ネットワーク接続方法、ホットスポット端末及び管理端末

 

本発明の実施形態は、通信分野に関し、特に、ネットワーク接続方法、ホットスポット端末、及び管理端末に関する。本発明のこの実施形態において、ホットスポット端末が移動端末のインターネットアクセス要求を受信すると、ホットスポット端末は、入力要求を移動端末に送信し、ホットスポット端末は、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信し、受信された許可確認命令に従って移動端末のインターネットアクセス許可を判定する。本発明の実施形態において提供されるネットワーク接続方法によれば、移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークにログインするプロセスが面倒で複雑であるという問題が解決される。

 

 

本発明の実施形態は、通信分野に関し、特に、ネットワーク接続方法、ホットスポット端末、及び管理端末に関する。
移動端末の普及によって、移動端末は、現在、映像監視、ウェブページ閲覧、インスタントメッセージング、又は音楽鑑賞等のデータサービスを実施するように、申請アクセスポイント(Access Point、AP)として使用されるホットスポット端末により確立された無線ローカルエリアネットワーク(Wireless Local Area Network、WLAN)にアクセスする。しかし、WLANにアクセスする移動端末のセキュリティを確保するために、符号化WLANがホットスポット端末において確立される場合があり、移動端末がホットスポット端末により確立されたWLANにアクセスするために正しいパスワードの入力を要する。
一部の申請シナリオにおいて、移動端末がホットスポット端末により確立された符号化WLANにアクセスするときには、パスワード入力の困難、又は複雑すぎるパスワード、又はパスワード取得の困難等の問題があり、この問題は、移動端末により符号化WLANにアクセスする面倒なプロセスを生じさせる。
本発明の実施形態は、安全で便利なネットワーク接続を実施するための、ネットワーク接続方法、ホットスポット端末、及び管理端末を提供する。
本発明の第1の態様によれば、ホットスポット端末によって、移動端末により送信されたインターネットアクセス要求を受信するステップであって、移動端末がホットスポット端末により確立された非符号化無線ローカルエリアネットワークWLANにホットスポット端末のサービスセット識別子SSIDに従ってアクセスした後に、インターネットアクセス要求がホットスポット端末に送信される、インターネットアクセス要求を受信するステップと、
ホットスポット端末によって、受信されたインターネットアクセス要求に従って入力要求を移動端末に送信するステップであって、入力要求が、ユーザ識別情報の送信を移動端末に要求するために使用され、ユーザ識別情報が、移動端末を使用するユーザを識別するために使用される、入力要求を送信するステップと、ホットスポット端末によって、移動端末により送信されたユーザ識別情報を受信するステップと、ホットスポット端末によって、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信するステップと、ホットスポット端末によって、受信された許可確認命令に従って移動端末のインターネットアクセス許可を判定するステップとを含む、ネットワーク接続方法が提供される。
第1の可能な実施方式において、ホットスポット端末によって、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信するステップは、具体的に、ホットスポット端末によって、ユーザ識別情報を管理端末に送信するステップと、ホットスポット端末によって、管理端末により送信された許可確認命令を受信するステップであって、許可確認命令が、管理端末により表示されたユーザ識別情報に従って管理者により入力される、許可確認命令を受信するステップとを含む。
第1の態様を参照すれば、第2の可能な実施方式において、ホットスポット端末によって、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信するステップは、具体的に、ホットスポット端末によって、ユーザ識別情報を表示するステップと、ホットスポット端末によって、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信するステップとを含む。
第1の態様及び前述した可能な実施方式のいずれか1つを参照すれば、第3の可能な実施方式において、ユーザ識別情報は、ユーザネーム、ユーザニックネーム、ユーザ電話番号、及びユーザ取決め情報のうちの少なくとも1つの情報を含む。
第1の態様及び前述した可能な実施方式のいずれか1つを参照すれば、第4の可能な実施方式において、ホットスポット端末が受信された許可確認命令に従って移動端末のインターネットアクセス許可を判定した後に、ホットスポット端末は、移動端末によるWLANへのアクセスのインターネットアクセス制限を、予め設定されたインターネットアクセス条件に従って設定する。
第2の態様によれば、管理端末によって、ホットスポット端末により送信されたユーザ識別情報を受信するステップであって、ユーザ識別情報が、移動端末を使用するユーザを識別するために使用され、移動端末が、ホットスポット端末により確立された非符号化無線ローカルエリアネットワークWLANにアクセスし、インターネットアクセス要求をホットスポット端末に送信する端末である、ユーザ識別情報を受信するステップと、管理端末によって、ユーザ識別情報を表示するステップと、管理端末によって、管理端末により表示されたユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信するステップと、管理端末によって、ホットスポット端末が移動端末のインターネットアクセス許可を判定するために、許可確認命令をホットスポット端末に送信するステップとを含む、ネットワーク接続方法が提供される。
第1の可能な実施方式において、管理端末が許可確認命令をホットスポット端末に送信した後に、管理端末は、移動端末のインターネットアクセス条件を設定し、設定されたインターネットアクセス条件をホットスポット端末に送信する。
第2の態様及び第1の可能な実施方式を参照すれば、第2の可能な実施方式において、ユーザ識別情報は、ユーザネーム、ユーザニックネーム、ユーザ電話番号、及びユーザ取決め情報のうちの少なくとも1つの情報を含む。
第3の態様によれば、通信モジュール及びプロセッサを備えるホットスポット端末であって、プロセッサが、非符号化無線ローカルエリアネットワークWLANを確立するように構成され、通信モジュールが、移動端末により送信されたインターネットアクセス要求を受信するように構成され、移動端末がプロセッサにより確立された非符号化無線ローカルエリアネットワークWLANにホットスポット端末のサービスセット識別子SSIDに従ってアクセスした後に、インターネットアクセス要求がホットスポット端末に送信され、プロセッサが、通信モジュールにより受信されたインターネットアクセス要求に従って入力要求を移動端末に送信することを通信モジュールに命令するように更に構成され、入力要求が、ユーザ識別情報の送信を移動端末に要求するために使用され、ユーザ識別情報が、移動端末を使用するユーザを識別するために使用され、通信モジュールが、移動端末により送信されたユーザ識別情報を受信するように更に構成され、プロセッサが、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信し、移動端末のインターネットアクセス許可を許可確認命令に従って判定するように更に構成される、ホットスポット端末が提供される。
第1の可能な実施方式において、通信モジュールは、ユーザ識別情報を管理端末に送信し、管理端末により送信された許可確認命令を受信し、許可確認命令をプロセッサに送信するように更に構成され、許可確認命令が、管理端末により表示されたユーザ識別情報に従って管理者により入力される。
第2の可能な実施方式において、ホットスポット端末は、表示モジュール及び入力モジュールを更に備え、
表示モジュールが、移動端末により送信されたユーザ識別情報を通信モジュールが受信した後にユーザ識別情報を表示するように構成され、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信すると、プロセッサが、具体的に、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を入力モジュールの使用により受信するように構成される。
第3の態様及び前述した可能な実施方式のいずれか1つを参照すれば、移動端末のインターネットアクセス許可が許可確認命令に従って判定された後に、プロセッサは、移動端末によるWLANへのアクセスのインターネットアクセス制限を、予め設定されたインターネットアクセス条件に従って設定するように更に構成される。
第3の態様及び前述した可能な実施方式のいずれか1つを参照すれば、ユーザ識別情報は、ユーザネーム、ユーザニックネーム、ユーザ電話番号、及びユーザ取決め情報のうちの少なくとも1つの情報を含む。
第4の態様によれば、通信モジュール、表示モジュール、入力モジュール、及びプロセッサを備える管理端末であって、通信モジュールが、ホットスポット端末により送信されたユーザ識別情報を受信するように構成され、ユーザ識別情報が、移動端末を使用するユーザを識別するために使用され、移動端末が、ホットスポット端末により確立された非符号化無線ローカルエリアネットワークWLANにアクセスし、インターネットアクセス要求をホットスポット端末に送信する端末であり、
表示モジュールが、ユーザ識別情報を表示するように構成され、
プロセッサが、表示モジュールにより表示されたユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を入力モジュールの使用により受信するように構成され、
プロセッサが、移動端末のインターネットアクセス許可をホットスポット端末が判定するために、許可確認命令をホットスポット端末に送信することを許可確認命令に従って通信モジュールに命令するように更に構成される、管理端末が提供される。
第1の可能な実施方式において、通信モジュールが許可確認情報をホットスポット端末に送信した後に、プロセッサは、移動端末のインターネットアクセス条件を設定するように更に構成され、
通信モジュールは、プロセッサにより設定されたインターネットアクセス条件をホットスポット端末に送信するように更に構成される。
第3の態様及び第1の可能な実施方式によれば、ユーザ識別情報は、ユーザネーム、ユーザニックネーム、ユーザ電話番号、及びユーザ取決め情報のうちの少なくとも1つの情報を含む。
本発明の実施形態の技術的解決策において、ホットスポット端末が移動端末のインターネットアクセス要求を受信すると、ホットスポット端末は入力要求を移動端末に送信し、ホットスポット端末は、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信し、受信された許可確認命令に従って移動端末のインターネットアクセス許可を判定することを、前述した技術的解決策から知ることができる。ホットスポット端末は、受信された許可確認命令に従って移動端末のインターネットアクセス許可を判定し、ホットスポット端末により確立された無線ローカルエリアネットワークに移動端末がアクセスするプロセスが安全であることを確実にするという前提の下で、より便利で効率的なネットワーク接続方法を提供することができる。
本発明の実施形態の技術的解決策をより明確に記述するために、以下には、実施形態を記述するために必要とされる添付図面を簡単に紹介している。明らかなように、以下の説明の添付図面は、本発明の単なる一部の実施形態を示しており、当業者は、これらの添付図面から想像的な努力を伴わずに他の図面を更に導き出し得る。
移動端末が本発明の実施形態によるホットスポット端末により確立された無線ローカルエリアネットワークにアクセスする申請シナリオの概略図である。 移動端末が本発明の別の実施形態によるホットスポット端末により確立された無線ローカルエリアネットワークにアクセスする申請シナリオの概略図である。 本発明の実施形態によるネットワーク接続方法の概略フローチャートである。 移動端末がホットスポット端末のサービスセット識別子SSIDを見出すことを示している、インターフェイスの概略図である。 ホットスポット端末が入力要求を移動端末に送信することを示している、インターフェイスの概略図である。 ユーザが入力要求インターフェイスに従ってユーザ識別情報を入力することを示している、インターフェイスの概略図である。 本発明の別の実施形態によるネットワーク接続方法の概略フローチャートである。 本発明の別の実施形態によるネットワーク接続方法の概略フローチャートである。 本発明の実施形態によるホットスポット端末80の概略構成図である。 本発明の実施形態によるプロセッサ802の概略構成図である。 本発明の実施形態による管理端末100の概略構成図である。
以下には、本発明の実施形態の添付図面を参照して本発明の実施形態の技術的解決策を明確に完全に記述している。明らかなように、記述している実施形態は、本発明の実施形態の単なる一部であり、全てではない。本発明の実施形態に基づいて想像的な努力を伴わずに当業者により得られる他の全ての実施形態は、本発明の保護範囲の範疇に属するべきである。
図1は、移動端末が本発明の実施形態によるホットスポット端末により確立された無線ローカルエリアネットワークにアクセスする申請シナリオの概略図である。図1に示すように、装置Aはホットスポット端末であり、装置Aは、遠隔ネットワークにログインするためにWAN(Wide Area Network、広域ネットワーク)の申請アクセスポイント(Access Point、AP)として使用される。装置BはLAN(Local Area Network、ローカルエリアネットワーク)側の移動端末であり、移動端末は、映像監視、ウェブページ閲覧、インスタントメッセージング、又は音楽鑑賞等のデータサービスを実施するように、APとして使用される装置Aにより確立されたWLAN(Wireless Local Area Network、無線ローカルエリアネットワーク)にアクセスする。本発明のこの実施形態の申請シナリオにおいて、装置Aを操作する人は管理者と称され、装置Bを操作する人はユーザと称される。
図2は、移動端末が本発明の別の実施形態によるホットスポット端末により確立された無線ローカルエリアネットワークにアクセスする申請シナリオの概略図である。図2に示すように、装置Aはホットスポット端末であり、遠隔ネットワークにログインするためにWANの申請アクセスポイントとして使用される。装置BはLAN側の移動端末であり、移動端末は、映像監視、ウェブページ閲覧、インスタントメッセージング、又は音楽鑑賞等のデータサービスを実施するように、APとして使用される装置Aにより確立されたWLANにアクセスする。装置Cは、LAN側の移動端末であり、管理端末と称される。本発明のこの実施形態の申請シナリオにおいて、装置Cを操作する人は管理者と称され、装置Bを操作する人はユーザと称される。
本発明において、関係する移動端末は、例えば、移動電話、PC(Personal Computer、パーソナルコンピュータ)、タブレットコンピュータPAD、デジタルカメラ、及びゲーム機であり得る。ホットスポット端末は、例えば、無線ルータ、携帯型ルータ、無線モデム、移動電話、PC(Personal Computer、パーソナルコンピュータ)、タブレットコンピュータPAD、及びデジタルカメラであり得る。管理端末は、例えば、移動電話、PC(Personal Computer、パーソナルコンピュータ)、タブレットコンピュータPAD、デジタルカメラ、及びゲーム機であり得る。
先行技術において、無線ローカルエリアネットワークにアクセスする移動端末のセキュリティを確保するために、ホットスポット端末は、パスワードが設定される無線ローカルエリアネットワークを確立する。データサービスを実施するように、移動端末がホットスポット端末により確立された符号化WLANにアクセスするためには、正しいパスワードの入力を要する。一部の申請シナリオにおいて、移動端末がホットスポット端末により確立された符号化WLANにアクセスするときには、以下の問題が起き易い:パスワードが複雑すぎるためにパスワードの入力が困難である若しくはパスワードの取得が困難である、又はパスワードが開示されると任意の移動端末が符号化WLANにアクセスできる。結果として、移動端末がホットスポット端末により確立された符号化WLANにアクセスするプロセスは、面倒で複雑である。
図3は、本発明の実施形態によるネットワーク接続方法の概略フローチャートである。本方法は以下のステップを含む:
S301.ホットスポット端末は、移動端末により送信されたインターネットアクセス要求を受信する。
インターネットアクセス要求は、移動端末がホットスポット端末により確立された非符号化WLANにホットスポット端末のサービスセット識別子(Service Set Identifier、SSID)に従ってアクセスした後に、ホットスポット端末に送信される。移動端末がホットスポット端末により確立された非符号化WLANにホットスポット端末のSSIDに従ってアクセスすると、ホットスポット端末は、移動端末のMACアドレスを取得し、移動端末のMACアドレスは、移動端末を一意に識別するために使用される。
ホットスポット端末のSSIDは、ホットスポット端末によりWIFI(Wireless Fidelity、ワイファイ)方式にて一斉送信されてもよく、ホットスポット端末によりNFC(Near Field Communication、近距離無線通信)等の別の方式にて一斉送信されてもよい。
