通信方法、通信装置、及び基地局

 

本発明は、通信方法、通信装置、及び基地局を提供する。この方法によれば、基地局は、ユーザ装置(UE)が他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得し、ここで、開始時間の前にUEが位置するネットワークのネットワーク種別は、他のネットワークのネットワーク種別と異なり、次に、基地局は、開始時間を起点として使用する第1の持続時間内にUEに対してデータをスケジューリングするのを停止する。これによって、基地局とUEとの間の再送信が低減され、基地局により提供されるネットワークでの下りリンクリソースの浪費が更に低減される。

 

 

本発明の実施例は、通信技術に関し、特に通信方法、通信装置、及び基地局に関する。
現在の通信プロセスでは、オペレータは、一般的に、データサービス及び音声サービスを提供するために、CDMA及びLTEのハイブリッド型ネットワーキングを選択する。例えば、LTEネットワークは、高速データサービスを提供するために選択され、CDMAネットワークは、音声サービスを提供するために選択される。
従来技術では、シングルラジオ(Single Radio)技術に基づく多方式端末、すなわち、同時に1つのネットワークとデータ受信及び送信を実行可能な端末は、LTEネットワークとRRCコネクションを確立し、すなわち、RRCアクティベート状態でデータを受信又は送信し、多方式端末は、ページングメッセージを受信するために周期的にCDMAネットワークに切り替えられ得る。LTEネットワークがアイドル状態にある場合、多方式端末は、ページングを監視するために、固定のLTEページング周期でLTEページングメッセージを監視するだけでなく、固定のCDMA 1xページング周期で受信機をCDMA 1xネットワークに切り替える。
しかし、従来技術では、UEがLTEネットワークでRRCアクティベート状態にある場合、UEがCDMAネットワークでページングメッセージを監視するためにLTEネットワークを離れる期間に、LTE eNBは、データを送信するためにUEのためのLTE下りリンクリソースを更にスケジューリングする可能性がある。しかし、UEは、この時点でLTEネットワークを既に離れているため、eNBは、データをUEに送出した後にUEから応答を受信することができない。従って、基地局は、データをUEに絶えず再送信する可能性があり、これによって、LTE下りリンクリソースの浪費を生じる。
本発明の実施例は、基地局のUEが他のネットワークでページング情報を監視するために現在のネットワークを離れた場合、基地局がデータをUEに絶えず再送信する可能性があるという問題に対処することを目的とした、通信方法、通信装置及び基地局を提供する。
第1の態様によれば、通信方法が提供され、基地局により、ユーザ装置(UE)が他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得するステップであり、開始時間の前にUEが位置するネットワークのネットワーク種別は、他のネットワークのネットワーク種別と異なるステップと、基地局により、開始時間を起点として使用する第1の持続時間内にUEに対してデータをスケジューリングするのを停止するステップとを含む。
第1の態様の第1の可能な実現方式では、基地局により、ユーザ装置(UE)が他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得するステップは、基地局により、UEのフレームオフセットを取得するステップと、基地局により、フレームオフセットに従って、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得するステップとを含む。
第1の態様を参照して、第1の態様の第2の可能な実現方式では、基地局により、ユーザ装置(UE)が他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得するステップは、以下の方式、すなわち、第1の予め設定された持続時間内に、基地局がUEにより送信されたチャネル状態情報(CSI)又はサウンディングリファレンス信号(SRS)を受信していない場合、第1の予め設定された持続時間の終了時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定するステップ、又は、第2の予め設定された持続時間内に、基地局が物理上りリンク共有情報リソース(PUSCH)においてUEにより送信されたデータを受信していない場合、第2の予め設定された持続時間の終了時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定するステップ、又は、第1の予め設定された回数内に、基地局が物理上りリンク共有情報リソース(PUSCH)においてUEにより送信されたデータを受信していない場合、第1の予め設定された回数の最後の回数の時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定するステップ、又は、第3の予め設定された持続時間内に、基地局がUEにより送信されたACK又はNACKを受信していない場合、第3の予め設定された持続時間の終了時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定するステップ、又は、第2の予め設定された回数内に、基地局がUEにより送信されたACK又はNACKを受信していない場合、第2の予め設定された回数の最後の回数の時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定するステップ、のうち少なくとも1つを含む。
第1の態様の第1の可能な実現方式を参照して、第1の態様の第3の可能な実現方式では、基地局により、UEのフレームオフセットを取得するステップは、基地局により、モビリティ・マネジメント・エンティティ(MME)により送信されたイニシャル・コンテキスト・アップデート要求メッセージを受信するステップであり、イニシャル・コンテキスト・アップデート要求メッセージは、フレームオフセットを保持するステップを含む。
第1の態様の第1の可能な実現方式を参照して、第1の態様の第4の可能な実現方式では、基地局により、UEのフレームオフセットを取得するステップは、基地局により、フレームオフセット要求メッセージをモビリティ・マネジメント・エンティティ(MME)に送信するステップであり、フレームオフセット要求メッセージは、UEのフレームオフセットを要求するために使用されるステップと、基地局により、MMEにより送信されたフレームオフセット応答メッセージを受信するステップであり、フレームオフセット応答メッセージは、フレームオフセットを保持するステップとを含む。
第1の態様の第1の可能な実現方式を参照して、第1の態様の第5の可能な実現方式では、基地局により、UEのフレームオフセットを取得するステップは、基地局により、UEのフレームオフセットを要求する情報をCDMA-LTEインターワーキング機能エンティティ(IWS)に送信するステップと、基地局により、IWSにより送信されたフレームオフセットを受信するステップとを含む。
第1の態様の第1の可能な実現方式を参照して、第1の態様の第6の可能な実現方式では、基地局により、UEのフレームオフセットを取得するステップは、基地局により、UEにより送信された無線リソース制御プロトコル(RRC)コネクション・アップデート・メッセージを受信するステップであり、RRCコネクション・アップデート・メッセージは、UEのフレームオフセットパラメータを保持するステップ、又は、基地局により、UEにより送信されたページングフレームオフセット応答メッセージを受信するステップであり、ページングフレームオフセット応答メッセージは、基地局がページングオフセット要求メッセージをUEに送信した後に基地局により受信され、ページングフレームオフセット応答メッセージは、UEのフレームオフセットを保持するステップを含む。
第1の態様又は第1の態様の第1〜第6の可能な実現方式のうちいずれか1つを参照して、第1の態様の第7の可能な実現方式では、基地局により、UEに対してデータをスケジューリングするのを停止するステップは、基地局により、サービスゲートウェイ(SGW)がUEに送信するデータをキャッシュするステップと、基地局により、UEに対する上りリンクタイミングアドバンス測定を停止し、TA調整をUEに送信するのをスキップするステップと、基地局により、ACK/NACKフィードバックをUEに送信するのを停止するステップと、基地局により、UEにより送信されたACK/NACKを受信するのを停止するステップとを含む。
第1の態様の第7の可能な実現方式を参照して、第1の態様の第8の可能な実現方式では、基地局により、UEに対してデータをスケジューリングするのを停止するステップは、基地局により、UEに対して上りリンクチャネル状態情報(CSI)検出、サウンディングリファレンス信号(SRS)検出、及びチャネル推定又は測定フィルタ処理を停止するステップと、基地局により、スケジューリング要求(SR)検出を停止するステップとを更に含む。
第1の態様又は第1の態様の第1〜第8の可能な実現方式のうちいずれか1つを参照して、第1の態様の第9の可能な実現方式では、基地局により、UEに対してデータをスケジューリングするのを停止した後に、この方法は、基地局がUEにより送信されたACK又はNACKを受信している場合、基地局により、UEが基地局により提供されるネットワークに戻ったと決定するステップ、又は、基地局がUEにより送信されたデータを受信している場合、基地局により、UEが基地局により提供されるネットワークに戻ったと決定するステップであり、データは、SR、CSI又はSRSのうち少なくとも1つを含むステップを更に含む。
第1の態様の第9の可能な実現方式を参照して、第1の態様の第10の可能な実現方式では、基地局により、UEが基地局により提供されるネットワークに戻ったと決定した後に、この方法は、基地局により、開始時間及びページング周期に従って、UEが次回に他のネットワークでページング情報を監視する時間を決定するステップを更に含む。
第1の態様の第9の可能な実現方式を参照して、第1の態様の第11の可能な実現方式では、基地局により、UEが基地局により提供されるネットワークに戻ったと決定した後に、この方法は、基地局により、UEが基地局により提供されるネットワークに戻った時間が復帰時間であると決定するステップと、基地局により、復帰時間及びページング周期に従って、UEが次回に他のネットワークにより提供されるページング情報を監視する時間を決定するステップとを更に含む。
第2の態様によれば、通信装置が提供され、ユーザ装置(UE)が他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を獲得するように構成された取得モジュールであり、開始時間の前にUEが位置するネットワークのネットワーク種別は、他のネットワークのネットワーク種別と異なる取得モジュールと、開始時間を起点として使用する第1の持続時間内にUEに対してデータをスケジューリングするのを停止するように構成された処理モジュールとを含む。
第2の態様の第1の可能な実現方式では、取得モジュールは、UEのフレームオフセットを取得するように具体的に構成され、処理モジュールは、フレームオフセットに従って、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得するように更に構成される。
第2の態様を参照して、第2の態様の第2の可能な実現方式では、取得モジュールは、第1の予め設定された持続時間内に、基地局がUEにより送信されたチャネル状態情報(CSI)又はサウンディングリファレンス信号(SRS)を受信していない場合、第1の予め設定された持続時間の終了時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定するように具体的に構成され、或いは、第2の予め設定された持続時間内に、基地局が物理上りリンク共有情報リソース(PUSCH)においてUEにより送信されたデータを受信していない場合、第2の予め設定された持続時間の終了時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定するように具体的に構成され、或いは、第1の予め設定された回数内に、基地局が物理上りリンク共有情報リソース(PUSCH)においてUEにより送信されたデータを受信していない場合、第1の予め設定された回数の最後の回数の時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定するように具体的に構成され、或いは、第3の予め設定された持続時間内に、基地局がUEにより送信されたACK又はNACKを受信していない場合、第3の予め設定された持続時間の終了時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定するように具体的に構成され、或いは、第2の予め設定された回数内に、基地局がUEにより送信されたACK又はNACKを受信していない場合、第2の予め設定された回数の最後の回数の時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定するように具体的に構成される。
第2の態様の第1の可能な実現方式を参照して、第2の態様の第3の可能な実現方式では、取得モジュールは、モビリティ・マネジメント・エンティティ(MME)により送信されたイニシャル・コンテキスト・アップデート要求メッセージを受信するように具体的に構成され、イニシャル・コンテキスト・アップデート要求メッセージは、フレームオフセットを保持する。
