは、1つまたは複数のHARQフィードバックメッセージを含み得、UEから無認可スペクトルを介して、1つまたは複数のデータサブフレームを受信することは、1つまたは複数のHARQフィードバックメッセージの各々について別個のデータサブフレームを受信することを含み得る。UEから無認可スペクトルを介して、1つまたは複数のデータサブフレームを受信することは、1つまたは複数の対応するアップリンクサブフレームの各々中に、1つまたは複数のデータサブフレームの各々を受信すること、ここにおいて、各対応するアップリンクサブフレームが、データフレーム中に発生する、を含み得る。HARQフィードバックは、1つまたは複数のアップリンク許可(uplink grants)を含み得る。本方法は、無認可スペクトルの利用可能性を決定するためにCCAを実行することと、無認可スペクトルが利用可能であるという決定が行われると、データフレーム中に、無認可スペクトルにアクセスすることとを含み得る。
[0012]例示的な例の第4のセットでは、ワイヤレス通信のための装置を与える。ワイヤレス通信のための装置は、UEに無認可スペクトルを介して、データフレームに対応するシーケンス番号と、HARQフィードバックとを送信するための手段を含み得る。本装置は、データフレームに対応するシーケンス番号が、指定された順序でUEによって受信されると、HARQフィードバックに応答して、UEから無認可スペクトルを介して、1つまたは複数のデータサブフレームを受信することをさらに備え得る。いくつかの例では、本装置は、例示的な例の第3のセットに関して上記で説明したワイヤレス通信のための方法の1つまたは複数の態様を実装し得る。
[0013]説明する方法および装置の適用性のさらなる範囲は、以下の詳細な説明、特許請求の範囲、および図面から明らかになろう。当業者には詳細な説明の趣旨および範囲内の様々な変更および改変が明らかになるので、詳細な説明および特定の例は、例示として与えられるものにすぎない。
[0014]以下の図面を参照すれば、本発明の性質および利点のさらなる理解が得られ得る。添付の図において、同様の構成要素または特徴は同じ参照ラベルを有し得る。さらに、同じタイプの様々な構成要素は、参照ラベルの後に、ダッシュと、それらの同様の構成要素同士を区別する第2のラベルとを続けることによって区別され得る。第1の参照ラベルのみが明細書において使用される場合、その説明は、第2の参照ラベルにかかわらず、同じ第1の参照ラベルを有する同様の構成要素のうちのいずれか1つに適用可能である。
[0015]ワイヤレス通信システムのブロック図。 [0016]様々な実施形態による、無認可スペクトルにおいてロングタームエボリューション(LTE)を使用するための展開シナリオの例を示す図。 [0017]様々な実施形態による、無認可スペクトルにおいてLTEを使用するスタンドアロンモードの一例を示す図。 [0018]無認可フレーム/間隔、およびたとえば、LTE無線フレームを含む期間フレーム構造(a period frame structure)に対するそれらの関係の様々な例を示す図。 [0019]ダウンリンク動作モード中の無認可フレーム/間隔の例示的な使用を示す図。 ダウンリンク動作モード中の無認可フレーム/間隔の例示的な使用を示す図。 [0020]アップリンク動作モード中の無認可フレーム/間隔の例示的な使用を示す図。 アップリンク動作モード中の無認可フレーム/間隔の例示的な使用を示す図。 [0021]様々な実施形態による、ワイヤレス通信において使用するためのeNBなどのデバイスの例のブロック図。 様々な実施形態による、ワイヤレス通信において使用するためのeNBなどのデバイスの例のブロック図。 [0022]様々な実施形態による、ワイヤレス通信において使用するための、UEなどのデバイスの例のブロック図。 様々な実施形態による、ワイヤレス通信において使用するための、UEなどのデバイスの例のブロック図。 [0023]様々な実施形態による、eNBアーキテクチャの一例を示すブロック図。 [0024]様々な実施形態による、UEアーキテクチャの一例を示すブロック図。 [0025]様々な実施形態による、多入力多出力(MIMO)通信システムの一例を示すブロック図。 [0026]様々な実施形態による、(たとえば、eNBの観点から)ダウンリンク動作モードで無認可スペクトルを使用するワイヤレス通信のための方法の例のフローチャート。 様々な実施形態による、(たとえば、eNBの観点から)ダウンリンク動作モードで無認可スペクトルを使用するワイヤレス通信のための方法の例のフローチャート。 [0027]様々な実施形態による、(たとえば、UEの観点から)ダウンリンク動作モードで無認可スペクトルを使用するワイヤレス通信のための方法の一例のフローチャート。 [0028]様々な実施形態による、(たとえば、eNBの観点から)アップリンク動作モードで無認可スペクトルを使用するワイヤレス通信のための方法の一例のフローチャート。 [0029](たとえば、UEの観点から)アップリンク動作モードで無認可スペクトルを使用するワイヤレス通信のための方法の一例のフローチャート。
詳細な説明
[0030]LTE通信のために無認可スペクトルが使用される方法、システム、および装置について説明する。一般に、事業者は、セルラーネットワークにおいて常に増大する輻輳レベルを軽減するために無認可スペクトルを使用するための主なメカニズムとして、WiFiに注目してきた。しかしながら、無認可スペクトルにおけるLTE(登録商標)に基づくニューキャリアタイプ(NCT:a new carrier type)は、キャリアグレードWiFiに適合し得、それにより、無認可スペクトルまたは共有スペクトルにおけるLTE/LTE−A通信を、ネットワーク輻輳を軽減することを目的としたWiFiソリューションの代替とする。無認可スペクトルまたは共有スペクトルにおけるLTE/LTE−A通信は、多くのLTE概念を活用し得、無認可スペクトルにおける効率的な動作をもたらすとともに規制上の要件を満たすために、ネットワークまたはネットワークデバイスの物理レイヤ(PHY)およびメディアアクセス制御(MAC)の態様にいくつかの変更をもたらし得る。無認可スペクトルは、たとえば、600メガヘルツ(MHz)から6ギガヘルツ(GHz)までの範囲にわたる。場合によっては、無認可スペクトルまたは共有スペクトルにおけるLTE/LTE−AはWiFiよりも有意に良好に働き得る。たとえば、(単一または複数の事業者のための)無認可展開または共有展開(an unlicensed or shared deployment)におけるすべてのLTE/LTE−Aが、すべてのWiFi展開に比較されるとき、または高密度スモールセル展開があるとき、無認可展開または共有展開におけるLTE/LTE−AはWiFiよりも有意に良好に働き得る。無認可展開または共有展開におけるLTE/LTE−Aはまた、無認可展開または共有展開におけるLTE/LTE−Aが(単一または複数の事業者のための)WiFiと混合される場合などの他の場合にはWiFiよりも良好に働き得る。
[0031]説明する特徴は、データサブフレームおよび/またはHARQフィードバックを含むデータフレームの送信に関する。デバイスが複数のデータフレームを介して無認可スペクトルを介して通信しようとするワイヤレス通信システムでは、デバイスは、データフレーム間の送信ギャップを考慮しなければならないことがある。これらの送信ギャップを考慮するために、無認可スペクトルを介した送信のデータフレームにはシーケンス番号が割り当てられ得る。データフレームは、次いで、シーケンス番号の指定された順序に従って、シーケンス番号とともに送信され得る。場合によっては、連続するシーケンス番号が、送信ギャップによって分離されたデータフレームに割り当てられ得る。デバイスが指定された順序でデータフレームを受信すると、デバイスは、それに応答してHARQフィードバックおよび/またはデータサブフレームを送信し得る。デバイスが指定された順序でデータフレームを受信しない(たとえば、デバイスが、送信中の第2番目のデータフレームを受信する前に、送信中の第3番目のデータフレームを受信する)と、デバイスは、いかなるデータサブフレームまたはHARQフィードバックも送信せず、それによって、デバイスが順序が乱れてデータフレームを受信したことをシグナリングし得る。
[0032]本明細書で説明する技法は、LTEに限定されず、同じく、CDMA、TDMA、FDMA、OFDMA、SC−FDMAおよび他のシステムなど、様々なワイヤレス通信システムに使用され得る。「システム」および「ネットワーク」という用語は、しばしば互換的に使用される。CDMAシステムは、CDMA2000、ユニバーサル地上無線アクセス(UTRA:Universal Terrestrial Radio Access)などの無線技術を実装し得る。CDMA2000は、IS−2000、IS−95、およびIS−856規格をカバーする。IS−2000リリース0およびAは、一般に、CDMA2000 1X、1Xなどと呼ばれる。IS−856(TIA−856)は、一般に、CDMA2000 1xEV−DO、高速パケットデータ(HRPD:High Rate Packet Data)などと呼ばれる。UTRAは、広帯域CDMA(WCDMA(登録商標))とCDMAの他の変形態とを含む。TDMAシステムは、モバイル通信用グローバルシステム(GSM(登録商標):Global System for Mobile Communications)などの無線技術を実装し得る。OFDMAシステムは、ウルトラモバイルブロードバンド(UMB:Ultra Mobile Broadband)、発展型UTRA(E−UTRA:Evolved UTRA)、IEEE802.11(Wi−Fi(登録商標))、IEEE802.16(WiMAX(登録商標))、IEEE802.20、Flash−OFDMなどの無線技術を実装し得る。UTRAおよびE−UTRAは、ユニバーサル・モバイル・テレコミュニケーションシステム(UMTS:Universal Mobile Telecommunication System)の一部である。LTEおよびLTEアドバンスト(LTE−A:LTE-Advanced)は、E−UTRAを使用するUMTSの新しいリリースである。UTRA、E−UTRA、UMTS、LTE、LTE−A、およびGSMは、「第3世代パートナーシッププロジェクト」(3GPP(登録商標):3rd Generation Partnership Project)という名称の組織からの文書に記載されている。CDMA2000およびUMBは、「第3世代パートナーシッププロジェクト2」(3GPP2)という名称の組織からの文書に記載されている。本明細書で説明した技法は、上記のシステムおよび無線技術、ならびに他のシステムおよび無線技術に使用され得る。ただし、以下の説明では、例としてLTEシステムについて説明し、以下の説明の大部分においてLTE用語が使用されるが、本技法はLTE適用例以外に適用可能である。
[0033]以下の説明は、例を与えるものであり、特許請求の範囲に記載された範囲、適用可能性、または構成を限定するものではない。本開示の趣旨および範囲から逸脱することなく、説明する要素の機能および構成において変更が行われ得る。様々な実施形態は、適宜に様々なプロシージャまたは構成要素を省略、置換、または追加し得る。たとえば、説明する方法は、説明する順序とは異なる順序で実行され得、様々なステップが追加、省略、または組み合わせられ得る。また、いくつかの実施形態に関して説明する特徴は、他の実施形態において組み合わせられ得る。
[0034]最初に図1を参照すると、図に、ワイヤレス通信システム100の一例が示されている。システム100は、複数のアクセスポイント(たとえば、基地局、eNB、またはWLANアクセスポイント)105と、いくつかのユーザ機器(UE)115と、コアネットワーク130とを含む。アクセスポイント105のうちのいくつかは、様々な実施形態ではコアネットワーク130またはいくつかのアクセスポイント105(たとえば、基地局またはeNB)の一部であり得る、基地局コントローラ(図示せず)の制御下でUE115と通信し得る。アクセスポイント105のうちのいくつかは、バックホール132を通してコアネットワーク130と制御情報および/またはユーザデータを通信し得る。一例では、アクセスポイント105のうちのいくつかは、ワイヤードまたはワイヤレス通信リンクであり得るバックホールリンク134を介して互いと直接または間接的に通信し得る。システム100は、複数のキャリア(異なる周波数の波形信号)上での動作をサポートし得る。マルチキャリア送信機は、複数のキャリア上で変調された信号を同時に送信することができる。たとえば、各通信リンク125は、様々な無線技術に従って変調されたマルチキャリア信号であり得る。各変調された信号は、異なるキャリア上で送られ得、制御情報(たとえば、基準信号、制御チャネルなど)、オーバーヘッド情報、データなどを搬送し得る。
[0035]アクセスポイント105は、1つまたは複数のアクセスポイントアンテナを介して、UE115とワイヤレス通信し得る。アクセスポイント105の各々は、それぞれのカバレージエリア110に対する通信カバレージを与え得る。いくつかの例では、アクセスポイント105は、基地局、基地トランシーバ局(BTS:base transceiver station)、無線基地局、無線トランシーバ、基本サービスセット(BSS:basic service set)、拡張サービスセット(ESS:extended service set)、ノードB、発展型ノードB(eNB:evolved NodeB)、ホームノードB、ホームeノードB、WLANアクセスポイント、WiFiノードまたは何らかの他の好適な用語で呼ばれることがある。アクセスポイントのためのカバレージエリア110は、カバレージエリアの一部分のみを構成するセクタ(図示せず)に分割され得る。システム100は、異なるタイプのアクセスポイント105(たとえば、マクロ基地局、マイクロ基地局、および/またはピコ基地局)を含み得る。アクセスポイント105はまた、セルラーおよび/またはWLAN無線アクセス技術などの異なる無線技術を利用し得る。アクセスポイント105は同じまたは異なるアクセスネットワークまたは事業者展開(operator deployments)に関連付けられ得る。同じもしくは異なるタイプのアクセスポイント105のカバレージエリアを含み、同じもしくは異なる無線技術を利用し、および/または同じもしくは異なるアクセスネットワークに属する、異なるアクセスポイント105のカバレージエリアは重複し得る。
[0036]いくつかの例では、システム100は、無認可スペクトルまたは共有スペクトルにおける動作または展開シナリオの1つまたは複数のモードをサポートするLTE/LTE−A通信システム(またはネットワーク)を含み得る。他の実施形態では、システム100は、無認可スペクトルと、認可スペクトル、無認可スペクトルまたは共有スペクトルにおけるLTE/LTE−Aとは異なるアクセス技術と、を使用したワイヤレス通信をサポートし得る。LTE/LTE−A通信システムでは、発展型ノードBまたはeNBという用語は、概して、アクセスポイント105について説明するために使用され得る。システム100は、異なるタイプのeNBが様々な地理的領域に対するカバレージを与える、異機種LTE/LTE−Aネットワークであり得る。たとえば、各eNB105は、マクロセル、ピコセル、フェムトセル、および/または他のタイプのセルに対する通信カバレージを与え得る。ピコセル、フェムトセル、および/または他のタイプのセルなどのスモールセルは、低電力ノードすなわちLPNを含み得る。マクロセルは、概して、比較的大きい地理的エリア(たとえば、半径数キロメートル)をカバーし、ネットワークプロバイダのサービスに加入しているUEによる無制限アクセスを可能にし得る。ピコセルは、概して、比較的小さい地理的エリアをカバーすることになり、ネットワークプロバイダのサービスに加入しているUEによる無制限アクセスを可能にし得る。また、フェムトセルは、概して、比較的小さい地理的エリア(たとえば、自宅)をカバーすることになり、無制限アクセスに加えて、フェムトセルとの関連を有するUE(たとえば、限定加入者グループ(CSG:closed subscriber group)中のUE、自宅内のユーザのためのUEなど)による制限付きアクセスをも可能にし得る。マクロセルのためのeNBはマクロeNBと呼ばれることがある。ピコセルのためのeNBはピコeNBと呼ばれることがある。また、フェムトセルのためのeNBはフェムトeNBまたはホームeNBと呼ばれることがある。eNBは、1つまたは複数の(たとえば、2つ、3つ、4つなどの)セルをサポートし得る。
[0037]コアネットワーク130は、バックホール132(たとえば、S1など)を介してeNB105と通信し得る。eNB105はまた、たとえば、バックホールリンク134(たとえば、X2など)を介して、および/またはバックホール132を介して(たとえば、コアネットワーク130を介して)、直接的または間接的に、互いに通信し得る。ワイヤレス通信システム100は同期動作または非同期動作をサポートし得る。同期動作の場合、eNBは同様のフレームおよび/またはゲーティングタイミング(gating timing)を有し得、異なるeNBからの送信は近似的に時間的に整合され得る。非同期動作の場合、eNBは異なるフレームおよび/またはゲーティングタイミングを有し得、異なるeNBからの送信は時間的に整合されないことがある。本明細書で説明する技法は、同期動作または非同期動作のいずれかのために使用され得る。
[0038]UE115は、ワイヤレス通信システム100全体にわたって分散され得、各UE115は固定または移動であり得る。UE115は、当業者によって、モバイルデバイス、モバイル局、加入者局、モバイルユニット、加入者ユニット、ワイヤレスユニット、リモートユニット、ワイヤレスデバイス、ワイヤレス通信デバイス、リモートデバイス、モバイル加入者局、アクセス端末、モバイル端末、ワイヤレス端末、リモート端末、ハンドセット、ユーザエージェント、モバイルクライアント、クライアント、または何らかの他の好適な用語で呼ばれることもある。UE115は、セルラーフォン、携帯情報端末(PDA)、ワイヤレスモデム、ワイヤレス通信デバイス、ハンドヘルドデバイス、タブレットコンピュータ、ラップトップコンピュータ、コードレスフォン、時計または眼鏡などのウェアラブルアイテム、ワイヤレスローカルループ(WLL)局などであり得る。UE115は、マクロeNB、ピコeNB、フェムトeNB、リレーなどと通信することが可能であり得る。UE115はまた、セルラーもしくは他のWWANアクセスネットワーク、またはWLANアクセスネットワークなど、異なるアクセスネットワーク上で通信することが可能であり得る。
[0039]システム100に示された通信リンク125は、(たとえば、UE115からeNB105への)アップリンク(UL)送信を搬送するためのアップリンクおよび/または(たとえば、eNB105からUE115への)ダウンリンク(DL)送信を搬送するためのダウンリンクを含み得る。UL送信は逆方向リンク送信と呼ばれることもあり、DL送信は順方向リンク送信と呼ばれることもある。ダウンリンク送信は、認可スペクトル(たとえば、LTE)、無認可スペクトルもしくは共有スペクトルにおけるLTE/LTE−A、またはその両方を使用して行われ得る。同様に、アップリンク送信は、認可スペクトル(たとえば、LTE)、無認可スペクトルもしくは共有スペクトルにおけるLTE/LTE−A、またはその両方を使用して行われ得る。
[0040]システム100のいくつかの例では、無認可スペクトルまたは共有スペクトルにおけるLTE/LTE−Aのための様々な展開シナリオが、認可スペクトルにおけるLTEダウンリンク容量が無認可スペクトルにオフロードされ得る補足ダウンリンクモード(a supplemental downlink mode)と、LTEのダウンリンク容量とアップリンク容量の両方が認可スペクトルから無認可スペクトルにオフロードされ得るキャリアアグリゲーションモードと、基地局(たとえば、eNB)とUEとの間のLTEダウンリンクおよびアップリンク通信が無認可スペクトルにおいて行われ得るスタンドアロンモードとを含めてサポートされ得る。基地局またはeNB105ならびにUE115は、これらのまたは同様の動作モードのうちの1つまたは複数をサポートし得る。OFDMA通信信号は、無認可および/または認可スペクトルにおけるLTEダウンリンク送信のために通信リンク125中で使用され得、一方、SC−FDMA通信信号は、無認可および/または認可スペクトルにおけるLTEアップリンク送信のために通信リンク125中で使用され得る。システム100などのシステムにおける無認可スペクトルまたは共有スペクトルの展開シナリオまたは動作モードにおけるLTE/LTE−Aの実装形態、ならびに無認可スペクトルまたは共有スペクトルにおけるLTE/LTE−Aの動作に関する他の特徴および機能に関するさらなる詳細を、図2〜図16に関して以下に与える。
[0041]次に図2Aを参照すると、ワイヤレス通信システム200は、無認可スペクトルまたは共有スペクトルにおいてLTE/LTE−AをサポートするLTEネットワークのための補助ダウンリンクモードおよびキャリアアグリゲーションモードの例を示す。システム200は、図1のシステム100の部分の一例であり得る。さらに、基地局205は図1の基地局105の一例であり得、一方、UE215、215−a、および215−bは図1のUE115の例であり得る。
[0042]システム200における補助ダウンリンクモードの例では、基地局205は、ダウンリンク220を使用してUE215にOFDMA通信信号を送信し得る。ダウンリンク220は、無認可スペクトルにおける周波数F1に関連付けられる。基地局205は、双方向リンク225を使用して同じUE215にOFDMA通信信号を送信し得、双方向リンク225を使用してそのUE215からSC−FDMA通信信号を受信し得る。双方向リンク225は、認可スペクトルにおける周波数F4に関連付けられる。無認可スペクトルの中のダウンリンク220および認可スペクトルの中の双方向リンク225は、同時に動作し得る。ダウンリンク220は、基地局205のためにダウンリンク容量のオフロードを与え得る。いくつかの例では、ダウンリンク220は、(たとえば、1つのUEにアドレス指定された)ユニキャストサービスのために使用され、または(たとえば、いくつかのUEにアドレス指定された)マルチキャストサービスのために使用され得る。このシナリオは、認可スペクトルを使用し、トラフィックおよび/またはシグナリング輻輳の一部を軽減する必要がある、あらゆるサービスプロバイダ(たとえば、従来のモバイルネットワーク事業者またはMNO)に対して生じ得る。
[0043]システム200におけるキャリアアグリゲーションモードの一例では、基地局205は、双方向リンク230を使用してUE215−aにOFDMA通信信号を送信し得、双方向リンク230を使用して同じUE215−aからSC−FDMA通信信号を受信し得る。双方向リンク230は、無認可スペクトルにおける周波数F1に関連付けられる。基地局205はまた、双方向リンク235を使用して同じUE215−aにOFDMA通信信号を送信し得、双方向リンク235を使用して同じUE215−aからSC−FDMA通信信号を受信し得る。双方向リンク235は、認可スペクトルにおける周波数F2に関連付けられる。双方向リンク230は、基地局205のためにダウンリンク容量およびアップリンク容量のオフロードを与え得る。上記で説明した補助ダウンリンクのように、このシナリオは、認可スペクトルを使用し、トラフィックおよび/またはシグナリング輻輳の一部を軽減する必要がある、あらゆるサービスプロバイダ(たとえば、MNO)に対して生じ得る。