インターネットアクセス要求は、具体的に、sina(ニュースウェブサイト)、yahoo、sohu(映像ウェブサイト)、若しくはyouku(映像ウェブサイト)等のウェブサイトにログインするための要求、又はMSN若しくはQQ(チャットツール)等、インターネットアクセスを必要とする別の申請プログラムにログインするための要求であり得る。
移動端末がホットスポット端末のSSIDを見出すと、移動端末は、ホットスポット端末により確立されたWLANにホットスポット端末の見出されたSSIDに従ってアクセスすることを要求する。ホットスポット端末は非符号化WLANを確立し、すなわち、移動端末は、パスワードの入力を要しない場合には、ホットスポット端末により確立された非符号化WLANにSSIDネームに従ってアクセスし得る。
図4は、移動端末がホットスポット端末のSSIDを見出すことを示している、インターフェイスの概略図であり、図4に示すように、移動端末は、パスワード入力を必要としないSSID:E5730−Openを見出し、移動端末は、ホットスポット端末により確立された非符号化WLANにE5730−Openに従ってアクセスし得る。
移動端末がホットスポット端末により確立された非符号化WLANにアクセスした後に、移動端末は、映像監視、ウェブページ閲覧、インスタントメッセージング、又は音楽鑑賞等のユーザ要求に従ってインターネットアクセス要求をホットスポット端末に送信して、ホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークにログインすることを要求する。例えば、移動端末は、ホットスポット端末の使用によりsina(ニュースウェブサイト)、yahoo、sohu(映像ウェブサイト)、又はyouku(映像ウェブサイト)にログインすることを要求する。
S302.ホットスポット端末は、受信されたインターネットアクセス要求に従って入力要求を移動端末に送信し、入力要求は、ユーザ識別情報の送信を移動端末に要求するために使用される。
ホットスポット端末が移動端末により送信されたインターネットアクセス要求を受信すると、ホットスポット端末は、受信されたインターネットアクセス要求に従って入力要求を移動端末に送信する。具体的に、移動端末は、ホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークにログインすることを要求し、ホットスポット端末は、受信されたインターネットアクセス要求に従って、移動端末が遠隔ネットワークにログインすることを防止し、ユーザ識別情報の送信を移動端末に要求するために入力要求を移動端末に送信する。ユーザ識別情報は、移動端末を使用するユーザを識別するために使用され、ユーザ識別情報は、ユーザネーム、ユーザニックネーム、ユーザ電話番号、及びユーザ取決め情報のうちの少なくとも1つの情報を含み得る。ユーザネーム、ユーザニックネーム、ユーザ電話番号、及びユーザ取決め情報のうちの前述した少なくとも1つの情報は、管理者がユーザの身元を区別できるように使用される。
本発明の別の実施形態において、ホットスポット端末は、受信されたインターネットアクセス要求に従って、移動端末が遠隔ネットワークにログインすることを防止し、入力要求を移動端末に送信し、このことは、ホットスポット端末により転送方式にて実施され得る。すなわち、ホットスポット端末は、移動端末により送信されたインターネットアクセス要求を入力要求に転送方式にて転送する。例えば、移動端末は、sinaにログインすることを要求し、ホットスポット端末は、入力要求を移動端末に転送方式にて送信し、図5Aは、入力要求の具体的な表示インターフェイスの例である。
図5Aは、ホットスポット端末が入力要求を移動端末に送信することを示している、インターフェイスの概略図である。図5Aに示すように、ホットスポット端末は、ユーザ識別情報の送信を移動端末に要求するために、受信されたインターネットアクセス要求に従って入力要求を移動端末に送信する。
入力を必要とするユーザ識別情報は、図5Aのインターフェイスの概略図に表示され、例えば、以下の情報のうちの1つ又は複数を含み得る:許可申請情報、ニックネーム、及びユーザ電話番号。
S303.ホットスポット端末は、移動端末により送信されたユーザ識別情報を受信する。
ユーザ識別情報は、例えば、ユーザネーム、ユーザニックネーム、ユーザ電話番号、及びユーザ取決め情報のうちの少なくとも1つの情報であり得る。ユーザ取決め情報は、具体的なテキスト及び具体的な数字の列等、ユーザと管理者の間の取決めについての任意の情報であり得る。
図5Bは、移動端末により送信されホットスポット端末により受信されるユーザ識別情報のインターフェイスの概略図である。図5Bのインターフェイスの概略図は説明の例として使用される。
ユーザは、インターフェイスに表示され入力を必要とするユーザ識別情報に従ってユーザ識別情報を入力し、例えば、入力されたユーザ識別情報は、許可申請情報が「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」であり、ニックネームが「トム」であることを含む。移動端末によりホットスポット端末に送信されたユーザ識別情報は、許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」である。
移動端末の表示インターフェイスが、「SMSメッセージにより承認結果を私に通知してください。」等の他の内容を更に含んでもよく、ユーザが承認結果をSMSメッセージにより受信するかどうかを選んでもよく、ユーザが承認結果をSMSメッセージにより受信することを選んだ場合に、ユーザがSMSメッセージを受信するために電話番号を記入してもよいことに留意されたい。加えて、移動端末の表示インターフェイスは、「E5730−Open」及び「こちらはチャンサンの無線ルータです。」等、現在のWLANについての説明を更に含み得る。
S304.ホットスポット端末は、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信する。
同様に、図5Bのインターフェイスの概略図は説明の例として使用される。ユーザがユーザ識別情報を入力しユーザが確認のためにクリック(例えば、「インターネットアクセスを申請する」をクリック)した後に、ホットスポット端末は、移動端末により送信されたユーザ識別情報を受信し、インターフェイスに表示されたユーザ識別情報は、許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」を含む。
任意選択的に、移動端末により送信されたユーザ識別情報は、許可申請情報のみを含んでもよく、ニックネームのみを含んでもよく、ユーザの識別を管理者に可能にさせるために使用される他の識別情報、例えば、ユーザネーム、ユーザ電話番号、又はユーザ取決め情報のうちの少なくとも1つであってもよい。
ホットスポット端末がユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信する2つの方式があり得る。
1つの方式は以下のとおりである:ホットスポット端末は、ユーザ識別情報を管理端末に送信し、ホットスポット端末は、管理端末により送信された許可確認命令を受信し、許可確認命令は、管理端末により表示されたユーザ識別情報に従って管理者により入力される。
例えば、ホットスポット端末は、ユーザ識別情報を管理端末に送信し、ユーザ識別情報は、「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」を含む。
管理端末のインターフェイスに表示されたユーザ識別情報は、許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」を含む。許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」を含む、管理端末により表示されたユーザ識別情報に従って、管理者は、管理端末のタッチスクリーンを操作することにより、又は管理端末の物理的なボタンを押すことにより、又は別の方式にて許可確認命令を入力する。
他の方式において、ホットスポット端末によって、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信することは、具体的に、ホットスポット端末によって、ユーザ識別情報を表示すること、及びホットスポット端末によって、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信することを含む。
例えば、ユーザ識別情報は、ホットスポット端末のインターフェイスに表示され、ユーザ識別情報は、許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」を含む。
許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」を含む、ホットスポット端末により表示されたユーザ識別情報に従って、管理者は、ホットスポット端末のタッチスクリーンを操作することにより、又はホットスポット端末の物理的なボタンを押すことにより、又は別の方式にて許可確認命令を入力する。
S305.ホットスポット端末は、移動端末のインターネットアクセス許可を受信された許可確認命令に従って判定する。
ホットスポット端末は、ユーザ識別情報に従って管理者により入力され受信された許可確認命令に従って、移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークにログインできるかどうかを判定する。
本発明のこの実施形態において、ホットスポット端末が移動端末のインターネットアクセス要求を受信すると、ホットスポット端末は、入力要求を移動端末に送信し、ホットスポット端末は、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信し、受信された許可確認命令に従って移動端末のインターネットアクセス許可を判定する。移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークにログインするときにパスワードの入力が複雑で面倒であるという問題は解決される。ホットスポット端末の使用により移動端末によるネットワーク接続を行うための便利で効率的な方法は、移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークに安全にログインできることを確実にするという前提の下で提供される。
図6は、本発明の別の実施形態によるネットワーク接続方法の概略フローチャートである。本方法は以下のステップを含む:
S601.移動端末は、ホットスポット端末により確立された非符号化WLANにホットスポット端末のSSIDに従ってアクセスする。
ホットスポット端末は、非符号化WLANを確立し、すなわち、移動端末は、パスワードの入力を要しない場合には、ホットスポット端末により確立された非符号化WLANにSSIDに従ってアクセスし得る。例えば、移動端末はパスワードの入力を必要としないSSID:E5730−Openを見出し、移動端末は、ホットスポット端末により確立された非符号化WLANにE5730−Openに従ってアクセスし得る。
ホットスポット端末のSSIDは、ホットスポット端末によりWIFI(Wireless Fidelity、ワイファイ)方式にて一斉送信されてもよく、ホットスポット端末によりNFC(Near Field Communication、近距離無線通信)等の別の方式にて一斉送信されてもよい。
移動端末がホットスポット端末により確立された非符号化WLANにホットスポット端末のSSIDに従ってアクセスすると、ホットスポット端末は、移動端末のMACアドレスを取得し、移動端末のMACアドレスは、移動端末を一意に識別するために使用される。
S602.移動端末は、インターネットアクセス要求をホットスポット端末に送信する。
インターネットアクセス要求は、具体的に、sina(ニュースウェブサイト)、yahoo、sohu(映像ウェブサイト)、若しくはyouku(映像ウェブサイト)等のウェブサイトにログインするための要求、又はMSN若しくはQQ(チャットツール)等、インターネットアクセスを必要とする別の申請プログラムにログインするための要求であり得る。
移動端末がホットスポット端末により確立された非符号化WLANにアクセスした後に、移動端末は、映像監視、ウェブページ閲覧、インスタントメッセージング、又は音楽鑑賞等のユーザ要求に従ってインターネットアクセス要求をホットスポット端末に送信して、ホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークにログインすることを要求する。例えば、移動端末は、ホットスポット端末の使用によりsina(ニュースウェブサイト)、yahoo、sohu(映像ウェブサイト)、youku(映像ウェブサイト)等にログインすることを要求する。
S603.ホットスポット端末は、受信されたインターネットアクセス要求に従って入力要求を移動端末に送信する。
入力要求は、ユーザ識別情報の送信を移動端末に要求するために使用される。
ホットスポット端末が移動端末により送信されたインターネットアクセス要求を受信すると、ホットスポット端末は、受信されたインターネットアクセス要求に従って入力要求を移動端末に送信する。具体的に、移動端末は、ホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークにログインすることを要求し、ホットスポット端末は、受信されたインターネットアクセス要求に従って、移動端末が遠隔ネットワークにログインすることを防止し、ユーザ識別情報の送信を移動端末に要求するために入力要求を移動端末に送信する。ユーザ識別情報は、移動端末を使用するユーザを識別するために使用され、ユーザ識別情報は、ユーザネーム、ユーザニックネーム、ユーザ電話番号、及びユーザ取決め情報のうちの少なくとも1つの情報を含む。
本発明の別の実施形態において、ホットスポット端末は、受信されたインターネットアクセス要求に従って、移動端末が遠隔ネットワークにログインすることを防止し、入力要求を移動端末に送信し、このことは、ホットスポット端末により転送方式にて実施され得る。すなわち、ホットスポット端末は、移動端末により送信されたインターネットアクセス要求を入力要求に転送方式にて転送する。例えば、移動端末は、sinaにログインすることを要求し、ホットスポット端末は、入力要求を移動端末に転送方式にて送信し、図5Aは、入力要求の具体的な表示インターフェイスの例である。
S604.移動端末は、受信された入力要求に従ってユーザ識別情報をホットスポット端末に送信する。
ユーザ識別情報は、例えば、ユーザネーム、ユーザニックネーム、ユーザ電話番号、及びユーザ取決め情報のうちの少なくとも1つの情報であり得る。
S605.ホットスポット端末は、受信されたユーザ識別情報を表示する。
図5Bのインターフェイスの概略図は説明の例として使用され、インターフェイスに表示された要求に従ってユーザにより入力される許可申請情報は、「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」である。 移動端末によりホットスポット端末に送信されたユーザ識別情報は、許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」である。
S606.ホットスポット端末は、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信する。
管理者は、ホットスポット端末により表示されたユーザ識別情報に従って許可確認命令を入力する。
例えば、ユーザ識別情報は、ホットスポット端末のインターフェイスに表示され、ユーザ識別情報は、許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」を含む。
ホットスポット端末により表示されたユーザ識別情報に従って、その場合にユーザ識別情報が許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」を含み、管理者は、ホットスポット端末のタッチスクリーンを操作することにより、又はホットスポット端末の物理的なボタンを押すことにより、又は別の方式にて許可確認命令を入力する。
S607.ホットスポット端末は、移動端末のインターネットアクセス許可を受信された許可確認命令に従って判定する。
ホットスポット端末は、ユーザ識別情報に従って管理者により入力され受信された許可確認命令に従って、移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークにログインできるかどうかを判定する。
本発明の別の実施形態において、ホットスポット端末がステップS607を行い、移動端末がインターネットアクセス許可を有すると判定した後に、ホットスポット端末は、ステップS608を更に行い得る。
S608.ホットスポット端末は、予め設定されたインターネットアクセス条件に従って、移動端末によるホットスポット端末へのアクセスのインターネットアクセス制限を設定する。
インターネットアクセス制限は、具体的に、ホットスポット端末により確立された非符号化WLANにアクセスする時間、又はインターネットアクセス範囲、又は帯域制限であり得る。
任意選択的に、インターネットアクセス制限は、管理者により設定されてもよく、インターネットアクセス制限は、予め記憶されたホワイトリスト中の移動端末のインターネットアクセス条件を、ホットスポット端末により移動端末のMACアドレスに従って探索した結果に従って設定されてもよい。
移動端末のMACアドレスに従って、ホットスポット端末は、表1に示すように、ホットスポット端末により確立された非符号化WLANに様々な移動端末によりアクセスする時間を設定してもよく、様々な移動端末のインターネットアクセス範囲を設定してもよく、様々な移動端末の帯域制限を設定してもよい。