第2の態様の第1の可能な実現方式を参照して、第2の態様の第4の可能な実現方式では、この装置は、送信モジュールを更に含み、送信モジュールは、フレームオフセット要求メッセージをモビリティ・マネジメント・エンティティ(MME)に送信するように構成され、フレームオフセット要求メッセージは、UEのフレームオフセットを要求するように構成され、取得モジュールは、MMEにより送信されたフレームオフセット応答メッセージを受信するように具体的に構成され、フレームオフセット肯定応答メッセージは、フレームオフセットを保持する。
第2の態様の第1の可能な実現方式を参照して、第2の態様の第5の可能な実現方式では、この装置は、送信モジュールを更に含み、送信モジュールは、UEのフレームオフセットを要求する情報をCDMA-LTEインターワーキング機能エンティティ(IWS)に送信するように構成され、取得モジュールは、IWSにより送信されたフレームオフセットを受信するように具体的に構成される。
第2の態様の第1の可能な実現方式を参照して、第2の態様の第6の可能な実現方式では、取得モジュールは、UEにより送信された無線リソース制御プロトコル(RRC)コネクション・アップデート・メッセージを受信するように具体的に構成され、RRCコネクション・アップデート・メッセージは、UEのフレームオフセットパラメータを保持し、或いは、UEにより送信されたページングフレームオフセット応答メッセージを受信するように具体的に構成され、ページングフレームオフセット応答メッセージは、基地局がページングオフセット要求メッセージをUEに送信した後に基地局により受信され、ページングフレームオフセット肯定応答メッセージは、UEのフレームオフセットを保持する。
第2の態様又は第2の態様の第1〜第6の可能な実現方式のうちいずれか1つを参照して、第2の態様の第7の可能な実現方式では、処理モジュールは、サービスゲートウェイ(SGW)がUEに送信するデータをキャッシュするように具体的に構成され、或いは、UEに対する上りリンクタイミングアドバンス測定を停止し、TA調整をUEに送信するのをスキップするように具体的に構成され、或いは、ACK/NACKフィードバックをUEに送信するのを停止するように具体的に構成され、或いは、UEにより送信されたACK/NACKを受信するのを停止するように具体的に構成される。
第2の態様の第7の可能な実現方式を参照して、第2の態様の第8の可能な実現方式では、処理モジュールは、UEに対して上りリンクチャネル状態情報(CSI)検出、サウンディングリファレンス信号(SRS)検出、又はチャネル推定若しくは測定フィルタ処理を停止するように更に構成され、或いは、基地局によるスケジューリング要求(SR)検出を停止するように更に構成される。
第2の態様又は第2の態様の第1〜第8の可能な実現方式のうちいずれか1つを参照して、第2の態様の第9の可能な実現方式では、処理モジュールは、UEにより送信されたACK又はNACKを受信するように更に構成され、この場合、基地局は、UEが基地局により提供されるネットワークに戻ったと決定し、或いは、UEにより送信されたデータを受信するように更に構成され、この場合、基地局は、UEが基地局により提供されるネットワークに戻ったと決定し、データは、SR、CSI又はSRSのうち少なくとも1つを含む。
第2の態様の第9の可能な実現方式を参照して、第2の態様の第10の可能な実現方式では、処理モジュールは、開始時間及びページング周期に従って、UEが次回に他のネットワークでページング情報を監視する時間を決定するように更に構成される。
第2の態様の第9の可能な実現方式を参照して、第2の態様の第11の可能な実現方式では、処理モジュールは、UEが基地局により提供されるネットワークに戻った時間が復帰時間であると決定し、復帰時間及びページング周期に従って、UEが次回に他のネットワークにより提供されるページング情報を監視する時間を決定するように更に構成される。
第3の態様によれば、基地局が提供され、送信機と、受信機と、メモリと、送信機、受信機及びメモリにそれぞれ接続されたプロセッサとを含み、メモリは、プログラムコードのグループを記憶し、プロセッサは、第1の態様又は第1の態様の第1〜第11の可能な実現方式のうちいずれか1つによる方法を実行するために、メモリに記憶されたプログラムコードを呼び出すように構成される。
第4の態様によれば、基地局が提供され、第2の態様又は第2の態様の第1〜第11の可能な実現方式のうちいずれか1つによる装置を含む。
通信方法、通信装置及び基地局が本発明の実施例で提供される。この方法では、基地局は、ユーザ装置(UE)が他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得し、ここで、開始時間の前にUEが位置するネットワークのネットワーク種別は、他のネットワークのネットワーク種別と異なり、次に、基地局は、開始時間を起点として使用する第1の持続時間内にUEに対してデータをスケジューリングするのを停止する。これによって、基地局とUEとの間の再送信が低減され、基地局により提供されるネットワークでの下りリンクリソースの浪費が更に低減される。
本発明の実施例又は従来技術の技術的対策を更に明確に説明するために、以下に、実施例又は従来技術を説明するために必要な添付図面について簡単に紹介する。明らかに、以下の説明において、添付図面は、本発明のいくつかの実施例を示しており、当業者は、創造的取り組みを行うことなく、依然としてこれらの添付図面から他の図面を導き得る。
本発明による通信方法の実施例のフローチャート 本発明による通信方法の他の実施例のフローチャート 本発明による通信方法の更に他の実施例のフローチャート 本発明による通信装置の実施例の概略構成図 本発明による通信装置の他の実施例の概略構成図 本発明による基地局の実施例の概略構成図
本発明の実施例の目的、技術的対策及び利点を明確にするために、以下に、本発明の実施例の添付図面を参照して、本発明の実施例の技術的対策を明確且つ完全に説明する。明らかに、説明する実施例は、本発明の実施例の全てではなく、一部である。創造的取り組みを行うことなく本発明の実施例に基づいて当業者により得られる全ての他の実施例は、本発明の保護範囲内に入るものとする。
本発明の実施例で提供される通信方法及び通信装置は、通信システムにおいてユーザ装置(UE)が第1のネットワークと無線リソース制御(Radio Resource Control、以下ではRRCと呼ばれる)プロトコルのコネクションを確立しており、RRCアクティベート状態にある場合、すなわち、UEが第1のネットワークとデータ伝送を実行する場合、UEが第2のネットワークでページング情報を監視するために第1のネットワークを離れたとき、UEに対するデータスケジューリング処理が停止されるという処理に具体的に適用されてもよい。第1のネットワーク及び第2のネットワークは種別で異なる。例えば、第1のネットワークは、LTEネットワークであり、第2のネットワークは、CDMAネットワークである。本発明の実施例で提供される通信方法は、通信装置により具体的に実行されてもよく、通信装置は、基地局に統合されてもよく、ソフトウェア及び/又はハードウェアを用いて実現されてもよい。第1のネットワークがLTEネットワークであり、第2のネットワークがCDMAネットワークであることが、本発明の実施例を詳細に説明するために、以下において例として使用される。
図1は、本発明による通信方法の実施例のフローチャートである。図1に示すように、実施例で提供される通信方法は、以下を具体的に含む。
ステップ101:基地局は、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得する。
開始時間の前にUEが位置するネットワークのネットワーク種別は、他のネットワークのネットワーク種別と異なり、開始時間は、UEが他のネットワークでページング情報を監視し始める開始タイムスロットでもよい点に留意すべきである。
例えば、UEは、CDMAネットワークでページング情報を監視するために、基地局により提供されるLTEネットワークを周期的に離れてもよい。CDMAネットワークは、LTEネットワークを提供する基地局により提供されてもよく、他の基地局により提供されてもよい。具体的に、開始時間の前の第1の指定の持続時間にUEが位置するネットワークのネットワーク種別は、開始時間の後の第2の指定の持続時間にUEが位置するネットワークのネットワーク種別と異なる。第1の指定の持続時間及び第2の指定の持続時間は、基地局を使用することにより手動で設定されてもよい。例えば、UEがLTEネットワークに周期的にアクセスする持続時間は、第1の指定の持続時間であり、UEがCDMAネットワークに、すなわち、CDMAネットワークを監視するために周期的にアクセスする持続時間は、第2の指定の持続時間である。
本発明の実施例では、基地局は、少なくとも3つの実現方式で、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得する。これらは以下を含んでもよい。
第1の実現方式:基地局は、UEのフレームオフセットを取得し、次に、基地局は、フレームオフセットに従って、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得する。
第2の実現方式:特定の持続時間内及び/又は特定の予め設定された回数内に、基地局がUEにより送信された情報を受信していない場合、基地局は、UEが他のネットワークでページング情報を監視していると決定し、UEが他のネットワークでページング情報を監視している時間は、UEが今回に他のネットワークでページング情報を開始する開始時間として使用される。
第3の実現方式:基地局は、UEが最後に他のネットワークでページング情報を監視する時間、又はUEが最後に他のネットワークでページング情報を監視した後に戻った時間に従って、UEが今回に他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得する。
具体的に、第1の実現方式では、基地局は、少なくとも3つの実現シナリオでUEのフレームオフセットを取得する。これらは以下を含む。
第1の実現シナリオ:基地局は、モビリティ・マネジメント・エンティティ(Mobility Management Entity、以下ではMMEと呼ばれる)からUEのフレームオフセットを取得する。例えば、UEが基地局とRRCコネクションを確立している場合、基地局は、MMEにより送信されたイニシャル・コンテキスト・アップデート要求メッセージを受信してもよく、ここで、イニシャル・コンテキスト・アップデート要求メッセージは、フレームオフセットを保持し、或いは、基地局は、フレームオフセット要求メッセージをMMEに送信し、フレームオフセット要求メッセージは、UEのフレームオフセットを要求するために使用され、次に、基地局が、MMEにより送信されたフレームオフセット応答メッセージを受信し、ここで、フレームオフセット応答メッセージは、フレームオフセットを保持する。フレームオフセットは、端末の国際移動体加入者識別番号(International Mobile Subscriber Identification Number、以下ではIMSIと呼ばれる)に従った計算を通じてMMEにより取得されてもよい点に留意すべきである。
第2の実現シナリオ:基地局は、CDMA-LTEインターワーキング機能エンティティ(Interworking solution function、以下ではIWSと呼ばれる)からUEのフレームオフセットを取得する。例えば、UEが基地局とRRCコネクションを確立している場合、基地局は、UEのフレームオフセットを要求する情報をIWSに送信し、次に、基地局は、IWSにより送信されたフレームオフセットを受信する。フレームオフセットは、IMSIに従った計算を通じてIWSにより取得されてもよい点に留意すべきである。
第3の実現シナリオ:基地局は、UEからUEのフレームオフセットを取得する。例えば、UEが基地局とRRCコネクションを確立している場合、基地局は、UEにより送信されたRRCコネクション・アップデート・メッセージを受信し、ここで、RRCコネクション・アップデート・メッセージは、UEのフレームオフセットパラメータを保持し、或いは、基地局は、UEにより送信されたページングフレームオフセット応答メッセージを受信し、ここで、ページングフレームオフセット応答メッセージは、基地局がページングフレームオフセット要求メッセージをUEに送信した後に基地局により受信され、ページングフレームオフセット応答メッセージは、UEのフレームオフセットを保持する。フレームオフセットは、IMSIに従った計算を通じてUEにより取得されてもよい点に留意すべきである。
対応して、前述の実現シナリオのいずれか1つで、基地局は、フレームオフセット及びページング周期に従って、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得してもよい。
例えば、基地局は、QPCHチャネルが構成されているか否かに従って、UEがクイックページングチャネルにおいて他のネットワークでページング情報を監視するか否かを決定してもよい。構成されたQPCHチャネルについての情報は手動で或いは静的に基地局で構成されてもよい。QPCHチャネルが構成されていると基地局が決定した場合、UEがクイックページングチャネルにおいて他のネットワークでページング情報を監視すると決定され、式(2)が適用される。或いは、QPCHチャネルが構成されていないと基地局が決定した場合、UEがページングチャネルにおいて他のネットワークでページング情報を監視すると決定され、式(1)が適用される。これによって、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間は、式(1)又は式(2)に従って取得される。
式(1):(T/4-フレームオフセット)mod(ページング周期)=0
ここで、Tは、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間、すなわち、UEが他のネットワークでページング情報を監視し始める時間であり、ページング周期は、端末のページング周期である。