[0044]システム200におけるキャリアアグリゲーションモードの別の例では、基地局205は、双方向リンク240を使用してUE215−bにOFDMA通信信号を送信し得、双方向リンク240を使用して同じUE215−bからSC−FDMA通信信号を受信し得る。双方向リンク240は、無認可スペクトルにおける周波数F3に関連付けられる。基地局205はまた、双方向リンク245を使用して同じUE215−bにOFDMA通信信号を送信し得、双方向リンク245を使用して同じUE215−bからSC−FDMA通信信号を受信し得る。双方向リンク245は、認可スペクトルにおける周波数F2に関連付けられる。双方向リンク240は、基地局205のためにダウンリンク容量およびアップリンク容量のオフロードを与え得る。この例および上記で与えた例は、説明のために提示したものであり、容量オフロードのために認可スペクトルまたは無認可スペクトルにおいてLTE/LTE−Aを組み合わせる他の同様の動作モードまたは展開シナリオがあり得る。
[0045]上記で説明したように、認可スペクトルまたは無認可スペクトルにおいてLTE/LTE−Aを使用することによって提供される容量オフロードから利益を得ることがある典型的なサービスプロバイダは、LTEスペクトルを用いる従来のMNOである。これらのサービスプロバイダにとって、運用上の構成は、認可スペクトル上でLTE1次コンポーネントキャリア(PCC:primary component carrier)を使用し、無認可スペクトル上で無認可または共有スペクトルの2次コンポーネントキャリア(SCC:secondary component carrier)においてLTE/LTE−Aを使用するブートストラップモード(たとえば、補助ダウンリンク、キャリアアグリゲーション)を含み得る。
[0046]キャリアアグリゲーションモードでは、データおよび制御は、概して、LTE(たとえば、双方向リンク225、235、および245)で通信され得、一方、データは、概して、無認可スペクトルまたは共有スペクトル(たとえば、双方向リンク230および240)においてLTE/LTE−Aで通信され得る。無認可スペクトルまたは共有スペクトルにおいてLTE/LTE−Aを使用するときにサポートされるキャリアアグリゲーション機構は、ハイブリッド周波数分割複信−時分割複信(FDD−TDD)キャリアアグリゲーション、またはコンポーネントキャリアにわたって異なる対称性を伴うTDD−TDDキャリアアグリゲーションの範疇に入り得る。
[0047]図2Bに、無認可スペクトルまたは共有スペクトルにおけるLTE/LTE−Aのためのスタンドアロンモードの一例を示すワイヤレス通信システム250を示す。システム250は、図1のシステム100の部分の一例であり得る。さらに、基地局205は、図1および/または図2Aを参照しながら説明した基地局105および/または205の一例であり得、一方、UE215−cは、図1および/または図2AのUE115および/または215の一例であり得る。
[0048]システム250におけるスタンドアロンモードの例では、基地局205は、双方向リンク255を使用してUE215−cにOFDMA通信信号を送信し得、双方向リンク255を使用してUE215−cからSC−FDMA通信信号を受信し得る。双方向リンク255は、図2Aに関して上記で説明した無認可スペクトルにおける周波数F3に関連付けられ得る。スタンドアロンモードは、スタジアム内アクセス(in-stadium access)(たとえば、ユニキャスト、マルチキャスト)などの非従来型ワイヤレスアクセスシナリオにおいて使用され得る。この動作モードの典型的なサービスプロバイダは、認可スペクトルを有しないスタジアムオーナー、ケーブル会社、イベントホスト、ホテル、企業または大規模会社であり得る。
[0049]いくつかの例では、図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したeNB105および/もしくは205または図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したUE115および/もしくは215などの送信デバイスは、無認可スペクトルのチャネルへのアクセスを獲得するためにゲーティング間隔(a gating interval)を使用し得る。ゲーティング間隔は、ETSI(EN301 893)において指定されているLBTプロトコルに基づくリスンビフォートーク(LBT:Listen Before Talk)などの競合ベースプロトコルの適用を定義し得る。LBTプロトコルの適用を定義するゲーティング間隔を使用するとき、ゲーティング間隔は、送信デバイスがクリアチャネルアセスメント(CCA)を実行する必要があるときを示し得る。CCAの結果は、無認可スペクトルのチャネルが利用可能であるか、または使用中であるかを送信デバイスに示す。チャネルが利用可能である(たとえば、使用「可」である(“clear” for use))ことをCCAが示すと、ゲーティング間隔は、通常はあらかじめ定義された送信期間の間、送信デバイスがチャネルを使用することを許可し得る。チャネルが利用可能でない(たとえば、使用中または予約済みである)ことをCCAが示すと、ゲーティング間隔は、送信デバイスが送信期間中にチャネルを使用するのを妨げ得る。
[0050]場合によっては、送信デバイスが、周期的にゲーティング間隔を生成し、周期的フレーム構造の少なくとも1つの境界とゲーティング間隔の少なくとも1つの境界とを同期させることが有用であり得る。たとえば、無認可スペクトルにおいてセルラーダウンリンクのための周期的ゲーティング間隔を生成し、セルラーダウンリンクに関連する周期的フレーム構造(たとえば、LTE無線フレーム)の少なくとも1つの境界と周期的ゲーティング間隔の少なくとも1つの境界とを同期させることが有用であり得る。そのような同期の例を図3に示す。
[0051]図3に、無認可スペクトルにおけるセルラーダウンリンクのための無認可フレーム/間隔(unlicensed frame/interval)305、315、および/または325の例300を示す。無認可フレーム/間隔305、315、および/または325は、無認可スペクトルを介した送信をサポートするeNBによって周期的ゲーティング間隔として使用され得る。そのようなeNBの例としては、図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したアクセスポイント105および/またはeNB205があり得る。無認可フレーム/間隔305、315、および/または325は、図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したシステム100、200、および/または250とともに使用され得る。
[0052]例として、無認可フレーム/間隔305の持続時間(duration)を、セルラーダウンリンクに関連する周期的フレーム構造のLTE無線フレーム310に等しい(またはそれにほぼ等しい)ものとして示してある。いくつかの例では、「ほぼ等しい」は、無認可フレーム/間隔305の持続時間が周期的フレーム構造の持続時間のサイクリックプレフィックス(CP)持続時間内にあることを意味する。
[0053]無認可フレーム/間隔305の少なくとも1つの境界は、LTE無線フレームN−1〜N+1を含む周期的フレーム構造の少なくとも1つの境界と同期され得る。場合によっては、無認可フレーム/間隔305は、周期的フレーム構造のフレーム境界と整合された境界を有し得る。他の場合には、無認可フレーム/間隔305は、周期的フレーム構造のフレーム境界と同期されているが、それからオフセットされている境界を有し得る。たとえば、無認可フレーム/間隔305の境界は、周期的フレーム構造のサブフレーム境界と整合されるか、または周期的フレーム構造のサブフレーム中間点境界(subframe midpoint boundaries)(たとえば、特定のサブフレームの中間点(midpoints))と整合され得る。
[0054]場合によっては、周期的フレーム構造は、LTE無線フレームN−1〜N+1を含み得る。各LTE無線フレーム310は、たとえば、10ミリ秒の持続時間を有し得、無認可フレーム/間隔305も、10ミリ秒の持続時間を有し得る。これらの場合、無認可フレーム/間隔305の境界は、LTE無線フレームのうちの1つ(たとえば、LTE無線フレーム(N))の境界(たとえば、フレーム境界、サブフレーム境界、またはサブフレーム中間点境界)と同期され得る。
[0055]例として、無認可フレーム/間隔315および325の持続時間を、セルラーダウンリンクに関連する周期的フレーム構造の持続時間の約数(sub-multiples)(またはそれのほぼ約数)であるものとして示してある。いくつかの例では、「〜のほぼ約数」は、無認可フレーム/間隔315、325の持続時間が周期的フレーム構造の約数(たとえば、1/2または1/10)の持続時間のサイクリックプレフィックス(CP)持続時間内にあることを意味する。たとえば、無認可フレーム/間隔315は、5ミリ秒の持続時間を有し得、無認可フレーム/間隔325は、1または2ミリ秒の持続時間を有し得る。
[0056]図4に、無認可フレーム/間隔405、405−aの例示的な使用400を示す。いくつかの例では、無認可フレーム/間隔405、405−aは、図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したeNB105および/または205のうちの1つまたは複数によって使用されるフレームの例であり得る。無認可フレーム/間隔405は、CCAスロット期間410、送信要求(RTS)信号期間415、送信可(CTS)信号期間420、シーケンス番号(またはシーケンス番号期間)425、および/またはいくつかのデータサブフレーム430、431、432、433を含み得る。場合によっては、無認可フレーム/間隔405は、5または10ミリ秒の持続時間を有し得る。
[0057]CCAスロット期間410は、1つまたは複数のCCAスロットを含み得る。場合によっては、複数のCCAスロットのうちの1つは、無認可スペクトルの利用可能性を決定するためのCCAを実行するためにeNBによって擬似ランダムに選択され得る。複数のCCAスロットは、同じ事業者展開の複数のeNBの一部または全部が複数のCCAスロットのうちの共通する1つの中でCCAを実行し、異なる事業者展開の複数のeNBが複数のCCAスロットのうちの異なる複数の中でCCAを実行するように擬似ランダムに(pseudo-randomly)選択され得る。無認可フレーム/間隔405の連続するインスタンスでは、複数のCCAスロットの擬似ランダム選択は、異なる事業者展開が複数のCCAスロットのうちの最初のスロットを選択するという結果になり得る。このようにして、いくつかの事業者展開の各々は、CCAを実行する最初の機会を与えられ得る(たとえば、第1の事業者展開が、1つの無認可フレーム/間隔中の最初のCCAスロットを選択し得、第2の事業者展開が、後続のフレーム/間隔中の最初のCCAスロットを選択し得るなど)。いくつかの事例では、複数のCCAスロットはそれぞれ、約20マイクロ秒の持続時間を有し得る。
[0058]eNBが、無認可スペクトルの利用可能性を決定するためにCCAを実行し、無認可スペクトルが利用可能であると決定すると、eNBは、1つまたは複数のデータサブフレーム430、431、432、433を送信するための送信期間(a transmission period)を予約し得る。場合によっては、複数の協調eNB(coordinated eNBs)(たとえば、2つ以上の協調eNB)は、送信期間を予約し、データを送信し得る。2つ以上のeNBによる送信期間の同時使用は、直交送信、多重化送信、ならびに/または協調eNBのセットによって採用される他の時間および/もしくは周波数共有機構(frequency sharing mechanism)の使用の結果として可能になり得る。
[0059]随意に、RTS信号期間415およびCTS信号期間420は、(たとえば、CCAを使用するのではなく、または、そうすることとともに)無認可スペクトルを介したチャネルアクセスを要求し、予約するために使用され得る。
[0060]UEに1つまたは複数のデータサブフレーム430、431、432、433の各々を送信すると、UEは、ハイブリッド自動再送要求(HARQ)フィードバック445、446、447、448でeNBに応答し得る。例として、HARQフィードバック445、446、447、448は、eNBに、(たとえば、肯定応答(ACK)または否定応答(NACK)を介して)1つまたは複数のデータサブフレーム430、431、432、433がUEによってうまく受信され、復号されたかどうかを示し得る。場合によっては、HARQフィードバックは、1つまたは複数のデータサブフレーム430、431、432、433の各々について別個のHARQフィードバックメッセージ445、446、447、448として送信され得る。各HARQフィードバックメッセージ(たとえば、メッセージ445)は、UEによる対応するデータサブフレーム430の受信に続く復号遅延(a decoding delay)440の後に送信され得る。
[0061]様々な例によれば、UEは、データフレーム405に対応するそのシーケンス番号(SEQ#1)が指定された順序で受信された(たとえば、データフレーム405が送信中の最初のデータフレームとして受信された)と決定した後にHARQフィードバックメッセージ445、446、447、448を送信し得る。その後、eNBは、CCAスロット期間(slot period)410−a、RTS信号期間(signal period)415−a、CTS信号期間420−a、シーケンス番号(またはシーケンス番号期間)425−a、および/またはいくつかのデータサブフレーム430−a、431−a、432−a、433−aを含む後続のデータフレーム405−aを送信し得る。UEが、後続のデータフレーム405−aのシーケンス番号(SEQ#2)を受信すると、UEは、後続のデータフレーム405−aが、指定された順序で受信された(たとえば、後続のデータフレーム405−aが送信中の第2番目のデータフレームとして受信された)と決定し、それぞれの復号遅延(たとえば、遅延440−a)に続いてデータサブフレーム430−a、431−a、432−a、433−aに対するHARQフィードバックメッセージ445−a、446−a、447−a、448−aを送信することに進み得る。
[0062]図5に、無認可フレーム/間隔505、505−aの例示的な使用500を示す。いくつかの例では、無認可フレーム/間隔505、505−aは、図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したeNB105および/または205のうちの1つまたは複数によって使用されるフレームの例であり得る。無認可フレーム/間隔505は、CCAスロット期間510、RTS信号期間515、CTS信号期間520、シーケンス番号(またはシーケンス番号期間)525、および/またはいくつかのデータサブフレーム530、531、532、533を含み得る。場合によっては、無認可フレーム/間隔505は、5または10ミリ秒の持続時間を有し得る。
[0063]CCAスロット期間510は、1つまたは複数のCCAスロットを含み得る。場合によっては、複数のCCAスロットのうちの1つは、無認可スペクトルの利用可能性を決定するためのCCAを実行するためにeNBによって擬似ランダムに選択され得る。複数のCCAスロットは、同じ事業者展開の複数のeNBの一部または全部が複数のCCAスロットのうちの共通する1つの中でCCAを実行し、異なる事業者展開の複数のeNBが複数のCCAスロットのうちの異なる複数の中でCCAを実行するように擬似ランダムに選択され得る。無認可フレーム/間隔405の連続するインスタンスでは、複数のCCAスロットの擬似ランダム選択は、異なる事業者展開が複数のCCAスロットのうちの最初のスロットを選択するという結果になり得る。このようにして、いくつかの事業者展開の各々は、CCAを実行する最初の機会を与えられ得る(たとえば、第1の事業者展開が、1つの無認可フレーム/間隔中の最初のCCAスロットを選択し得、第2の事業者展開が、後続のフレーム/間隔中の最初のCCAスロットを選択し得るなど)。いくつかの事例では、複数のCCAスロットはそれぞれ、約20マイクロ秒の持続時間を有し得る。
[0064]eNBが、無認可スペクトルの利用可能性を決定するためにCCAを実行し、無認可スペクトルが利用可能であると決定すると、eNBは、1つまたは複数のデータサブフレーム530、531、532、533を送信するための送信期間を予約し得る。場合によっては、複数の協調eNB(たとえば、2つ以上の協調eNB)は、送信期間を予約し、データを送信し得る。2つ以上のeNBによる送信期間の同時使用は、直交送信、多重化送信、ならびに/または協調eNBのセットによって採用される他の時間および/もしくは周波数共有機構の使用の結果として可能になり得る。
[0065]随意に、RTS信号期間515およびCTS信号期間520は、(たとえば、CCAを使用するのではなく、または、そうすることとともに)無認可スペクトルを介したチャネルアクセスを要求し、予約するために使用され得る。
[0066]UEに1つまたは複数のデータサブフレーム530、531、532、533の各々を送信すると、UEは、ハイブリッド自動再送要求(HARQ)フィードバック545、546、547、548でeNBに応答し得る。例として、HARQフィードバック545、546、547、548は、eNBに、(たとえば、肯定応答(ACK)または否定応答(NACK)を介して)1つまたは複数のデータサブフレーム530、531、532、533がUEによってうまく受信され、復号されたかどうかを示し得る。場合によっては、HARQフィードバックは、1つまたは複数のデータサブフレーム530、531、532、533の各々について別個のHARQフィードバックメッセージ545、546、547、548として送信され得る。各HARQフィードバックメッセージ(たとえば、メッセージ545)は、UEによる対応するデータサブフレーム530の受信に続く復号遅延540の後に送信され得る。
[0067]様々な例によれば、UEは、指定された順序でデータフレーム505に対応するそのシーケンス番号(SEQ#1)が受信された(たとえば、データフレーム505が送信中の最初のデータフレームとして受信された)と決定した後にHARQフィードバックメッセージ545、546、547、548を送信し得る。その後、eNBは、CCAスロット期間510−a、RTS信号期間515−a、CTS信号期間520−a、シーケンス番号(またはシーケンス番号期間)525−a、および/またはいくつかのデータサブフレーム530−a、531−a、532−a、533−aを含む後続のデータフレーム505−aを送信し得る。UEが、後続のデータフレーム505−aのシーケンス番号(SEQ#3)を受信すると、UEは、後続のデータフレーム505−aが順序が乱れて受信された(たとえば、後続のデータフレーム505−aがUEによって受信された第2番目のデータフレームであるが、それのシーケンス番号(SEQ#3)が、それが送信中の第3番目のデータフレームであることを示す)と決定し、1つまたは複数のデータサブフレーム530−a、531−a、532−a、533−aについてのHARQフィードバックを送信しないことがある。eNBは、いかなるHARQフィードバックも受信しないので、シーケンス番号SEQ#2に対応するデータフレーム(またはデータフレームのコンテンツ)、ならびにデータフレーム505−a(またはデータフレーム505−aのコンテンツ)を再送信し得る。
[0068]図6に、無認可フレーム/間隔605、605−aの例示的な使用600を示す。いくつかの例では、無認可フレーム/間隔605、605−aは、図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したeNB105および/または205のうちの1つまたは複数によって使用されるフレームの例であり得る。無認可フレーム/間隔605は、CCAスロット期間610、RTS信号期間615、CTS信号期間620、シーケンス番号(またはシーケンス番号期間)625および/またはアップリンク許可を含むいくつかのHARQフィードバックメッセージ630、631、632、633を含み得る。場合によっては、無認可フレーム/間隔605は、5または10ミリ秒の持続時間を有し得る。
[0069]CCAスロット期間610は、1つまたは複数のCCAスロットを含み得る。場合によっては、複数のCCAスロットのうちの1つは、無認可スペクトルの利用可能性を決定するためのCCAを実行するためにeNBによって擬似ランダムに選択され得る。複数のCCAスロットは、同じ事業者展開の複数のeNBの一部または全部が複数のCCAスロットのうちの共通の1つのスロットの中でCCAを実行し、異なる事業者展開の複数のeNBが複数のCCAスロットのうちの異なる複数のスロットの中でCCAを実行するように、擬似ランダムに選択され得る。無認可フレーム/間隔605の連続する事例では、複数のCCAスロットの擬似ランダム選択は、異なる事業者展開が複数のCCAスロットのうちの第1番目のスロットを選択することになり得る。このようにして、いくつかの事業者展開の各々は、CCAを実行する第1番目の機会が与えられ得る(たとえば、第1の事業者展開は、1つの無認可フレーム/間隔において第1番目のCCAスロットを選択し得、第2の事業者展開は、後続のフレーム/間隔において第1番目のCCAスロットを選択し得るなど)。いくつかの事例では、複数のCCAスロットはそれぞれ、約20マイクロ秒の持続時間を有し得る。
[0070]eNBが、無認可スペクトルの利用可能性を決定するためにCCAを実行し、無認可スペクトルが利用可能であると決定すると、eNBは、1つまたは複数のHARQフィードバックメッセージ630、631、632、633を送信するための送信期間を予約し得る。場合によっては、複数の協調eNB(たとえば、2つ以上の協調eNB)は、送信期間を予約し、データを送信し得る。2つ以上のeNBによる送信期間の同時使用は、直交送信、多重化送信、ならびに/または協調eNBのセットによって採用される他の時間および/もしくは周波数共有機構の使用の結果として可能になり得る。
[0071]随意に、RTS信号期間615およびCTS信号期間620は、(たとえば、CCAを使用するのではなく、または、そうすることとともに)無認可スペクトルを介したチャネルアクセスを要求し、予約するために使用され得る。
[0072]UEに1つまたは複数のHARQフィードバックメッセージ630、631、632、633の各々を送信すると、UEは、1つまたは複数のデータサブフレーム645、646、647、648を送信することによってeNBに応答し得る。各データサブフレーム(たとえば、メッセージ645)は、対応するアップリンク許可(たとえば、HARQフィードバック630とともに含まれるアップリンク許可)の受信に続く復号遅延640の後に送信され得る。