ホットスポット端末により判定されるインターネットアクセス許可を有する移動端末の場合、ホットスポット端末はホワイトリストを確立し得、ホワイトリスト中の移動端末がインターネットアクセス要求を再び送信するときに、ホットスポット端末は、ホワイトリストを探索し、ホワイトリストに従って移動端末のインターネットアクセス許可及びインターネットアクセス制限を判定し得る。
本発明の別の実施形態において、ホットスポット端末がステップS607を行い、移動端末のインターネットアクセス許可を判定した後に、ホットスポット端末はステップS609を更に行い得る。
S609.ホットスポット端末は、リマインダ情報を移動端末に送信する。
リマインダ情報は、移動端末のインターネットアクセス要求が承認されるかどうかを合図するために使用される。
本発明のこの実施形態において、ホットスポット端末が移動端末のインターネットアクセス要求を受信すると、ホットスポット端末は、入力要求を移動端末に送信し、ホットスポット端末は、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信し、受信された許可確認命令に従って移動端末のインターネットアクセス許可を判定する。移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークにログインするときにパスワードの入力が複雑で面倒であるという問題は解決される。ホットスポット端末の使用により移動端末によるネットワーク接続を行うための便利で効率的な方法は、移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークに安全にログインできることを確実にするという前提の下で提供される。更に、移動端末がインターネットアクセス許可を有するとホットスポット端末が判定した後に、ホットスポット端末は、移動端末の様々なMACアドレスに従って様々な移動端末のインターネットアクセス制限を詳述し、移動端末のインターネットアクセス要求が承認されるかどうかを合図するためにリマインダ情報を移動端末に送信し、様々なインターネットアクセス制限は、移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークにログインすることを確実にするという前提の下で、移動端末が効率的で迅速に遠隔ネットワークにログインできるように様々な移動端末に従って設定される。
図7は、本発明の別の実施形態によるネットワーク接続方法の概略フローチャートである。本方法は以下のステップを含む:
S701.移動端末は、ホットスポット端末により確立された非符号化WLANにホットスポット端末のSSIDに従ってアクセスする。
S702.移動端末は、インターネットアクセス要求をホットスポット端末に送信する。
S703.ホットスポット端末は、受信されたインターネットアクセス要求に従って入力要求を移動端末に送信する。
S704.移動端末は、受信された入力要求に従ってユーザ識別情報をホットスポット端末に送信する。
ステップS701〜S704は、それぞれ図6に示した実施形態のステップS601〜S604と同じであり、具体的な実施方式については、ステップS601〜S604の説明を参照されたい。
S705.ホットスポット端末は、ユーザ識別情報を管理端末に送信する。
ユーザ識別情報は、例えば、ユーザネーム、ユーザニックネーム、ユーザ電話番号、及びユーザ取決め情報のうちの少なくとも1つの情報であり得る。
S706.管理端末は、受信されたユーザ識別情報を表示する。
同様に、図5Bのインターフェイスの概略図は説明の例として使用され、管理端末のインターフェイスが図5Bに示されるインターフェイスを表示するときには、インターフェイスに表示されたユーザ識別情報は、許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」を含む。
S707.管理端末は、管理端末により表示されたユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信する。
管理者は、管理端末により表示されたユーザ識別情報に従って許可確認命令を入力する。
例えば、許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」を含む、管理端末により表示されたユーザ識別情報に従って、管理者は、管理端末のタッチスクリーンを操作することにより、又は管理端末の物理的なボタンを押すことにより、又は別の方式にて許可確認命令を入力する。
S708.管理端末は、管理者により入力される許可確認命令をホットスポット端末に送信する。
S709.ホットスポット端末は、移動端末のインターネットアクセス許可を受信された許可確認命令に従って判定する。
ホットスポット端末は、ユーザ識別情報に従って管理者により入力され受信された許可確認命令に従って、移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークにログインできるかどうかを判定する。
本発明の別の実施形態において、管理端末がステップS709を行い、移動端末がインターネットアクセス許可を有すると判定した後に、管理端末はステップS710を更に行い得る。
S710.管理端末は、予め設定されたインターネットアクセス条件に従って、移動端末によるホットスポット端末へのアクセスのインターネットアクセス制限を設定する。
インターネットアクセス制限は、具体的に、ホットスポット端末により確立された非符号化WLANにアクセスする時間、又は様々な移動端末のために設定されるインターネットアクセス範囲、又は様々な移動端末のために設定される帯域制限であり得る。
任意選択的に、インターネットアクセス制限は管理者により設定されてもよく、インターネットアクセス制限は、予め記憶されたホワイトリスト中の移動端末のインターネットアクセス条件を、ホットスポット端末により移動端末のMACアドレスに従って探索した結果に従って設定されてもよい。
移動端末のMACアドレスに従って、管理端末は、ホットスポット端末により確立された非符号化WLANに様々な移動端末によりアクセスする時間を設定してもよく、様々な移動端末のインターネットアクセス範囲を設定してもよく、様々な移動端末の帯域制限を設定してもよい。代わりに、管理端末は、移動端末とホットスポット端末の間の距離を検出し、移動端末とホットスポット端末の間の検出された距離に従って、移動端末の様々なインターネットアクセス許可を表2に示すように設定する。