式(2):((T+5)/4-フレームオフセット)mod(ページング周期)=0
ここで、Tは、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間、すなわち、UEが他のネットワークでページング情報を監視し始める時間であり、ページング周期は、端末のページング周期である。
具体的に、第2の実現方式では、基地局は、以下の方式のうち少なくとも1つを使用することにより、UEが他のネットワークでページング情報を監視していると決定してもよい。これらは以下を含む。
方式1:第1の予め設定された持続時間内に、基地局は、UEにより送信されたチャネル状態情報(Channel status Indicator、以下ではCSIと呼ばれる)又はサウンディングリファレンス信号(Sounding Reference Signal、以下ではSRSと呼ばれる)を受信していない。
方式2:第2の予め設定された持続時間内又は第2の予め設定された回数内に、基地局は、物理上りリンク共有情報リソース(Physical Uplink Share Channel、以下ではPUSCHと呼ばれる)においてUEにより送信されたデータを受信していない。
方式3:第3の予め設定された持続時間内又は第2の予め設定された回数内に、基地局は、UEにより送信された肯定応答又は否定応答(Negative Acknowledgement、以下ではNACKと呼ばれる)の応答を受信していない。例えば、基地局がデータパケットをUEに送信したが、UEがデータパケットを復調するのに成功した後に、UEにより送信されたACK情報を受信しない、或いは、基地局がデータパケットをUEに送信したが、UEがデータパケットを復調するのに失敗した後に、UEにより送信されたNACK情報を受信しない。
対応して、基地局は、UEが他のネットワークでページング情報を監視する時間が前述の開始時間であると決定する。
具体的に、第3の実現方式では、基地局は、UEが最後に他のネットワークでページング情報を監視する時間、又はUEが最後に他のネットワークでページング情報を監視した後に戻った時間に従って、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得してもよい。
例えば、基地局は、UEが最後に他のネットワークでページング情報を監視する時間及びページング周期に従って、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得してもよい。すなわち、Tleave(n)=Tleave(n-1)+Pperiodが適用され、ここで、Tleave(n)は、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間である。
Pperiodはページング周期であり、これは、基地局で設定されてもよい点に留意すべきである。或いは、UEが他のネットワークでページング情報を監視する時間間隔は、第1又は第2の実現方式に従って決定され、すなわち、時間間隔はページング周期として使用される。
Tleave(n-1)は、UEが他のネットワークでページング情報を監視する時間であり、最後に基地局により決定される。基地局は、第1又は第2の実現方式に従って、UEが最後に他のネットワークでページング情報を監視する時間を決定してもよい。
任意選択で、基地局は、UEが最後に他のネットワークでページング情報を監視した後に戻った時間及びページング周期に従って、或いはTleave(n)=Tleave(n-1)+Pperiod-Psearchにより、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得してもよい。ここで、Tleave(n)は、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間である。
Pperiodはページング周期であり、これは、基地局で設定されてもよい点に留意すべきである。或いは、UEが他のネットワークでページング情報を監視する時間間隔は、第1又は第2の実現方式に従って決定され、すなわち、時間間隔はページング周期として使用される。
Psearchは、UEが他のネットワーク、例えば、CDMAネットワークを検索するためにLTEにより提供されるネットワークを離れる時間であり、最後に他のネットワークでページング情報を監視する時間及びLTEネットワークに戻る時間に従って、UEがLTEにより提供されるネットワークを離れて他のネットワークを検索し始める時間を決定してもよい。
Tleave(n-1)は、UEが他のネットワークでページング情報を監視する時間である。基地局は、第1又は第2の実現方式に従って、UEが最後に他のネットワークでページング情報を監視する時間を決定してもよい。
ステップ102:基地局は、開始時間を起点として使用する第1の持続時間内にUEに対してデータをスケジューリングするのを停止する。
この実施例では、基地局は、以下の方式のうち少なくとも1つでUEに対してデータをスケジューリングするのを停止してもよい。これらは具体的に以下のものである。
第1の方式:基地局は、サービスゲートウェイ(SGW)がUEに送信するデータをキャッシュする。
第2の方式:基地局は、UEに対する上りリンクタイミングアドバンス測定を停止し、TA調整をUEに送信しない。
第3の方式:基地局は、ACK/NACKフィードバックをUEに送信するのを停止し、すなわち、基地局が前にUEにスケジューリングした上りリンクデータについて、基地局は、ACK/NACKフィードバックをUEに送信するのを停止する。
第4の方式:基地局は、UEにより送信されたACK/NACKを受信するのを停止し、すなわち、基地局がスケジューリングした下りリンクデータについて、基地局は、UEにより送信されたACK/NACKを受信するのを停止する。
更に、前述の実施例に基づいて、基地局がUEに対してデータをスケジューリングするのを停止する方式は、以下を更に含んでもよい。
第5の方式:基地局は、UEに対して上りリンクCSI検出、SRS検出、及びチャネル推定又は測定フィルタ処理を停止する。
第6の方式:基地局は、スケジューリング要求(Scheduling Request、以下ではSRと呼ばれる)検出を実行しない。
本発明の実施例で提供される通信方法によれば、基地局は、ユーザ装置(UE)が他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得し、ここで、開始時間の前にUEが位置するネットワークのネットワーク種別は、他のネットワークのネットワーク種別と異なり、次に、基地局は、開始時間を起点として使用する第1の持続時間内にUEに対してデータをスケジューリングするのを停止する。これによって、基地局とUEとの間の再送信が低減され、基地局により提供されるネットワークでの下りリンクリソースの浪費が更に低減される。
更に、前述の実施例に基づいて、基地局がUEに対してデータ処理をスケジューリングするのを停止するステップ101の後に、この方法は以下を更に含んでもよい。
基地局がUEにより送信されたACK又はNACKを受信している場合、基地局は、UEが基地局により提供されるネットワークに戻ったと決定する、或いは、
基地局がUEにより送信されたデータを受信している場合、基地局は、UEが基地局により提供されるネットワークに戻ったと決定し、ここで、データは、SR、CSI又はSRSのうち少なくとも1つを含む。
図2は、本発明による通信方法の他の実施例のフローチャートである。図2に示すように、実施例で提供される通信方法は、以下を具体的に含む。
ステップ201:基地局は、UEのフレームオフセットを取得する。
具体的に、基地局は、少なくとも3つの実現シナリオでUEのフレームオフセットを取得する。これらは以下を含む。
第1の実現シナリオ:基地局は、MMEからUEのフレームオフセットを取得する。例えば、UEが基地局とRRCコネクションを確立している場合、基地局は、MMEにより送信されたイニシャル・コンテキスト・アップデート要求メッセージを受信してもよく、ここで、イニシャル・コンテキスト・アップデート要求メッセージは、フレームオフセットを保持し、或いは、基地局は、フレームオフセット要求メッセージをMMEに送信し、フレームオフセット要求メッセージは、UEのフレームオフセットを要求するために使用され、次に、基地局が、MMEにより送信されたフレームオフセット応答メッセージを受信し、ここで、フレームオフセット応答メッセージは、フレームオフセットを保持する。
MMEが基地局に送信するフレームオフセットは、UEのIMSIに従った計算を通じてMMEにより取得されたフレームオフセットでもよい点に留意すべきである。
第2の実現シナリオ:基地局は、IWSからUEのフレームオフセットを取得する。例えば、UEが基地局とRRCコネクションを確立している場合、基地局は、MMEがエアインタフェース要求情報をIWSに送信するために、上りリンクトンネルメッセージをMMEに送信し、ここで、上りリンクトンネルメッセージは、UEのフレームオフセットを要求するために使用され、次に、IWSは、MMEが下りリンクトンネルメッセージを基地局に送信するために、エアインタフェース情報に対応する情報をMMEに送信し、ここで、下りリンクトンネルメッセージは、フレームオフセットパラメータを保持し、更に、下りリンクトンネルメッセージはまたページング周期を保持する。
IWSが基地局に送信するフレームオフセットは、UEのIMSIに従った計算を通じてIWSにより取得されたフレームオフセットでもよい点に留意すべきである。
第3の実現シナリオ:基地局は、UEからUEのフレームオフセットを取得する。例えば、UEが基地局とRRCコネクションを確立している場合、基地局は、UEにより送信されたRRCコネクション・アップデート・メッセージを受信し、ここで、RRCコネクション・アップデート・メッセージは、UEのフレームオフセットパラメータを保持し、或いは、基地局は、UEにより送信されたページングフレームオフセット応答メッセージを受信し、ここで、ページングフレームオフセット応答メッセージは、基地局がページングフレームオフセット要求メッセージをUEに送信した後に基地局により受信され、ページングフレームオフセット応答メッセージは、UEのフレームオフセットを保持する。
UEが基地局に送信するフレームオフセットは、UEのIMSIに従った計算を通じてUEにより取得されたフレームオフセットでもよい点に留意すべきである。
ステップ202:基地局は、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得する。
本発明のこの実施例では、前述の実現シナリオのうちいずれか1つで、基地局は、フレームオフセット及びページング周期に従って、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間、又はUEが他のネットワークでページング情報を開始し始める時間を取得してもよい。ページング周期は、UE、MME又はIWSによって基地局により取得されてもよく、基地局に設定されてもよい。
更に、基地局は、QPCHチャネルが構成されているか否かに従って、UEがクイックページングチャネルにおいて他のネットワークでページング情報を監視するか否かを更に決定してもよい。構成されたQPCHチャネルについての情報は手動で或いは静的にeNBで構成されてもよい。QPCHチャネルが構成されていると基地局が決定した場合、基地局は、UEがクイックページングチャネルにおいて他のネットワークでページング情報を監視すると決定し、式(2)が適用される。或いは、QPCHチャネルが構成されていないと基地局が決定した場合、UEがページングチャネルにおいて他のネットワークでページング情報を監視すると決定され、式(1)が適用される。これによって、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間は、式(1)又は式(2)に従って取得される。
式(1):(T/4-フレームオフセット)mod(ページング周期)=0
ここで、Tは、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間、すなわち、UEが他のネットワークでページング情報を監視し始める時間であり、ページング周期は、端末のページング周期である。
式(2):((T+5)/4-フレームオフセット)mod(ページング周期)=0
ここで、Tは、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間、すなわち、UEが他のネットワークでページング情報を監視し始める時間であり、ページング周期は、端末のページング周期である。
ステップ203:基地局は、開始時間を起点として使用する第1の持続時間内にUEに対してデータをスケジューリングするのを停止する。
この実施例では、第1の持続時間は、当業者の予め設定された値であり、第1の持続時間の具体的な値はここでは限定されない。
具体的に、基地局は、以下の方式のうち少なくとも1つでUEに対してデータをスケジューリングするのを停止してもよい。これらは具体的に以下のものである。
第1の方式:基地局は、サービスゲートウェイ(SGW)がUEに送信するデータをキャッシュする。
第2の方式:基地局は、UEに対する上りリンクタイミングアドバンス測定を停止し、TA調整をUEに送信しない。
第3の方式:eNBが前にスケジューリングした上りリンクデータについて、基地局は、ACK/NACKフィードバックをUEに送信するのを停止する。
第4の方式:eNBがスケジューリングした下りリンクデータについて、基地局は、ACK/NACKを受信するのを停止する。
第5の方式:基地局は、UEに対して上りリンクCSI/SRS検出、チャネル推定、及び測定フィルタ処理を停止する。
第6の方式:基地局は、SR検出を停止する。