[0073]様々な例によれば、UEは、指定された順序でデータフレーム605に対応するそのシーケンス番号(SEQ#1)が受信された(たとえば、データフレーム605が送信中の最初のデータフレームとして受信された)と決定した後にデータサブフレーム645、646、647、648を送信し得る。その後、eNBは、CCAスロット期間610−a、RTS信号期間615−a、CTS信号期間620−a、シーケンス番号(またはシーケンス番号期間)625−a、および/またはいくつかのHARQフィードバックメッセージ630−a、631−a、632−a、633−aを含む後続のデータフレーム605−aを送信し得る。UEが、後続のデータフレーム605−aのシーケンス番号(SEQ#2)を受信すると、UEは、後続のデータフレーム605−aが、指定された順序で受信された(たとえば、後続のデータフレーム605−aが送信中の第2番目のデータフレームとして受信された)と決定し、それぞれの復号遅延(たとえば、遅延640−a)に続いてHARQフィードバックメッセージ630−a、631−a、632−a、633−aに応答して1つまたは複数のデータサブフレーム645−a、646−a、647−a、648−aを送信することに進み得る。
[0074]図7に、無認可フレーム/間隔705、705−aの例示的な使用700を示す。いくつかの例では、無認可フレーム/間隔705、705−aは、図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したeNB105および/または205のうちの1つまたは複数によって使用されるフレームの例であり得る。無認可フレーム/間隔705は、CCAスロット期間710、RTS信号期間715、CTS信号期間720、シーケンス番号(またはシーケンス番号期間)725および/またはアップリンク許可を含むいくつかのHARQフィードバックメッセージ730、731、732、733を含み得る。場合によっては、無認可フレーム/間隔705は、5または10ミリ秒の持続時間を有し得る。
[0075]CCAスロット期間710は、1つまたは複数のCCAスロットを含み得る。場合によっては、複数のCCAスロットのうちの1つは、無認可スペクトルの利用可能性を決定するためのCCAを実行するためにeNBによって擬似ランダムに選択され得る。C複数のCAスロットは、同じ事業者展開の複数のeNBの一部または全部が複数のCCAスロットのうちの共通の1つのスロットの中でCCAを実行し、異なる事業者展開の複数のeNBが複数のCCAスロットのうちの異なる複数のスロットの中でCCAを実行するように、擬似ランダムに選択され得る。無認可フレーム/間隔705の連続する事例では、複数のCCAスロットの擬似ランダム選択は、異なる事業者展開が複数のCCAスロットのうちの第1番目のスロットを選択することになり得る。このようにして、いくつかの事業者展開の各々は、CCAを実行する第1番目の機会が与えられ得る(たとえば、第1の事業者展開は、1つの無認可フレーム/間隔において第1番目のCCAスロットを選択し得、第2の事業者展開は、後続のフレーム/間隔において第1番目のCCAスロットを選択し得るなど)。いくつかの事例では、複数のCCAスロットはそれぞれ、約20マイクロ秒の持続時間を有し得る。
[0076]eNBが、無認可スペクトルの利用可能性を決定するためにCCAを実行し、無認可スペクトルが利用可能であると決定すると、eNBは、1つまたは複数のHARQフィードバックメッセージ730、731、732、733を送信するための送信期間を予約し得る。場合によっては、複数の協調eNB(たとえば、2つ以上の協調eNB)は、送信期間を予約し、データを送信し得る。2つ以上のeNBによる送信期間の同時使用は、直交送信、多重化送信、ならびに/または協調eNBのセットによって採用される他の時間および/もしくは周波数共有機構の使用の結果として可能になり得る。
[0077]随意に、RTS信号期間715およびCTS信号期間720は、(たとえば、CCAを使用するのではなく、または、そうすることとともに)無認可スペクトルを介したチャネルアクセスを要求し、予約するために使用され得る。たとえば、eNBは、無認可スペクトルを介したチャネルアクセスを予約するために送信要求(RTS)信号を送信し、RTS信号に応答して、送信のために無認可スペクトルがいつ利用可能であるかを識別するCTS信号を受信し得る。追加または代替として、eNBは、送信のために無認可スペクトルがいつ利用可能であるかを示すためにそれ自体にCTS信号を送信し得る。
[0078]UEに1つまたは複数のHARQフィードバックメッセージ730、731、732、733の各々を送信すると、UEは、1つまたは複数のデータサブフレーム745、746、747、748を送信することによってeNBに応答し得る。各データサブフレーム(たとえば、データサブフレーム745)は、対応するアップリンク許可(たとえば、HARQフィードバック730とともに含まれるアップリンク許可)の受信に続く復号遅延740の後に送信され得る。
[0079]様々な例によれば、UEは、指定された順序でデータフレーム705に対応するそのシーケンス番号(SEQ#1)が受信された(たとえば、データフレーム705が送信中の最初のデータフレームとして受信された)と決定した後にデータサブフレーム745、746、747、748を送信し得る。その後、eNBは、CCAスロット期間710−a、RTS信号期間715−a、CTS信号期間720−a、シーケンス番号(またはシーケンス番号期間)725−a、および/またはいくつかのHARQフィードバックメッセージ730−a、731−a、732−a、733−aを含む後続のデータフレーム705−aを送信し得る。UEが、後続のデータフレーム705−aのシーケンス番号(SEQ#3)を受信すると、UEは、後続のデータフレーム705−aが順序が乱れて受信された(たとえば、後続のデータフレーム505−aがUEによって受信された第2番目のデータフレームであるが、それのシーケンス番号(SEQ#3)が、それが送信中の第3番目のデータフレームであることを示す)と決定し、HARQフィードバックメッセージ730−a、731−a、732−a、733−aのアップリンク許可に応答していかなるデータサブフレームも送信しないことがある。eNBは、いかなるデータサブフレームも受信しないので、シーケンス番号SEQ#2に対応するデータフレーム(またはデータフレームのコンテンツ)、ならびにデータフレーム705−aまたはデータフレーム705−aのコンテンツを再送信し得る。
[0080]図8Aを参照すると、ブロック図800に、様々な例による、ワイヤレス通信において使用するためのデバイス805を示す。いくつかの例では、デバイス805は、図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したeNB105、および/または205の1つまたは複数の態様の一例であり得る。デバイス805はまた、プロセッサであり得る。デバイス805は、受信機モジュール810、eNB LTE HARQモジュール820、および/または送信機モジュール830を含み得る。これらの構成要素の各々は互いと通信していることがある。
[0081]デバイス805の構成要素は、ハードウェアにおいて適用可能な機能の一部または全部を実行するように適応された1つまたは複数の特定用途向け集積回路(ASIC)で、個々にまたはまとめて実装され得る。代替的に、それらの機能は、1つまたは複数の他の処理ユニット(またはコア)によって、1つまたは複数の集積回路上で実行され得る。他の例では、当技術分野で知られている任意の方法でプログラムされ得る、他のタイプの集積回路(たとえば、ストラクチャード/プラットフォームASIC、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)、および他のセミカスタムIC)が使用され得る。各ユニットの機能はまた、全体的にまたは部分的に、1つまたは複数の汎用または特定用途向けプロセッサによって実行されるようにフォーマットされた、メモリ中に組み込まれた命令を用いて実装され得る。
[0082]いくつかの例では、受信機モジュール810は、認可スペクトル(たとえば、LTEスペクトル)および/または無認可スペクトルにおける送信を受信するように動作可能な無線周波数(RF)受信機などのRF受信機であるか、またはそれを含み得る。受信機モジュール810は、図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したワイヤレス通信システム100、200、および/または250の1つもしくは複数の通信リンクなど、認可スペクトルおよび無認可スペクトルを含むワイヤレス通信システムの1つまたは複数の通信リンクを介して様々なタイプのデータおよび/または制御信号(すなわち、送信)を受信するために使用され得る。
[0083]いくつかの例では、送信機モジュール830は、認可スペクトルおよび/または無認可スペクトルにおいて送信するように動作可能なRF送信機などのRF送信機であるか、またはそれを含み得る。送信機モジュール830は、図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したワイヤレス通信システム100、200、および/または250の1つもしくは複数の通信リンクなど、ワイヤレス通信システムの1つまたは複数の通信リンクを介して様々なタイプのデータおよび/または制御信号(すなわち、送信)を送信するために使用され得る。
[0084]いくつかの例または動作モードでは(たとえば、デバイス805とUEとの間のダウンリンク動作モードでは)、eNB LTE HARQモジュール820は、UEに無認可スペクトルを介してデータフレームに対応するシーケンス番号と、データフレームの1つまたは複数のデータサブフレームとを送信し得る。データフレーム405に対応するシーケンス番号425および1つまたは複数のデータサブフレーム430、431、432、433の例示的な送信について、図4を参照しながら説明した。データフレームに対応するシーケンス番号が指定された順序(たとえば、番号順(numerical order))でUEによって受信されると、eNB LTE HARQモジュール820は、UEから、1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックを受信し得る。HARQフィードバックは、無認可スペクトルを介して受信され得る。HARQフィードバック445、446、447、448の例示的な送信についても、図4を参照しながら説明した。
[0085]いくつかの例または動作モードでは(たとえば、デバイス805とUEとの間のアップリンク動作モードでは)、eNB LTE HARQモジュール820は、UEに無認可スペクトルを介してデータフレームに対応するシーケンス番号と、HARQフィードバックとを送信し得る。場合によっては、HARQフィードバックは、1つまたは複数のアップリンク許可を含み得る。データフレーム605に対応するシーケンス番号625、およびアップリンク許可630、631、632、633を含むHARQフィードバックの例示的な送信について、図6を参照しながら説明した。データフレームに対応するシーケンス番号が指定された順序(たとえば、番号順)でUEによって受信されると、eNB LTE HARQモジュール820は、HARQフィードバックに応答してUEから1つまたは複数のデータサブフレームを受信し得る。1つまたは複数のデータサブフレームは、無認可スペクトルを介して受信され得る。1つまたは複数のデータサブフレーム645、646、647、648の例示的な送信について、図6を参照しながら説明した。
[0086]図8Bを参照すると、ブロック図850に、様々な実施形態による、ワイヤレス通信において使用するためのデバイス855を示す。いくつかの例では、デバイス855は、図1、図2A、図2B、および/または図8を参照しながら説明したeNB105、205、および/または805の1つまたは複数の態様の一例であり得る。デバイス855はまた、プロセッサであり得る。デバイス855は、受信機モジュール812、eNB LTE HARQモジュール860、CCAモジュール861、および/または送信機モジュール832を含み得る。これらの構成要素の各々は互いに通信していることがある。
[0087]デバイス855の構成要素は、ハードウェアにおいて適用可能な機能の一部または全部を実行するように適応された1つまたは複数のASICで、個々にまたはまとめて実装され得る。代替的に、それらの機能は、1つまたは複数の他の処理ユニット(またはコア)によって、1つまたは複数の集積回路上で実行され得る。他の例では、当技術分野で知られている任意の方法でプログラムされ得る、他のタイプの集積回路(たとえば、ストラクチャード/プラットフォームASIC、FPGA、および他のセミカスタムIC)が使用され得る。各ユニットの機能はまた、全体的にまたは部分的に、1つまたは複数の汎用または特定用途向けプロセッサによって実行されるようにフォーマットされた、メモリ中に組み込まれた命令を用いて実装され得る。
[0088]いくつかの例では、受信機モジュール812は、認可スペクトル(たとえば、LTEスペクトル)および/または無認可スペクトルにおける送信を受信するように動作可能な無線周波数(RF)受信機などのRF受信機であるか、またはそれを含み得る。RF受信機は、認可スペクトルおよび無認可スペクトルのための別個の受信機を含み得る。別個の受信機は、場合によっては、LTEシステムフレーム番号(SFN)モジュール814およびLTEフレームシーケンス番号モジュール816の形態をとり得る。LTE SFNモジュール814は、SFNの使用に従ってLTEフレームを受信するために使用され得、LTEフレームシーケンス番号モジュール816は、シーケンス番号の使用に従って無認可スペクトルフレームまたは共有スペクトルフレーム中でLTE/LTE−Aを受信するために使用され得る。無認可スペクトル動作または共有スペクトル動作においてLTE/LTE−Aのためにデバイス855が使用されるとき、LTE SFNモジュール814は、(点線によって示すように)随意であり得る。モジュール814および/または816を含む受信機モジュール812は、図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したワイヤレス通信システム100、200、および/または250の1つもしくは複数の通信リンクなど、認可スペクトルおよび無認可スペクトルを含むワイヤレス通信システムの1つまたは複数の通信リンクを介して様々なタイプのデータおよび/または制御信号(すなわち、送信)を受信するために使用され得る。
[0089]いくつかの例では、送信機モジュール832は、認可スペクトルおよび/または無認可スペクトルにおいて送信するように動作可能なRF送信機などのRF送信機であるか、またはそれを含み得る。RF送信機は、認可スペクトルおよび無認可スペクトルのための別個の送信機を含み得る。別個の送信機は、場合によっては、LTE SFNモジュール834およびLTEフレームシーケンス番号モジュール836の形態をとり得る。LTE SFNモジュール834は、SFNの使用に従ってLTEフレームを受信するために使用され得、LTEフレームシーケンス番号モジュール836は、シーケンス番号の使用に従って無認可スペクトルフレームまたは共有スペクトルフレーム中でLTE/LTE−Aを受信するために使用され得る。LTE動作のためにデバイス855が使用されるとき、LTE SFNモジュール834は、(点線によって示すように)随意であり得る。モジュール834および836を含む送信機モジュール832は、図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したワイヤレス通信システム100、200、および/または250の1つまたは複数の通信リンクなど、ワイヤレス通信システムの1つまたは複数の通信リンクを介して、様々なタイプのデータおよび/または制御信号(すなわち、伝送)を送信するために使用され得る。
[0090]いくつかの例では、CCAモジュール861は、無認可スペクトルの利用可能性を決定するためにCCAを実行し得る。無認可スペクトルが利用可能であるという決定が行われると、無認可スペクトルは、CCAが適用されるデータフレーム中にアクセスされ得る。CCAモジュール861は、それが無認可スペクトルにアクセスしたいと望む間、データフレームごとにそれぞれのCCAを実行し得る。
[0091]eNB LTE HARQモジュール860は、図8Aを参照しながら説明したeNB LTE HARQモジュール820の一例であり得、RTS/CTSモジュール862、シーケンス番号モジュール863、DL HARQモジュール864、および/またはUL HARQモジュール866を含み得る。これらの構成要素の各々は互いに通信していることがある。
[0092]RTS/CTSモジュール862は、RTS/CTSメッセージおよび/または自分宛のCTSメッセージ(self-addressed CTS messages)を使用して無認可スペクトルを介したチャネルアクセスを予約するために使用され得る。いくつかの例では、RTS/CTSモジュール862は、(たとえば、CCAモジュール961を使用するのではなく、または、そうすることとともに)無認可スペクトルを介したチャネルアクセスを要求し、予約するために使用され得る。たとえば、RTS/CTSモジュール862は、無認可スペクトルを介したチャネルアクセスを予約するために送信要求(RTS)信号を送信し得る。他の例では、RTS/CTSモジュール862は、無認可スペクトルの利用可能性を決定するために、または無認可スペクトルを介したチャネルアクセスを要求するためにRTS信号を送信し得る。それに応答して、RTS/CTSモジュール862は、送信のために無認可スペクトルがいつ利用可能であるかを識別する送信可(CTS)信号を受信し得る。追加または代替として、RTS/CTSモジュール862は、送信のために無認可スペクトルがいつ利用可能であるかを示すためにそれ自体にCTS信号を送信し得る。
[0093]いくつかの例では、シーケンス番号モジュール863は、無認可スペクトルを介して送信されるべきいくつかのデータフレームの各々のためのシーケンス番号を生成し得る。例として、シーケンス番号は、番号順で、またはデバイス855が通信するUE(または複数のUE)に知られているか、もしくはそれに搬送される何らかの他の順序で生成され得る。データフレームの送信と併せてUEに送信されると、データフレームに対応するシーケンス番号により、UEは、データフレームが指定された順序で受信されたか、または順序が乱れて受信されたかを決定することが可能になり得る。データフレームが指定された順序でUEによって受信されると、UEは、デバイス855にHARQフィードバックおよび/または1つもしくは複数のデータサブフレームを送信することによってデバイス855の送信に応答し得る。データフレームが順序が乱れてUEによって受信されると、UEは、デバイス855に応答せず、それによって、デバイス855に、消失が発生した、破損した、またはさもなければ復号可能でないデータフレームをUEに再送信する必要があることをシグナリングし得る。
[0094]DL HARQモジュール864は、デバイス855のダウンリンク動作モード(たとえば、デバイス855とUEとの間のダウンリンクモード)において使用され得る。そのようなモードでは、DL HARQモジュール864は、UEに無認可スペクトルを介してデータフレームに対応するシーケンス番号と、データフレームの1つまたは複数のデータサブフレームとを送信し得る。シーケンス番号は、シーケンス番号モジュール863から取得され得、シーケンス番号の送信は、送信機モジュール832の無認可スペクトルモジュール836を介して行われ得る。DL HARQモジュール864を使用して達成され得る、データフレーム405に対応するシーケンス番号425、および1つまたは複数のデータサブフレーム430、431、432、433の例示的な送信について、図4を参照しながら説明した。
[0095]データフレームに対応するシーケンス番号が指定された順序(たとえば、番号順)でUEによって受信されると、DL HARQモジュール864のHARQフィードバックモジュール865は、UEから、1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックを受信し得る。しかしながら、データフレームに対応するシーケンス番号が、順序が乱れてUEによって受信されると、UEは、1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックを送信しないことがあり、HARQフィードバックモジュール865は、いかなるHARQフィードバックも受信しないことがある。受信されると、HARQフィードバックは、受信機モジュール812の無認可スペクトルモジュール816を介して無認可スペクトルを介して受信され得る。デバイス855に対してUEによって行われ得るHARQフィードバック445、446、447、448の例示的な送信について、図4を参照しながら説明した。例示的な順序が乱れたシーケンス番号525−aおよびHARQフィードバックの非送信について、図5を参照しながら説明した。
[0096]場合によっては、HARQフィードバックモジュール865は、現在のデータフレーム中で複数のデータサブフレームのサブセットについてのHARQフィードバックを受信し、次のデータフレーム中に、複数のデータサブフレーム(すなわち、現在のデータフレーム中のデータサブフレーム)の残りのサブセットについてのHARQフィードバックを受信し得る。すなわち、現在のフレーム中でHARQフィードバックを与えるために利用可能なULサブフレームの数が、与えられているHARQメッセージの数より小さいとき、残りのHARQメッセージ(まだ与えられないHARQメッセージ)は後続のフレーム中のULサブフレーム中で与えられ得る。
[0097]場合によっては、現在のデータフレーム中の複数のデータサブフレームの各々について別個のHARQフィードバックメッセージが受信され得る。HARQフィードバックメッセージは、現在のデータフレームおよび/または次のデータフレーム中で受信され得る。
[0098]いくつかの例では、HARQフィードバックは、複数の対応するアップリンクサブフレームの各々中に、データフレーム中の1つまたは複数のデータサブフレームの各々について受信され得る。アップリンクサブフレームの一部または全部は、現在のデータフレーム中に、および/または次のデータフレーム中に発生し得る。
[0099]UL HARQモジュール866は、デバイス855のアップリンク動作モード(たとえば、デバイス855とUEとの間のアップリンクモード)において使用され得る。そのようなモードでは、UL HARQモジュール866は、UEに無認可スペクトルを介してデータフレームに対応するシーケンス番号と、HARQフィードバックとを送信し得る。シーケンス番号は、シーケンス番号モジュール863から取得され得、シーケンス番号の送信は、送信機モジュール832の無認可スペクトルモジュール836を介して行われ得る。場合によっては、HARQフィードバックは、1つまたは複数のアップリンク許可を含み得る。データフレーム605に対応するシーケンス番号625、およびアップリンク許可630、631、632、633を含むHARQフィードバックの例示的な送信について、図6を参照しながら説明した。