管理端末により判定されるインターネットアクセス許可を有する移動端末の場合、管理端末はホワイトリストを確立し、ホワイトリストをホットスポット端末に送信し得る。
S711.管理端末は、設定されたインターネットアクセス制限をホットスポット端末に送信する。
管理端末は、ホットスポット端末の使用により様々な移動端末によりネットワークに接続する時間、又は様々な移動端末のインターネットアクセス範囲、又は様々な移動端末の帯域制限をホットスポット端末に送信し得、それらは、移動端末のMACアドレスに従って設定される。管理端末は、インターネットアクセス許可を有する移動端末のホワイトリストを移動端末にも送信し得る。
本発明の別の実施形態において、ホットスポット端末が、ステップS709を行い、移動端末がインターネットアクセス許可を有すると判定した後に、ホットスポット端末はステップS712を更に行い得る。
S712.ホットスポット端末は、リマインダ情報を移動端末に送信する。
リマインダ情報は、移動端末のインターネットアクセス要求が承認されるかどうかを合図するために使用される。
本発明のこの実施形態において、ホットスポット端末が移動端末のインターネットアクセス要求を受信すると、ホットスポット端末は、入力要求を移動端末に送信し、ホットスポット端末は、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信し、受信された許可確認命令に従って移動端末のインターネットアクセス許可を判定する。移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークにログインするときにパスワードの入力が複雑で面倒であるという問題は解決される。ホットスポット端末の使用により移動端末によるネットワーク接続を行うための便利で効率的な方法は、移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークに安全にログインできることを確実にするという前提の下で提供される。更に、移動端末がインターネットアクセス許可を有すると管理端末が判定した後に、管理端末は、移動端末の様々なMACアドレスに従って様々な移動端末のインターネットアクセス制限を詳述し、設定されたインターネットアクセス制限をホットスポット端末に送信する。移動端末のインターネットアクセス要求が承認されるかどうかを合図するためにリマインダ情報を移動端末に送信し、様々なインターネットアクセス制限は、移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークにログインすることを確実にするという前提の下で、移動端末が効率的で迅速に遠隔ネットワークにログインするように様々な移動端末に従って設定される。
図8は、本発明の実施形態によるホットスポット端末80の概略構成図であり、ホットスポット端末80は、通信モジュール801、プロセッサ802、メモリ803、バス804、表示モジュール805、及び入力モジュール806等の部品を含む。
通信モジュール801は、WIFIチップ又はWIFI機能を伴う集積チップであり得、プロトコル802.11a、802.11b、802.11g、802.11n、及び802.11acのうちの少なくとも1つに対応するWIFIチップ、又はWIFI機能を組み込む複合チップであり得る。
メモリ803は、RAM及びROM、或いは任意の固定記憶媒体又は取外し可能記憶媒体を含み得、本発明の実施形態を実行できるプログラム又は本発明の実施形態の申請データを記憶するように構成される。バス804の使用によって、メモリ803は、他の構成要素からの入力を受信し、又は、移動端末により送信されたインターネットアクセス要求若しくは移動端末により送信されたユーザ識別情報等の記憶された情報は、他の構成要素により呼び出される。
図9に示すように、プロセッサ802は、演算論理ユニット(Arithmetic Logic Unit、ALU)8022、レジスタ8021、及びコントローラ8023を含み、ALU8022は、プロセッサ802が行うことができる各種の計算を担当する。レジスタ8021は、コード及びデータをプログラム実行プロセス中に一時的に記憶するように構成される。コントローラ8023は、命令実行及び情報伝達を制御するように構成される。
メモリ803は、メモリ803に記憶された、本発明の実施形態のプログラムを実行し、バス804の使用により別のユニットとの双方向通信を実施するように構成される。
出力ユニット805は、ユーザにより入力される情報又はユーザのために提供される情報を表示するように構成される。入力ユニット806は、ユーザの入力命令を受信し、外部入力用のインターフェイスを提供するように構成され得る。
メモリ803及びプロセッサ802は、本発明の実施形態を適用するための物理モジュールに更に組み込まれ得、本発明の実施形態を実施するプログラムは、物理モジュールに記憶され物理モジュールにおいて実行される。
ホットスポット端末80の全ての構成要素は、バスシステム804の使用により一緒に結合され、バス804は、データバスを含み、電力バス、制御バス、状態信号バス等を更に含み得る。しかし、説明の明確さのために、各種のバスは、バスシステム804として図中に印を付けられている。
本発明のこの実施形態において、ホットスポット端末80のユニットは、以下の内容を別々に実行する。
プロセッサ802は、非符号化WLANを確立するように構成される。
通信モジュール801は、移動端末により送信されたインターネットアクセス要求を受信するように構成され、インターネットアクセス要求は、移動端末がプロセッサ802により確立された非符号化無線ローカルエリアネットワークWLANにホットスポット端末80のサービスセット識別子SSIDに従ってアクセスした後に、ホットスポット端末80に送信される。
プロセッサ802は、受信されたインターネットアクセス要求に従って、入力要求を移動端末に送信することを通信モジュール801に命令するように更に構成され、入力要求は、ユーザ識別情報の送信を移動端末に要求するために使用され、ユーザ識別情報は、移動端末を使用するユーザを識別するために使用される。
通信モジュール801は、移動端末により送信されたユーザ識別情報を受信するように更に構成される。ユーザ識別情報は、例えば、ユーザネーム、ユーザニックネーム、ユーザ電話番号、及びユーザ取決め情報のうちの少なくとも1つの情報であり得る。
プロセッサ802は、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信し、通信モジュール801により受信された許可確認命令に従って移動端末のインターネットアクセス許可を判定するように更に構成される。
メモリ803は、通信モジュールにより受信されたインターネットアクセス要求、プロセッサにより通信モジュールに送信された命令、及び受信されたユーザ識別情報を記憶するように構成される。
本発明の別の実施形態において、通信モジュール801は、ユーザ識別情報を管理端末に送信し、管理端末により送信された許可確認命令を受信し、許可確認命令をプロセッサに送信するように更に構成され、許可確認命令は、管理端末により表示されたユーザ識別情報に従って管理者により入力される。
本発明の別の実施形態において、表示モジュール805は、通信モジュール801が移動端末により送信されたユーザ識別情報を受信した後にユーザ識別情報を表示するように構成される。
ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信すると、プロセッサ802は、具体的に、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を入力モジュール806の使用により受信するように構成される。
本発明の別の実施形態において、移動端末のインターネットアクセス許可が許可確認命令に従って判定された後に、プロセッサ802は、移動端末によるWLANへのアクセスのインターネットアクセス制限を、予め設定されたインターネットアクセス条件に従って設定するように更に構成される。
本発明の別の実施形態において、プロセッサ802は、移動端末のインターネットアクセス許可が判定された後にリマインダ情報を移動端末に送信するように更に構成され、リマインダ情報は、移動端末のインターネットアクセス要求が承認されるかどうかを合図するために使用される。
便利で簡単な説明を目的として、本発明のこの実施形態のホットスポット端末は、前述した方法実施形態の方法を実行するように構成されており、詳細については、前述した方法実施形態の対応するプロセスを参照されたく、ここには再び記述していない。
本発明のこの実施形態において、ホットスポット端末が移動端末のインターネットアクセス要求を受信すると、ホットスポット端末は、入力要求を移動端末に送信し、ホットスポット端末は、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信し、受信された許可確認命令に従って移動端末のインターネットアクセス許可を判定する。移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークにログインするときにパスワードの入力が複雑で面倒であるという問題は解決される。ホットスポット端末の使用により移動端末によるネットワーク接続を行うための便利で効率的な方法は、移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークに安全にログインできることを確実にするという前提の下で提供される。更に、移動端末がインターネットアクセス許可を有すると管理端末が判定した後に、管理端末は、移動端末の様々なMACアドレスに従って様々な移動端末のインターネットアクセス制限を詳述し、設定されたインターネットアクセス制限をホットスポット端末に送信する。移動端末のインターネットアクセス要求が承認されるかどうかを合図するためにリマインダ情報を移動端末に送信し、様々なインターネットアクセス制限は、移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークにログインすることを確実にするという前提の下で、移動端末が効率的で迅速に遠隔ネットワークにログインするように様々な移動端末に従って設定される。
図10は、本発明の実施形態による管理端末100の概略構成図であり、管理端末100は、通信モジュール1001、プロセッサ1002、メモリ1003、バス1004、表示モジュール1005、及び入力モジュール1006等の部品を含む。
通信モジュール1001は、WIFIチップ又はWIFI機能を伴う集積チップであり得、プロトコル802.11a、802.11b、802.11g、802.11n、及び802.11acのうちの少なくとも1つに対応するWIFIチップ、又はWIFI機能を組み込む複合チップであり得る。
メモリ1003は、RAM及びROM、或いは任意の固定記憶媒体又は取外し可能記憶媒体を含み得、本発明の実施形態を実行できるプログラム又は本発明の実施形態の申請データを記憶するように構成される。バス1004の使用によって、メモリ1003は、他の構成要素からの入力を受信し、又は、移動端末により送信されたインターネットアクセス要求若しくは移動端末により送信されたユーザ識別情報等の記憶された情報は、他の構成要素により呼び出される。
メモリ1003は、メモリ1003に記憶された、本発明の実施形態のプログラムを実行し、バス1004の使用により別のユニットとの双方向通信を実施するように構成される。
出力ユニット1005は、ユーザにより入力される情報又はユーザのために提供される情報を表示するように構成され得る。入力ユニット1006は、ユーザの入力命令を受信し、外部入力用のインターフェイスを提供するように構成され得る。
メモリ1003及びプロセッサ1002は、本発明の実施形態を適用するための物理モジュールに更に組み込まれ得、本発明の実施形態を実施するプログラムは、物理モジュールに記憶され物理モジュールにおいて実行される。
管理端末100の全ての構成要素は、バスシステム1004の使用により一緒に結合され、バス1004は、データバスを含み、電力バス、制御バス、状態信号バス等を更に含み得る。しかし、説明の明確さのために、各種のバスは、バスシステム1004として図中に印を付けられている。
本発明のこの実施形態において、管理端末100のユニットは、以下の内容を別々に実行する。
通信モジュール1001は、ホットスポット端末により送信されたユーザ識別情報を受信するように構成され、ユーザ識別情報は、移動端末を使用するユーザを識別するために使用され、移動端末は、ホットスポット端末により確立された非符号化無線ローカルエリアネットワークWLANにアクセスし、インターネットアクセス要求をホットスポット端末に送信する端末である。