本発明の実施例で提供される通信方法によれば、基地局は、UEのフレームオフセットを取得し、次に、フレームオフセットに従って、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得する。これによって、基地局とUEとの間の再送信が低減され、基地局により提供されるネットワークでの下りリンクリソースの浪費が更に低減される。
図3は、本発明による通信方法の更に他の実施例のフローチャートである。図3に示すように、実施例で提供される通信方法は、以下を具体的に含んでもよい。
ステップ301:基地局は、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得する。
具体的に、基地局は、以下の方式のうち少なくとも1つで、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得する。
方式1:第1の予め設定された持続時間内に、基地局がUEにより送信されたチャネル状態情報(CSI)又はサウンディングリファレンス信号(SRS)を受信していない場合、第1の予め設定された持続時間の終了時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定する。或いは、
方式2:第2の予め設定された持続時間内に、基地局が物理上りリンク共有チャネル(PUSCH)においてUEにより送信されたデータを受信していない場合、第2の予め設定された持続時間の終了時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定される。
第1の予め設定された回数内に、基地局が物理上りリンク共有チャネル(PUSCH)においてUEにより送信されたデータを受信していない場合、第1の予め設定された回数の最後の回数の時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定される。
例えば、基地局がUEにスケジューリングした上りリンクデータ、又は基地局がUEにアクティブに実行する上りリンクデータのスケジューリングが第2の予め設定された持続時間内又は第1の予め設定された回数にある場合、基地局は、PUSCHにおいてUEにより送信されたデータを受信していない。
方式3:第3の予め設定された持続時間内に、基地局がUEにより送信されたACK又はNACKを受信していない場合、第3の予め設定された持続時間の終了時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定される。或いは、
第2の予め設定された回数内に、基地局がUEにより送信されたACK又はNACKを受信していない場合、第2の予め設定された回数の最後の回数の時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定される。
例えば、基地局が下りリンクデータをUEにスケジューリングしている場合、又は基地局が下りリンクデータをUEにアクティブにスケジューリングする場合、これが第3の予め設定された持続時間内又は第2の予め設定された回数にある場合、基地局は、UEにより送信されたACK又はNACKを受信していない。
基地局は、データパケットをUEに送信し、UEがデータパケットを復調するのに成功した後に、UEにより送信されたACK情報を受信してもよく、或いは、基地局は、データパケットをUEに送信し、UEがデータパケットを復調するのに失敗した後に、UEにより送信されたNACK情報を受信してもよい点に留意すべきである。基地局が下りリンクスケジューリングを実行した後の指定の時間にUEのACK/NACKフィードバックを受信していない場合、又は基地局が上りリンクスケジューリングを実行した後の指定の時間にUEの上りリンクデータを受信していない場合、この現象は、不連続送信(Discontinuous Transmission、以下ではDTXと呼ばれる)現象である。この場合、基地局は、DTX現象の発生に従って、UEが他のネットワークでページング情報を監視している情報を決定してもよい。
ステップ302:基地局は、開始時間を起点として使用する第1の持続時間内にUEに対してデータをスケジューリングするのを停止する。
この実施例では、基地局は、以下の方式のうち少なくとも1つでUEに対してデータをスケジューリングするのを停止してもよい。これらは具体的に以下のものである。
第1の方式:基地局は、サービスゲートウェイ(SGW)がUEに送信するデータをキャッシュする。
第2の方式:基地局は、UEに対する上りリンクタイミングアドバンス測定を停止し、TA調整をUEに送信しない。
第3の方式:基地局が前にUEにスケジューリングした上りリンクデータについて、基地局は、ACK/NACKフィードバックをUEに送信するのを停止する。
第4の方式:基地局がスケジューリングした下りリンクデータについて、基地局は、UEにより送信されたACK/NACKを受信するのを停止する。
更に、前述の実施例に基づいて、基地局がUEに対してデータをスケジューリングするのを停止する第1の持続時間の後に、基地局がUEにより送信されたACK又はNACKを受信した場合、基地局は、UEが基地局により提供されるネットワークに戻ったと決定する、或いは、基地局がUEにより送信されたデータを受信した場合、基地局は、UEが基地局により提供されるネットワークに戻ったと決定し、ここで、データは、SR、CSI又はSRSのうち少なくとも1つを含み、基地局は、UEに対してデータスケジューリングを実行する。
本発明の実施例で提供される通信方法によれば、基地局は、第1の情報を取得し、ここで、第1の情報は、UEが他のネットワークでページング情報を監視しているという情報であり、次に、基地局は、第1の情報を取得した時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定する。これによって、基地局とUEとの間の再送信が低減され、基地局により提供されるネットワークでの下りリンクリソースの浪費が更に低減される。
前述の実施例に基づいて、UEが基地局により提供されるネットワークに戻ったと基地局が決定した後に、この方法は、基地局が、開始時間及びページング周期に従って、UEが次回に他のネットワークでページング情報を監視する時間を決定することを更に含んでもよい。
例えば、基地局は、UEの開始時間及びページング周期に従って、すなわち、Tleave(n+1)=Tleave(n)+Pperiodを適用することにより、UEが次回に他のネットワークでページング情報を監視する時間を決定してもよい。ここで、Tleave(n+1)は、UEが次回に他のネットワークでページング情報を監視する時間である。
Pperiodはページング周期であり、これは、基地局で設定されてもよい点に留意すべきである。或いは、UEが他のネットワークでページング情報を監視する時間間隔は、第1又は第2の実現方式に従って決定され、すなわち、時間間隔はページング周期として使用される。
Tleave(n)は、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であり、基地局により決定される。基地局は、前述の実施例のいずれか1つの実現方式に従って、UEが最後に他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を決定してもよい。
任意選択で、前述の実施例に基づいて、UEが基地局により提供されるネットワークに戻ったと基地局が決定した後に、この方法は、基地局が、UEが基地局により提供されるネットワークに戻った時間が復帰時間であると決定し、基地局が、復帰時間及びページング周期に従って、UEが次回に他のネットワークにより提供されるページング情報を監視する時間を決定することを更に含んでもよい。
例えば、基地局は、復帰時間及びページング周期に従って、すなわち、Tleave(n+1)=Tleave(n)+Pperiod-Psearchを適用することにより、UEが次回に他のネットワークでページング情報を監視する時間を決定してもよい。ここで、Tleave(n+1)は、UEが次回に他のネットワークでページング情報を監視する時間である。
Pperiodはページング周期であり、これは、基地局で設定されてもよい点に留意すべきである。或いは、UEが他のネットワークでページング情報を監視する時間間隔は、第1又は第2の実現方式に従って決定され、すなわち、時間間隔はページング周期として使用される。
Psearchは、UEがLTEにより提供されるネットワークを離れて他のネットワークを検索し始める時間である。
Tleave(n)は、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であり、基地局により決定される。基地局は、前述の実施例のいずれか1つの実現方式に従って、UEが最後に他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を決定してもよい。
図4は、本発明による通信装置の実施例の概略構成図である。図4に示すように、通信装置は、取得モジュール401と、処理モジュール402とを含む。
取得モジュール401は、ユーザ装置(UE)が他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を獲得するように構成される。開始時間の前にUEが位置するネットワークのネットワーク種別は、他のネットワークのネットワーク種別と異なる。
処理モジュール402は、開始時間を起点として使用する第1の持続時間内にUEに対してデータをスケジューリングするのを停止するように構成される。
本発明の実施例で提供される通信装置によれば、基地局は、ユーザ装置(UE)が他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得し、ここで、開始時間の前にUEが位置するネットワークのネットワーク種別は、他のネットワークのネットワーク種別と異なり、次に、基地局は、開始時間を起点として使用する第1の持続時間内にUEに対してデータをスケジューリングするのを停止する。これによって、基地局とUEとの間の再送信が低減され、基地局により提供されるネットワークでの下りリンクリソースの浪費が更に低減される。
前述の実施例に基づいて、取得モジュール401は、UEのフレームオフセットを取得するように具体的に構成され、処理モジュール402は、フレームオフセットに従って、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を獲得するように更に構成される。
任意選択で、前述の実施例に基づいて、取得モジュール401及び取得モジュールは、第1の予め設定された持続時間内に、基地局がUEにより送信されたチャネル状態情報(CSI)又はサウンディングリファレンス信号(SRS)を受信していない場合、第1の予め設定された持続時間の終了時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定されることを決定するように具体的に構成され、或いは、第2の予め設定された持続時間内に、基地局が物理上りリンク共有チャネル(PUSCH)においてUEにより送信されたデータを受信していない場合、第2の予め設定された持続時間の終了時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定されることを決定するように具体的に構成され、或いは、第1の予め設定された回数内に、基地局が物理上りリンク共有チャネル(PUSCH)においてUEにより送信されたデータを受信していない場合、第1の予め設定された回数の最後の回数の時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定されることを決定するように具体的に構成され、或いは、第3の予め設定された持続時間内に、基地局がUEにより送信されたACK又はNACKを受信していない場合、第3の予め設定された持続時間の終了時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定されることを決定するように具体的に構成され、或いは、第2の予め設定された回数内に、基地局がUEにより送信されたACK又はNACKを受信していない場合、第2の予め設定された回数の最後の回数の時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定されることを決定するように具体的に構成される。
処理モジュール402は、第1の情報を取得した時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定するように更に構成される。
更に、前述の実施例に基づいて、取得モジュール401は、モビリティ・マネジメント・エンティティ(MME)により送信されたイニシャル・コンテキスト・アップデート要求メッセージを受信するように具体的に構成され、イニシャル・コンテキスト・アップデート要求メッセージは、フレームオフセットを保持する。
図5は、本発明による通信装置の他の実施例の概略構成図である。前述の実施例に基づいて、図5に示す通信装置は、送信モジュール403を更に含んでもよい。
送信モジュール403は、フレームオフセット要求メッセージをモビリティ・マネジメント・エンティティ(MME)に送信するように構成され、フレームオフセット要求メッセージは、UEのフレームオフセットを要求するように構成される。取得モジュール401は、MMEにより送信されたフレームオフセット応答メッセージを受信するように具体的に構成され、フレームオフセット応答メッセージは、フレームオフセットを保持する。
任意選択で、前述の実施例に基づいて、この装置は、送信モジュールを更に含んでもよい。送信モジュール403は、UEのフレームオフセットを要求する情報をCDMA-LTEインターワーキング機能エンティティ(IWS)に送信するように構成される。取得モジュール401は、IWSにより送信されたフレームオフセットを受信するように具体的に構成される。