[0100]データフレームに対応するシーケンス番号が指定された順序(たとえば、番号順)でUEによって受信されると、UL HARQモジュール866のデータサブフレーム受信機モジュール867は、HARQフィードバックに応答してUEから1つまたは複数のデータサブフレームを受信し得る。しかしながら、データフレームに対応するシーケンス番号が、順序が乱れてUEによって受信されると、UEは、1つまたは複数のデータサブフレームを送信しないことがあり、データサブフレーム受信機モジュール867は、いかなるデータサブフレームも受信しないことがある。受信されると、1つまたは複数のデータサブフレームは、受信機モジュール812の無認可スペクトルモジュール816を介して無認可スペクトルを介して受信され得る。1つまたは複数のデータサブフレーム645、646、647、648の例示的な送信について、図6を参照しながら説明した。例示的な順序が乱れたシーケンス番号725−aおよび1つまたは複数のデータサブフレームの非送信について、図7を参照しながら説明した。
[0101]場合によっては、HARQフィードバックは、1つまたは複数のHARQフィードバックメッセージを含み得、1つまたは複数のHARQフィードバックメッセージの各々について別個のデータサブフレームが受信され得る。各HARQフィードバックメッセージは、別個のアップリンク許可を含み得る。
[0102]場合によっては、1つまたは複数のデータサブフレームの各々が、1つまたは複数の対応するアップリンクサブフレームの各々中に、データサブフレーム受信機モジュール867によって受信され得、各対応するアップリンクサブフレームが現在のデータフレーム中に発生し得る。
[0103]図9Aを参照すると、ブロック図900に、様々な例による、ワイヤレス通信において使用するためのデバイス915を示す。いくつかの例では、デバイス915は、図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したUE115および/または215の1つまたは複数の態様の一例であり得る。デバイス915はまた、プロセッサであり得る。デバイス915は、受信機モジュール910、UE LTE HARQモジュール920、および/または送信機モジュール930を含み得る。これらの構成要素の各々は互いに通信していることがある。
[0104]デバイス915の構成要素は、ハードウェアにおいて適用可能な機能の一部または全部を実行するように適応された1つまたは複数の特定用途向け集積回路ASICで、個々にまたはまとめて実装され得る。代替的に、それらの機能は、1つまたは複数の他の処理ユニット(またはコア)によって、1つまたは複数の集積回路上で実行され得る。他の例では、当技術分野で知られている任意の方法でプログラムされ得る、他のタイプの集積回路(たとえば、ストラクチャード/プラットフォームASIC、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)、および他のセミカスタムIC)が使用され得る。各ユニットの機能はまた、全体的にまたは部分的に、1つまたは複数の汎用または特定用途向けプロセッサによって実行されるようにフォーマットされた、メモリ中に組み込まれた命令を用いて実装され得る。
[0105]いくつかの例では、受信機モジュール910は、認可スペクトル(たとえば、LTEスペクトル)および/または無認可スペクトルの中で伝送を受信するように動作可能なRF受信機などの無線周波数(RF)受信機であるか、またはそれを含み得る。受信機モジュール910は、図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したワイヤレス通信システム100、200、および/または250の1つまたは複数の通信リンクなど、認可スペクトルと無認可スペクトルとを含むワイヤレス通信システムの1つまたは複数の通信リンクを介して、様々なタイプのデータおよび/または制御信号(すなわち、伝送)を受信するために使用され得る。
[0106]いくつかの例では、送信機モジュール930は、認可スペクトルおよび/または無認可スペクトルにおいて送信するように動作可能なRF送信機などのRF送信機であるか、またはそれを含み得る。送信機モジュール930は、図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したワイヤレス通信システム100、200、および/または250の1つもしくは複数の通信リンクなど、ワイヤレス通信システムの1つまたは複数の通信リンクを介して様々なタイプのデータおよび/または制御信号(すなわち、伝送)を送信するために使用され得る。
[0107]いくつかの例または動作モードでは(たとえば、eNBとデバイス915との間のダウンリンク動作モードでは)、UE LTE HARQモジュール920は、無認可スペクトルを介してデータフレームに対応するシーケンス番号と、データフレームの1つまたは複数のデータサブフレームとを受信し得る。データフレーム405に対応するシーケンス番号425、および1つまたは複数のデータサブフレーム430、431、432、433の例示的な送信について、図4を参照しながら説明した。データフレームに対応するシーケンス番号が指定された順序(たとえば、番号順)でデバイス915によって受信されると、UE LTE HARQモジュール920は、1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックを送信し得る。HARQフィードバックは、無認可スペクトルを介して送信され得る。HARQフィードバック445、446、447、448の例示的な送信についても、図4を参照しながら説明した。
[0108]いくつかの例または動作モードでは(たとえば、eNBとデバイス915との間のアップリンク動作モードでは)、UE LTE HARQモジュール920は、無認可スペクトルを介してデータフレームに対応するシーケンス番号と、HARQフィードバックとを受信し得る。場合によっては、HARQフィードバックは、1つまたは複数のアップリンク許可を含み得る。データフレーム605に対応するシーケンス番号625、およびアップリンク許可630、631、632、633を含むHARQフィードバックの例示的な送信について、図6を参照しながら説明した。データフレームに対応するシーケンス番号が指定された順序(たとえば、番号順)でデバイス915によって受信されると、UE LTE HARQモジュール920は、HARQフィードバックに応答して1つまたは複数のデータサブフレームを送信し得る。1つまたは複数のデータサブフレームは、無認可スペクトルを介して送信され得る。1つまたは複数のデータサブフレーム645、646、647、648の例示的な送信について、図6を参照しながら説明した。
[0109]図9Bを参照すると、ブロック図950は、様々な実施形態によるワイヤレス通信に使用するためのデバイス955を示す。いくつかの例では、デバイス955は、図1、図2A、図2B、および/または図9Aに関して説明したUE115、215、および/または915の1つまたは複数の態様の一例であり得る。デバイス955はまた、プロセッサであり得る。デバイス955は、受信機モジュール912、UE LTE HARQモジュール960、および/または送信機モジュール932を含み得る。これらの構成要素の各々は互いと通信していることがある。
[0110]デバイス955の構成要素は、ハードウェアにおいて適用可能な機能の一部または全部を実行するように適応された1つまたは複数のASICで、個々にまたはまとめて実装され得る。代替的に、それらの機能は、1つまたは複数の他の処理ユニット(またはコア)によって、1つまたは複数の集積回路上で実行され得る。他の例では、当技術分野で知られている任意の方法でプログラムされ得る、他のタイプの集積回路(たとえば、ストラクチャード/プラットフォームASIC、FPGA、および他のセミカスタムIC)が使用され得る。各ユニットの機能はまた、全体的にまたは部分的に、1つまたは複数の汎用または特定用途向けプロセッサによって実行されるようにフォーマットされた、メモリ中に組み込まれた命令を用いて実装され得る。
[0111]いくつかの例では、受信機モジュール912は、認可スペクトル(たとえば、LTEスペクトル)および/または無認可スペクトルにおける送信を受信するように動作可能な無線周波数(RF)受信機などのRF受信機であるか、またはそれを含み得る。RF受信機は、認可スペクトルおよび無認可スペクトルのための別個の受信機を含み得る。別個の受信機は、場合によっては、LTE SFNモジュール914およびLTEフレームシーケンス番号モジュール916の形態をとり得る。LTE SFNモジュール914は、SFNの使用に従ってLTEフレームを受信するために使用され得、LTEフレームシーケンス番号モジュール916は、シーケンス番号の使用に従ってLTEフレームを受信するために使用され得る。LTE動作のためにデバイス955が使用されるとき、LTE SFNモジュール914は、(点線によって示すように)随意であり得る。モジュール914および916を含む受信機モジュール912は、図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したワイヤレス通信システム100、200、および/または250の1つまたは複数の通信リンクなど、認可スペクトルと無認可スペクトルとを含むワイヤレス通信システムの1つまたは複数の通信リンクを介して、様々なタイプのデータおよび/または制御信号(すなわち、伝送)を受信するために使用され得る。
[0112]いくつかの例では、送信機モジュール932は、認可スペクトルおよび/または無認可スペクトルにおいて送信するように動作可能なRF送信機などのRF送信機であるか、またはそれを含み得る。RF送信機は、認可スペクトルおよび無認可スペクトルに対して別個の送信機を含み得る。別個の送信機は、場合によっては、LTE SFNモジュール934およびLTEフレームシーケンス番号モジュール936の形態をとり得る。LTE SFNモジュール934は、SFNの使用に従ってLTEフレームを受信するために使用され得、LTEフレームシーケンス番号モジュール936は、シーケンス番号の使用に従って無認可スペクトルフレームまたは共有スペクトルフレーム中でLTE/LTE−Aを受信するために使用され得る。無認可スペクトル動作または共有スペクトル動作においてLTE/LTE−Aのためにデバイス955が使用されるとき、LTE SFNモジュール934は、(点線によって示すように)随意であり得る。モジュール934および936を含む送信機モジュール932は、図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したワイヤレス通信システム100、200、および/または250の1つもしくは複数の通信リンクなど、ワイヤレス通信システムの1つまたは複数の通信リンクを介して様々なタイプのデータおよび/または制御信号(すなわち、伝送)を送信するために使用され得る。
[0113]UE LTE HARQモジュール960は、図9Aを参照しながら説明したUE LTE HARQモジュール920の一例であり得、シーケンス番号モジュール961、DL HARQモジュール962、および/またはUL HARQモジュール964を含み得る。これらの構成要素の各々は互いに通信していることがある。
[0114]いくつかの例では、シーケンス番号モジュール961は、無認可スペクトルを介して受信されるいくつかのデータフレームの各々のためのシーケンス番号を受信し得る。シーケンス番号は、受信機モジュール912の無認可スペクトルモジュール916を介して無認可スペクトルを介して受信され得る。例として、シーケンス番号は、番号順で、またはデバイス955に知られているか、もしくはそれに搬送される何らかの他の順序で生成され得る。データフレームの受信と併せてデバイス955によって受信されると、データフレームに対応するシーケンス番号により、シーケンス番号モジュール961は、データフレームがデバイス955によって指定された順序で受信されたか、または順序が乱れて受信されたかを決定することが可能になり得る。データフレームが指定された順序でデバイス955によって受信されるとシーケンス番号モジュール961が決定すると、デバイス955は、DL HARQモジュール962および/またはUL HARQモジュール964にこれを示し得る。データフレームが順序が乱れてデバイス955によって受信されるとシーケンス番号モジュール961が決定すると、デバイス955は、DL HARQモジュール962および/またはUL HARQモジュール964にこれを示し得る。シーケンス番号モジュール961を使用して受信され得る、データフレーム405に対応するシーケンス番号425、および1つまたは複数のデータサブフレーム430、431、432、433の例示的な送信について、図4を参照しながら説明した。データフレーム605に対応するシーケンス番号625、およびアップリンク許可630、631、632、633を含むHARQフィードバックの例示的な送信について、図6を参照しながら説明した。
[0115]DL HARQモジュール962は、デバイス955のダウンリンク動作モード(たとえば、eNBとデバイス955との間のダウンリンクモード)において使用され得る。そのようなモードでは、DL HARQモジュール962は、シーケンス番号モジュール961から、シーケンス番号が指定された順序で受信されたか、または、順序が乱れて受信されたかどうかの指示を受信し得る。シーケンス番号は、データフレームとデータフレームの1つまたは複数のデータサブフレームとに対応し得る。
[0116]データフレームに対応するシーケンス番号が指定された順序(たとえば、番号順)でデバイス955によって受信されると、DL HARQモジュール962のHARQフィードバックモジュール963は、1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックを送信し得る。しかしながら、データフレームに対応するシーケンス番号が順序が乱れてデバイス955によって受信されると、HARQフィードバックモジュール963は、1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックを送信しないことがある。送信されると、HARQフィードバックは、送信機モジュール932の無認可スペクトルモジュール936を介して無認可スペクトルを介して送信され得る。デバイス955によって行われ得るHARQフィードバック445、446、447、448の例示的な送信について、図4を参照しながら説明した。例示的な順序が乱れたシーケンス番号525−aおよびHARQフィードバックの非送信について、図5を参照しながら説明した。
[0117]場合によっては、HARQフィードバックモジュール963は、現在のデータフレーム中で複数のデータサブフレームのサブセットについてのHARQフィードバックを送信し、次のデータフレーム中に、複数のデータサブフレーム(すなわち、現在のデータフレーム中のデータサブフレーム)の残りのサブセットについてのHARQフィードバックを送信し得る。
[0118]場合によっては、現在のデータフレーム中の複数のデータサブフレームの各々について別個のHARQフィードバックメッセージが送信され得る。HARQフィードバックメッセージは、現在のデータフレームおよび/または次のデータフレーム中で送信され得る。
[0119]いくつかの例では、HARQフィードバックは、複数の対応するアップリンクサブフレームの各々中に、データフレーム中の1つまたは複数のデータサブフレームの各々について送信され得る。アップリンクサブフレームの一部または全部は、現在のデータフレーム中に、および/または次のデータフレーム中に発生し得る。
[0120]UL HARQモジュール964は、デバイス555のアップリンク動作モード(たとえば、eNBとデバイス955との間のアップリンクモード)において使用され得る。そのようなモードでは、UL HARQモジュール964は、シーケンス番号モジュール961から、シーケンス番号が指定された順序で受信されたか、または、順序が乱れて受信されたかどうかの指示を受信し得る。シーケンス番号は、データフレームとデータフレームのHARQフィードバックとに対応し得る。場合によっては、HARQフィードバックは、1つまたは複数のアップリンク許可を含み得る。
[0121]データフレームに対応するシーケンス番号が指定された順序(たとえば、番号順)でデバイス955によって受信されると、UL HARQモジュール964のデータサブフレーム送信機モジュール965は、HARQフィードバックに応答して1つまたは複数のデータサブフレームを送信し得る。しかしながら、データフレームに対応するシーケンス番号が順序が乱れてデバイス955によって受信されると、データサブフレーム送信機モジュール965は、いかなるデータサブフレームも送信しないことがある。送信されると、1つまたは複数のデータサブフレームは、送信機モジュール932の無認可スペクトルモジュール936を介して無認可スペクトルを介して送信され得る。1つまたは複数のデータサブフレーム645、646、647、648の例示的な送信について、図6を参照しながら説明した。例示的な順序が乱れたシーケンス番号725−aおよび1つまたは複数のデータサブフレームの非送信について、図7を参照しながら説明した。
[0122]場合によっては、HARQフィードバックは、1つまたは複数のHARQフィードバックメッセージを含み得、1つまたは複数のHARQフィードバックメッセージの各々について別個のデータサブフレームが送信され得る。各HARQフィードバックメッセージは、別個のアップリンク許可を含み得る。
[0123]場合によっては、1つまたは複数のデータサブフレームの各々が、1つまたは複数の対応するアップリンクサブフレームの各々中に送信され得、各対応するアップリンクサブフレームが現在のデータフレーム中に発生し得る。
[0124]図10を参照すると、無認可スペクトルまたは共有スペクトルにおけるLTE/LTE−Aのために構成されたeNB1005を示すブロック図1000が示されている。いくつかの例では、eNB1005は、図1、図2A、図2B、図8A、および/または図8Bを参照しながら説明したeNBまたはデバイス105、205、805、および/または855の1つまたは複数の態様の一例であり得る。eNB1005は、図1、図2A、図2B、図4、図5、図6、図7、図8A、および/または図8Bを参照しながら説明したeNB LTEの特徴および機能のうちの少なくともいくつかを実装するように構成され得る。eNB1005は、プロセッサモジュール1010、メモリモジュール1020、(トランシーバモジュール1055によって表される)少なくとも1つのトランシーバモジュール、(アンテナ1060によって表される)少なくとも1つのアンテナ、および/またはeNB LTEモジュール1070を含み得る。eNB1005はまた、基地局通信モジュール1030とネットワーク通信モジュール1040との一方または両方を含み得る。これらの構成要素の各々は、1つまたは複数のバス1035を介して直接または間接的に互いと通信していることがある。
[0125]メモリモジュール1020は、ランダムアクセスメモリ(RAM)および/または読取り専用メモリ(ROM)とを含み得る。メモリモジュール1020は、実行されたとき、プロセッサモジュール1010に、たとえば、1)UEへの無認可スペクトルを介したデータフレームに対応するシーケンス番号の送信、および2)1つまたは複数のデータサブフレーム、および/またはシーケンス番号および/またはデータフレームに対応するHARQフィードバックの送信または受信を含む、認可スペクトルおよび/または無認可スペクトルにおいてLTEベースの通信を使用するための本明細書で説明する様々な機能を実行することを行わせるように構成された命令を含んでいるコンピュータ可読、コンピュータ実行可能ソフトウェア(SW)コード1025を記憶し得る。代替的に、ソフトウェアコード1025は、プロセッサモジュール1010によって直接実行可能でないことがあるが、たとえば、コンパイルされ実行されたとき、eNB1005に、本明細書で説明する様々な機能を実行させるように構成され得る。
[0126]プロセッサモジュール1010は、インテリジェントハードウェアデバイス、たとえば、中央処理ユニット(CPU)、マイクロコントローラ、ASICなどを含み得る。プロセッサモジュール1010は、トランシーバモジュール1055、基地局通信モジュール1030、および/またはネットワーク通信モジュール1040を介して受信された情報を処理し得る。プロセッサモジュール1010はまた、図1を参照しながら説明したコアネットワーク130の態様の一例であり得る、アンテナ1060を介した送信のためのトランシーバモジュール1055に、1つまたは複数の他の基地局またはeNB1005−aおよび1005−bへの送信のための基地局通信モジュール1030に、ならびに/またはコアネットワーク1045への送信のためのネットワーク通信モジュール1040に送られるべき情報を処理し得る。プロセッサモジュール1010は、単独でまたはeNB LTEモジュール1070とともに、たとえば、1)UEへの無認可スペクトルを介したデータフレームに対応するシーケンス番号の送信、および2)1つまたは複数のデータサブフレーム、および/またはシーケンス番号および/またはデータフレームに対応するHARQフィードバックの送信または受信を含む、認可スペクトルおよび/または無認可スペクトルにおいてLTEベースの通信を使用する様々な態様を処理し得る。
[0127]トランシーバモジュール1055は、パケットを変調し、変調されたパケットを送信のためにアンテナ1060に与え、アンテナ1060から受信されたパケットを復調するように構成されたモデムを含み得る。トランシーバモジュール1055は、1つまたは複数の送信機モジュールおよび1つまたは複数の別個の受信機モジュールとして実装され得る。トランシーバモジュール1055は、認可スペクトル(たとえば、LTEスペクトル)における通信と、および/または無認可スペクトルにおける通信とをサポートし得る。トランシーバモジュール1055は、たとえば、図1、図2A、図2B、図9A、および/または図9Bを参照しながら説明したUEまたはデバイス115、215、915、および/または955のうちの1つまたは複数と、アンテナ1060を介して、双方向に通信するように構成され得る。eNB1005は、一般に、複数のアンテナ1060(たとえば、アンテナアレイ)を含み得る。eNB1005は、ネットワーク通信モジュール1040を通してコアネットワーク1045と通信し得る。eNB1005は、基地局通信モジュール1030を使用して、eNB1005−aおよび1005−bなどの他の基地局またはeNBと通信し得る。
[0128]図10のアーキテクチャによれば、eNB1005は通信管理モジュール1050をさらに含み得る。通信管理モジュール1050は、他の基地局、eNB、および/またはデバイスとの通信を管理し得る。通信管理モジュール1050は、1つまたは複数のバス1035を介してeNB1005の他の構成要素の一部または全部と通信し得る。代替として、通信管理モジュール1050の機能は、トランシーバモジュール1055の構成要素として、コンピュータプログラム製品として、および/またはプロセッサモジュール1010の1つもしくは複数のコントローラ要素として実装され得る。