表示モジュール1005は、ユーザ識別情報を表示するように構成される。
ユーザ識別情報は、例えば、ユーザネーム、ユーザニックネーム、ユーザ電話番号、及びユーザ取決め情報のうちの少なくとも1つの情報であり得る。
プロセッサ1002は、具体的に、表示モジュール1005により表示されたユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を入力モジュール1006の使用により受信するように構成される。
プロセッサ1002は、ホットスポット端末が移動端末のインターネットアクセス許可を判定するために、許可確認命令をホットスポット端末に送信することを許可確認命令に従って通信モジュールに1001に命令するように更に構成される。
プロセッサ1002は、通信モジュール1001が許可確認情報をホットスポット端末に送信した後に移動端末のインターネットアクセス条件を設定するように更に構成される。
通信モジュール1001は、プロセッサ1002により設定されたインターネットアクセス条件をホットスポット端末に送信するように更に構成される。
便利で簡単な説明を目的として、本発明のこの実施形態のホットスポット端末は、前述した方法実施形態の方法を実行するように構成されており、詳細については、前述した方法実施形態の対応するプロセスを参照されたく、ここには再び記述していない。
本発明のこの実施形態において、ホットスポット端末が移動端末のインターネットアクセス要求を受信すると、ホットスポット端末は、入力要求を移動端末に送信し、ホットスポット端末は、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信し、受信された許可確認命令に従って移動端末のインターネットアクセス許可を判定する。移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークにログインするときにパスワードの入力が複雑で面倒であるという問題は解決される。ホットスポット端末の使用により移動端末によるネットワーク接続を行うための便利で効率的な方法は、移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークに安全にログインできることを確実にするという前提の下で提供される。更に、移動端末がインターネットアクセス許可を有すると管理端末が判定した後に、管理端末は、移動端末の様々なMACアドレスに従って様々な移動端末のインターネットアクセス制限を詳述し、設定されたインターネットアクセス制限をホットスポット端末に送信する。移動端末のインターネットアクセス要求が承認されるかどうかを合図するためにリマインダ情報を移動端末に送信し、様々なインターネットアクセス制限は、移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークにログインすることを確実にするという前提の下で、移動端末が効率的で迅速に遠隔ネットワークにログインするように様々な移動端末に従って設定される。
当業者は、この明細書に開示している実施形態に記述された例との組合せにおいて、コンピュータソフトウェアと電子ハードウェアの組合せによりユニット、アルゴリズム及び方法ステップが実施され得ることを気づき得る。機能がハードウェア又はソフトウェアのいずれにより行われるかは、技術的解決策の個々の適用及び設計制約条件に依存する。個々の各適用のために記述される機能を実施するために様々な方法を当業者が使用し得るが、実施は、本発明の範囲を超えるものであるとみなされるべきではない。
前述した機械及び装置の詳細な作動プロセスの便利で簡単な説明を目的として、前述した方法実施形態の対応するプロセスを参照し得ることは、当業者により明確に理解され得、詳細については、ここに再び記述していない。
本明細書において提供される幾つかの実施形態において、開示している装置、機械及び方法は、他の方式において実施され得る。例えば、記述している装置実施形態は単なる例示である。例えば、ユニットの区分は、単なる論理的な機能区分であり、実際の実施においては他の区分であってもよい。例えば、複数のユニット又は構成要素は、組み合わされてもよく、別のシステムに組み込まれてもよく、一部の特徴は、省略されてもよく、行われなくてもよい。加えて、表示又は議論された相互結合又は直接的な結合又は通信接続は、何らかのインターフェイスを通じて実施されてもよい。機械間又はユニット間の間接的な結合又は通信接続は、電子的、機械的又は他の形態において実施されてもよい。
個別の部品として記述されるユニットは、物理的に分離していてもよく、そうでなくてもよく、ユニットとして表示される部品は、物理的なユニットでもよく、そうでなくてもよく、1つの位置に位置していてもよく、複数のネットワークユニットに分散していてもよい。ユニットの一部又は全ては、本発明の実施形態の解決策の目的を達成するために、実際の必要性に従って選択されてもよい。
加えて、本発明の実施形態の機能的ユニットは、1つの処理ユニットに組み込まれてもよく、ユニットのそれぞれは、物理的に独立して存在してもよく、そうでなければ、2つ又はそれ以上のユニットは、1つのユニットに組み込まれる。
当業者は、本方法実施形態の全て又は一部のステップが、関連するハードウェアに命令するプログラムにより実施され得ることを理解し得る。プログラムは、コンピュータ読取可能な記憶媒体に記憶されてもよい。プログラムが実行すると、本方法実施形態のステップが行われる。前述した記憶媒体は、ROM、RAM、磁気ディスク又は光学ディスク等、プログラムコードを記憶できる任意の媒体を含む。
前述した説明は、本発明の単なる具体的な実施方式であり、本発明の保護範囲を制限することを意図していない。本発明に開示される技術的範囲において当業者により容易に理解されるいかなる変形又は置換も、本発明の保護範疇に属するべきである。したがって、本発明の保護範囲は、特許請求の保護範囲の対象であるべきである。
801 通信モジュール
802 プロセッサ
803 メモリ
804 バス
805 表示モジュール
806 入力モジュール
8021 レジスタ
8023 コントローラ
1001 通信モジュール
1002 プロセッサ
1003 メモリ
1004 バス
1005 表示モジュール
1006 入力モジュール
本発明において、関係する移動端末は、例えば、移動電話、PC(Personal Computer、パーソナルコンピュータ)、タブレットコンピュータデジタルカメラ、及びゲーム機であり得る。ホットスポット端末は、例えば、無線ルータ、携帯型ルータ、無線モデム、移動電話、PC(Personal Computer、パーソナルコンピュータ)、タブレットコンピュータ及びデジタルカメラであり得る。管理端末は、例えば、移動電話、PC(Personal Computer、パーソナルコンピュータ)、タブレットコンピュータデジタルカメラ、及びゲーム機であり得る。
ホットスポット端末のSSIDは、ホットスポット端末によりWi-Fi(Wireless Fidelity、ワイファイ)方式にて一斉送信されてもよく、ホットスポット端末によりNFC(Near Field Communication、近距離無線通信)等の別の方式にて一斉送信されてもよい。
移動端末がホットスポット端末のSSIDを見出すと、移動端末は、ホットスポット端末により確立されたWLANにホットスポット端末の見出されたSSIDに従ってアクセスすることを要求する。ホットスポット端末は非符号化WLANを確立し、すなわち、移動端末は、パスワードの入力を要しない場合には、ホットスポット端末により確立された非符号化WLANにSSIDに従ってアクセスし得る。
図4は、移動端末がホットスポット端末のSSIDを見出すことを示している、ユーザインターフェイスの概略図であり、図4に示すように、移動端末は、パスワード入力を必要としないSSID:E5730−Openを見出し、移動端末は、ホットスポット端末により確立された非符号化WLANにE5730−Openに従ってアクセスし得る。
本発明の別の実施形態において、ホットスポット端末は、受信されたインターネットアクセス要求に従って、移動端末が遠隔ネットワークにログインすることを防止し、入力要求を移動端末に送信し、このことは、ホットスポット端末により転送方式にて実施され得る。すなわち、ホットスポット端末は、移動端末により送信されたインターネットアクセス要求を入力要求に転送方式にて転送する。例えば、移動端末は、sinaにログインすることを要求し、ホットスポット端末は、入力要求を移動端末に転送方式にて送信し、図5Aは、入力要求の具体的な表示ユーザインターフェイスの例である。
入力を必要とするユーザ識別情報は、図5Aのユーザインターフェイスの概略図に表示され、例えば、以下の情報のうちの1つ又は複数を含み得る:許可申請情報、ニックネーム、及びユーザ電話番号。
図5Bは、移動端末により送信されホットスポット端末により受信されるユーザ識別情報のユーザインターフェイスの概略図である。図5Bのインターフェイスの概略図は説明の例として使用される。
ユーザは、ユーザインターフェイスに表示され入力を必要とするユーザ識別情報に従ってユーザ識別情報を入力し、例えば、入力されたユーザ識別情報は、許可申請情報が「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」であり、ニックネームが「トム」であることを含む。移動端末によりホットスポット端末に送信されたユーザ識別情報は、許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」である。
移動端末の表示ユーザインターフェイスが、「SMSメッセージにより承認結果を私に通知してください。」等の他の内容を更に含んでもよく、ユーザが承認結果をSMSメッセージにより受信するかどうかを選んでもよく、ユーザが承認結果をSMSメッセージにより受信することを選んだ場合に、ユーザがSMSメッセージを受信するために電話番号を記入してもよいことに留意されたい。加えて、移動端末の表示ユーザインターフェイスは、「E5730−Open」及び「こちらはチャンサンの無線ルータです。」等、現在のWLANについての説明を更に含み得る。
同様に、図5Bのユーザインターフェイスの概略図は説明の例として使用される。ユーザがユーザ識別情報を入力しユーザが確認のためにクリック(例えば、「インターネットアクセスを申請する」をクリック)した後に、ホットスポット端末は、移動端末により送信されたユーザ識別情報を受信し、ユーザインターフェイスに表示されたユーザ識別情報は、許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」を含む。
管理端末のユーザインターフェイスに表示されたユーザ識別情報は、許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」を含む。許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」を含む、管理端末により表示されたユーザ識別情報に従って、管理者は、管理端末のタッチスクリーンを操作することにより、又は管理端末の物理的なボタンを押すことにより、又は別の方式にて許可確認命令を入力する。
例えば、ユーザ識別情報は、ホットスポット端末のユーザインターフェイスに表示され、ユーザ識別情報は、許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」を含む。
ホットスポット端末のSSIDは、ホットスポット端末によりWi-Fi(Wireless Fidelity、ワイファイ)方式にて一斉送信されてもよく、ホットスポット端末によりNFC(Near Field Communication、近距離無線通信)等の別の方式にて一斉送信されてもよい。
本発明の別の実施形態において、ホットスポット端末は、受信されたインターネットアクセス要求に従って、移動端末が遠隔ネットワークにログインすることを防止し、入力要求を移動端末に送信し、このことは、ホットスポット端末により転送方式にて実施され得る。すなわち、ホットスポット端末は、移動端末により送信されたインターネットアクセス要求を入力要求に転送方式にて転送する。例えば、移動端末は、sinaにログインすることを要求し、ホットスポット端末は、入力要求を移動端末に転送方式にて送信し、図5Aは、入力要求の具体的な表示ユーザインターフェイスの例である。