任意選択で、前述の実施例に基づいて、取得モジュール401は、UEにより送信された無線リソース制御プロトコル(RRC)コネクション・アップデート・メッセージを受信するように具体的に構成され、RRCコネクション・アップデート・メッセージは、UEのフレームオフセットパラメータを保持し、或いは、UEにより送信されたページングフレームオフセット応答メッセージを受信するように具体的に構成され、ページングフレームオフセット応答メッセージは、基地局がページングオフセット要求メッセージをUEに送信した後に基地局により受信され、ページングフレームオフセット応答メッセージは、UEのフレームオフセットを保持する。
更に、前述の実施例に基づいて、処理モジュール402は、サービスゲートウェイ(SGW)がUEに送信するデータをキャッシュするように具体的に構成され、或いは、UEに対する上りリンクタイミングアドバンス測定を停止し、TA調整をUEに送信しないように具体的に構成され、或いは、ACK/NACKフィードバックをUEに送信するのを停止するように具体的に構成され、或いは、UEにより送信されたACK/NACKを受信するのを停止するように具体的に構成される。
前述の実施例に基づいて、処理モジュール402は、UEに対して上りリンクチャネル状態情報(CSI)検出、サウンディングリファレンス信号(SRS)検出、又はチャネル推定若しくは測定フィルタ処理を停止するように更に構成され、或いは基地局によるスケジューリング要求(SR)検出を停止するように更に構成される。
更に、前述の実施例に基づいて、処理モジュールは、UEが基地局により提供されるネットワークに戻ったと基地局が決定するために、UEにより送信されたACK又はNACKを受信するように構成され、或いは、UEにより送信されたデータを受信するように構成され、この場合、基地局は、UEが基地局により提供されるネットワークに戻ったと決定し、データは、SR、CSI又はSRSのうち少なくとも1つを含む。
前述の実施例に基づいて、処理モジュール402は、開始時間及びページング周期に従って、UEが次回に他のネットワークでページング情報を監視する時間を決定するように更に構成される。
前述の実施例に基づいて、処理モジュール402は、UEが基地局により提供されるネットワークに戻った時間が復帰時間であると決定し、復帰時間及びページング周期に従って、UEが次回に他のネットワークにより提供されるページング情報を監視する時間を決定するように更に構成される。
図6は、本発明による基地局の実施例の概略構成図である。図6に示すように、基地局は、送信機601と、受信機602と、メモリ603と、受信機602及びメモリ603にそれぞれ接続されたプロセッサ604とを含み、メモリ603は、プログラムコードのグループを記憶し、プロセッサ604は、前述の方法の実施例を実行するために、メモリに記憶されたプログラムコードを呼び出すように構成される。
基地局の実施例は、基地局とUEとの間の再送信を低減し、これによって、基地局により提供されるネットワークでの下りリンクリソースの浪費を更に低減する。
本発明の実施例は、図4又は図5に示す前述の通信装置のいずれか1つを含む基地局を提供する。
基地局の実施例は、基地局とUEとの間の再送信を低減し、これによって、基地局により提供されるネットワークでの下りリンクリソースの浪費を更に低減する。
当業者は、方法の実施例のステップの全部又は一部が、関係するハードウェアに命令するプログラムにより実現されてもよいことを認識し得る。プログラムは、コンピュータ読み取り可能記憶媒体に記憶されてもよい。プログラムが実行する場合、方法の実施例のステップが実行される。前述の記憶媒体は、ROM、RAM、磁気ディスク又は光ディスクのようなプログラムコードを記憶することができるいずれかの媒体を含む。
最後に、前述の実施例は、単に本発明の技術的対策を説明することを意図するものであり、本発明を限定することを意図するものではない点に留意すべきである。前述の実施例を参照して本発明について詳細に説明したが、当業者は、依然として、本発明の実施例の技術的対策の範囲を逸脱することなく、前述の実施例で説明した技術的対策に変更を行ってもよく、或いは、その一部又は全部の技術的特徴に等価置換を行ってもよいことを認識すべきである。
従来技術では、シングルラジオ技術に基づく多方式端末、すなわち、同時に1つのネットワークとデータ受信及び送信を実行可能な端末は、LTEネットワークとRRCコネクションを確立し、すなわち、RRCアクティベート状態でデータを受信又は送信し、多方式端末は、ページングメッセージを受信するために周期的にCDMAネットワークに切り替えられ得る。LTEネットワークがアイドル状態にある場合、多方式端末は、ページングメッセージを監視するために、固定のLTEページング周期でLTEページングメッセージを監視するだけでなく、固定のCDMA 1xページング周期で受信機をCDMA 1xネットワークに切り替える。
第2の態様の第1の可能な実現方式を参照して、第2の態様の第4の可能な実現方式では、この装置は、送信モジュールを更に含み、送信モジュールは、フレームオフセット要求メッセージをモビリティ・マネジメント・エンティティ(MME)に送信するように構成され、フレームオフセット要求メッセージは、UEのフレームオフセットを要求するように構成され、取得モジュールは、MMEにより送信されたフレームオフセット応答メッセージを受信するように具体的に構成され、フレームオフセット応答メッセージは、フレームオフセットを保持する。
第2の態様の第1の可能な実現方式を参照して、第2の態様の第6の可能な実現方式では、取得モジュールは、UEにより送信された無線リソース制御プロトコル(RRC)コネクション・アップデート・メッセージを受信するように具体的に構成され、RRCコネクション・アップデート・メッセージは、UEのフレームオフセットパラメータを保持し、或いは、UEにより送信されたページングフレームオフセット応答メッセージを受信するように具体的に構成され、ページングフレームオフセット応答メッセージは、基地局がページングオフセット要求メッセージをUEに送信した後に基地局により受信され、ページングフレームオフセット応答メッセージは、UEのフレームオフセットを保持する。
本発明の実施例の技術的対策を更に明確に説明するために、以下に、実施例を説明するために必要な添付図面について簡単に紹介する。明らかに、以下の説明において、添付図面は、本発明のいくつかの実施例を示しており、当業者は、創造的取り組みを行うことなく、依然としてこれらの添付図面から他の図面を導き得る。
本発明の実施例の目的、技術的対策及び利点を明確にするために、以下に、本発明の実施例の添付図面を参照して、本発明の実施例の技術的対策を明確に説明する。明らかに、説明する実施例は、本発明の実施例の全てではなく、一部である。創造的取り組みを行うことなく本発明の実施例に基づいて当業者により得られる全ての他の実施例は、本発明の保護範囲内に入るものとする。
本発明の実施例で提供される通信方法及び通信装置は、通信システムにおいてユーザ装置(UE)が第1のネットワークと無線リソース制御(RRC)プロトコルのコネクションを確立しており、RRCアクティベート状態にある場合、すなわち、UEが第1のネットワークとデータ伝送を実行する場合、UEが第2のネットワークでページング情報を監視するために第1のネットワークを離れたとき、UEに対するデータスケジューリング処理が停止されるという処理に具体的に適用されてもよい。第1のネットワーク及び第2のネットワークは種別で異なる。例えば、第1のネットワークは、LTEネットワークであり、第2のネットワークは、CDMAネットワークである。本発明の実施例で提供される通信方法は、通信装置により具体的に実行されてもよく、通信装置は、基地局に統合されてもよく、ソフトウェア及び/又はハードウェアを用いて実現されてもよい。第1のネットワークがLTEネットワークであり、第2のネットワークがCDMAネットワークであることが、本発明の実施例を詳細に説明するために、以下において例として使用される。
第1の実現シナリオ:基地局は、モビリティ・マネジメント・エンティティ(MME)からUEのフレームオフセットを取得する。例えば、UEが基地局とRRCコネクションを確立している場合、基地局は、MMEにより送信されたイニシャル・コンテキスト・アップデート要求メッセージを受信してもよく、ここで、イニシャル・コンテキスト・アップデート要求メッセージは、フレームオフセットを保持し、或いは、基地局は、フレームオフセット要求メッセージをMMEに送信し、フレームオフセット要求メッセージは、UEのフレームオフセットを要求するために使用され、次に、基地局が、MMEにより送信されたフレームオフセット応答メッセージを受信し、ここで、フレームオフセット応答メッセージは、フレームオフセットを保持する。フレームオフセットは、端末の国際移動体加入者識別番号(IMSI)に従った計算を通じてMMEにより取得されてもよい点に留意すべきである。
第2の実現シナリオ:基地局は、CDMA-LTEインターワーキングソリューション(IWS)機能エンティティからUEのフレームオフセットを取得する。例えば、UEが基地局とRRCコネクションを確立している場合、基地局は、UEのフレームオフセットを要求する情報をIWSに送信し、次に、基地局は、IWSにより送信されたフレームオフセットを受信する。フレームオフセットは、IMSIに従った計算を通じてIWSにより取得されてもよい点に留意すべきである。
例えば、基地局は、クイックページングチャネル(QPCHが構成されているか否かに従って、UEがクイックページングチャネルにおいて他のネットワークでページング情報を監視するか否かを決定してもよい。構成されたQPCHチャネルについての情報は手動で或いは静的に基地局で構成されてもよい。QPCHチャネルが構成されていると基地局が決定した場合、UEがクイックページングチャネルにおいて他のネットワークでページング情報を監視すると決定され、式(2)が適用される。或いは、QPCHチャネルが構成されていないと基地局が決定した場合、UEがページングチャネルにおいて他のネットワークでページング情報を監視すると決定され、式(1)が適用される。これによって、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間は、式(1)又は式(2)に従って取得される。
式(1):(T/4-フレームオフセット)mod(ページング周期)=0
ここで、Tは、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間、すなわち、UEが他のネットワークでページング情報を監視し始める時間であり、ページング周期は、端末のページング周期である。
式(2):((T+5)/4-フレームオフセット)mod(ページング周期)=0
ここで、Tは、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間、すなわち、UEが他のネットワークでページング情報を監視し始める時間であり、ページング周期は、端末のページング周期である。
方式1:第1の予め設定された持続時間内に、基地局は、UEにより送信されたチャネル状態情報(CSI)又はサウンディングリファレンス信号(SRS)を受信していない。
方式2:第2の予め設定された持続時間内又は第2の予め設定された回数内に、基地局は、物理上りリンク共有情報リソース(PUSCH)においてUEにより送信されたデータを受信していない。
方式3:第3の予め設定された持続時間内又は第2の予め設定された回数内に、基地局は、UEにより送信された肯定応答又は否定応答(NACK)の応答を受信していない。例えば、基地局がデータパケットをUEに送信したが、UEがデータパケットを復調するのに成功した後に、UEにより送信されたACK情報を受信しない、或いは、基地局がデータパケットをUEに送信したが、UEがデータパケットを復調するのに失敗した後に、UEにより送信されたNACK情報を受信しない。
任意選択で、前述の実施例に基づいて、取得モジュール401は、第1の予め設定された持続時間内に、基地局がUEにより送信されたチャネル状態情報(CSI)又はサウンディングリファレンス信号(SRS)を受信していない場合、第1の予め設定された持続時間の終了時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定されることを決定するように具体的に構成され、或いは、第2の予め設定された持続時間内に、基地局が物理上りリンク共有チャネル(PUSCH)においてUEにより送信されたデータを受信していない場合、第2の予め設定された持続時間の終了時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定されることを決定するように具体的に構成され、或いは、第1の予め設定された回数内に、基地局が物理上りリンク共有チャネル(PUSCH)においてUEにより送信されたデータを受信していない場合、第1の予め設定された回数の最後の回数の時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定されることを決定するように具体的に構成され、或いは、第3の予め設定された持続時間内に、基地局がUEにより送信されたACK又はNACKを受信していない場合、第3の予め設定された持続時間の終了時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定されることを決定するように具体的に構成され、或いは、第2の予め設定された回数内に、基地局がUEにより送信されたACK又はNACKを受信していない場合、第2の予め設定された回数の最後の回数の時間が、UEが他のネットワークでページング情報を監視する開始時間であると決定されることを決定するように具体的に構成される。