[0129]eNB LTEモジュール1070は、認可スペクトルおよび/または無認可スペクトルにおいてLTEベースの通信を使用することに関係して図1、図2A、図2B、図4、図5、図6、図7、図8A、および/または図8Bを参照しながら説明した特徴および/または機能の一部または全部を実行および/または制御するように構成され得る。たとえば、eNB LTEモジュール1070は、補足ダウンリンクモード(a supplemental downlink mode)、キャリアアグリゲーションモード、および/またはスタンドアロンモードをサポートするように構成され得る。eNB LTEモジュール1070は、LTE通信を処理するように構成されたLTEモジュール1075、(無認可スペクトルのためのCCAの実行を含む)無認可スペクトル通信または共有スペクトル通信においてLTE/LTE−Aを処理するように構成されたLTE無認可モジュール1080、および/または無認可スペクトルにおいてLTE以外の通信を処理するように構成された無認可モジュール1085を含み得る。eNB LTEモジュール1070はまた、たとえば、図1、図4、図5、図6、図7、図8A、および/または図8Bを参照しながら説明したeNB LTE HARQ機能のいずれかを実行するように構成されたLTE HARQモジュール1090を含み得る。LTE HARQモジュール1090は、図8Aおよび/または図8Bを参照しながら説明した同様のモジュール(たとえば、モジュール820および/またはモジュール860)の一例であり得る。eNB LTEモジュール1070またはそれの部分は、プロセッサを含み得、および/またはeNB LTEモジュール1070の機能の一部または全部は、プロセッサモジュール1010によっておよび/またはプロセッサモジュール1010に関連して実行され得る。
[0130]図11を参照すると、無認可スペクトルまたは共有スペクトルにおけるLTE/LTE−Aのために構成されたUE1115を示すブロック図1100が示されている。UE1115は、様々な他の構成を有し得、パーソナルコンピュータ(たとえば、ラップトップコンピュータ、ネットブックコンピュータ、タブレットコンピュータなど)、セルラー電話、PDA、デジタルビデオレコーダ(DVR)、インターネット機器、ゲームコンソール、電子リーダーなどに含まれるか、またはその一部であり得る。UE1115は、モバイル動作を容易にするために、小型バッテリーなどの内部電源(図示せず)を有し得る。いくつかの例では、UE1115は、図1、図2A、図2B、図9A、および/または図9Bを参照しながら説明したUEまたはデバイス115、215、915、および/または955のうちの1つまたは複数の一例であり得る。UE1115は、図1、図2A、図2B、図8A、図8B、および/または図10を参照しながら説明したeNBまたはデバイス105、205、805、855、および1005のうちの1つまたは複数と通信するように構成され得る。
[0131]UE1115は、プロセッサモジュール1110、メモリモジュール1120、(トランシーバモジュール1170によって表される)少なくとも1つのトランシーバモジュール、(アンテナ1180によって表される)少なくとも1つのアンテナ、および/またはUE LTEモジュール1140を含み得る。これらの構成要素の各々は、1つまたは複数のバス1135を介して直接または間接的に互いと通信していることがある。
[0132]メモリモジュール1120は、RAMおよび/またはROMを含み得る。メモリモジュール1120は、実行されたとき、プロセッサモジュール1110に、たとえば、1)無認可スペクトルを介した、データフレームに対応するシーケンス番号の受信、ならびにおよび2)1つまたは複数のデータサブフレーム、および/またはシーケンス番号および/またはデータフレームに対応するHARQフィードバックの送信または受信を含む、認可スペクトルおよび/または無認可スペクトルにおいてLTEベースの通信を使用するための本明細書で説明する様々な機能を実行することを行わせるように構成された命令を含んでいるコンピュータ可読、コンピュータ実行可能ソフトウェア(SW)コード1125を記憶し得る。代替的に、ソフトウェアコード1125は、プロセッサモジュール1110によって直接実行可能でないことがあるが、(たとえば、コンパイルされ実行されたとき)UE1115に、本明細書で説明する様々なUE機能を実行させるように構成され得る。
[0133]プロセッサモジュール1110は、インテリジェントハードウェアデバイス、たとえば、CPU、マイクロコントローラ、ASICなどを含み得る。プロセッサモジュール1110は、トランシーバモジュール1170を介して受信された情報、および/またはアンテナ1180を介した送信のためにトランシーバモジュール1170に送られるべき情報を処理し得る。プロセッサモジュール1110は、単独でまたはUE LTEモジュール1140とともに、たとえば、1)無認可スペクトルを介した、データフレームに対応するシーケンス番号の受信、および2)1つまたは複数のデータサブフレーム、および/またはシーケンス番号および/またはデータフレームに対応するHARQフィードバックの送信または受信を含む、認可スペクトルおよび/または無認可スペクトルにおいてLTEベースの通信を使用する様々な態様を処理し得る。
[0134]トランシーバモジュール1170は、eNBと双方向に通信するように構成され得る。トランシーバモジュール1170は、1つまたは複数の送信機モジュールおよび1つまたは複数の別個の受信機モジュールとして実装され得る。トランシーバモジュール1170は、少なくとも1つの認可スペクトル(たとえば、LTEスペクトル)における通信と、少なくとも1つの無認可スペクトルにおける通信とをサポートし得る。トランシーバモジュール1170は、パケットを変調し、変調されたパケットを送信のためにアンテナ1180に与え、アンテナ1180から受信されたパケットを復調するように構成されたモデムを含み得る。UE1115は単一のアンテナを含み得るが、UE1115が複数のアンテナ1180を含み得る例があり得る。
[0135]図11のアーキテクチャによれば、UE1115は通信管理モジュール1130をさらに含み得る。通信管理モジュール1130は、様々な基地局またはeNBとの通信を管理し得る。通信管理モジュール1130は、1つまたは複数のバス1135を介してUE1115の他の構成要素の一部または全部と通信しているUE1115の構成要素であり得る。代替として、通信管理モジュール1130の機能は、トランシーバモジュール1170の構成要素として、コンピュータプログラム製品として、および/またはプロセッサモジュール1110の1つもしくは複数のコントローラ要素として実装され得る。
[0136]UE LTEモジュール1140は、認可スペクトルおよび/または無認可スペクトルにおいてLTEベースの通信を使用することに関係して図1、図2A、図2B、図4、図5、図6、図7、図9A、および/または図9Bを参照しながら説明した特徴および/または機能の一部または全部を実行および/または制御するように構成され得る。たとえば、UE LTEモジュール1140は、補足ダウンリンクモード、キャリアアグリゲーションモード、および/またはスタンドアロンモードをサポートするように構成され得る。UE LTEモジュール1140は、LTE通信を処理するように構成されたLTEモジュール1145、LTE通信を処理するように構成されたLTE無認可モジュール1150、および/または無認可スペクトルにおいてLTE以外の通信を処理するように構成された無認可モジュール1155を含み得る。UE LTEモジュール1140はまた、たとえば、図1、図4、図5、図6、図7、図9A、および/または図9Bを参照しながら説明したUE LTE HARQ機能のうちのいずれかを実行するように構成されたLTE HARQモジュール1160を含み得る。LTE HARQモジュール1160は、図9Aおよび/または図9Bを参照しながら説明した同様のモジュール(たとえば、モジュール920および/またはモジュール960)の一例であり得る。UE LTEモジュール1140またはそれの部分は、プロセッサを含み得、および/またはUE LTEモジュール1140の機能の一部または全部は、プロセッサモジュール1110によっておよび/またはプロセッサモジュール1110に関連して実行され得る。
[0137]次に図12を参照すると、eNB1205とUE1215とを含む多入力多出力(MIMO)通信システム1200のブロック図が示されている。eNB1205およびUE1215は、認可スペクトルおよび/または無認可スペクトルを使用したLTEベースの通信をサポートし得る。eNB1205は、図1、図2A、図2B、図8A、図8B、および/または図10を参照しながら説明したeNBまたはデバイス105、205、805、855、および/または1005の1つまたは複数の態様の一例であり得、一方、UE1215は、図1、図2A、図2B、図9A、図9B、および/または図11を参照しながら説明したUEまたはデバイス115、215、915、955、および/または1115の1つまたは複数の態様の一例であり得る。システム1200に、図1、図2A、および/または図2Bを参照しながら説明したワイヤレス通信システム100、200、および/または250の態様を示し得る。
[0138]eNB1205は、アンテナ1234−a〜1234−xを備え得、UE1215は、アンテナ1252−a〜1252−nを備え得る。システム1200では、eNB1205は、複数の通信リンクを介して同時にデータを送ることが可能であり得る。各通信リンクは「レイヤ」と呼ばれることがあり、通信リンクの「ランク」は、通信のために使用されるレイヤの数を示し得る。たとえば、eNB1205が2つの「レイヤ」を送信する2×2MIMOシステムでは、eNB1205とUE1215との間の通信リンクのランクは2であり得る。
[0139]eNB1205において、送信(Tx)プロセッサ1220は、データソースからデータを受信し得る。送信プロセッサ1220はデータを処理し得る。送信プロセッサ1220はまた、基準シンボルおよび/またはセル固有基準信号を生成し得る。送信(Tx)MIMOプロセッサ1230は、適用可能な場合、データシンボル、制御シンボル、および/または基準シンボルに対して空間処理(たとえば、プリコーディング)を実行し得、出力シンボルストリームを送信(Tx)変調器/復調器1232−a〜1232−xに与え得る。各変調器/復調器1232は、出力サンプルストリームを取得するために、(たとえば、OFDMなどのための)それぞれの出力シンボルストリームを処理し得る。各変調器/復調器1232は、ダウンリンク(DL)信号を取得するために、出力サンプルストリームをさらに処理(たとえば、アナログ変換、増幅、フィルタ処理、およびアップコンバート)し得る。一例では、変調器/復調器1232−a〜1232−xからのDL信号は、それぞれアンテナ1234−a〜1234−xを介して送信され得る。
[0140]UE1215において、アンテナ1252−a〜1252−nは、eNB1205からDL信号を受信し得、受信された信号をそれぞれ受信(Rx)変調器/復調器1254−a〜1254−nに与え得る。各変調器/復調器1254は、入力サンプルを取得するために、それぞれの受信信号を調整(たとえば、フィルタ処理、増幅、ダウンコンバート、およびデジタル化)し得る。各変調器/復調器1254はさらに、受信シンボルを取得するために、(たとえば、OFDMなどのために)入力サンプルを処理し得る。MIMO検出器1256は、すべての変調器/復調器1254−a〜1254−nから受信シンボルを取得し、適用可能な場合は受信シンボルに対してMIMO検出を実行し、検出されたシンボルを与え得る。受信(Rx)プロセッサ1258が、検出されたシンボルを処理し(たとえば、復調し、デインターリーブし、および復号し)、UE1215のための復号されたデータをデータ出力に与え、復号された制御情報をプロセッサ1280、またはメモリ1282に与え得る。プロセッサ1280は、認可スペクトルおよび/または無認可スペクトルにおいてLTEベースの通信を使用することに関係する様々な機能を実行し得るモジュールまたは機能1281を含み得る。たとえば、モジュールまたは機能1281は、図9A、図9B、および/または図11を参照しながら説明したLTE HARQモジュール920、960、および/もしくは1160、ならびに/または図11を参照しながら説明したUE LTEモジュール1140の機能の一部または全部を実行し得る。
[0141]アップリンク(UL)上で、UE1215において、送信(Tx)プロセッサ1264が、データソースからデータを受信し、処理し得る。送信プロセッサ1264はまた、基準信号用の基準シンボルを生成し得る。送信プロセッサ1264からのシンボルは、適用可能な場合、送信(Tx)MIMOプロセッサ1266によってプリコーディングされ、さらに(たとえば、SC−FDMAなどのための)送信(Tx)変調器/復調器1254−a〜1254−nによって処理され、eNB1205から受信された送信パラメータに従ってeNB1205に送信され得る。eNB1205において、UE1215からのUL信号がアンテナ1234によって受信され、受信(Rx)変調器/復調器1232によって処理され、適用可能な場合、MIMO検出器1236によって検出され、受信(Rx)プロセッサ1238によってさらに処理され得る。受信プロセッサ1238は、復号されたデータをデータ出力とプロセッサ1240とに与え得る。プロセッサ1240は、認可スペクトルおよび/または無認可スペクトルにおいてLTEベースの通信を使用することに関係する様々な態様を実行し得るモジュールまたは機能1241を含み得る。たとえば、モジュールまたは機能1241は、図8A、図8B、および/または図10を参照しながら説明したLTE HARQモジュール820、860、および/もしくは1090、図8Bを参照しながら説明したCCAモジュール861、ならびに/または図10を参照しながら説明したeNB LTEモジュール1070の機能の一部または全部を実行し得る。
[0142]eNB1205の構成要素は、ハードウェアにおいて適用可能な機能の一部または全部を実行するように適応された1つまたは複数のASICで、個々にまたはまとめて実装され得る。言及したモジュールの各々は、システム1200の動作に関係する1つまたは複数の機能を実行するための手段であり得る。同様に、UE1215の構成要素は、ハードウェアにおいて適用可能な機能の一部または全部を実行するように適応された1つまたは複数のASICで、個々にまたはまとめて実装され得る。言及した構成要素の各々は、システム1200の動作に関係する1つまたは複数の機能を実行するための手段であり得る。
[0143]図13は、ワイヤレス通信のための方法1300の一例を示すフローチャートである。明快のために、方法1300について、図1、図2A、図2B、図8A、図8B、図10、および/または図12を参照しながら説明したeNBまたはデバイス105、205、805、855、1005、および/または1205のうちの1つと、図1、図2A、図2B、図9A、図9B、図10、および/または図12を参照しながら説明したUEまたはデバイス115、215、915、955、1115、および/または1215のうちの1つとを参照しながら以下で説明する。一例では、eNBは、以下で説明する機能を実行するためにeNBの機能要素を制御するためのコードの1つまたは複数のセットを実行し得る。
[0144]ブロック1305において、データフレームに対応するシーケンス番号、およびデータフレームの1つまたは複数のデータサブフレームが、UEに無認可スペクトルを介して送信され得る。データフレーム405に対応するシーケンス番号425、および1つまたは複数のデータサブフレーム430、431、432、433の例示的な送信について、図4を参照しながら説明した。ブロック1305における動作は、場合によっては、図8A、図8B、および/または図10を参照しながら説明したeNB LTE HARQモジュール820、860、および/もしくは1090、図8Bを参照しながら説明したシーケンス番号モジュール863および/もしくはDL HARQモジュール864、ならびに/または図12を参照しながら説明したモジュールもしくは機能1241を使用して実行され得る。
[0145]ブロック1310において、データフレームに対応するシーケンス番号が、指定された順序(たとえば、番号順)でUEによって受信されると、1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックがUEから無認可スペクトルを介して受信され得る。HARQフィードバック445、446、447、448の例示的な送信について、図4を参照しながら説明した。
[0146]場合によっては、別個のHARQフィードバックメッセージが、1つまたは複数のデータサブフレームの各々について受信され得る。場合によっては、HARQフィードバックが、1つまたは複数の対応するアップリンクサブフレームの各々中に、1つまたは複数のデータサブフレームの各々について受信され得、各対応するアップリンクサブフレームが、データフレーム中に、または次のデータフレーム中に発生し得る。
[0147]ブロック1310における動作は、場合によっては、図8A、図8B、および/または図10を参照しながら説明したeNB LTE HARQモジュール820、860、および/もしくは1090、図8Bを参照しながら説明したHARQフィードバックモジュール865、ならびに/または図12を参照しながら説明したモジュールもしくは機能1241を使用して実行され得る。
[0148]方法1300のいくつかの例では、方法1300は、後続のデータフレームに対応するシーケンス番号、および後続のデータフレームの1つまたは複数のデータサブフレームのUEへの無認可スペクトルを介した送信を続け得る。後続のデータフレームのためのシーケンス番号が、指定された順序でUEによって受信されると、後続のデータフレームの1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックが、次いで、UEから無認可スペクトルを介して受信され得る。後続のデータサブフレーム405−aに対応するシーケンス番号425−a、および後続のデータフレームの1つまたは複数のデータサブフレーム430−a、431−a、432−a、433−aの例示的な送信について、図4を参照しながら説明した。HARQフィードバック445−a、446−a、447−a、448−aの例示的な送信についても、図4を参照しながら説明した。
[0149]方法1300のいくつかの例では、データフレームに対応するシーケンス番号が、順序が乱れてUEによって受信されると、HARQフィードバックが1つまたは複数のデータサブフレームについてUEによって送信されないことがある。例示的な順序が乱れたシーケンス番号525−aおよびHARQフィードバックの非送信について、図5を参照しながら説明した。
[0150]いくつかの例では、CCAは、無認可スペクトルの利用可能性を決定するために実行され得、無認可スペクトルが利用可能であるという決定が行われると、無認可スペクトルは、(たとえば、ブロック1305においてシーケンス番号および/またはデータサブフレームを送信するための)データフレーム中にアクセスされ得る。次のデータフレーム中に、無認可スペクトルの利用可能性を決定するために、別のCCAが実行され得、以下同様である。
[0151]したがって、方法1300はワイヤレス通信を提供し得る。方法1300は一実装形態にすぎないこと、および方法1300の動作は、他の実装形態が可能であるように、並べ替えられるかまたは場合によっては変更され得ることに留意されたい。
[0152]図14は、ワイヤレス通信のための方法1400の一例を示すフローチャートである。明快のために、方法1400について、図1、図2A、図2B、図8A、図8B、図10、および/または図12を参照しながら説明したeNBまたはデバイス105、205、805、855、1005、および/または1205のうちの1つと、図1、図2A、図2B、図9A、図9B、図10、および/または図12を参照しながら説明したUEまたはデバイス115、215、915、955、1115、および/または1215のうちの1つとを参照しながら以下で説明する。一例では、eNBは、以下で説明する機能を実行するためにeNBの機能要素を制御するためのコードの1つまたは複数のセットを実行し得る。
[0153]ブロック1405において、データフレームに対応するシーケンス番号、およびデータフレームの複数のデータサブフレームが、UEに無認可スペクトルを介して送信され得る。データフレーム405に対応するシーケンス番号425、および複数のデータサブフレーム430、431、432、433の例示的な送信について、図4を参照しながら説明した。ブロック1405における動作は、場合によっては、図8A、図8B、および/または図10を参照しながら説明したeNB LTE HARQモジュール820、860、および/もしくは1090、図8Bを参照しながら説明したシーケンス番号モジュール863および/もしくはDL HARQモジュール864、ならびに/または図12を参照しながら説明したモジュールもしくは機能1241を使用して実行され得る。
[0154]ブロック1410および/または1415において、データフレームに対応するシーケンス番号が、指定された順序(たとえば、番号順)でUEによって受信されると、複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックがUEから無認可スペクトルを介して受信され得る。ブロック1410において、データフレーム中に、HARQフィードバックが、複数のデータサブフレームのサブセットについて(たとえば、データサブフレームのうちの1つまたは複数について)受信され得る。ブロック1415において、次のデータフレーム中に、HARQフィードバックが、複数のデータサブフレームの残りのサブセットについて(たとえば、データサブフレームのうちの残りの1つまたは複数について)受信され得る。HARQフィードバック445、446、447、448の例示的な送信について、図4を参照しながら説明した。
[0155]場合によっては、別個のHARQフィードバックメッセージが、複数のデータサブフレームの各々について受信され、HARQフィードバックメッセージのうちの少なくとも1つが、データフレーム中に受信され、HARQフィードバックメッセージのうちの少なくとも1つが、次のデータフレーム中に受信され得る。場合によっては、HARQフィードバックが、複数の対応するアップリンクサブフレームの各々中に、複数のデータサブフレームの各々について受信され、対応するアップリンクサブフレームのうちの少なくとも1つが、データフレーム中に発生し、対応するアップリンクサブフレームのうちの少なくとも1つが、次のデータフレーム中に発生し得る。
[0156]ブロック1410における動作は、場合によっては、図8A、図8B、および/または図10を参照しながら説明したeNB LTE HARQモジュール820、860、および/もしくは1090、図8Bを参照しながら説明したHARQフィードバックモジュール865、ならびに/または図12を参照しながら説明したモジュールもしくは機能1241を使用して実行され得る。