図5Bのユーザインターフェイスの概略図は説明の例として使用され、ユーザインターフェイスに表示された要求に従ってユーザにより入力される許可申請情報は、「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」である。 移動端末によりホットスポット端末に送信されたユーザ識別情報は、許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」である。
例えば、ユーザ識別情報は、ホットスポット端末のユーザインターフェイスに表示され、ユーザ識別情報は、許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」を含む。
同様に、図5Bのユーザインターフェイスの概略図は説明の例として使用され、管理端末のユーザインターフェイスが図5Bに示されるユーザインターフェイスを表示するときには、ユーザインターフェイスに表示されたユーザ識別情報は、許可申請情報「私はリーシー、あなたのAPを使って遠隔ネットワークにログインしたい。承認してください。」及びニックネーム「トム」を含む。
管理端末は、ホットスポット端末の使用により様々な移動端末によりネットワークに接続する時間、又は様々な移動端末のインターネットアクセス範囲、又は様々な移動端末の帯域制限をホットスポット端末に送信し得、それらは、移動端末のMACアドレスに従って設定される。管理端末は、インターネットアクセス許可を有する移動端末のホワイトリストをホットスポット端末にも送信し得る。
通信モジュール801は、Wi-Fiチップ又はWi-Fi機能を伴う集積チップであり得、プロトコル802.11a、802.11b、802.11g、802.11n、及び802.11acのうちの少なくとも1つに対応するWi-Fiチップ、又はWi-Fi機能を組み込む複合チップであり得る。
プロセッサ802は、メモリ803に記憶された、本発明の実施形態のプログラムを実行し、バス804の使用により別のユニットとの双方向通信を実施するように構成される。
表示モジュール805は、ユーザにより入力される情報又はユーザのために提供される情報を表示するように構成される。入力モジュール806は、ユーザの入力命令を受信し、外部入力用のインターフェイスを提供するように構成され得る。
ホットスポット端末80の全ての構成要素は、バス804の使用により一緒に結合され、バス804は、データバスを含み、電力バス、制御バス、状態信号バス等を更に含み得る。しかし、説明の明確さのために、各種のバスは、バス804として図中に印を付けられている。
通信モジュール1001は、Wi-Fiチップ又はWi-Fi機能を伴う集積チップであり得、プロトコル802.11a、802.11b、802.11g、802.11n、及び802.11acのうちの少なくとも1つに対応するWi-Fiチップ、又はWi-Fi機能を組み込む複合チップであり得る。
プロセッサ1002は、メモリ1003に記憶された、本発明の実施形態のプログラムを実行し、バス1004の使用により別のユニットとの双方向通信を実施するように構成される。
表示モジュール1005は、ユーザにより入力される情報又はユーザのために提供される情報を表示するように構成され得る。入力ユニット1006は、ユーザの入力命令を受信し、外部入力用のインターフェイスを提供するように構成され得る。
管理端末100の全ての構成要素は、バス1004の使用により一緒に結合され、バス1004は、データバスを含み、電力バス、制御バス、状態信号バス等を更に含み得る。しかし、説明の明確さのために、各種のバスは、バス1004として図中に印を付けられている。
プロセッサ1002は、通信モジュール1001が許可確認命令をホットスポット端末に送信した後に移動端末のインターネットアクセス条件を設定するように更に構成される。
便利で簡単な説明を目的として、本発明のこの実施形態の管理端末は、前述した方法実施形態の方法を実行するように構成されており、詳細については、前述した方法実施形態の対応するプロセスを参照されたく、ここには再び記述していない。