  1. 基地局により、ユーザ装置(UE)が他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得するステップであり、前記開始時間の前に前記UEが位置するネットワークのネットワーク種別は、前記他のネットワークのネットワーク種別と異なるステップと、
    前記基地局により、前記開始時間を起点として使用する第1の持続時間内に前記UEに対してデータをスケジューリングするのを停止するステップと
    を有する通信方法。

  2. 基地局により、ユーザ装置(UE)が他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得するステップは、
    前記基地局により、前記UEのフレームオフセットを取得するステップと、
    前記基地局により、前記フレームオフセットに従って、前記UEが前記他のネットワークで前記ページング情報を監視する前記開始時間を取得するステップと
    を有する、請求項1に記載の方法。

  3. 基地局により、ユーザ装置(UE)が他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得するステップは、以下の方式、すなわち、
    第1の予め設定された持続時間内に、前記基地局が前記UEにより送信されたチャネル状態情報(CSI)又はサウンディングリファレンス信号(SRS)を受信していない場合、前記第1の予め設定された持続時間の終了時間が、前記UEが前記他のネットワークで前記ページング情報を監視する前記開始時間であると決定するステップ、又は、
    第2の予め設定された持続時間内に、前記基地局が物理上りリンク共有情報リソース(PUSCH)において前記UEにより送信されたデータを受信していない場合、前記第2の予め設定された持続時間の終了時間が、前記UEが前記他のネットワークで前記ページング情報を監視する前記開始時間であると決定するステップ、又は、
    第1の予め設定された回数内に、前記基地局が物理上りリンク共有情報リソース(PUSCH)において前記UEにより送信されたデータを受信していない場合、前記第1の予め設定された回数の最後の回数の時間が、前記UEが前記他のネットワークで前記ページング情報を監視する前記開始時間であると決定するステップ、又は、
    第3の予め設定された持続時間内に、前記基地局が前記UEにより送信されたACK又はNACKを受信していない場合、前記第3の予め設定された持続時間の終了時間が、前記UEが前記他のネットワークで前記ページング情報を監視する前記開始時間であると決定するステップ、又は、
    第2の予め設定された回数内に、前記基地局が前記UEにより送信されたACK又はNACKを受信していない場合、前記第2の予め設定された回数の最後の回数の時間が、前記UEが前記他のネットワークで前記ページング情報を監視する前記開始時間であると決定するステップ
    のうち少なくとも1つを有する、請求項1に記載の方法。