[0157]方法1400のいくつかの例では、方法1400は、後続のデータフレームに対応するシーケンス番号、および後続のデータフレームの1つまたは複数のデータサブフレームのUEへの無認可スペクトルを介した送信を続け得る。後続のデータフレームのためのシーケンス番号が、指定された順序でUEによって受信されると、後続のデータフレームの1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックが、次いで、UEから無認可スペクトルを介して受信され得る。後続のデータサブフレーム405−aに対応するシーケンス番号425−a、および後続のデータフレームの1つまたは複数のデータサブフレーム430−a、431−a、432−a、433−aの例示的な送信について、図4を参照しながら説明した。HARQフィードバック445−a、446−a、447−a、448−aの例示的な送信についても、図4を参照しながら説明した。
[0158]方法1400のいくつかの例では、データフレームに対応するシーケンス番号が、順序が乱れてUEによって受信されると、HARQフィードバックが1つまたは複数のデータサブフレームについてUEによって送信されないことがある。例示的な順序が乱れたシーケンス番号525−aおよびHARQフィードバックの非送信について、図5を参照しながら説明した。
[0159]いくつかの例では、CCAは、無認可スペクトルの利用可能性を決定するために実行され得、無認可スペクトルが利用可能であるという決定が行われると、無認可スペクトルは、(たとえば、ブロック1305においてシーケンス番号および/またはデータサブフレームを送信するための)データフレーム中にアクセスされ得る。次のデータフレーム中に、無認可スペクトルの利用可能性を決定するために、別のCCAが実行され得、以下同様である。
[0160]したがって、方法1400はワイヤレス通信を提供し得る。方法1400は一実装形態にすぎないこと、および方法1400の動作は、他の実装形態が可能であるように、並べ替えられるかまたは場合によっては変更され得ることに留意されたい。
[0161]図15は、ワイヤレス通信のための方法1500の一例を示すフローチャートである。明快のために、方法1500について、図1、図2A、図2B、図9A、図9B、図10、および/または図12を参照しながら説明したUEまたはデバイス115、215、915、955、1115、および/または1215のうちの1つと、図1、図2A、図2B、図8A、図8B、図10、および/または図12を参照しながら説明したeNBまたはデバイス105、205、805、855、1005、および/または1205のうちの1つとを参照しながら以下で説明する。一例では、UEは、以下で説明する機能を実行するためにUEの機能要素を制御するためのコードの1つまたは複数のセットを実行し得る。
[0162]ブロック1505において、データフレームに対応するシーケンス番号、およびデータフレームの1つまたは複数のデータサブフレームが、無認可スペクトルを介して受信され得る。場合によっては、シーケンス番号は、eNBからUEにおいて受信され得る。データフレーム405に対応するシーケンス番号425、および1つまたは複数のデータサブフレーム430、431、432、433の例示的な送信について、図4を参照しながら説明した。
[0163]ブロック1510において、シーケンス番号がUEによって指定された順序(たとえば、番号順)で受信されたかどうかが決定され得る。
[0164]ブロック1505および/または1510における動作は、場合によっては、図9A、図9B、および/または図11を参照しながら説明したUE LTE HARQモジュール920、960、および/もしくは1160、図9Bを参照しながら説明したシーケンス番号モジュール961および/もしくはDL HARQモジュール962、ならびに/または図12を参照しながら説明したモジュールもしくは機能1281を使用して実行され得る。
[0165]ブロック1515において、データフレームに対応するシーケンス番号が指定された順序で受信されたとブロック1510において決定すると、1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックが、(たとえば、UEからeNBに)無認可スペクトルを介して送信され得る。HARQフィードバック445、446、447、448の例示的な送信について、図4を参照しながら説明した。
[0166]場合によっては、別個のHARQフィードバックメッセージが、1つまたは複数のデータサブフレームの各々について送信され得る。場合によっては、HARQフィードバックが、1つまたは複数の対応するアップリンクサブフレームの各々中に、1つまたは複数のデータサブフレームの各々について送信され得、各対応するアップリンクサブフレームが、データフレーム中に、または次のデータフレーム中に発生し得る。
[0167]ブロック1515における動作は、場合によっては、図9A、図9B、および/または図11を参照しながら説明したUE LTE HARQモジュール920、960、および/もしくは1160、図9Bを参照しながら説明したHARQフィードバックモジュール963、ならびに/または図12を参照しながら説明したモジュールもしくは機能1281を使用して実行され得る。
[0168]方法1500のいくつかの例では、方法1500は、後続のデータフレームに対応するシーケンス番号、および後続のデータフレームの1つまたは複数のデータサブフレームの無認可スペクトルを介した受信を続け得る。次いで、後続のデータフレームに対応するシーケンス番号が指定された順序でUEによって受信されたかどうかが決定され得る。後続のデータフレームのためのシーケンス番号が指定された順序で受信されたと決定すると、後続のデータフレームの1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックが、無認可スペクトルを介して送信され得る。後続のデータサブフレーム405−aに対応するシーケンス番号425−a、および後続のデータフレームの1つまたは複数のデータサブフレーム430−a、431−a、432−a、433−aの例示的な送信について、図4を参照しながら説明した。HARQフィードバック445−a、446−a、447−a、448−aの例示的な送信についても、図4を参照しながら説明した。
[0169]方法1500のいくつかの例では、データフレームに対応するシーケンス番号が順序が乱れて受信されたと決定すると、1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックを送信しないことが決定され得る。また、データフレームに対応するシーケンス番号が順序が乱れて受信されたと決定すると、1つまたは複数のデータサブフレームを破棄する(discard)ことが決定され得る。例示的な順序が乱れたシーケンス番号525−aおよびHARQフィードバックの非送信について、図5を参照しながら説明した。
[0170]方法1500のいくつかの例では、1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックを送信することは、1)データフレーム中に、1つまたは複数のデータサブフレームのサブセットについてのHARQフィードバックを送信することと、2)次のデータフレーム中に、1つまたは複数のデータサブフレームの残りのサブセットについてのHARQフィードバックを送信することとを含み得る。
[0171]したがって、方法1500はワイヤレス通信を提供し得る。方法1500は一実装形態にすぎないこと、および方法1500の動作は、他の実装形態が可能であるように、並べ替えられるかまたは場合によっては変更され得ることに留意されたい。
[0172]図16は、ワイヤレス通信のための方法1600の一例を示すフローチャートである。明快のために、方法1600について、図1、図2A、図2B、図8A、図8B、図10、および/または図12を参照しながら説明したeNBまたはデバイス105、205、805、855、1005、および/または1205のうちの1つと、図1、図2A、図2B、図9A、図9B、図10、および/または図12を参照しながら説明したUEまたはデバイス115、215、915、955、1115、および/または1215のうちの1つとを参照しながら以下で説明する。一例では、eNBは、以下で説明する機能を実行するためにeNBの機能要素を制御するためのコードの1つまたは複数のセットを実行し得る。
[0173]ブロック1605において、データフレームに対応するシーケンス番号、およびHARQフィードバックが、UEに無認可スペクトルを介して送信され得る。場合によっては、HARQフィードバックは、1つまたは複数のアップリンク許可を含み得る。データフレーム605に対応するシーケンス番号625、およびアップリンク許可630、631、632、633を含むHARQフィードバックの例示的な送信について、図6を参照しながら説明した。ブロック1605における動作は、場合によっては、図8A、図8B、および/または図10を参照しながら説明したeNB LTE HARQモジュール820、860、および/もしくは1090、図8Bを参照しながら説明したシーケンス番号モジュール863および/もしくはUL HARQモジュール866、ならびに/または図12を参照しながら説明したモジュールもしくは機能1241を使用して実行され得る。
[0174]ブロック1610において、データフレームに対応するシーケンス番号が指定された順序(たとえば、番号順)でUEによって受信されると、1つまたは複数のデータサブフレームが、HARQフィードバックに応答して、無認可スペクトルを介してUEから受信され得る。1つまたは複数のデータサブフレーム645、646、647、648の例示的な送信について、図6を参照しながら説明した。
[0175]場合によっては、HARQフィードバックは、1つまたは複数のHARQフィードバックメッセージを含み得、1つまたは複数のHARQフィードバックメッセージの各々について別個のデータサブフレームが受信され得る。各HARQフィードバックメッセージは、別個のアップリンク許可を含み得る。場合によっては、1つまたは複数のデータサブフレームの各々が、1つまたは複数の対応するアップリンクサブフレームの各々中に、受信され得、各対応するアップリンクサブフレームがデータフレーム中に発生し得る。
[0176]ブロック1610における動作は、場合によっては、図8A、図8B、および/または図10を参照しながら説明したeNB LTE HARQモジュール820、860、および/もしくは1090、図8Bを参照しながら説明したデータサブフレーム受信機モジュール867、ならびに/または図12を参照しながら説明したモジュールもしくは機能1241を使用して実行され得る。
[0177]方法1600のいくつかの例では、方法1600は、後続のデータフレームに対応するシーケンス番号、および後続のHARQフィードバックのUEへの無認可スペクトルを介した送信を続け得る。後続のデータフレームに対応するシーケンス番号が指定された順序でUEによって受信されると、1つまたは複数の追加のサブフレームが、次いで、後続のHARQフィードバックを受信したことに応答して、無認可スペクトルを介してUEから受信され得る。後続のデータサブフレーム605−aに対応するシーケンス番号625−a、および後続のデータフレームのHARQフィードバック630−a、631−a、632−a、633−aの例示的な送信について、図6を参照しながら説明した。後続のデータフレームのHARQフィードバックを受信したことに応答した1つまたは複数の追加のデータサブフレーム645−a、646−a、647−a、648−aの例示的な送信についても、図6を参照しながら説明した。
[0178]方法1600のいくつかの例では、データフレームに対応するシーケンス番号が、順序が乱れてUEによって受信されると、1つまたは複数のデータサブフレームが、UEによって送信されないことがある。例示的な順序が乱れたシーケンス番号725−aおよび1つまたは複数のデータサブフレームの非送信について、図7を参照しながら説明した。
[0179]いくつかの例では、CCAは、無認可スペクトルの利用可能性を決定するために実行され得、無認可スペクトルが利用可能であるという決定が行われると、無認可スペクトルは、(たとえば、ブロック1705においてシーケンス番号および/またはHARQフィードバックを送信するための)データフレーム中にアクセスされ得る。次のデータフレーム中に、無認可スペクトルの利用可能性を決定するために、別のCCAが実行され得、以下同様である。
[0180]したがって、方法1600はワイヤレス通信を提供し得る。方法1600は一実装形態にすぎないこと、および方法1600の動作は、他の実装形態が可能であるように、並べ替えられるかまたは場合によっては変更され得ることに留意されたい。
[0181]図17は、ワイヤレス通信のための方法1700の一例を示すフローチャートである。明快のために、方法1700について、図1、図2A、図2B、図9A、図9B、図10、および/または図12を参照しながら説明したUEまたはデバイス115、215、915、955、1115、および/または1215のうちの1つと、図1、図2A、図2B、図8A、図8B、図10、および/または図12を参照しながら説明したeNBまたはデバイス105、205、805、855、1005、および/または1205のうちの1つとを参照しながら以下で説明する。一例では、UEは、以下で説明する機能を実行するためにUEの機能要素を制御するためのコードの1つまたは複数のセットを実行し得る。
[0182]ブロック1705において、データフレームに対応するシーケンス番号、およびHARQフィードバックが、無認可スペクトルを介して受信され得る。場合によっては、シーケンス番号は、eNBからUEにおいて受信され得る。場合によっては、HARQフィードバックは、1つまたは複数のアップリンク許可を含み得る。データフレーム605に対応するシーケンス番号425、およびアップリンク許可630、631、632、633を含むHARQフィードバックの例示的な送信について、図6を参照しながら説明した。
[0183]ブロック1710において、シーケンス番号がUEによって指定された順序(たとえば、番号順)で受信されたかどうかが決定され得る。
[0184]ブロック1705および/または1710における動作は、場合によっては、図9A、図9B、および/または図11を参照しながら説明したUE LTE HARQモジュール920、960、および/もしくは1160、図9Bを参照しながら説明したシーケンス番号モジュール961および/もしくはUL HARQモジュール964、ならびに/または図12を参照しながら説明したモジュールもしくは機能1281を使用して実行され得る。
[0185]ブロック1715において、データフレームに対応するシーケンス番号が指定された順序で受信されたとブロック1710において決定すると、1つまたは複数のデータサブフレームが、HARQフィードバックを受信したことに応答して、(たとえば、UEからeNBに)無認可スペクトルを介して送信され得る。1つまたは複数のデータサブフレーム645、646、647、648の例示的な送信について、図6を参照しながら説明した。
[0186]場合によっては、HARQフィードバックは、1つまたは複数のHARQフィードバックメッセージを含み得、1つまたは複数のHARQフィードバックメッセージの各々について別個のデータサブフレームが送信され得る。各HARQフィードバックメッセージは、別個のアップリンク許可を含み得る。場合によっては、1つまたは複数のデータサブフレームの各々が、1つまたは複数の対応するアップリンクサブフレームの各々中に、送信され得、各対応するアップリンクサブフレームがデータフレーム中に発生し得る。
[0187]ブロック1715における動作は、場合によっては、図9A、図9B、および/または図11を参照しながら説明したUE LTE HARQモジュール920、960、および/もしくは1160、図9Bを参照しながら説明したデータサブフレーム送信機モジュール965、ならびに/または図12を参照しながら説明したモジュールもしくは機能1281を使用して実行され得る。
[0188]方法1700のいくつかの例では、方法1700は、後続のデータフレームに対応するシーケンス番号、および後続のHARQフィードバックの無認可スペクトルを介した受信を続け得る。次いで、後続のデータフレームに対応するシーケンス番号が指定された順序でUEによって受信されたかどうかが決定され得る。後続のデータフレームのためのシーケンス番号が指定された順序で受信されたと決定すると、後続のデータフレームの1つまたは複数の追加のデータサブフレームが、後続のHARQフィードバックを受信したことに応答して無認可スペクトルを介して送信され得る。後続のデータサブフレーム605−aに対応するシーケンス番号625−a、および後続のデータフレームのHARQフィードバック630−a、631−a、632−a、633−aの例示的な送信について、図6を参照しながら説明した。後続のデータフレームのHARQフィードバックを受信したことに応答した1つまたは複数の追加のデータサブフレーム645−a、646−a、647−a、648−aの例示的な送信についても、図6を参照しながら説明した。
[0189]方法1700のいくつかの例では、データフレームに対応するシーケンス番号が、順序が乱れて受信されると、1つまたは複数のデータサブフレームが、送信されないことがある。例示的な順序が乱れたシーケンス番号725−aおよび1つまたは複数のデータサブフレームの非送信について、図7を参照しながら説明した。
[0190]したがって、方法1700はワイヤレス通信を提供し得る。方法1700は一実装形態にすぎないこと、および方法1700の動作は、他の実装形態が可能であるように、並べ替えられるかまたは場合によっては変更され得ることに留意されたい。
[0191]添付の図面に関して上記に記載した詳細な説明は、例示的な例について説明しており、実装され得るまたは特許請求の範囲内に入る例のみを表すものではない。この説明全体にわたって使用される「例示的」という用語は、「例、事例、または例示の働きをすること」を意味し、「好ましい」または「他の例よりも有利な」を意味しない。詳細な説明は、説明された技法の理解を与えるために、具体的な詳細を含む。ただし、これらの技法は、これらの具体的な詳細なしに実施され得る。いくつかの事例では、説明した例の概念を不明瞭にすることを回避するために、よく知られている構造およびデバイスをブロック図の形式で示す。
[0192]情報および信号は、多種多様な技術および技法のいずれかを使用して表され得る。たとえば、上記の説明全体にわたって言及され得るデータ、命令、コマンド、情報、信号、ビット、シンボル、およびチップは、電圧、電流、電磁波、磁界もしくは磁性粒子、光場もしくは光学粒子、またはそれらの任意の組合せによって表され得る。
[0193]本明細書の開示に関して説明した様々な例示的なブロックおよびモジュールは、汎用プロセッサ、デジタル信号プロセッサ(DSP)、ASIC、FPGAもしくは他のプログラマブル論理デバイス、個別ゲートもしくはトランジスタ論理、個別ハードウェア構成要素、または本明細書で説明した機能を実行するように設計されたそれらの任意の組合せを用いて実装または実行され得る。汎用プロセッサはマイクロプロセッサであり得るが、代替では、プロセッサは任意の従来のプロセッサ、コントローラ、マイクロコントローラ、またはステートマシンであり得る。プロセッサは、コンピューティングデバイスの組合せ、たとえば、DSPおよびマイクロプロセッサの組合せ、複数のマイクロプロセッサ、DSPコアと連携する1つもしくは複数のマイクロプロセッサ、または任意の他のそのような構成としても実装され得る。プロセッサは、場合によっては、メモリと電子通信していることがあり、メモリは、プロセッサによって実行可能な命令を記憶する。
[0194]本明細書で説明された機能は、ハードウェア、プロセッサによって実行されるソフトウェア、ファームウェア、またはそれらの任意の組合せで実現され得る。プロセッサによって実行されるソフトウェアで実現される場合、機能は、1つまたは複数の命令またはコードとしてコンピュータ可読媒体上に記憶されるか、またはコンピュータ可読媒体を介して送信され得る。他の例および実装形態は、本開示および添付の特許請求の範囲および趣旨内に入る。たとえば、ソフトウェアの性質により、上記で説明された機能は、プロセッサ、ハードウェア、ファームウェア、ハードワイヤリング、またはこれらのうちのいずれかの組合せによって実行されるソフトウェアを使用して実装され得る。機能を実装する特徴はまた、機能の一部が異なる物理的な場所で実装されるように分散されることを含む、様々な位置に物理的に配置され得る。また、特許請求の範囲を含めて、本明細書で使用される場合、「のうちの少なくとも1つ」で始まる項目の列挙中で使用される「または」は、たとえば、「A、B、またはCのうちの少なくとも1つ」の列挙は、AまたはBまたはCまたはABまたはACまたはBCまたはABC(すなわち、AおよびBおよびC)を意味するような選言的列挙を示す。
[0195]コンピュータプログラム製品またはコンピュータ可読媒体はいずれも、ある場所から別の場所へのコンピュータプログラムの転送を容易にする任意の媒体を含む通信媒体と、コンピュータ可読記憶媒体とを含む。記憶媒体は、汎用または専用コンピュータによってアクセスされ得る任意の媒体であり得る。限定ではなく例として、コンピュータ可読媒体は、RAM、ROM、EEPROM(登録商標)、CD−ROMもしくは他の光ディスクストレージ、磁気ディスクストレージもしくは他の磁気ストレージデバイス、または命令またはデータ構造の形態の所望のコンピュータ可読プログラムコードを搬送または記憶するために使用され得、汎用もしくは専用コンピュータまたは汎用もしくは専用プロセッサによってアクセスされ得る、任意の他の媒体を備えることができる。さらに、いかなる接続もコンピュータ可読媒体と適切に呼ばれる。たとえば、ソフトウェアが同軸ケーブル、光ファイバーケーブル、より対線、デジタル加入者線(「DSL」)、または赤外線、無線、およびマイクロ波などのワイヤレス技術を使用して、ウェブサイト、サーバ、または他の遠隔ソースから送信される場合、その同軸ケーブル、光ファイバーケーブル、より対線、DSL、または赤外線、無線、およびマイクロ波などのワイヤレス技術が媒体の定義に含められる。本明細書で使用するディスク(disk)およびディスク(disc)は、コンパクトディスク(disc)(CD)、レーザーディスク(登録商標)(disc)、光ディスク(disc)、デジタル多用途ディスク(disc)(DVD)、フロッピー(登録商標)ディスク(disk)、およびBlu−ray(登録商標)ディスク(disc)を含み、ディスク(disk)は、通常、データを磁気的に再生し、ディスク(disc)は、データをレーザーで光学的に再生する。上記の組合せもコンピュータ可読媒体の範囲内に含まれる。
[0196]本開示のこれまでの説明は、当業者が本開示を作成または使用することを可能にするために提供される。本開示への様々な修正は当業者には容易に明らかとなり、本明細書で定義された一般原理は、本開示の趣旨または範囲から逸脱することなく他の変形形態に適用され得る。本開示全体にわたって、「例」または「例示的」という用語は、一例または一事例を示すものであり、言及された例についての選好を暗示せず、または必要としない。したがって、本開示は、本明細書で説明された例および設計に限定されるべきでなく、本明細書で開示される原理および新規の特徴に合致する最も広い範囲を与えられるべきである。