  1. ネットワーク接続方法であって、
    ホットスポット端末によって、移動端末により送信されたインターネットアクセス要求を受信するステップであって、前記移動端末が前記ホットスポット端末により確立された非符号化無線ローカルエリアネットワークWLANに前記ホットスポット端末のサービスセット識別子SSIDに従ってアクセスした後に、前記インターネットアクセス要求が前記ホットスポット端末に送信される、インターネットアクセス要求を受信するステップと、
    前記ホットスポット端末によって、前記受信されたインターネットアクセス要求に従って入力要求を前記移動端末に送信するステップであって、前記入力要求が、ユーザ識別情報の送信を前記移動端末に要求するために使用され、前記ユーザ識別情報が、前記移動端末を使用するユーザを識別するために使用される、入力要求を送信するステップと、
    前記ホットスポット端末によって、前記移動端末により送信された前記ユーザ識別情報を受信するステップと、
    前記ホットスポット端末によって、前記ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信するステップと、
    前記ホットスポット端末によって、前記受信された許可確認命令に従って前記移動端末のインターネットアクセス許可を判定するステップとを含む、ネットワーク接続方法。

  2. 前記ホットスポット端末によって、前記ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信する前記ステップが、具体的に、
    前記ホットスポット端末によって、前記ユーザ識別情報を管理端末に送信するステップと、
    前記ホットスポット端末によって、前記管理端末により送信された前記許可確認命令を受信するステップであって、前記許可確認命令が、前記管理端末により表示された前記ユーザ識別情報に従って前記管理者により入力される、許可確認命令を受信するステップとを含む、請求項1に記載の方法。

  3. 前記ホットスポット端末によって、前記ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信する前記ステップが、具体的に、
    前記ホットスポット端末によって、前記ユーザ識別情報を表示するステップと、
    前記ホットスポット端末によって、前記ユーザ識別情報に従って前記管理者により入力される前記許可確認命令を受信するステップとを含む、請求項1に記載の方法。

  4. 前記ユーザ識別情報が、ユーザネーム、ユーザニックネーム、ユーザ電話番号、及びユーザ取決め情報のうちの少なくとも1つの情報を含む、請求項1から3のいずれか一項に記載の方法。

  5. 前記ホットスポット端末が前記受信された許可確認命令に従って前記移動端末の前記インターネットアクセス許可を判定した後に、前記ホットスポット端末によって、前記移動端末による前記WLANへのアクセスのインターネットアクセス制限を、予め設定されたインターネットアクセス条件に従って設定するステップを更に含む、請求項1から4のいずれか一項に記載の方法。

  6. ネットワーク接続方法であって、
    管理端末によって、ホットスポット端末により送信されたユーザ識別情報を受信するステップであって、前記ユーザ識別情報が、移動端末を使用するユーザを識別するために使用され、前記移動端末が、前記ホットスポット端末により確立された非符号化無線ローカルエリアネットワークWLANにアクセスし、インターネットアクセス要求を前記ホットスポット端末に送信する端末である、ユーザ識別情報を受信するステップと、
    前記管理端末によって、前記ユーザ識別情報を表示するステップと、
    前記管理端末によって、前記管理端末により表示された前記ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信するステップと、
    前記管理端末によって、前記ホットスポット端末が前記移動端末のインターネットアクセス許可を判定するために、前記許可確認命令を前記ホットスポット端末に送信するステップとを含む、ネットワーク接続方法。

  7. 前記管理端末によって、前記許可確認命令を前記ホットスポット端末に送信した後に、前記管理端末によって、前記移動端末のインターネットアクセス条件を設定し、前記設定されたインターネットアクセス条件を前記ホットスポット端末に送信するステップを更に含む、請求項6に記載の方法。

  8. 前記ユーザ識別情報が、ユーザネーム、ユーザニックネーム、ユーザ電話番号、及びユーザ取決め情報のうちの少なくとも1つの情報を含む、請求項6又は7に記載の方法。

  9. ホットスポット端末であって、通信モジュール及びプロセッサを備え、
    前記プロセッサが、非符号化無線ローカルエリアネットワークWLANを確立するように構成され、
    前記通信モジュールが、移動端末により送信されたインターネットアクセス要求を受信するように構成され、前記移動端末が前記プロセッサにより確立された前記非符号化無線ローカルエリアネットワークWLANに前記ホットスポット端末のサービスセット識別子SSIDに従ってアクセスした後に、前記インターネットアクセス要求が前記ホットスポット端末に送信され、
    前記プロセッサが、前記通信モジュールにより受信された前記インターネットアクセス要求に従って入力要求を前記移動端末に送信することを前記通信モジュールに命令するように更に構成され、前記入力要求が、ユーザ識別情報の送信を前記移動端末に要求するために使用され、前記ユーザ識別情報が、前記移動端末を使用するユーザを識別するために使用され、
    前記通信モジュールが、前記移動端末により送信された前記ユーザ識別情報を受信するように更に構成され、
    前記プロセッサが、前記ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信し、前記移動端末のインターネットアクセス許可を前記許可確認命令に従って判定するように更に構成される、ホットスポット端末。

  10. 前記通信モジュールが、前記ユーザ識別情報を管理端末に送信し、前記管理端末により送信された前記許可確認命令を受信し、前記許可確認命令を前記プロセッサに送信するように更に構成され、前記許可確認命令が、前記管理端末により表示された前記ユーザ識別情報に従って前記管理者により入力される、請求項9に記載のホットスポット端末。

  11. 前記ホットスポット端末が、表示モジュール及び入力モジュールを更に備え、
    前記表示モジュールが、前記移動端末により送信された前記ユーザ識別情報を前記通信モジュールが受信した後に前記ユーザ識別情報を表示するように構成され、
    前記ユーザ識別情報に従って前記管理者により入力される前記許可確認命令を受信すると、前記プロセッサが、具体的に、前記ユーザ識別情報に従って前記管理者により入力される前記許可確認命令を前記入力モジュールの使用により受信するように構成される、請求項9に記載のホットスポット端末。

  12. 前記移動端末の前記インターネットアクセス許可が前記許可確認命令に従って判定された後に、前記プロセッサが、前記移動端末による前記WLANへのアクセスのインターネットアクセス制限を、予め設定されたインターネットアクセス条件に従って設定するように更に構成される、請求項9から11のいずれか一項に記載のホットスポット端末。

  13. 前記ユーザ識別情報が、ユーザネーム、ユーザニックネーム、ユーザ電話番号、及びユーザ取決め情報のうちの少なくとも1つの情報を含む、請求項9から12のいずれか一項に記載のホットスポット端末。