  4. 前記基地局により、前記UEのフレームオフセットを取得するステップは、
    前記基地局により、モビリティ・マネジメント・エンティティ(MME)により送信されたイニシャル・コンテキスト・アップデート要求メッセージを受信するステップであり、前記イニシャル・コンテキスト・アップデート要求メッセージは、前記フレームオフセットを保持するステップ
    を有する、請求項2に記載の方法。

  5. 前記基地局により、前記UEのフレームオフセットを取得するステップは、
    前記基地局により、フレームオフセット要求メッセージをモビリティ・マネジメント・エンティティ(MME)に送信するステップであり、前記フレームオフセット要求メッセージは、前記UEの前記フレームオフセットを要求するために使用されるステップと、
    前記基地局により、前記MMEにより送信されたフレームオフセット応答メッセージを受信するステップであり、前記フレームオフセット応答メッセージは、前記フレームオフセットを保持するステップと
    を有する、請求項2に記載の方法。

  6. 前記基地局により、前記UEのフレームオフセットを取得するステップは、
    前記基地局により、前記UEの前記フレームオフセットを要求する情報をCDMA-LTEインターワーキング機能エンティティ(IWS)に送信するステップと、
    前記基地局により、前記IWSにより送信されたフレームオフセットを受信するステップと
    を有する、請求項2に記載の方法。

  7. 前記基地局により、前記UEのフレームオフセットを取得するステップは、
    前記基地局により、前記UEにより送信された無線リソース制御プロトコル(RRC)コネクション・アップデート・メッセージを受信するステップであり、前記RRCコネクション・アップデート・メッセージは、前記UEのフレームオフセットパラメータを保持するステップ、又は、
    前記基地局により、前記UEにより送信されたページングフレームオフセット応答メッセージを受信するステップであり、前記ページングフレームオフセット応答メッセージは、前記基地局がページングオフセット要求メッセージを前記UEに送信した後に前記基地局により受信され、前記ページングフレームオフセット応答メッセージは、前記UEの前記フレームオフセットを保持するステップ
    を有する、請求項2に記載の方法。

  8. 前記基地局により、前記UEに対してデータをスケジューリングするのを停止するステップは、
    前記基地局により、サービスゲートウェイ(SGW)がUEに送信するデータをキャッシュするステップと、
    前記基地局により、前記UEに対する上りリンクタイミングアドバンス測定を停止し、TA調整を前記UEに送信するのをスキップするステップと、
    前記基地局により、ACK/NACKフィードバックを前記UEに送信するのを停止するステップと、
    前記基地局により、前記UEにより送信されたACK/NACKを受信するのを停止するステップと
    を有する、請求項1ないし7のうちいずれか1項に記載の方法。

  9. 前記基地局により、前記UEに対してデータをスケジューリングするのを停止するステップは、
    前記基地局により、前記UEに対して上りリンクチャネル状態情報(CSI)検出、サウンディングリファレンス信号(SRS)検出、及びチャネル推定又は測定フィルタ処理を停止するステップと、
    前記基地局により、スケジューリング要求(SR)検出を停止するステップと
    を更に有する、請求項8に記載の方法。

  10. 前記基地局により、前記UEに対してデータをスケジューリングするのを停止した後に、
    前記基地局が前記UEにより送信されたACK又はNACKを受信している場合、前記基地局により、前記UEが前記基地局により提供されるネットワークに戻ったと決定するステップ、又は、
    前記基地局が前記UEにより送信されたデータを受信している場合、前記基地局により、前記UEが前記基地局により提供されるネットワークに戻ったと決定するステップであり、前記データは、SR、CSI又はSRSのうち少なくとも1つを有するステップ
    を更に有する、請求項1ないし9のうちいずれか1項に記載の方法。

  11. 前記基地局により、前記UEが前記基地局により提供されるネットワークに戻ったと決定した後に、
    前記基地局により、前記開始時間及びページング周期に従って、前記UEが次回に前記他のネットワークで前記ページング情報を監視する時間を決定するステップ
    を更に有する、請求項10に記載の方法。

  12. 前記基地局により、前記UEが前記基地局により提供されるネットワークに戻ったと決定した後に、
    前記基地局により、前記UEが前記基地局により提供される前記ネットワークに戻った時間が復帰時間であると決定するステップと、
    前記基地局により、前記復帰時間及びページング周期に従って、前記UEが次回に前記他のネットワークにより提供される前記ページング情報を監視する時間を決定するステップと
    を更に有する、請求項10に記載の方法。

  13. ユーザ装置(UE)が他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得するように構成された取得モジュールであり、前記開始時間の前に前記UEが位置するネットワークのネットワーク種別は、前記他のネットワークのネットワーク種別と異なる取得モジュールと、
    前記開始時間を起点として使用する第1の持続時間内に前記UEに対してデータをスケジューリングするのを停止するように構成された処理モジュールと
    を有する通信装置。

  14. 前記取得モジュールは、前記UEのフレームオフセットを取得するように具体的に構成され、
    前記処理モジュールは、前記フレームオフセットに従って、前記UEが前記他のネットワークで前記ページング情報を監視する前記開始時間を獲得するように更に構成される、請求項13に記載の装置。

  15. 前記取得モジュールは、
    第1の予め設定された持続時間内に、前記基地局が前記UEにより送信されたチャネル状態情報(CSI)又はサウンディングリファレンス信号(SRS)を受信していない場合、前記第1の予め設定された持続時間の終了時間が、前記UEが前記他のネットワークで前記ページング情報を監視する前記開始時間であると決定するように具体的に構成され、或いは、
    第2の予め設定された持続時間内に、前記基地局が物理上りリンク共有情報リソース(PUSCH)において前記UEにより送信されたデータを受信していない場合、前記第2の予め設定された持続時間の終了時間が、前記UEが前記他のネットワークで前記ページング情報を監視する前記開始時間であると決定するように具体的に構成され、或いは、
    第1の予め設定された回数内に、前記基地局が物理上りリンク共有情報リソース(PUSCH)において前記UEにより送信されたデータを受信していない場合、前記第1の予め設定された回数の最後の回数の時間が、前記UEが前記他のネットワークで前記ページング情報を監視する前記開始時間であると決定するように具体的に構成され、或いは、
    第3の予め設定された持続時間内に、前記基地局が前記UEにより送信されたACK又はNACKを受信していない場合、前記第3の予め設定された持続時間の終了時間が、前記UEが前記他のネットワークで前記ページング情報を監視する前記開始時間であると決定するように具体的に構成され、或いは、
    第2の予め設定された回数内に、前記基地局が前記UEにより送信されたACK又はNACKを受信していない場合、前記第2の予め設定された回数の最後の回数の時間が、前記UEが前記他のネットワークで前記ページング情報を監視する前記開始時間であると決定するように具体的に構成される、請求項13に記載の装置。

  16. 前記取得モジュールは、モビリティ・マネジメント・エンティティ(MME)により送信されたイニシャル・コンテキスト・アップデート要求メッセージを受信するように具体的に構成され、前記イニシャル・コンテキスト・アップデート要求メッセージは、前記フレームオフセットを保持する、請求項14に記載の装置。

  17. 送信モジュールを更に有し、
    前記送信モジュールは、フレームオフセット要求メッセージをモビリティ・マネジメント・エンティティ(MME)に送信するように構成され、前記フレームオフセット要求メッセージは、前記UEの前記フレームオフセットを要求するように構成され、
    前記取得モジュールは、前記MMEにより送信されたフレームオフセット応答メッセージを受信するように具体的に構成され、前記フレームオフセット肯定応答メッセージは、前記フレームオフセットを保持する、請求項14に記載の装置。

  18. 送信モジュールを更に有し、
    前記送信モジュールは、前記UEの前記フレームオフセットを要求する情報をCDMA-LTEインターワーキング機能エンティティ(IWS)に送信するように構成され、
    前記取得モジュールは、前記IWSにより送信された前記フレームオフセットを受信するように具体的に構成される、請求項14に記載の装置。

  19. 前記取得モジュールは、前記UEにより送信された無線リソース制御プロトコル(RRC)コネクション・アップデート・メッセージを受信するように具体的に構成され、前記RRCコネクション・アップデート・メッセージは、前記UEのフレームオフセットパラメータを保持し、或いは、前記UEにより送信されたページングフレームオフセット応答メッセージを受信するように具体的に構成され、前記ページングフレームオフセット応答メッセージは、前記基地局がページングオフセット要求メッセージを前記UEに送信した後に前記基地局により受信され、前記ページングフレームオフセット肯定応答メッセージは、前記UEの前記フレームオフセットを保持する、請求項14に記載の装置。