  1. ワイヤレス通信のための方法であって、
    ユーザ機器(UE)に無認可スペクトルを介して、データフレームに対応するシーケンス番号と、前記データフレームの1つまたは複数のデータサブフレームとを送信することと、
    前記データフレームに対応する前記シーケンス番号が、指定された順序で前記UEによって受信されると、前記UEから前記無認可スペクトルを介して、前記1つまたは複数のデータサブフレームについてのハイブリッド自動再送要求(HARQ)フィードバックを受信することと
    を備える、方法。

  2. 前記データフレームに対応する前記シーケンス番号が、順序が乱れて前記UEによって受信されると、HARQフィードバックが前記1つまたは複数のデータサブフレームについて前記UEによって送信されない、請求項1に記載の方法。

  3. 前記UEに前記無認可スペクトルを介して、後続のデータフレームに対応するシーケンス番号と、前記後続のデータフレームの1つまたは複数のデータサブフレームとを送信することと、
    前記後続のデータフレームのための前記シーケンス番号が、前記指定された順序で前記UEによって受信されると、前記UEから前記無認可スペクトルを介して、前記後続のデータフレームの前記1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックを受信することと
    をさらに備える、請求項1に記載の方法。

  4. 前記UEから前記無認可スペクトルを介して、前記1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックを受信することが、
    前記1つまたは複数のデータサブフレームの各々について別個のHARQフィードバックメッセージを受信することを備える、請求項1に記載の方法。