  14. 管理端末であって、通信モジュール、表示モジュール、入力モジュール、及びプロセッサを備え、
    前記通信モジュールが、ホットスポット端末により送信されたユーザ識別情報を受信するように構成され、前記ユーザ識別情報が、移動端末を使用するユーザを識別するために使用され、前記移動端末が、前記ホットスポット端末により確立された非符号化無線ローカルエリアネットワークWLANにアクセスし、インターネットアクセス要求を前記ホットスポット端末に送信する端末であり、
    前記表示モジュールが、前記ユーザ識別情報を表示するように構成され、
    前記プロセッサが、前記表示モジュールにより表示された前記ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を前記入力モジュールの使用により受信するように構成され、
    前記プロセッサが、前記移動端末のインターネットアクセス許可を前記ホットスポット端末が判定するために、前記許可確認命令を前記ホットスポット端末に送信することを前記許可確認命令に従って前記通信モジュールに命令するように更に構成される、管理端末。

  15. 前記通信モジュールが前記許可確認情報を前記ホットスポット端末に送信した後に、前記プロセッサが、前記移動端末のインターネットアクセス条件を設定するように更に構成され、
    前記通信モジュールが、前記プロセッサにより設定された前記インターネットアクセス条件を前記ホットスポット端末に送信するように更に構成される、請求項14に記載の管理端末。

  16. 前記ユーザ識別情報が、ユーザネーム、ユーザニックネーム、ユーザ電話番号、及びユーザ取決め情報のうちの少なくとも1つの情報を含む、請求項14又は15に記載の管理端末。

 

 

Patent trol of patentswamp
類似の特許
ここでの教示の一つの観点によれば、無線通信ネットワークにおいて動作している無線デバイス(22)は、所与の周波数レイヤーのために指定されている性能要件に基づいて、当該レイヤー上でインター周波数測定を実行するために使用される測定レートを決定する。たとえば、無線デバイス(22)は、インター周波数測定を実行するレイヤーのうちの他の一つについて指定されている性能要件よりも高い性能要件を有する周波数レイヤーについてより高い測定レートを使用する。同様に、例示的なシナリオによれば、ネットワークノードは、ターゲットとなるデバイスに対してコンフィギュレーション情報を送信し、ここで当該情報は当該デバイスがインター周波数測定を実行すべきレイヤーを示し、かつ、これらのレイヤーの一つ一つに対応する性能要件を示している。一例として、ネットワークノードは基地局、リレー無線デバイスまたは他の無線デバイスであってもよい。
ストリーミングデータを受信するためのデバイスが、第2のサービスを介してストリーミングデータを受信するように構成されたブロードキャストまたはマルチキャストミドルウェアユニットと、ミドルウェアユニットとクライアントアプリケーションとの間に配置されるように構成されたプロキシユニットであって、ストリーミングデータが第1のサービスを介して受信されるべきかまたは第2のサービスを介して受信されるべきかの指示を受信すること、指示がストリーミングデータが第1のサービスを介して受信されるべきであることを示すとき、ミドルウェアユニットを無効化すること、および第1のサービスを介してストリーミングデータを受信すること、ならびに指示がストリーミングデータが第2のサービスを介して受信されるべきであることを示すとき、第2のサービスを介してストリーミングデータを受信するためにミドルウェアユニットをアクティブ化することであって、第2のサービスが、ブロードキャストサービスまたはマルチキャストサービスのうちの少なくとも1つを含む、アクティブ化すること、およびミドルウェアユニットからストリーミングデータを受信することを行うようにさらに構成される、プロキシユニットとを含む。
無線通信システムにおける、パラメータの第1の組を使用してシステムの一次ノードおよび二次ノードとデュアル接続されたユーザ機器の間で無線構成パラメータを同期させるための方法であって、二次ノードからUEへと無線構成パラメータの組を送信するステップと、ユーザ機器から二次ノードへとアップデートされたパラメータの組についての同期化要求を送信するステップと、もしあればアップデートされたパラメータの組を適用するステップとを含む方法。
第1の無線アクセスネットワークにアタッチしているユーザ装置(UE)からのデータフローの負荷分散を第1の無線アクセスネットワークと第2の無線アクセスネットワークとの間で行う方法であって、選好データを第1の無線アクセスネットワークからUE代表無線関連パラメータに提供するステップと、UEのアクセスネットワーク発見および選択機能(ANDSF)の有無を決定するステップと、UEにおいて、ANDSFが存在する場合はこのANDSFの使用を含め、選好データを評価し、データフローを第2の無線アクセスネットワークにオフロード可能であるか否かを決定するステップと、評価に基づいて、UEのデータフローを第1の無線アクセスネットワークからオフロードするステップと、を含む方法である。
本発明の実施形態は、データ送信方法および装置を開示する。本発明の実施形態は、第1の端末によって、第1の通信リンクを使用することによって、第2の端末へのデータ送信を行うステップと、第1の端末によって、データ送信のレートを検出するステップと、第1の端末によって、データ送信のレートに基づいて、事前に設定されたレート条件が満たされているかどうか判定するステップと、データ送信のレートが事前に設定されたレート条件を満たす場合、第1の端末によって、第2の端末に、第2の通信リンクを使用することによって、第1の端末へのデータ送信を行うように命令するステップと、第1の端末によって、第2の通信リンクを使用することによって、第2の端末へのデータ送信を行うステップとを含む。本発明の実施形態で提供されるデータ送信方法に基づくと、ブルートゥースを使用することによって、第1の端末によって第2の端末へのデータ送信を行うことと、wifiを使用することによって、第1の端末によって第2の端末へのデータ送信を行うこととの間の切替の問題が解決される。
ワイヤレス通信のための方法、装置、およびコンピュータプログラム製品が提供される。この装置は、第1のネットワークを使用して音声呼を開始し、条件が存在することを決定し、および当該条件が存在するという決定の後に、その音声呼を第1のネットワークから第2のネットワークへ切り換えるように構成される少なくとも1つのプロセッサを含み得る。第1のネットワークは、パケット交換ネットワークであり得、第2のネットワークは回線交換ネットワークであり得、当該条件は、パケット交換ネットワークが粗悪なカバレッジ品質を有することであり得る。代替的に、第1のネットワークは回線交換ネットワークであり得、第2のネットワークはパケット交換ネットワークであり得、当該条件は、パケット交換ネットワークが改善されたカバレッジ品質を有することであり得る。オプションで、ユーザは切り換えを実行するように促され得、ユーザは切り換えを実行するために入力を提供し得る。切り換えは、SRVCCまたはRRCシグナリングを使用して実行され得る。
【選択図】図1
本発明の実施形態は、ネットワーク通信方法、装置、およびシステムを提供する。方法は、ueによって、アクセスネットワークのrncによって送られた命令情報を受信するステップであって、命令情報は、ueに、マクロ基地局とのアップリンクおよびダウンリンクのサービス送信を実行し、第1の領域においてマイクロ基地局とのアップリンクサービス送信を実行し、かつ/またはマイクロ基地局とのアップリンクおよびダウンリンクのサービス送信を実行し、第2の領域においてマクロ基地局とのダウンリンクサービス送信を実行するステップと、ueによって、命令情報によりサービス送信を実行するステップとを含む。本発明の実施形態によって提供されるネットワーク通信方法、装置、およびシステムは、ueによって第1の領域においてマイクロ基地局に引き起こされるアップリンク干渉を最小限にし、マクロ基地局によって第2の領域においてマイクロ基地局に引き起こされるダウンリンク干渉を最小限にすることができ、さらに、マイクロ基地局のアップリンク有効範囲およびマクロ基地局のダウンリンク有効範囲は、完全に利用され得、これにより、hetnetのエッジ領域において送信のスループットレートおよび信頼性が改善される。
複数のノードを含む多インターフェース低電力および高損失ネットワークにおいて、低送信電力および中送信電力トポロジーが、ネットワークのために定義され、チャネルホッピングスケジュールが、各トポロジーにおいて動作するデバイスのために定義される。送信側は、データが低送信電力トポロジー上のリンクを介して送信され得ると判定する。送信側は、低送信電力トポロジー上のリンクを介したデータの送信のための送信パラメータを決定し、データの送信のための低送信電力チャネルを決定する。送信側は、決定されたチャネルおよび送信パラメータを受信側に送信する。送信側は、低送信電力トポロジーにおいて決定されたチャネルを介してデータを送信する。
異なる無線アクセス技術(RAT)の多数のワイヤレスシステムとの同時通信をサポートするワイヤレスデバイスが開示される。例証的な設計において、装置は、異なるRATのワイヤレスシステムからの同時信号受信をサポートする第1および第2の受信機を含む。第1の受信機は、第1のRATの第1のワイヤレスシステムから第1のダウンリンク信号を受信する。第2の受信機は、第2のRATの第2のワイヤレスシステムから第2のダウンリンク信号を受信し、第2のRATは、第1のRATとは異なる。第1および第2の受信機は、同時に動作しうる。第2の受信機は、ブロードバンドでありうる、および/または、キャリアアグリゲーションをサポートしうる。装置はさらに、電圧制御発振器(VCO)プリングを緩和するために異なる分割器比に基づいて、それぞれ、第1および第2の受信機に対して局部発振器(LO)信号を生成するための第1および第2のLO生成器を含みうる。
【選択図】図2
モード切り替え方法及び装置を提供する。該方法は、第1の基地局がモード切り替え情報を含むメッセージを第1のユーザ機器UEに送信し、前記第1のUEが前記モード切り替え情報に持つモードの指示情報に基づいてモード切り替えを行うようにトリガーすることを含む。本発明によると、既存技術においてモードを融通性よく切り替えすることができないのでサービスの連続性が悪い問題を解決し、システム全体の処理量を向上させる効果を実現する。
To top