  20. 前記処理モジュールは、サービスゲートウェイ(SGW)が前記UEに送信するデータをキャッシュするように具体的に構成され、或いは、前記UEに対する上りリンクタイミングアドバンス測定を停止し、TA調整を前記UEに送信するのをスキップするように具体的に構成され、或いは、ACK/NACKフィードバックを前記UEに送信するのを停止するように具体的に構成され、或いは、前記UEにより送信されたACK/NACKを受信するのを停止するように具体的に構成される、請求項13ないし19のうちいずれか1項に記載の装置。

  21. 前記処理モジュールは、前記UEに対して上りリンクチャネル状態情報(CSI)検出、サウンディングリファレンス信号(SRS)検出、又はチャネル推定若しくは測定フィルタ処理を停止するように更に構成され、或いは、前記基地局によるスケジューリング要求(SR)検出を停止するように更に構成される、請求項20に記載の装置。

  22. 前記処理モジュールは、前記UEにより送信されたACK又はNACKを受信するように更に構成され、この場合、前記基地局は、前記UEが前記基地局により提供されるネットワークに戻ったと決定し、或いは、前記UEにより送信されたデータを受信するように更に構成され、この場合、前記基地局は、前記UEが前記基地局により提供されるネットワークに戻ったと決定し、前記データは、SR、CSI又はSRSのうち少なくとも1つを有する、請求項13ないし21のうちいずれか1項に記載の装置。

  23. 前記処理モジュールは、前記開始時間及びページング周期に従って、前記UEが次回に前記他のネットワークで前記ページング情報を監視する時間を決定するように更に構成される、請求項22に記載の装置。

  24. 前記処理モジュールは、前記UEが前記基地局により提供される前記ネットワークに戻った時間が復帰時間であると決定し、前記復帰時間及びページング周期に従って、前記UEが次回に前記他のネットワークにより提供される前記ページング情報を監視する時間を決定するように更に構成される、請求項22に記載の装置。

  25. 送信機と、
    受信機と、
    メモリと、
    前記送信機、前記受信機及び前記メモリにそれぞれ接続されたプロセッサと
    を有する基地局であって、
    前記メモリは、プログラムコードのグループを記憶し、
    前記プロセッサは、請求項1ないし12のうちいずれか1項に記載の方法を実行するために、前記メモリに記憶された前記プログラムコードを呼び出すように構成される基地局。

  26. 請求項13ないし24のうちいずれか1項に記載の装置を有する基地局。

 

 

Patent trol of patentswamp
類似の特許
シグナリング構成方法、d2dディスカバリ方法及び装置並びに通信システムである。該構成方法は、第一ディスカバリ信号及び第二ディスカバリ信号を含むd2dディスカバリ信号を構成することを含み、該第一ディスカバリ信号は、d2dの初期の発見、検出又は同期のために用いられ、該第二ディスカバリ信号は、補助情報をキャリーするために用いられる。構成された第一ディスカバリ信号及び第二ディスカバリ信号により、p2p(d2d)又はスモールセル間の相互発見を実現することができ、また、d2dの相互干渉を軽減し、信号の複数回の送信を回避し、消耗電力を低減することもできる。
本発明は、プリコーディング行列インジケータを決定するための方法および装置、ユーザ機器、ならびに基地局を提供している。方法は、プリコーディング行列インジケータpmiを決定するステップであって、pmiはプリコーディング行列wに対応し、プリコーディング行列wは第1の条件、第2の条件、または第3の条件を満たす、ステップと、基地局にpmiを送信するステップとを含む。本発明の実施形態は、対応する装置、および対応するユーザ機器および基地局をさらに提供している。本発明の実施形態において提供した技術的解決手法は、ビーム、特に、水平方向および垂直方向におけるビーム形およびビーム配向を効率的に制御することを可能としている。
無線ネットワークにおけるマシンタイプ通信のためのeNodeBおよび方法の実施形態が本明細書において概して記載される。いくつかの実施形態において、進化型ノードB(eNodeB)の回路によって実行される方法は、ユーザ機器(UE)がマシンタイプ通信(MTC)に用いられるよう設定されるという通知をeNodeBが受信する段階を含み得る。当該方法は、UEが無線リソース制御接続(RRC_Connected)状態にあるかどうかを決定する段階と、UEが省電力モードに入り得るかどうかを決定する段階とを含み得る。当該方法は、UEがRRC_Connected状態にあり、かつ、UEが省電力モードに入り得ると決定することに応答して、RRCディープアイドルモードに移行するようUEを設定する段階を含み得る。
本発明の実施形態は、データ送信方法および装置を開示する。本発明の実施形態は、第1の端末によって、第1の通信リンクを使用することによって、第2の端末へのデータ送信を行うステップと、第1の端末によって、データ送信のレートを検出するステップと、第1の端末によって、データ送信のレートに基づいて、事前に設定されたレート条件が満たされているかどうか判定するステップと、データ送信のレートが事前に設定されたレート条件を満たす場合、第1の端末によって、第2の端末に、第2の通信リンクを使用することによって、第1の端末へのデータ送信を行うように命令するステップと、第1の端末によって、第2の通信リンクを使用することによって、第2の端末へのデータ送信を行うステップとを含む。本発明の実施形態で提供されるデータ送信方法に基づくと、ブルートゥースを使用することによって、第1の端末によって第2の端末へのデータ送信を行うことと、wifiを使用することによって、第1の端末によって第2の端末へのデータ送信を行うこととの間の切替の問題が解決される。
本発明の実施形態は、通信方法と、通信デバイスと、通信装置と、ベースバンドユニットBBUとを提供する。通信デバイスは、BBUと、n個の物理アンテナを有するリモート無線ユニットRRUとを備え、ここで、BBU及びRRUは、光ファイバーを用いることによって接続され、nは1又は2である。BBUは、4チャネルの信号を取得し、4チャネルの信号における少なくとも2チャネルの信号に基づいてベースバンドデジタル信号を生成し、ベースバンドデジタル信号を、光ファイバーを通じてRRUに送信するように構成される。ここで、4チャネルの信号は、BBUの4つの論理ポートと1対1の対応関係にある。RRUは、ベースバンドデジタル信号を無線周波数信号に変換し、n個の物理アンテナを用いることによって無線周波数信号を送信するように構成される。本発明の実施形態は、セル容量及び信号品質を改善することができる。
情報取得方法、パラメター最適化方法及びその装置、システムである。該方法は、第1基地局がユーザ装置又は第2基地局又は第3基地局の送信した情報を受信し、そのうち、前記情報は、ネットワーク側で、ハンドオーバー初期化又はリンク失敗の発生時における前記第1基地局及び第2基地局のセル類型を確定するための関連情報を含み、或いは、前記情報は、前記ユーザ装置でのハンドオーバー初期化又はリンク失敗の発生時における絶対時間を含む。該方法により、動的に調整されたパラメター範囲に基づいてセルのカバレッジに対応するセル類型を構成でき、そして、セル類型に対応するトリガー条件を更に構成できる。よって、セル範囲が動的である時にでもサービスの要求を満たすことができる。
【課題】TDD(Time Division Duplex)システムにおいて端末が基地局にサウンディング参照信号(Sounding Reference Signal;SRS)を送信する方法を提供する。
【解決手段】この方法は、上位層を介して、第1サブフレームセット及び第2サブフレームセットを設定するステップと、前記サウンディング参照信号を前記基地局に特定サブフレームで送信するステップとを有し、前記第1サブフレームセット及び前記第2サブフレームセットは、上りリンクサブフレームと特別サブフレームの少なくとも一つで構成され、前記第1サブフレームセット及び前記第2サブフレームセットのそれぞれは、上りリンクデータチャネル送信のための電力制御プロセスと連動し、前記サウンディング参照信号の送信電力は、前記第1サブフレームセット及び前記第2サブフレームセットのうち、前記特定サブフレームの属したサブフレームセットと関連した所定の電力制御プロセスに基づいて決定されることを特徴とする。
【選択図】図8
アンライセンススペクトラムがロングタームエボリューション(LTE)通信のために使用される、方法および装置が説明される。一方法は、アンライセンススペクトラムが次の送信間隔において送信のために利用可能であるかどうかを決定するために、現在のゲーティング間隔においてアンライセンススペクトラムに対するクリアチャネルアセスメント(CCA)を実行することと、決定が、アンライセンススペクトラムが利用不可能であるというものであるとき、次の送信間隔の間、アンライセンススペクトラムにおける送信をオフにゲーティングすることとを含む。
【選択図】図11
アクセスポイントの仮想化のための方法及びシステムが、開示される。現地オーナ又はマネージャは、物理的な現地ロケーションで複数のワイヤレスアクセスポイントハードウェアユニットを展開することができる。所定の実施形態に従い、複数のワイヤレスアクセスポイントハードウェアユニットに対応する仮想ワイヤレスアクセスポイントの様々なセットを、様々なWLANネットワークオペレータにリースすることが可能である。
【選択図】図1
無線ドッキング装置 // JP2016526196
無線ドッキングシステムにおいて、ドッキー装置120が、少なくとも1つの周辺機器110,111,112と結合されるホスト装置100と通信する。ホスト装置は、ホスト通信ユニット102と、少なくとも1つのドッキー装置をドッキングするように構成されたドッキングプロセッサ101とを有する。ドッキー装置は、ドッキー通信ユニット121と、ホスト装置にドッキングするためのドッキープロセッサ122とを持つ。ドッキープロセッサは、仮想的なドッキング環境において、プライバシーレベルを持つ、少なくとも1つの仮想的な周辺機器を供給するように構成される。ドッキングする場合、仮想的な周辺機器は、実際の周辺機器に対してプライバシーレベルを付与するために、実際の周辺機器上にマッピングされる。ドッキングされる場合、各周辺機器プライバシーレベルに従って、実際の周辺機器とのデータ転送が、制御される。
To top