  5. 前記UEから前記無認可スペクトルを介して、前記1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックを受信することが、
    前記データフレーム中に、前記1つまたは複数のデータサブフレームのサブセットについてのHARQフィードバックを受信することと、
    次のデータフレーム中に、前記1つまたは複数のデータサブフレームの残りのサブセットについてのHARQフィードバックを受信することと
    を備える、請求項1に記載の方法。

  6. 前記UEから前記無認可スペクトルを介して、前記1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックを受信することが、
    1つまたは複数の対応するアップリンクサブフレームの各々中に、前記1つまたは複数のデータサブフレームの各々についてのHARQフィードバックを受信すること、ここにおいて、各対応するアップリンクサブフレームが、前記データフレーム中に、または次のデータフレーム中に発生する、
    を備える、請求項1に記載の方法。

  7. 前記無認可スペクトルの利用可能性を決定するためにクリアチャネルアセスメント(CCA)を実行することと、
    前記無認可スペクトルが利用可能であるという決定が行われると、前記データフレーム中に前記無認可スペクトルにアクセスすることと
    をさらに備える、請求項1に記載の方法。

  8. 無認可スペクトルを介したチャネルアクセスを要求するために送信要求(RTS)信号を送信することと、
    前記無認可スペクトルが利用可能であるとき、前記RTS信号に応答して、送信可(CTS)信号を受信することと
    をさらに備える、請求項1に記載の方法。

  9. 前記無認可スペクトルが送信のために利用可能であるとき、送信可(CTS)信号を送信すること
    をさらに備える、請求項1に記載の方法。

  10. ワイヤレス通信のための装置であって、
    ユーザ機器(UE)に無認可スペクトルを介して、データフレームに対応するシーケンス番号と、前記データフレームの1つまたは複数のデータサブフレームとを送信するための手段と、
    前記データフレームに対応する前記シーケンス番号が、指定された順序で前記UEによって受信されると、前記UEから前記無認可スペクトルを介して、前記1つまたは複数のデータサブフレームについてのハイブリッド自動再送要求(HARQ)フィードバックを受信するための手段と
    を備える、装置。

  11. 前記データフレームに対応する前記シーケンス番号が、順序が乱れて前記UEによって受信されると、HARQフィードバックが前記1つまたは複数のデータサブフレームについて前記UEによって送信されない、請求項10に記載の装置。

  12. 前記UEに前記無認可スペクトルを介して、後続のデータフレームに対応するシーケンス番号と、前記後続のデータフレームの1つまたは複数のデータサブフレームとを送信するための手段と、
    前記後続のデータフレームのための前記シーケンス番号が、前記指定された順序で前記UEによって受信されると、前記UEから前記無認可スペクトルを介して、前記後続のデータフレームの前記1つまたは複数のデータサブフレームについてのHARQフィードバックを受信するための手段と
    をさらに備える、請求項10に記載の装置。

  13. 前記1つまたは複数のデータサブフレームの各々について別個のHARQフィードバックメッセージを受信するための手段
    をさらに備える、請求項10に記載の装置。

  14. 前記データフレーム中に、前記1つまたは複数のデータサブフレームのサブセットについてのHARQフィードバックを受信するための手段と、
    次のデータフレーム中に、前記1つまたは複数のデータサブフレームの残りのサブセットについてのHARQフィードバックを受信するための手段と
    をさらに備える、請求項10に記載の装置。

  15. 1つまたは複数の対応するアップリンクサブフレームの各々中に、前記1つまたは複数のデータサブフレームの各々についてのHARQフィードバックを受信するための手段、ここにおいて、各対応するアップリンクサブフレームが、前記データフレーム中に、または次のデータフレーム中に発生する、
    をさらに備える、請求項10に記載の装置。

  16. 前記無認可スペクトルの利用可能性を決定するためにクリアチャネルアセスメント(CCA)を実行するための手段と、
    前記無認可スペクトルが利用可能であるという決定が行われると、前記データフレーム中に、前記無認可スペクトルにアクセスするための手段と
    をさらに備える、請求項10に記載の装置。

  17. 無認可スペクトルを介したチャネルアクセスを要求するために送信要求(RTS)信号を送信するための手段と、
    前記無認可スペクトルが送信のために利用可能であるとき、前記RTS信号に応答して、送信可(CTS)信号を受信するための手段と
    をさらに備える、請求項10に記載の装置。

  18. 前記無認可スペクトルが利用可能であるとき、送信可(CTS)信号を送信するための手段
    をさらに備える、請求項10に記載の装置。

  19. ワイヤレス通信のための方法であって、
    ユーザ機器(UE)に無認可スペクトルを介して、データフレームに対応するシーケンス番号と、ハイブリッド自動再送要求(HARQ)フィードバックとを送信することと、
    前記データフレームに対応する前記シーケンス番号が、指定された順序で前記UEによって受信されると、前記HARQフィードバックに応答して、前記UEから前記無認可スペクトルを介して、1つまたは複数のデータサブフレームを受信することと
    を備える、方法。

  20. 前記データフレームに対応する前記シーケンス番号が、順序が乱れて前記UEによって受信されると、前記1つまたは複数のデータサブフレームが前記UEによって送信されない、請求項19に記載の方法。

  21. 前記UEに前記無認可スペクトルを介して、後続のデータフレームに対応するシーケンス番号と、後続のHARQフィードバックとを送信することと、
    前記後続のデータフレームのための前記シーケンス番号が、前記指定された順序で前記UEによって受信されると、前記後続のHARQフィードバックに応答して、前記UEから前記無認可スペクトルを介して、1つまたは複数の追加のデータサブフレームを受信することと
    をさらに備える、請求項19に記載の方法。

  22. 前記HARQフィードバックが、1つまたは複数のHARQフィードバックメッセージを備え、
    前記UEから前記無認可スペクトルを介して、1つまたは複数のデータサブフレームを受信することが、前記1つまたは複数のHARQフィードバックメッセージの各々について別個のデータサブフレームを受信することを備える、
    請求項19に記載の方法。

  23. 前記UEから前記無認可スペクトルを介して、1つまたは複数のデータサブフレームを受信することが、
    1つまたは複数の対応するアップリンクサブフレームの各々中に、前記1つまたは複数のデータサブフレームの各々を受信すること、ここにおいて、各対応するアップリンクサブフレームが、前記データフレーム中に発生する、
    を備える、請求項19に記載の方法。

  24. 前記無認可スペクトルの利用可能性を決定するためにクリアチャネルアセスメント(CCA)を実行することと、
    前記無認可スペクトルが利用可能であるという決定が行われると、前記データフレーム中に、前記無認可スペクトルにアクセスすることと
    をさらに備える、請求項19に記載の方法。

  25. ワイヤレス通信のための装置であって、
    ユーザ機器(UE)に無認可スペクトルを介して、データフレームに対応するシーケンス番号と、ハイブリッド自動再送要求(HARQ)フィードバックとを送信するための手段と、
    前記データフレームに対応する前記シーケンス番号が、指定された順序で前記UEによって受信されると、前記HARQフィードバックに応答して、前記UEから前記無認可スペクトルを介して、1つまたは複数のデータサブフレームを受信するための手段と
    を備える、装置。

  26. 前記データフレームに対応する前記シーケンス番号が、順序が乱れて前記UEによって受信されると、前記1つまたは複数のデータサブフレームが前記UEによって送信されない、請求項25に記載の装置。

  27. 前記UEに前記無認可スペクトルを介して、後続のデータフレームに対応するシーケンス番号と、後続のHARQフィードバックとを送信するための手段と、
    前記後続のデータフレームのための前記シーケンス番号が、前記指定された順序で前記UEによって受信されると、前記後続のHARQフィードバックに応答して、前記UEから前記無認可スペクトルを介して、1つまたは複数の追加のデータサブフレームを受信するための手段と
    をさらに備える、請求項25に記載の装置。

  28. 前記HARQフィードバックが、1つまたは複数のHARQフィードバックメッセージを備え、
    前記UEから前記無認可スペクトルを介して、1つまたは複数のデータサブフレームを受信するための手段が、前記1つまたは複数のHARQフィードバックメッセージの各々について別個のデータサブフレームを受信するための、プロセッサによって実行可能な命令を備える、
    請求項25に記載の装置。

  29. 1つまたは複数の対応するアップリンクサブフレームの各々中に、前記1つまたは複数のデータサブフレームの各々を受信するための手段、ここにおいて、各対応するアップリンクサブフレームが、前記データフレーム中に発生する、
    をさらに備える、請求項25に記載の装置。

  30. 前記無認可スペクトルの利用可能性を決定するためにクリアチャネルアセスメント(CCA)を実行するための手段と、
    前記無認可スペクトルが利用可能であるという決定が行われると、前記データフレーム中に、前記無認可スペクトルにアクセスするための手段と
    をさらに備える、請求項25に記載の装置。

 

 

Patent trol of patentswamp
類似の特許
コンテンツソースからユーザ機器デバイスへコンテンツを配信する、放送/ブロードバンド輻輳システム。本システムは:放送産業に、大幅に強化された移動性能を;利用可能なスペクトルリソースを、無線ブロードバンドネットワーク及び/又は無線ブロードバンドネットワークからオフロードされた放送コンテンツによる使用のために動的に販売することによって、放送産業に追加の収入源を;利用可能なスペクトルの動的購入によって、ブロードバンド産業に追加のスペクトルを;そして豊かなユーザ体験を、提供する。スペクトルサーバは、放送ネットワークによって利用可能となったラジオスペクトルの動的配分を促進できる。放送ネットワークは、移動体デバイス及び固定デバイスをサポートするために、強化された波形パラメータを用いて放送を行ってよい。
【選択図】図1
本開示の態様は、ユーザ機器への時分割複信(TDD)アップリンク(UL)/ダウンリンク(DL)サブフレーム構成の動的指示のための技法に関する。基地局が、フレーム中の1つまたは複数のアンカーサブフレームおよび1つまたは複数の非アンカーサブフレームを識別し得る。基地局は、複数のユーザ機器(UE)と通信するために使用されるフレームのUL/DL構成を動的に変更し、フレームの1つまたは複数のアンカーサブフレームのうちの少なくとも1つ中の複数のUEによって解釈されることが可能な共通ダウンリンク制御チャネルを使用して、変更された構成をシグナリングし得る。
【選択図】図10
本発明は、同一チャネルセル干渉を処理するための方法、装置、及びシステム、並びに、基地局及びユーザ端末を開示する。方法は、非サービングセルの干渉情報を取得するステップと、取得した非サービングセルの干渉情報をユーザ端末(ue)に送信するステップとを有する。非サービングセルでueに対して引き起こされる同一チャネル干渉を十分に抑制又はキャンセルできるとともに、pdschを復調する際のueの性能をより良く向上させることができる。
本開示は、ワイヤレス通信方法、送信/受信ポイント、ユーザ機器およびワイヤレス通信システムを提供し、ワイヤレス通信方法は、特定のTP/RPに関連付けられた特定の時間/周波数リソースの共通サーチ・スペースにおいて、UEに関するUL/DL構成を受信するステップを含み、UEが、特定のTP/RPに接続され、特定のTP/RPの番号インデックスと特定の時間/周波数リソースのインデックスとの間の関連付けが、予め決められている。
本発明は、ランダムアクセス(RA)プロセスに対するパラメータを決定するために、ユーザ装置(UE)及び基地局が相互に通信するときに方法及び装置を提供する。基地局は、UEによるRAプリアンブル伝送のための複数のリソースセットをシステム情報ブロック(SIB)を通じてUEに通知する。各リソースセットは、RAプリアンブル伝送に対する反復回数、最大RAプリアンブル伝送回数、及び基地局がRAプリアンブル受信に対して応答を送信した反復回数に関連する。また、SIBは、経路損失値の範囲とRAプリアンブル反復の回数との間の関連性を通知する。UEは、その経路損失測定から第1のRAプリアンブル伝送のための反復回数を決定する。
方法およびシステムが提供される。本方法は、複数の送信アンテナを備える多入力多出力通信システムに送信プリコーダを提供することを有する。複数の送信アンテナは、複数のチャネルの各々が複数のユーザのうちの対応するユーザにサービス提供するように構成可能であるように、プリコーディングを用いて複数のチャネルを形成するものである。この提供するステップは、複数の送信アンテナの各々に、対応する送信アンテナ平均電力制約を課すことを含む。この提供するステップは、複数の行および複数の列を有する下りリンクチャネル行列に列スケーリングを適用することに応答して、対角プリコーダを決定することをさらに含む。この提供するステップは、複数のチャネル上で対応する信号を送信する際に得られる重み付き総和レートを最適化することにより、対応するアンテナ平均電力制約に従って、対角プリコーダから重み付きプリコーダを生成することをさらに含む。
【課題】大規模MIMOのためのグルーピングベース参照信号送信方法を提供する。
【解決手段】端末は、グルーピングされ、それぞれの端末グループは、基地局から、上りリンク送信時間ユニットのいずれが上りリンク参照信号を送信するように活性化されたかに関する第1情報、及び上りリンク参照信号のために用いられるシーケンスに関する第2情報を受信する。第1情報は、第1端末を含む第1端末グループと異なる第2端末グループと異なるように決定される。第2情報は、同一端末グループの端末に直交シーケンスを割り当てるように決定される。
【選択図】図9
無線通信システムにおいて第1装置の装置対装置間信号送受信方法であって、第2装置からディスカバリ信号を受信するステップと、前記ディスカバリ信号送信に関連したアンテナポートの個数を判断するステップと、前記アンテナポートの個数に基づいて前記ディスカバリ信号を復号するステップとを有し、前記DMRSを構成するシーケンスの初期値は、セルIDに関連したパラメータによって決定され、前記セルIDに関連したパラメータの値は、物理セルID及び仮想セルIDのそれぞれが可能な値とは異なる値の範囲から選択される、信号送受信方法を提供する。
【選択図】図6
複数のシステムパラメータの基準構成を使用する、少なくとも第1の通信エンティティおよび第2の通信エンティティを有する通信システムにおいて、複数のシステム構成パラメータのオンライン再構成(OLR)により構成同期を維持するための方法であって、第1の通信エンティティおよび第2の通信エンティティにリンクする、少なくとも1つの通信チャネルにおける少なくとも1つのチャネル特性に対する複数の変更をモニタリングする段階と、第1の通信エンティティにより、少なくとも1つのチャネル特性に対する複数の変更に応じて基準構成に対する少なくとも1つの修正に基づいて構築される、更新された構成を決定する段階と、少なくとも1つの通信チャネルを介して、第1の通信エンティティから第2の通信エンティティへとOLR要求を送信する段階と、第2の通信エンティティによりOLR要求を受信する段階と、第1の通信エンティティおよび第2の通信エンティティにより更新された構成を使用する段階とを備える、方法。
閉回路eコマース内のサーバと間、及び建物のメインルータ及びインターフェースを介したサーバ及びショッピング端末間のeショッピング信号及び情報を通信し、ショッピング端末に保存されたコンテンツ及び前記eコマースのプログラムを更新するための高速湖心信号を含むASK及びFSK変調データ並びにコマンドを含む少なくとも1つのツイストペアを介して情報及びeショッピング信号を伝搬するための方法及び装置である。配送サーバは、誤りなしでピックアップ及び配送を確実にするために、配送デバイス及び貯蔵デバイスを用いて、建物内又は建物外に位置付けられた、注文された商品をピックアップ及び配送する。
To top